インスタ dm スタンプ ない。 インスタで質問を募集・回答・返信するやり方【できない場合の対処法】

インスタでDMくれたことがきっかけでLINE交換した人がいるのですが、な

インスタ dm スタンプ ない

若者のLINE離れは嘘?本当? 結論から言うと、 若者のLINE離れは半分嘘であり、半分本当でもあります。 若者のLINE離れが半分嘘であるとする理由は、10~20代の年代だけを見ても、LINEとインスタ共に利用者数が増えているからです。 一方、若者のLINE離れが半分本当であるとする理由は、若者のLINE利用者数が微増であるのに対し、インスタを利用する若者が増えていっているからです。 実際に下のデータを見ていただくと、LINEの利用者数は10代で約476万人、20代で973万人であるのに対し、インスタグラムの利用者数は10代で約352万人、20代で約497万人となっている通り、若者世代であってもインスタグラムに比べてLINEユーザーの方が圧倒的に多いことが分かります。 出典: つまりは、以下の3点のように、「LINEとインスタを共に利用する若者が増えている」ということです。 若者のLINE利用者は微増、インスタの利用者は増大• 用途や相手によってLINEとインスタを使い分ける• LINEよりもインスタを利用する時間の方が増えている 決して、「若者のLINE離れ」=「若者がLINEの代わりにインスタを利用するようになった」ということではありません。 若者がLINE離れする(しているとされる)理由 では、「若者がLINE離れしている」「若者はLINEよりもインスタを利用する」とされる理由について見ていきましょう! 以下6つのポイントにまとめて考察していきたいと思いますので、流行やトレンドに敏感な方にとって気になる時代の変化を一緒に考えていきましょう!• LINEは連絡先、インスタはプライベートなSNS• LINEは便利だけどプレッシャーにもなる• 「若者のLINE離れ」=「LINEのスタンプ離れ」• インスタの投稿はコミュニケーションを広げやすい• 新しいものに移り変わる流行の流れ• LINEとインスタは異なるアプリ LINEは連絡先、インスタはプライベートなSNS LINEの普及率や便利さから、学校の連絡網や職場のやり取りでも利用されるアプリです。 しかし、学生であれば「学校」、社会人であれば「職場」というのは、プライベートとは異なる各個人の公の場。 やはり、学校や職場といった公の場とプライベートな部分では区別をつけたいと思う方が多いかと思います。 公の場で関わる人には見られたくない情報をLINEではシェアしづらく、インスタではシェアしやすいことがLINE離れやLINEとインスタを使い分ける理由の一つでもあるでしょう。 とても簡単な例であれば、LINEのタイムラインで「彼氏とディズニー行ってきた!」とシェアしづらくとも、インスタであれば、自分のプライベートなライフスタイルや価値観をシェアしやすいですよね。 公の場とプライベートを区別することで、ほとんど同じ機能があるのであれば、公の自分としてLINEに触れるよりも、素のプライベートな自分としてインスタに触れる時間が増えていくようになるかと思います。 また、趣味趣向の多様性が広がる現代において、学校や職場などで直接関わりを持つ人達よりも、インスタやTwitterなどのSNSで繋がる友達との関係性を重んじたり、SNS上であるからこそ得られる共感や価値観の共有があったりすることも事実です。 「若者のLINE離れ」というのは、10~20代の世代だけではなく、若者達と比較しがちである30代以上の方々にとっても、「他人との関わり方」について改めて考えさせられることであるのかもしれませんね。 LINEの既読・未読機能は便利だけどプレッシャーにもなる LINE離れをする若者世代と題して、「LINEを未読スルーや既読スルーのは当たり前」といったような表現をされがちですよね。 ですが、実際にアナタの周りにいる若者が、送ったLINEに対して未読スルーや既読スルーといったことをしているとは限らないはずです。 職場で必要な仕事上のことであっても、プライベートなことであっても、必要性があれば、ちゃんとLINEで返信が返ってきてるかと思います。 もし返信が返ってこないのであれば、それは若者うんぬんではなく、アナタ自身かその人自身に問題があるのかもしれません。 LINEの返信にプレッシャーを感じるというのは、LINE上における全てのやり取りを指しているのではなく、限定されたやり取りにおける環境を想像するべきです。 学校であれば、「このあとカラオケ行く人?」というLINEがクラスのグループラインに送られてきた場合。 職場であれば、「このあと飲みに行く人?」というLINEが同僚から送られてきた場合。 他の予定があったり、プライベートな時間を大切にしたかったりするアナタは、未読スルーをするか、既読スルーをするか、それともキッパリ断るか悩むはずです。 「行かない」と返信すれば「付き合いが悪い人」という印象が残り、察して欲しい気持ちからあえて未読スルーや既読スルーをしても、「最近の若者は…」と勝手な印象を持たれてしまうこともあります。 つまり、単純にLINEの返信をするかしないかだけでも、限定された環境によってはプレッシャーにもなるものです。 LINEの利便さによって若者世代と繋がろうとする大人達の振る舞いが、逆に若者たちをLINE離れさせる原因になっているのかもしれませんね。 「若者のLINE離れ」=「LINEのスタンプ離れ」 「若者のLINE離れ」と称して、「今の若者はLINEのスタンプを使わない」と言われたりします。 