メール 挨拶文 コロナ。 気遣いの一言をビジネスメールに必ず入れるべき理由3つ

コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介|ドドヨの腹ぺこ自由帳

メール 挨拶文 コロナ

スポンサーリンク 新型コロナウイルス対応の挨拶文とお知らせ例文 新型コロナウイルスの挨拶文のなかでも簡単にお知らせを通知するヘルパーサービスステーション用、施設も併設している事業所用の例文を用意しました。 新型インフルエンザやノロウィルスにも使えます。 新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止対策としてホームページサイトでのアナウンスだけでなく、訪問系ヘルパーサービスなどは実際にご利用者のお宅にヘルパーが訪問することになります。 その時に、マスクや手袋の着用などは利用者やそのご家族に不愉快、不快に思われない配慮が必要不可欠です。 しかし居宅介護事業所や訪問ヘルパー事業所は、職員である訪問ヘルパー自身の安全も守らなければなりません。 さらに、各ヘルパーに個々に利用者様に口伝えで言ってもらうわけにもいきませんよね。 そういったときに、ご利用者様に不快にならないアナウンスを事業所としてあらかじめしておく必要があります。 その、新型ウィルス等の対策への対応についてのお願い書類の文例が以下の通りです。 などを書き換えて参考にしてください。 訪問ヘルパー事業所 新型コロナウィルスへの対応について(お知らせ例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 ホームヘルプステーション 〇〇 管理者 〇〇 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について 拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 この度、政府による新型コロナウィルス感染症対策本部より発表がありました方針を踏まえ、当事業所の感染拡大防止対策における対応について、下記ご連絡申し上げます。 尚、下記対応につきましては、お客様及びご家族様にも同様のご案内をさせていただいております。 引き続き、今後の政府発表や社会情勢を踏まえ、ご利用いただくお客様の安全を第一に考えた対応に努めて参ります。 関係者の皆様方には、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 以上 新型コロナウィルスへの対応について(お願い例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について(お願い) 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 標記について、現在弊社におきましては厚生労働省の通知に沿った対応をすすめております。 対応にあたっては、全従業員が新型コロナウイルスについて正しい認識を持つとともに、感染対策マニュアル等を通して、マスク着用、手指消毒、うがいの施行、従業員(パートタイマー含む)へのメディカルチェック(体温や症状の確認)の実施を行っております。 また、弊社に訪問されるお客様にも面会が必要ご用件がある場合以外には、原則禁止をさせていただく等の感染予防に努めております。 つきましては、ご利用者様、ご家族の皆様にも感染症対策について、以下の通りご協力のほどよろしくお願い致します。 1 サービスのご利用について 訪問サービスのご利用の際には、訪問時における訪問スタッフのマスクや手袋の着用につきましてはご理解ください。 また、発熱(37. 通所等のサービスをご利用の際には、事前にご自宅で検温をして通所の可否を判断していただきますようお願い致します。 発熱(37. また、発熱などの症状が無い場合でも、通所サービスご利用中のマスク着用、来所時の検温・手洗い・うがい・手指消毒などの感染防止対策の徹底にご協力をお願い致します。 ショートステイなど宿泊サービスをご利用の際には、発熱(37. なお、医療機関への定期受診に関しては、感染予防の観点から往診での対応を薬の処方、受け取りも含みお願いする場合がありますのでご了承ください。 2 弊社施設での面会制限について 当面の間、ご家族の面会は禁止させていただきます。 なお、お荷物等をお持ちになった場合は、玄関にて従業員が代わりにお預かりし、ご利用者へお渡しさせていただきます。 その他、今後の状況によって、新たに利用の制限やお願い等をさせていただく可能性がございます。 ご利用者様・ご家族様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご利用者様を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、当事業所従業員までいつでもお願い致します。 一番新型コロナウィルス感染拡大防止対策が求められる訪問ヘルパー事業所、デイサービスやショートステイなどの宿泊施設のある事業所がそのまま使用できるお知らせ例文になります。 感染症対策は常日頃からしてはいますが、今回のようなウィルス感染症予防などでの急な予定変更や感染症対策の徹底さでは早期の判断が必要ですよね。 お客様やご家族に迷惑をかけず、そして従業員が訪問時や施設利用時に混乱をまねかぬよう、事前にしっかりとしたお知らせをアナウンスしましょう。

次の

体調や健康を気遣う丁寧な言葉は気持ちが嬉しい!

