鬼滅の刃 縁壱 画像。 【鬼滅の刃 174話感想】縁壱爺さんがくっそカッコイイ!!やっぱ強いジジイは良いよな!

最新ネタバレ『鬼滅の刃』187

鬼滅の刃 縁壱 画像

スポンサーリンク 必死で炭治郎の心臓マッサージをする村田! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 現実の世界では、村田が必死で炭治郎の心臓マッサージをしています! しっかりしろ!と呼びかけながら炭治郎の蘇生を試みますが、炭治郎は息をしておらず、しかも心臓の音も止まってしまっているように感じて焦る村田。 そこへ、愈史郎と行動を共にしていた隊士が駆けつけました。 愈史郎が鳴女と戦っていたときに「俺を喰え!」といった彼です。 愈史郎ががれきの下敷きになっているので手を貸して欲しいと言われますが、炭治郎も死にそうなので迷う村田。 愈史郎を助ければ炭治郎を手当てしてくれるはずだと言われ、一旦炭治郎の元を離れます。 スポンサーリンク 縁壱の過去・忌み子として生まれた自分 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 再び夢の世界です。 縁壱が現れたということは、やはりこの人物は炭治郎ではなく炭吉ですね。 炭治郎の意識が炭吉の体に入り込んだ状態のようです。 炭治郎は、十三番目の型について聞けるかもしれない、と考えますが、思ったことを話すことができません。 遺伝した先祖の記憶の夢を見ているので干渉できないのです。 以前も炭治郎は炭吉の夢を見たことがありましたが、今回はあれから二年後のようでした。 再会した炭吉一家が元気でいることを喜び、幸せな人間を見るとこちらも幸せな気持ちになる、と言います。 縁壱は、誰かに話を聞いて欲しかったと、二年ぶりに炭吉の家を訪れたのでした。 縁壱の母親は信心深い人で、この世からいさかいごとが無くなるよう毎日祈っていた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱が耳が聞こえないと思い、太陽の神様に温かく照らしてくださいと耳飾りのお守りを作ってくれた。 兄も優しい人だった。 いつも私を気にかけてくれて、父から私に構うなと殴られた翌日も、笛を作って持って来てくれた。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 助けて欲しいと思ったら笛を吹け、すぐに兄さんが助けにくるからと、赤紫に腫らした顔で笑ったそうです。 黒死牟の記憶とだいぶ違います・・・ 縁壱の記憶では、兄は自分のことを思ってくれる心優しい人間だったのですね。 やがて母が亡くなり、縁壱は自分は忌み子だとわかっていたためすぐ家を出ます。 寺へは行かず、どこまでも思い切り走っていきました。 一昼夜走り続けても疲れて足が止まるということはなかったそうです。 スポンサーリンク 縁壱の過去・うたとの出会いと別れ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 山の中のこぢんまりした小さな田んぼに、縁壱と同じ年ごろの女の子が立っていました。 女の子は桶を持ったまま長い間立ち続けていたので何をしているのか聞いてみると、流行り病で家族みんな死んでしまい、一人になって寂しいから田んぼのおたまじゃくしを連れて帰ろうとしているのだと言います。 しかし、結局女の子は捕まえたおたまじゃくしを全部田んぼに逃がしました。 「親兄弟と引き離されるこの子たちが可哀想じゃ」 縁壱は彼女と一緒に家に帰り、一緒に暮らし始めます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 彼女の名前は「うた」といい、よく笑いよくしゃべる女の子でした。 縁壱はうたのお陰で、他人と自分の世界の見え方が違うことを知ります。 生き物の体が透けて見える人間などいないということもうたから聞きました。 うたと一緒に暮らすことで、自分は他の人間とは違う能力があることを知った縁壱。 これまでの人生でいつも感じていた漠然とした疎外感の理由がわかった気がしました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 十年後二人は夫婦となり、やがてうたの出産が近づいてきました。 縁壱は出産に備えるため産婆を呼びに出かけます。 日暮れまでに帰るつもりが、途中山の中で倒れている老人を助けて送り届けたため、産婆を呼ぶのは明日にしてその日は急いで帰ることにしました。 帰りは夜になってしまったのです。 うたは、腹の子と共に殺されていました。 スポンサーリンク 鬼狩りとなる 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 自分が命より大切に思っているものでも、他人はたやすくふみつけにできるのだということを知った縁壱。 十日程ぼんやりして妻と子供の亡骸を抱いていたそうです。 鬼の足跡を追ってきた剣士に、弔ってやらないと可哀想だと言われるまで。 縁壱の夢は平凡なものでした。 小さな家で、家族と静かに暮らしたい。 手を伸ばせば愛する人がすぐに届く距離。 武士の家で忌み子として生まれ、常に孤独を抱えていた縁壱は、うたと出会ったことでやっと掴んだ小さな幸せを鬼によって奪われたのです。 縁壱のところを訪れた剣士は容貌から見るに後の炎の呼吸の剣士のようです。 やがて縁壱も鬼狩りとなります。 鬼狩りは古くからいたそうですが、呼吸が使える者がいなかったため、縁壱が呼吸法を教えました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 柱と呼ばれていた当時の剣士たちは元々炎・風・水・雷・岩の剣術の型を使って鬼を倒していましたが、その型に縁壱が教えた呼吸を上乗せして使うことで力が飛躍的に向上し、すさまじい勢いで鬼を倒せるようになっていきました。 やがて部下を殺された兄の厳勝も鬼狩りに加わり、力を貸してくれるようになったのです。 それから間もなく縁壱は鬼の始祖である無惨を見つけます。 出会った瞬間に、自分はこの男を倒すために生まれてきたのだとわかった縁壱。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 186-187 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 縁壱の悲しい過去がわかった回でした。 縁壱が鬼狩りになったのは、家族を殺されたからだったのですね。 家族を亡くした縁壱にとって炭吉とすやこは、思い描いた幸せを体現している夫婦だったのではないでしょうか。 そして、笛を贈られたときの記憶が黒死牟とまるで違っていたのが驚きでした! 縁壱にとっての黒死牟は、あくまでも優しい兄という位置づけだったのですね・・・ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」186話より引用 最後の場面で無惨と一緒にいるのは珠世のようです。 珠世は無惨と行動を共にしていた時期があったのでしょうか・・? 次回も回想が続くと思われますが、炭治郎は十三番目の型のヒントをつかむことができるのでしょうか? どうやって無惨の毒を克服するのかも気になるところです!.