では、なぜ若者はLINEのスタンプを使わないようになったのでしょうか。 その最も大きな理由としては、無料スタンプを利用することによって広告が増えてしまったことにあるでしょう。 例えば、企業が提供する無料のLINEスタンプを利用したことで、広告のLINE通知が届いたり、タイムラインが広告でいっぱいになってしまったり。 社会人よりも気軽に課金しづらい若者世代にとって、無料でLINEのスタンプを使える便利さはあっても、広告の増大はコミュニケーションの邪魔にもなってしまうものです。 「若者がLINE離れをしてスタンプを使わなくなった」という中には、「わざわざ広告が増えるLINEスタンプを使うよりも、広告が少ないインスタを使った方が便利である」というネット広告に触れることが当たり前である若者世代であるからこその感覚なのでしょうね。 インスタの投稿はコミュニケーションを広げやすい LINEに比べて、インスタは自分のライフスタイルや価値観を投稿でシェアしやすいSNSアプリです。 つまり、インスタでは「可愛い!」「うらやましい!」といった共感を得やすいので、自然にコミュニケーションを広げるキッカケが生まれやすくなります。 例えば、話題のオシャレカフェでチルしている投稿をアップしたのに対し、「私も行ってみたい~」「美味しそう~」といったコメントやDMからどんどん話題を広げていくことが出来るでしょう。 一方、もちろんLINEのトークルームやタイムラインで投稿をシェアすることが出来ますが、投稿を閲覧した側の印象がインスタとは異なるかと思います。 投稿の内容は一緒でも、自慢気な印象を与えるかもしれませんし、「わざわざLINEでシェアすること?」と疑問を持たれてしまうかもしれません。 LINEは連絡先として交換した「限定的な」ネットワークの中で。 インスタは普段繋がることのない人達とも繋がることが出来るネットワークの中で。 LINEとインスタで異なる「シェアの距離感」が、若者のLINE離れに繋がる理由でもあるのでしょう。 新しいものに移り変わる流行 サービスの発展だけではなく、時代の変化によって、流行は日々移り変わっていくもの。 2011年にリリースされたLINEは約10年の時を経て、誰もが利用するアプリになったと言っても過言ではないでしょう。 ですが、同時に大人世代とは異なる自分達にマッチした新しいものを好む傾向にある若者世代にとって、 「LINE離れというのは上の世代と自分達の世代を区別」しようとする意味合いがあるのかもしれません。 「LINEはもう古い」といった簡単な表現の中には、「大人達が知らない若者だけが知る流行」を生み出そうとする若いチカラが隠れているとも考えられます。 それは、今の30~40代が若かりし頃に、ガラケーではなくスマホ時代、mixiやアメブロよりもFacebookやTwitterの時代と「区別」しようとしていたことと同じであるのかもしれません。 「最近の若いものは…」という言葉によって、若者世代と区別しようとする大人達がいるからこそ、若者達はLINE離れという形で、インスタのDMやストーリーズを使い切れない大人達、Airdropを使い切れない大人達と区別をしようとしているのでしょう。 LINEとインスタは異なるアプリである 最後にまとめとして伝えたいこととしては、LINEとインスタグラムは異なるアプリであること。 よくLINEもインスタグラムもSNSアプリとして比較されますが、「異なるアプリ」という点で少し考えていただきたいのは、「そもそもLINEはSNSアプリなのか?」ということです。 元々のサービスコンセプトとしてLINEはチャットアプリ、インスタはSNSアプリであるという認識や感覚をお持ちの方が多いのではないでしょうか。 確かに、LINEもインスタもSNSアプリとしての機能がありますし、限定された関係の中でコミュニケーションを取ることが出来るアプリです。 ですが、LINEとインスタをSNSアプリとして比較してみると、「情報をシェアする範囲」に決定的な違いがあるでしょう。 単純な例で言うと、インスタにはあってLINEにはない「フォローする」「フォロワーになる」という機能の違いがあるようにです。 「インスタ映え」という言葉があるように、インスタでは人の好奇心をそそるようなオシャレな投稿をして、自分を演出することができ、普段繋がりの無い人からいいねをもらえることで承認欲求を満たすことが出来ます。 また、ファッションやメイク、旅行など女性にとって関心の高いライフスタイル情報を、ネットで「ググる」よりもインスタのハッシュタグで「タグる」ことが主流になっている時代でもあります。 若者のLINE離れにおける最大の理由は、LINEでシェアやコミュニケーションを取るよりも、インスタでシェアしたりコミュニケーションを取ったりする方が、現代の若者世代の価値観にマッチしているということなのでしょうね。 あえて使わない「LINE離れする若者」 ご紹介してきたように、大人世代が当たり前のように利用するようになったLINEを「あえて使わない」若者世代の心理について、少し見えてきた部分がありませんか? 若者がLINEとインスタを使い分ける時代になったように、大人世代もLINEとインスタを使い分けるべき時代であるのかもしれません。 もしかしたら、近い未来では、LINE離れどころかインスタ離れという言葉に接するようになるかもしれません。 「若者がLINE離れしているからインスタを利用するべき」ということではなく、年齢に関係なく、お互いがコミュニケーションを取りやすい環境をお互いが考えて、「区別し合わない柔軟性」という価値観が若者世代と大人世代の両方に求められる時代であるのでしょうね。