メール 挨拶文 コロナ

スポンサーリンク コロナウイルスに関するビジネス文章の書き出し コロナウイルス感染拡大防止対策からビジネス文章の書き出し方も変わってきました。 コロナ対策だけでなく、直接相手に会うことが難しい時や、大勢に知らせるためのビジネス文章には、手紙やメールを有効に活用していると思います。 普段であれば、 定型的な時候の挨拶から書き出し、その後本題に入るのが一般的です。 しかし現在のコロナ拡大の影響下では、時候の挨拶をそのまま使うと、あまりにも事務的で何か心無い感じに受け取る人もいると思います。 この会社は、相手を気遣わない、マナー的なものを気にしない、何か冷たい会社というイメージを持たれる危険性があります。 そうならないためには、 コロナに対する現在の状況や、相手を気遣う言葉や信頼関係を再認識できるような言葉を使った文章を考えましょう。 ビジネス文章として書き出しの文例には次のものがあります。 ご苦労も多いかと拝察いたしております。 コロナ対策の営業再開についての文章 コロナ感染拡大防止のため休業をしていた会社が、営業再開するときの文章例をご紹介します。 営業再開のお知らせ・・・(お知らせの題名)• 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、お客様及び従業員の安全確保として実施していました営業自粛につきまして、大変なご迷惑・ご不便をおかけいたしました・・・(臨時休業についての謝意)• 皆様のご協力・ご理解をいただきまして深く感謝申し上げます・・・(臨時休業の協力・理解に対しての感謝の意)• スポンサーリンク コロナ流行中の文章の締め方 コロナ対策や新型ウイルス感染症などの流行で文章の文末の締め方、挨拶(一言)の文例をご紹介します。 コロナウィルスに負けず、安全と健康にご留意ください。 今後コロナが早く終息するように、心から祈るばかりです。 コロナの緊急事態宣言解除までもう一息です。 お互い頑張りましょう。 コロナの影響で大変な事態だと思いますが、皆様のご健康・ご安全を願っています。 営業自粛やイベント中止などの文章の例文はこちらです。 コロナウイルス感染症の拡大防止対策の緊急事態宣言解除による営業再開文章のひな形を文章例で紹介しました。 コロナに関する文章の締めの言葉には自分も気をつけているが、何より相手を気遣う一言を忘れずに入れて下さいね。

次の

体調や健康を気遣う丁寧な言葉は気持ちが嬉しい!

メール 挨拶文 コロナ

スポンサーリンク コロナウイルスに関するビジネス文章の書き出し コロナウイルス感染拡大防止対策からビジネス文章の書き出し方も変わってきました。 コロナ対策だけでなく、直接相手に会うことが難しい時や、大勢に知らせるためのビジネス文章には、手紙やメールを有効に活用していると思います。 普段であれば、 定型的な時候の挨拶から書き出し、その後本題に入るのが一般的です。 しかし現在のコロナ拡大の影響下では、時候の挨拶をそのまま使うと、あまりにも事務的で何か心無い感じに受け取る人もいると思います。 この会社は、相手を気遣わない、マナー的なものを気にしない、何か冷たい会社というイメージを持たれる危険性があります。 そうならないためには、 コロナに対する現在の状況や、相手を気遣う言葉や信頼関係を再認識できるような言葉を使った文章を考えましょう。 ビジネス文章として書き出しの文例には次のものがあります。 ご苦労も多いかと拝察いたしております。 コロナ対策の営業再開についての文章 コロナ感染拡大防止のため休業をしていた会社が、営業再開するときの文章例をご紹介します。 営業再開のお知らせ・・・(お知らせの題名)• 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、お客様及び従業員の安全確保として実施していました営業自粛につきまして、大変なご迷惑・ご不便をおかけいたしました・・・(臨時休業についての謝意)• 皆様のご協力・ご理解をいただきまして深く感謝申し上げます・・・(臨時休業の協力・理解に対しての感謝の意)• スポンサーリンク コロナ流行中の文章の締め方 コロナ対策や新型ウイルス感染症などの流行で文章の文末の締め方、挨拶(一言)の文例をご紹介します。 コロナウィルスに負けず、安全と健康にご留意ください。 今後コロナが早く終息するように、心から祈るばかりです。 コロナの緊急事態宣言解除までもう一息です。 お互い頑張りましょう。 コロナの影響で大変な事態だと思いますが、皆様のご健康・ご安全を願っています。 営業自粛やイベント中止などの文章の例文はこちらです。 コロナウイルス感染症の拡大防止対策の緊急事態宣言解除による営業再開文章のひな形を文章例で紹介しました。 コロナに関する文章の締めの言葉には自分も気をつけているが、何より相手を気遣う一言を忘れずに入れて下さいね。

次の