柳川 うなぎ 人気。 柳川のうなぎ人気店 若松屋でせいろ蒸しをお得に食べれた話

【柳川】美味しいうなぎのせいろ蒸しを食べられるお店まとめ

柳川 うなぎ 人気

Contents• 長い歴史と、伝統の技術。 水が命と言われるうなぎ作りにおいて、清流・矢作川の水を使い、ストレスなく良質なうなぎが育まれています。 さらに、こちらのうなぎは、 タレへのこだわりも相当な物。 長い歴史を持つ老舗のみりんや、厳選した生引きたまりなどの醤油。 材料にもとことんこだわり、うなぎ本来の味を引き立たせてくれる、美食市が考える理想のタレをたっぷり使っています。 気になる味の方は… 「艶のあるうなぎの身をお箸だけでサッと割くと、そこから 漂う香ばしく芳醇な香りが食欲をそそります。 一口食べると、ふっくらと柔らかい肉質の中に上質な脂が閉じ込められ、 ホロホロと溶けていくような食感を味わうことができるでしょう。 うなぎ一尾 140g(1~1. 5人前)• 海水と淡水が入り混じる浜名湖の水質、温暖な気候と地下からくみ上げられた天然水は、うなぎにとってはとても理想的な環境。 浜名湖では古くからうなぎの養殖が盛んで、「浜名湖の鰻」と言えば、知る人ぞ知る ブランドうなぎの1つです。 出典: 中でもこの大和養魚(だいわようぎょ)さんは、 うなぎ一筋110年の老舗の養鰻場。 生産や加工の工程にも細かい気配りがあり、惜しみなく手間暇と愛情がかけられています。 ・池から取り上げられたうなぎは、ミネラル豊富な地下水で1週間ほど活かし、餌を与えずに流水に置くことで、余分なにおいや臭みが抜かれる。 ・養殖池の水は毎朝汚れを取り除き、常に新鮮な地下水を注入。 鰻はとても繊細な生き物なので、こうした水質管理の行き届いた環境で育てることで、 脂がのり、ぎゅっと身が引き締まった鰻を育てる ・その後、職人が手際よく手でさばき、その状態のまま「手焼き」していく。 一尾ずつ焼き具合を見ながら手で早く返していき、そうして凝縮された味わいが出来上がる。 などなど、養殖から調理加工までのこだわりも、ハンパではありません。 「うなぎに蒸しの工程を入れず、「地焼き」によってうま味や栄養分を閉じ込める」という 独特の手焼き工程も、大和養魚さんならでは。 ふっくら柔らかな食感の秘密は、「国産のうなぎ」と「真空パック製法」。 鹿児島産のうなぎを 西日本で多く見られる「背開き」で開き、強めの蒸しの工程で丁寧に余計な脂分をカット。 そのまま酒の肴にするのも、お勧めの頂き方なのだそう。 確かに!日本酒にピッタリ合いそうですね うなぎで一杯…というのも、贅沢な時間の過ごし方かもしれません。 ご家族で食べられるうなぎから、自分へのちょっと特別なご褒美、大人気の手土産まで、様々なラインナップでご紹介してきました。 うなぎと言えば、「夏・土用の丑の日」を想像しがちですが、こだわりの養殖うなぎが旬を迎えるのは、実はもう少し早く、春の終わりから夏にかけての間ごろと言われています。 旬を迎えて、最も美味しく育つうなぎ。 ご賞味してみてはいかがでしょうか?.

次の

福岡の人気観光地・柳川名物のうなぎ専門店14選!