次の

【完全攻略】インスタグラムのDMの見方!!許可、既読、通知、削除などすべての使い方を大公開!!

インスタ dm スタンプ ない

「高校生はもうLINEを使っていない」 取材先でそう耳にする機会が増えた。 企業のプロモーション担当者は、どのSNSで若者にアプローチをするか頭を悩ませている。 「LINEが久しぶりに鳴ったかと思ったら、『広告かよ』って」(27歳女子) もはやLINEを通じた企業の宣伝は、逆効果のようだ。 彼女たちがアクティブに使うのは、もっぱらインスタグラム(Instagram)だ。 「インスタのDM(ダイレクトメッセージ)で連絡を取るようになってから、あまりLINEを使わなくなった」そうだ。 しかも、彼女たちは独自の手法でインスタを駆使している。 若い子と連絡を取りたくてLINEを使いこなす親世代。 時には、親世代から大量のスタンプが送りつけられる。 その若者へのアプローチの仕方、間違っているかもしれませんよ。 都立高校の女子高校生(17)の日常は、スマホとともにある。 「 気が付けば、LINEを使わなくなった。 前は未読も既読も溜めなかったけど。 LINEはすぐ返す方が少ない。 友人には未読が30〜40件溜まっている人もいる。 未読スルーを嫌がる人もいると思うけど、今は当たり前になっている」と話す。 まったくLINEを使わないわけではない。 利用シーンは、「あまり仲良くない子」や、すごく親密ではないが「仲良くなっていたい子」とのやりとり。 「高校生が終わるわ(卒業するわ)」「学園祭の劇、めっちゃ楽しかった」などの内容を、「結構な文章量で連絡し合っている」という。 しかし、 返信のペースはお互いに1〜2週間に1度ぐらい。 そのやりとりがもう2年近く続いているんだとか。 何とも不思議な関係だ。 「インスタはLINEよりも写真が(前提に)あって」 アクティブに使うSNSはいつのまにかインスタグラムになっていた。 ミレニアル脱落組はLINEで(笑) 20代はどうか。 若年層の流行を分析する企業「ブームプランニング」で実体験を聞いた。 同社のプランナーの堀江葉さん(24)は、高校生のころはmixiボイス、大学3年まではLINEやTwitter、大学4年ごろからInstagramに移行した。 「インスタで情報を得て、インスタのDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりする。 LINEを使うのは(インスタ)ストーリーズ(注:24時間で投稿が消える機能)にあがったものを、『あれ、あげてたよね?』とグループで共有するときくらい。 既読でも未読でもOKになった」 と話す。 ちなみに 「 高校1年の妹はTwitterメイン。 LINEは200件も未読が溜まっている。 未読は開いて見ないで(既読を付けずに)、まとめて消すそうです。 高校3年の妹はインスタ。 ツイキャスもやっていたみたいです」 20代のSNSの利用方法は、コミュニティや世代により異なる。 左から、堀江さん、清水さん、中村さん。 撮影:木許はるみ 堀江さんより、やや年上のプランナー清水絵梨さん(27)は、「自称SNSモンスター」。 Facebook、Instagram、Twitter、LINE、Snapchatを使うものの、主にInstagramを使う。 実際、清水さんの従兄弟3人のうち、 21歳はFbのmessengerかLINE、18歳はLINE、高校3年生はInstagramやLINEを使う。 「 学年、コミュニティが違えば、使うツールが違う。 彼らと連絡を取りたければ、ツールを合わせないとレスをもらえない」(清水さん) 清水さんの周囲の同世代は、「ミレニアル」と「ミレニアル脱落組」でSNSが違う。 脱落組とは、「ミレニアル世代と言われる1980年代以降に生まれたが、年配の人々に囲まれ、デジタルネイティブな感覚を失いつつある属性」のこと。 脱落組はLINEを使い、かつ日常的にメッセージが長い。 連絡事項でもバナーに収まらず、数行にわたり、スタンプや「w」を使わず、顔文字や「(笑)」を用いて、「ガラケー時代」を彷彿とさせるそうだ。 本アカには盛れてる写真、裏は「うるさくしていい」 前出の女子高校生にインスタの画面を見せてもらった。 アカウントは、本アカ、裏アカ、好きなユーチューバーの写真を投稿するアカウントの3つだ。 