次の

継国縁壱 (つぎくによりいち)とは【ピクシブ百科事典】

鬼滅の刃 縁壱 画像

概要 主人公・が夢の中で見た、先祖である炭吉の記憶に登場し、の核となった始まりの呼吸である「」の使い手である の本名で、最強の鬼である上弦の壱・こと『(つぎくに みちかつ)』の双子の弟。 本編から400年前のの剣士であり、174話の黒死牟の回想にて本名及び黒死牟との関係が判明。 その時は齢八十を越えた姿で登場している。 そして彼こそがが予想していた、 「痣を発現させても二十五を超え生き延びた例外」であった。 「縁壱」という名前は、 「人と人との繋がりを何より大切に」と願った母から付けられた。 過去 継国家 継国家は武家であり、産まれた当時は不吉とされた双子であること、さらに生まれつき額に不気味な痣があったという理由から、忌み子として周囲に疎まれすぐに殺されそうになったが、母・朱乃の猛反対もあって「10歳になったら寺に出す」という条件で生きることが許され、その後は母親ともども軟禁に近い生活を強いられていた。 朱乃は縁壱が言葉を発さない事から、縁壱は耳が聞こえないと思い込み、何とか喋れるようにと ヒノカミ様に祈り縁壱の耳に 花札の耳飾りを着けた。 母親から耳が不自由だと思われていたことに気づいた縁壱は「私は耳が聞こえます」と初めて喋った。 縁壱は2歳の時に父親からお前は忌み子で継国家に災いをもたらすだろうと言われていたため、災いが起こらぬよう自分を無いものとして誰とも口を利かなかった。 母親がなぜ喋らなかったのか聞いても父親を庇って理由を話すことはなかった。 縁壱は自分が口を利かなかったことで心配をかけたと申し訳なく思っている。 縁壱は7歳になるまでは碌に言葉も話せず、母にしがみ付いて回るだけの生活を送っていると思われており、弟の不遇を密かに哀れんでいた兄・巌勝は時折、父親の目を忍んで縁壱の三畳の部屋を訪れては双六や凧揚げなど遊びを教えたり、共に遊んでいた所を父に咎められ殴られても、自ら作った笛を持って来て与えたりしていた。 人生で初めての自由を満喫する中、昼夜走り続け山を越えた縁壱は、黒曜石のような瞳の少女 と出会う。 流行り病で家族を皆亡くしてしまったうたは、田んぼでぽつんと佇んでいた。 縁壱が何をしているのか問いかけると、「一人きりになって寂しいから田んぼにいるおたまじゃくしを連れて帰ろうと思って」と言う。 日が暮れ始めるとうたは家族と引き離されるこの子たちが可哀想だからと桶の中の生き物を逃がし始める。 「じゃあ俺が一緒にうちへ帰ろう」 こうして幼い二人は身を寄せ合うようにして暮らし始めた。 彼女との生活の中で、透視能力を持っているのが自分だけであることなどを教えられる。 うたは本来朝から晩までよくしゃべる子であり、縁壱の表情以外でも感情の動きを感じ取ることができたため心を通じ合わせることができた。 縁壱は動物や虫に好かれるので、周りに小鳥や蝶、狸や狐などが寄ってきて手ずから餌を食べるためうたは大喜びしていた。 うたは糸の切れた凧のようだった縁壱の手をしっかりと繋いでくれた人で、 縁壱はうたと手を繋いで歩く田や畑への道がとても幸せだったという。 それから10年経って成長した 二人は愛し合い正式に夫婦となった。 中表紙では大人になった二人が蝶と蛙を手に乗せて幸せそうに笑い合っている。 両者が結ばれて間もなく、うたは子どもを授かった。 