柳川 うなぎ 人気

今回は福岡県の南部、筑後地方に位置する柳川にスポットを当てます。 『水郷の街』とも言われる柳川のグルメと言えば 『うなぎ』です。 市内の至る所で堪能することが出来ますが、中でも特におすすめのお店を条件別にご紹介します。 柳川でうなぎが安くて美味しいお店TOP3 正直、うなぎは高いです。 近年は稚魚の「シラスうなぎ」の高騰の煽りも受けている様ですし、特に調理法含めてうなぎ重やうな丼よりも手間が掛かる事もあり、価格的には東京で食べる価格とそれ程変わりません。 寧ろ「観光地価格」も入って東京で食べる方が安かったりしますね。 そこで、おすすめなのが 「観光地価格」が入って無さそうな店です。 そう言う3店を紹介します。 せいろ蒸しに、お吸い物・お漬物・小鉢がついて、2,592円、とってもお得です。 せいろ蒸しとなると、 最低でも3,000円します。 しかし、こちらでは 2,800円でせいろ蒸を楽しむことが出来ます。 うなぎは勿論事、特に艶々のご飯が美味しいと評判です。 店の正面には、高名な詩人・北原白秋の生家があります。 白壁の立派な建物が目印のお店で、 若干暖簾をくぐりにくい敷居の高さを感じさせる外観ですが、1歩踏み入れると、柔らかな笑顔が印象的な店主夫妻とスタッフ達が出迎えてくれます。 こちらの人気メニューはやはり『せいろ蒸し』。 お値段は 何と1,890円。 しかも「めかじゃ(貝)」や「ワケ(いそぎんちゃく)」といった柳川独自の一品料理と肝のお吸い物がついています。 ふっくらご飯に甘めのたれが良く染み込んでいて、食欲をそそります。 住所:福岡県柳川市沖端町57 アクセス:西鉄大牟田線[柳川駅]から徒歩1分 駐車場:あり/10台 電話番号:0944-74-5513 営業時間:11:00~21:00 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日) 柳川でうなぎの人気店TOP3;平日に予約がおすすめ ここでは値段に関係なく、とにかく美味しくて人気のあるお店を紹介します。 こちらで紹介するお店は予約なしだと長時間待つ事になってしまいますので、 事前に予約することを強くオススメします。 創業は江戸時代からで、 300年以上も暖簾を守り続ける老舗です。 おはようございます! 今日は朝から水郷・柳川にお邪魔しています!! 昔ウチにいたスタッフのお見舞いにね・・・。 地元の方は勿論の事、観光ガイド片手にやって来た方、福岡市街からやって来た方などもこぞって訪れます。 恐らく、 価格も老舗価格で最も高いと思いますが、何より入れません。 土日・祝日は予約不可で長時間待つ事になると思いますので、平日に予約して出掛けるのがおすすめです。 元祖本吉屋は、やや観光地から離れている場所で、川下りの出発地点に近い場所に有ります。 その船着き場の横にあるのが『若松屋』です。 どんこ舟が行き交う水路を優しく見守る柳の緑、そんな情緒あふれる中で頂くうなぎは格別です。 秘伝のタレもいいですが、素焼きで一杯もなかなかいけます。 毎年お盆の時期になると、祖父が「鰻を食べないと!鰻を食べないと!」と、大騒動します。 そこで毎回で前でお願いするのがこのお店です。 それなりに柳川のせいろ蒸しを食べてきましたが、 ここのご飯が一番美味しいかと思います。 食べ慣れた味というのもありかもしれませんが、 福岡市の中州で食べた一流店よりも、こちらの方が舌に合う様な気がします(所詮、庶民なので)。 基本的には『元祖本吉屋』と『若松屋』が柳川を代表する2店と言って良いでしょう。 yanagawa-cci. 宿泊は勿論の事、宴会・パーティー・ウェディングなどの場所としても使用されています。 そんな御花内にある料亭『集景亭』では、 素晴らしい庭園を眺めながら、濃厚な秘伝のたれで蒸しあげられた柳川名物『うなぎのせいろ蒸し』を頂くことも出来ます。 こちらは予約制のお店なので、ご利用の際は事前予約が必要です。 ここでは、柳川のうなぎを個室で楽しめるお店を紹介します。 老舗本吉屋の個室は、 木漏れ日溢れる優しい雰囲気に満たされた個室です。 個室は中庭に面しており、中庭の緑に目を休めながら美味しいうなぎを味わうことが出来ます。 また、 畳という事もあり、お子様連れには過ごしやすいかと思います。 いずれも畳の部屋で、庭に面しています。 明治時代、立花伯爵とその家族の居室だった7部屋を一部修復を経て、当時のままに大切に使われています。 勿論、 家紋が彫られた欄間や建具の金具など調度品もそのまま使われている、とても歴史情緒溢れる個室の数々です。 柳川にある鰻屋の「山田屋」へ こんな豪華なとこ初めてきたわwww — 村上遼成 ryonx2chan また、 茶室風の小部屋があり、こちらも人気があります。 柳川駅の隣の「西鉄天神大牟田線 矢加部駅」 徒歩7分と言う 観光地から離れている場所にありますが、とても人気のあるお店です。 うなぎの安いお店 ・柳川うなぎ処 川よし ・古蓮 ・千十 うなぎの人気店 ・元祖本吉屋 ・若松屋;個人的には一番のお気に入り ・御花 料亭 集景亭 個室のあるお店 ・元祖本吉屋 ・御花 料亭 集景亭 ・うなぎ せいろ蒸し 山田屋 以上がこの記事の重要なポイントです。 皆が認める一流店やおすすめ店もいいですが、ふらりと立ち寄ったお気に入りの1軒を探してみてもいいですね。 福岡のグルメガイドでしっかりと準備するのもいいですよ。 人気のお店は、土日は何処も観光客で一杯ですので、事前に予約を入れておくことをおすすめします。 とくに3月前後と6月前後は最も柳川がにぎわう時期なので、訪れるお店が決まっている場合は早めに予約を入れるようにしましょう。

次の

うなぎの富貴【絶品!柳川グルメ】名物うなぎおすすめの人気店!

柳川 うなぎ 人気

鰻に臭みがなく、ふっくらした身がたまりません。 お友達に柳川を案内したい時は、こちらに訪れる、ばぁばが一番大好きなお店です。 柳川市旭町69 / TEL:(0944)-72-6155 若松屋 船着場横にお店を構えるお店で、こちらも大人気! 元祖本吉屋さんと人気を二分するお店だと思います。 自慢の蒲焼きは、炭火で香ばしくふっくらとなり、代々続く秘伝のたれで仕上げてあります。 若松屋さんのたれは、本吉屋さんに比べると甘みが強い感じです。 甘いたれが好きな娘は、こちらの方が好みのよう。 長時間待ちたくない時や、手軽にうなぎを味わいたい時はある意味穴場なお店です。 昭和46年創業以来、昔ながらの調理法で伝統の味を守り続けています。 鰻はすべてガスを一切使用せず、炭火で丁寧に焼き上げてあるんです。 上品な感じの味で、主人はこちらの鰻がお気に入りです。 それでも、せいろ蒸しなので、うな丼などに比べると濃い目に感じるしっかりした味です。 熱々のうちに召し上がってくだされば美味しさも増しますよ! サイドメニューの「まぜめし」も、当店の代名詞と言える名物です。 少しずつ味が違うので、好みがランキングに反映されている気もします。 柳川は本当に素敵な街です。 独特の方言、潮の香りに、川を流れるどんこ船・・・。

次の