本アカは「見返したくなる日記」、盛れた写真、楽しそうな写真を載せる。 裏アカは、彼女にとって「うるさくしてもいい」場所。 うるさいというのは、盛れていないような写真も気軽に次々と載せるということだそう。 ストーリーズを見せてもらうと、地元の友人とカラオケに行った動画が投稿されていた。 彼女の友人は、その投稿をスクリーンショット( スクショ)した画像にコメントを書いてストーリーズにあげていた。 さらに、彼女は友人の投稿をスクショして、またコメントを書き足してアップ。 なぜ、そんな手間なことを、と思ってしまうが、 「それが主流」なんだとか。 裏アカの名前は、仲のいい子だけがわかるあだ名にしている。 インスタグラムをフォローするかどうかは、3スクロールで決めるという。 そんな「ギャグセンの低い男子もいる」。 ファッション好きなおしゃれな「インスタグラマー風の男子」は、それっぽいおしゃれな写真を本アカで投稿していた。 本アカの投稿には、ある鉄則も存在する。 清水さんは、本アカの投稿は「 あえて100投稿くらいに抑えないと、自己ブランディングができない」という。 本アカは、プロフィールの代名詞だ。 企業やブランド、インフルエンサーの アカウントをフォローするかどうかは、「3スクロールくらいでジャッジ」する。 投稿画面を3スクロールして、気に入ればフォローするということ。 企業のアカウントは3スクロールの投稿に磨きをかけるのがコツという。 LINE全盛期は2012年から4年間 ブームプランニングによると、LINEは2012年から4年ほどは高校生、大学生に爆発的に使われた。 一方、2016年からはインスタグラムも浸透し、「 高校生の時間がインスタグラム、LINE、Twitterに3等分された」(清水さん)という。 Instagramに、24時間で投稿が消える「ストーリーズ」ができ、ビジュアル版のTwitterのような役割を果たすようになった。 投稿された写真をDM(ダイレクトメッセージ)でやりとりをすれば、わざわざLINEを使う必要はない。 「 機能がインスタで完結してしまうようになった」ということだ。 さらに、SNSモンスターの清水さんは、 インスタの小まめなアップデートが気に入っている。 「評判が悪いと機能が改良されて、思い通りに変化していき、愛着が湧く。 アップデートに一喜一憂して楽しんでいる」と話す。 一方、 LINEは「LINE Pay」「LINEデリマ」と「ファンクションが増えすぎた」と指摘する。 インスタグラム側は取材に、ユーザーのコミュニティが主催するフォトジェニックな写真の撮影会「インスタミート」に参加するなど、ユーザーの声を聞いて機能の改善に役立てているという。 女子高生のLINEのアクティブユーザーは低い? 2017年10月の調査では、女子高生が利用するSNSは、LINE、Twitter、インスタグラムの順に多かった。 用途などを合わせて質問すると、LINEは「連絡用」と答える人が多く、Twitterは、「アカウントにより、キャラクターを変える」という割合が高かった。 インスタグラムは、音楽やファッション、食事が趣味のユーザーが多かった。 TesTeeは7月に、一部の女子高生の間で流行っていたという「おじさんLINEごっこ」を調査。 ごっこの文面は、「絵文字や顔文字」で溢れていた。 まさに、「ミレニアル脱落組」が使うような「ガラケー」を思い起こさせる文面だった。 データ上では、多くの女子高生に支持されるLINE。 女子高生からのブームが見えにくい かつては女子高生を発信源にさまざまなブームが起きた。 撮影:今村拓馬 中村さんは、約30年前から女子高生のマーケティングをしながら流行を見続けきた。 1990年代までは、プリクラ、カラオケ、ルーズソックスというブームが、「 女子高生自身のリアルな口コミで広がった」というが、「 今はSNSの中で個々が動くので、ブームが見えにくい」と分析する。 SNSを通じて、個々の趣味に合わせた情報を得られるので、女子高生の共通のブームは起きにくい。 しかし、「SNSでターゲットを絞り、万人には無理でも、コミュニティーにつながれば応援してもらえる」と新しい流行の作り方に期待する。 企業によって、まず大切なのは、世代、コミュニティに合ったSNSを選ぶことになりそうだ。 (文:木許はるみ).

