ごま賞味期限切れ。 ごま油は腐るの?賞味期限切れても使える?上手な保存方法は?

ごま油の賞味期限と賢い利用法

ごま賞味期限切れ

ごま油は腐るの? ゴマ油を含む油類は基本的には腐りません。 腐るという現象はカビや菌類などが活動を起こすかどうか、ということになります。 ゴマ油だけの存在ではカビや菌類は活動を起こすことができません。 ですからゴマ油は腐ることはありません。 ただし、身体に害を及ぼす状態にはなります。 その状態を「酸化」といいます。 ごま油の保存方法は?酸化を防ぐためにはどうしたらいいの? 酸化はゴマ油の容器を開けていないか、開けてしまったかで進行スピードが変わります。 ごま油をまだ開けていない場合 ゴマ油を買ってきて「まだ開けていない」という状態でも、わずかですが酸化は始まっています。 いったい何の影響を受けて酸化は進行してしまうのでしょうか? それはおもに ・空気(酸素) ・温度(熱) ・日光(光) です。 ですから、缶やビン、プラスティックなど、ゴマ油が入っている容器の種類によっても、酸化の進行スピードは変わってきます。 いずれにしても、それらを避けるためには ・空気に触れないようにする(開けていない場合は大丈夫ですね。 ) ・高温になるところを避ける。 ・日光に当たるところは避ける。 という配慮が必要になります。 ですから、ごま油によっては注意書きで「冷暗所で保存してください」と書かれていることが多いですよね。 また、日光を避けるためにはアルミホイルなどで巻くという方法もあります。 ごま油を開栓して使ったあと 未使用のゴマ油を開けて使ったあとは、空気が入らないようにしっかりとフタをして、火を使う高温になる場所は避けて、日光の当たらない暗い場所で保存してください。 スポンサーリンク 開栓後は酸化のスピードが早まりますので、なるべく早めに、遅くとも2ヶ月以内には使い切りたいところです。 ちなみに冷蔵庫で保存する必要性はありませんよ。 賞味期限が切れてしまったゴマ油は食べられる? 賞味期限というのは、加工食品の場合「未開封の状態で、表示されている保存方法の通りに保存されていた場合に、その製品のすべての品質特性が十分に保持しうると認められる期間」を示したものになります。 わかりやすく言い換えれば、「美味しく食べられる期間」ということです。 裏を返せば、「賞味期限が切れた=腐った」ではないということになりますね。 とくにゴマ油の場合は食用油の中でもとくに酸化しにくい油なので、賞味期限も余裕を持って設定されていて、賞味期限が切れてもすぐに食べられないというものではありません。 酸化の進行による見分け方はあるの? ゴマ油は参加が進行すると ・色が変わる ・風味がなくなる ・味が明らかに変わっている ・油臭くなる(臭いがきつくひどくなる) ということが感じられます。 このようなことを感じたら、すぐに使い切ってください。 天ぷらなどの揚げ物に使ってしまうのもいい方法です。 ごま油は腐る?保存方法は?賞味期限が切れたら食べないほうがいいの?の【まとめ】 夏場のひどく暑い季節に、どうしても不安なら冷蔵庫に入れることも悪いことではありません。 ただ、ゴマ油を低温で保存すると、固まってしまったり浮遊物が浮いてしまう場合があります。 その場合も腐ったりはしていませんので、慌てて捨てたりしないでくださいね。 湯煎などで温めてあげれば元に戻ります。 ですから、冷蔵庫に入れる場合は野菜室やドアのポケットなど、ひかくてき温度が低すぎない場所に保管するようにしましょう。

次の

油の賞味期限切れ!開封済みと未開封で違う?使い道や捨て方は?