愛するうたと子どもと小さな家で暮らすことだけが縁壱の望みで、自分にも新しい家族ができるという幸福を噛みしめるが、臨月が近づき産婆を呼ぶため彼女の傍を離れていた間に、うたを子ども共々鬼に惨殺されてしまう。 十日間ほど彼女の遺体を抱いて茫然自失していた所を、鬼を追っていた剣士(外見からおそらくはの先祖)が現れ、彼に言われて彼女の亡骸を埋葬した後、その鬼を倒す組織の存在を知って鬼狩りの道に入った。 その愛はうたが亡くなってからも変わらず、 縁壱は生涯彼女一人だけを愛していた。 炭吉一家とはこの頃に出会ったらしく、生まれたばかりの炭吉の娘、すみれの世話をしたり前述のうたに起こった悲劇を思い、自身の胸の内を明かすことで心を落ち着かせていたようである。 「何が楽しい?何が面白い?命を何だと思っているんだ」 ついに縁壱は全ての元凶であると対峙、「自分はこの時のために産まれたのだ」と悟り、同時に己の剣技、の型を完成させる。 無惨も凌ぐ圧倒的な力で彼を追い詰めたが、無惨は自爆して1800個の肉塊となって逃亡。 縁壱はその内1500個を滅するも本体部分は取り逃がし、さらにその直後、兄が鬼となったことを聞かされたのだった。 隊士でありながら肉親の中から鬼を出したこと、無惨を取り逃がしたこと、その時無惨の傍にいたを見逃したことから縁壱は仲間内から激しく糾弾された。 先代の産屋敷家当主が巌勝に殺され現当主は6歳とまだ幼かったこともあり、煉獄家の先祖以外は誰も縁壱を庇うことが出来ず、温情でこそ免れたが縁壱は鬼殺隊を追放されることとなった。 追放された後も数名の柱たちとは連絡を取っており、当時の産屋敷家当主もそれを黙認していた。 その後縁壱は再び竈門家を訪れ、自分の生い立ち、そして苦悩を語っており、縁壱に同情した炭吉はあまりに過酷であった縁壱の人生に言葉を発することができずにいた。 そのとき、炭吉の幼い娘すみれから「抱っこ」を乞われ、炭吉にも言われて彼女を抱き上げる。 その瞬間、屈託なく嬉しそうに縁壱に笑いかけるすみれの顔を見て、「失われたもの」そして、見失いかけていた「守るべきもの」を思い出し、止め処なく涙を溢したのであった。 その後暫く竈門家に滞在。 すやこに乞われ、竈門一家に日の呼吸の型を披露する。 型を全て披露し終えると縁壱は竈門家を離れることを決意し、花札の耳飾りを炭吉に手渡す。 炭吉は自らと家族を救ってくれたことから耳飾りと日の呼吸を竈門家の子々孫々に受け継いでいくことを約束すると、縁壱は「 ありがとう」と微笑みを残し、去った。 そして、二度と炭吉の所には現れることはなかったと言う。 その能力とは別に、幼少から壮年、そして老境に至るまで、 物静かで落ち着きのある、おおよそ戦士には似つかわしくない穏やかな人間として描かれている。 縁壱の性格は 母である朱乃に似た争いを好まないおっとりしたもので、素直で素朴そのものだった。 幼いながらに体を壊していた母を後述の特殊な目で見抜き常に支え続け、喋らなかった理由を聞かれても自分を忌み子と呼んだ父を庇うなど心優しい子供だった。 加えて武家の出身ながら平和主義的で、武器を他人に振り下ろすこと自体を耐え難く不快と感じ、剣よりも兄と遊ぶことを望み、家族が一つ屋根の下で暮らせればそれでいいと願うような素朴な気質を持つ。 請われれば呼吸に関する技術や自分の剣技を誰にでも教え、個人個人に合わせた呼吸の指導まで行うことができる教授力も持ち合わせていながら、自分を 「そう大層なものではない」「長い長い人の歴史のほんの一欠片」「私たちの才覚を凌ぐ者が今この瞬間にも産声を上げている」など驕りの欠片もない。 