次の

【インスタ】DM・ストーリー・投稿でGIFを貼る方法まとめ

インスタ dm スタンプ ない

スポンサードリンク GIFスタンプとは そもそも、GIFスタンプとはどんなものかご存知でしょうか。 GIFというのは画像ファイルの拡張子の一つで複数の画像を ひとまとめにすることでパラパラマンガのような アニメーションが見られるようになっています。 ネットサーフィンをしているとよく動画の一部分を切り取った 画像ファイルを目にすることがありますが、あれがGIF画像です。 つまり、GIFスタンプとは動画のように アニメーションを行ってくれるスタンプのことなのです。 簡易的とはいえ動きが加わることで今まで以上に多彩なスタンプ表現を 画像や動画に加えることができるようになりました。 GIFスタンプの載せ方 GIFスタンプは「ストーリーズ」から利用することができます。 まずはインスタのストーリーズ投稿画面を開きましょう。 投稿画面が開いたら左下の投稿ボタンをタップして編集する写真や 動画を撮影あるいはすでに撮影済みの写真などを選択してください。 画面の上に表示されているスタンプボタンをタップして スタンプ一覧から「GIF」を選択してください。 すると、GIFスタンプ一覧が表示されます。 あとは好きなGIFスタンプをタップするだけで 編集中の写真や動画にスタンプが載せられます。 GIFスタンプを探す際には上部に表示されている検索バーに キーワードを入力することで目当てのスタンプがすぐに見つかります。 GIFスタンプの拡大・縮小方法 載せたスタンプは指を開いたり閉じたりするピンチで 拡大・縮小することができます。 載せたい写真や動画に合わせた大きさに調節してください。 GIFスタンプの反転方法 GIFスタンプの向きを反転させたい時はスタンプ自体をタップしてください。 タップする度に反転するので好きな向きに調節しましょう。 GIFスタンプが出てこない時の対処法 上記の方法でGIFスタンプを載せようとしても そもそもGIFスタンプが表示されない方もいます。 ここからはそんな時のための対処法をご紹介します。 アプリをアップデートする GIFスタンプ機能は比較的新しい機能のため アップデートを怠っていると利用できない可能性があります。 まずはアプリストアでインスタのアプリが 最新バージョンになっているかどうかを確認してください。 もし、古いバージョンだったらアップデートをしてから起動し直し GIFスタンプが表示されているかどうかを確かめてみましょう。 アプリ・端末の再起動をする アプリや端末の不具合によってGIFスタンプ機能が表示されない可能性もあります。 アプリが最新バージョンになっていてもGIFスタンプが使えない時は いったんアプリと端末の再起動を試してみてください。 GIFスタンプ機能が追加されるまで待つ 実はインスタの新機能は追加されてから すぐにユーザー全員が使えるようになるわけではありません。 段階的に開放されるケースもあるため、もしかすると、 まだご自身のインスタにGIFスタンプが開放されていないだけかもしれません。 この場合はこちらからどうにかするための対処法はなく ただ、機能が開放されるのを待つしかありません……。 ストーリーズを頻繁に利用している人ほど開放されるのが早いという 噂もありますのでストーリーズを楽しみながら GIFスタンプが開放されるのを待ってみましょう。 追記 どうやら初期に用意されていたGIFスタンプの中に波紋を呼ぶものが 含まれていたようで、現在スタンプの内容を精査しているようです。 おそらく近日中に再開かと思われます。 スポンサードリンク.

次の