ごま賞味期限切れ

ごま油は腐るとどうなるの? 見分け方は? ごま油は中に不純物などが混ざらない限り、基本的に腐るということはありません。 そのかわり、ごま油は管理が悪いと「 酸化」によって劣化してしまいます。 一旦酸化してしまうと、酸化する前には戻せないので、ごま油の保管には十分注意が必要です。 ごま油が酸化したかどうか見分ける方法をいくつか紹介します。 酸化すると、買ってきた当初とははっきりわかるほど変化するので、見分けやすいです。 日にちが経ってから使う時は、以下の状態になっていないかチェックしてみてください。 色 まずは、ごま油の色です。 買ったばかりの時はきれいな黄金色をしたごま油は、 酸化すると徐々に黒ずんできます。 風味が落ちる、味が変わる 酸化すると、香ばしいごま油の風味が抜けていきます。 ごま油の酸化が進むと、 かすかに苦味や舌にピリッとしたものを感じます。 油っぽくなる ごま油が酸化すると、風味やおいしさも抜けるので、 ただただ油っぽい臭いや舌触りだけが残ります。 新鮮なごま油はサラッとした感触ですが、 酸化するとドロッとした油に変化します。 ごま油の賞味期限 開封後はどれぐらい?賞味期限切れたらどれぐらいまで使えるの? ごま油をおいしい状態で使うためには、賞味期限内に開封して、早めに使い切ることです。 ごま油は一度開封すると酸化も早くなるので、 開封後できれば1〜2ヶ月以内には使い切りたいものです。 というのも、開封後は栓の開け閉めだけでも空気が入り込みますし、未開封状態と比較すると、明らかに状態が変化しやすくなるからです。 また、 賞味期限切れのごま油を使う場合は、3ヶ月から長くても半年が限度です。 賞味期限切れても2〜3年は平気だったという人もいますが、実は未開封でも、保管場所によっては酸化が進んでしまうんです。 幸い体調にはさほど響かないとしても、ごま油の成分や効能はそのままとは限らず、無理して使っても意味がありません。 大量に残っているし、捨てるのも大変!という場合は、ごま油の状態をしっかりチェックして、大丈夫そうであれば、揚げ物に使うなどなるべく早く消費しやほうがいいですよ。 ごま油を酸化させないように保存するには? 開封前、開封後では保存方法は違う? ごま油は、サラダ油より長持ちすると言われています。 それは、天然成分の ゴマグリナンという抗酸化物質が酸化の進行を抑えてくれるからです。 ごまパワーってすごいですよね! それでも、保存容器や置いておく環境で、ごま油の酸化の進度は違ってきます。 ごま油が酸化しやすい条件は 「空気」「温度」「日光」です。 たとえ未開封のごま油でも、直射日光を浴び続けると酸化します。 ですので、未開封でも開封した後でも、ごま油は酸化しにくい環境で保管する必要があります。 ごま油の容器は、容器自体に色がついたものや缶入りのものがありますよね。 これは、直射日光や外気の熱を遮る効果を狙っているんですね。 まぁでも最近は、軽いし割れないのでペットボトル入りのごま油もありますよね。 大きめのビンだと重いので、私はペット容器入りのごま油を買うことが多いんですが、透明な容器に入っているものは、長期保管にはあまり適していないということになります。 ごま油がペットボトルや透明な瓶に入っている場合は、 容器にアルミホイルを巻いておくと、直射日光や熱を遮ることができるので、比較的酸化しにくくなります。 ごま油を置いておく場所にも注意が必要で、容器をガードした後も、 調理をするコンロ付近や窓際などには極力置かないようにしましょう。 しかし、ごま油を冷蔵庫に入れてしまうと、低温によって油が固まり、味や成分に影響が出ます。 ということで、未開封のごま油は納戸など、日が当たらず気温が一定の場所を探して保管し、開封後も、出し入れしやすいなるべく冷暗な場所に置きましょう。

次の

油の賞味期限切れの使い道と捨て方!未開封/開封後の賞味期限は?

ごま賞味期限切れ

料理に使う食用油には一般的にサラダ油やオリーブオイル、ゴマ油などがありますが、最近ではココナッツオイルやえごま油、亜麻仁油など、スーパーモデルがきっかけで広まったいわゆる「スーパーフード」の流行や健康志向などもあっていろんなオイルをストックされているご家庭も多いのではないでしょうか? そんな食用油ですが、買いだめをしたり、お歳暮などのギフトに貰ったりなどで、気が付いたら賞味期限が1年、2年切れていた!なんてこともありませんか? 今回は 食用油の賞味期限切れ、未開封や開封済みはいつまで使っても大丈夫なのか、また 傷んだ油の見分け方や油の劣化はなぜ起こるのか、食べる以外の 使い道や捨て方について調べてみました。 スポンサーリンク 金属缶: 約2年 紙容器: 約2年 着色ガラス: 約2年 透明ガラス: 約1. 5年 プラスチック容器: 約1年 例えば、 ポリ容器は酸素を透過し、他の容器に比べ劣化が比較的早いです。 それに比べて、お歳暮のセットなどに入っている 金属缶はポリ容器よりも 1年ほど長く持つとされています。 後程ご紹介しますが、 未開封で冷暗所に保存している場合は、 多少の賞味期限切れなら使うことができます。 また、気づいている方も多いと思いますが、ごま油やオリーブ油は、サラダ油よりも持ちがよく、 半年や1年ほど長く持ちます。 またここ最近でブームになった ココナッツオイルは約2年、 亜麻仁油は意外と早く 1年ほど、認知症に効果があるとされる エゴマ油は半年~1年とあまり日持ちはしません。 劣化した油の見分け方は? さきほど油が悪くなったり腐る条件は、 空気、熱、光というお話をしましたが、賞味期限切れの油が使えるか確認するまえに、油が食に向いていないときの見分け方を見ておきましょう。 時々、外食で揚げ物を食べて胸やけがしたり、胃もたれや腹痛をおこす場合もありますよね。 よく「油が悪い」といいますが、これも 油の劣化、古いことによるものと思われます。 体調にもよると思いますが、新鮮な油を使った場合、 このような症状はほとんど起こらないですよね。 また、てんぷらやフライなどの揚げ物をした際、使用後も油の色がきれいな透明であれば油を使いまわしすることがあると思いますが、 一度使用した油は劣 化が早いので、 冷暗所に保管して、数日中に使い切ってしまいましょう。 また、保管場所も保存状態にかなり関わってきます。 では、賞味期限が切れている食用油、未開封と開封後の場合、いつまでなら口にしても大丈夫なのでしょう? 未開封の油は? 未開封の場合は、 冷暗所で保存していることを前提に、 1ヶ月~3ヶ月ほどは大丈夫だと言われています。 中には、冷暗所に保存していた半年や1年、2年、賞味期限切れのものを使用するという方もいるようです。 人によって、賞味期限が切れていたら絶対使わない、体になにか障害が出る不安があるから使わないという方もいらっしゃるので、先ほどご紹介したとおり、傷んでいないか 臭いや見た目などを確認して、自己責任の下、判断してくださいね。 開封後の油は? また、開封済みの油は賞味期限にかかわらず、 開封後遅くとも1ヶ月~2ヶ月以内に使い切りましょう。 と言ってはいますが、わが家で使っているオリーブオイルも、かなり前から使っている気がしたので賞味期限を確認したところ賞味期限が3ヶ月も過ぎていました。 加熱して使っていますし、臭いも味も変化がなく、普通においしく調理できていたので気がつきませんでしたが、ちょうど、油の劣化したものは体にひどい悪影響を与えるというテレビ番組を見たところだったので、即、処分しました。 あなたも古い油がないか、ぜひチェックしてみてください。 お医者さんもすすめる米油、ご存知ですか?米油の効果はこちらをご覧ください。 食べる以外の使い道があるといいですね。 実は、賞味期限が切れて料理に使えない油や廃油で簡単に 石鹸を作るという リサイクル方法もあります。 作り方は、 苛性ソーダ84gを 水300mlに溶かしたものを 油600gに少量ずつ注ぎよく混ぜます。 混ぜる容器は高温になり割れるといけませんのでガラスなどでなく ステンレスかホーロー製のボウルがおすすめです。 はじめの2~3分のうちは混ぜ続け、その後は十分ごとくらいに混ぜて放置を繰り返します。 ドロドロとしてきますので、そうなってきたら一時間ごとに混ぜて放置を繰り返すようにします。 やがて白っぽくなってきて表面に線を書くことができるようになり、その線が1分ほど消えないほどになれば液体を牛乳パックに移して気温の低いところに固まるまで置いておきます。 苛性ソーダはアルカリ性の非常に強い薬品です。 取り扱う際にはゴム手袋を着用し、 十分に換気を行い、子供の手の届かないところで作業するようにして下さい。 作り方を見ていたら楽しそうで作りたくなってしまいます。 【動画: キャンドルの作り方】 いい香りのオイルを配合して自分オリジナルのキャンドルを作ってみるのもいいですよね。 また、未使用や使った油はキッチンの流しにそのまま捨てることはできませんよね。 油の捨て方や処理はどのようにされていますか? 一昔前は、 油を固める廃油凝固剤などの商品を使っているご家庭も多かったと思います。 わが家では、新聞紙を丸めてビニール袋の中に捨てる方法で処分していますが、なるべく廃油がでないように、 少なめの油で揚げ物をするように心がけています。 油の捨て方や処理方法もいろいろ、片栗粉を使う方法などもありますよ。 油の捨て方はこちらをご覧ください。 最近は同じ油でも、少量のボトルなども販売しているので、安いからといって大きいものを買わずに使いきれる量を考えて、ご家庭にあったサイズを買うことで期限内に使用できますよね。 特に開封してしまったら、2ヶ月以内に使い切ったほうがいいので、使えない油があるときは、キャンドルや石鹸を作ってみるなど、ぜひ参考にしてみてください。 スポンサーリンク•

次の