「この世はあらゆるものが美しい、この世界に生れ落ちることができただけで幸福だと思う」「人が幸せなのを見ていると嬉しくなる」と語る等小さなことで喜びを感じる心の豊かな人物。 またそれ故か、己の妻子を惨殺した鬼とその在り方には 「大切なものを踏みつけにした存在」として強い拒絶の意志を示す。 戦闘能力 「道を極めた者が辿り着く場所はいつも同じだ」 生前は兄の巌勝(黒死牟)をして 「この世の理の外側にいる」「神々の寵愛を一身に受けて生きている」「鬼狩りの長き歴史の中で最も優れた剣士」と言わしめ、無惨をして 「あんなもの然う然う生まれてなるものか」「神や仏でも予想できなかった出鱈目な御伽噺」「本当の化け物」と言わしめた 作中最強の存在 生前にもその死後にも、人も鬼も誰一人として追いつくことはおろか影を踏むことすら叶わない、正真正銘の神の領域の強さを有する。 体の機能が極限段階に達していることを示す 「痣」と相手の筋肉と骨格、果ては内臓の動きも見通せる 「」を生まれた瞬間からすでに体得し、常時発動させていたという、最初の呼吸の使い手にして最初の痣者。 剣才は途方もなく、7歳の時、兄がどんなに鍛練しても敵わなかった父の門下生を、 竹刀の持ち方を教わって即、素振りさえしたことがない状態で一瞬の内に四連撃を打ち込んで気絶に追い込む程の才を見せた。 成長し鬼狩りとなった時、その才はさらに高次元で開花した。 始まりの呼吸である『日の呼吸』の使い手であり、これを鬼殺隊士それぞれの剣技に上乗せして 「」の技術を生み出した。 『日の呼吸』を使えない仲間たちに向けて、それぞれの適正に合わせた呼吸法である 「基礎の呼吸」も縁壱が考案し、教授した。 いわば、 現在の鬼殺隊の礎の全てを築き上げた中興の祖である。 作成理由が現状謎の、日輪刀の刀鍛冶の里にあるこの縁壱を模した絡繰人形『 』に腕が六本もあるのは「それくらいないと彼の動きを再現できなかったから」と言われるなど、素の戦闘能力および技能も卓越したものを誇っていた。 その人生において、 生涯ただの一度も、かすり傷すら負わされることがなかった。 最強の鬼たる無惨も無論、縁壱に傷一つつけること叶わずに一撃(正確には6連撃)で身体を切り刻まれて死の淵まで追い詰められた。 無惨はその時の圧倒的な恐怖が細胞一つ一つに至るまで焼きつき、今も忘れていない(明らかになった無惨の戦闘方法からすれば、無惨との直接戦闘で生き延びるには無傷でなければならないために、ある種当然の帰結である)。 この時に完成した「十三番目の型」とは、 日の呼吸の十二の型を連続して繰り出すことであり、無惨は爆発して逃亡したが、倒す方法については、 ことだと煉獄家先祖に告げている。 生涯最後の闘いは黒死牟と出会った 80歳を超える老齢の頃。 痣者でありながらその歳まで生き、なお全盛期と変わらぬ剣技の冴えであり、黒死牟ですら刀を抜くどころか反応も出来ず、続く二振り目で死を確信させられる程であった。 全集中 生まれた時には既に額の左側から側頭部を覆う形で発現しており、痣を持つ者が鍛練を重ねて漸く到達する「透き通る世界」にも生まれた瞬間から到達していた。 また「痣を発現した者は齢二十五までに死ぬ」とされているが、彼は80を越えても生き続けており、これがどういった要因なのかは不明。 ただし劇中で明かされた情報を見る限り、 「痣」を最初に発現したのは縁壱であり鬼殺隊の記録からその影響が周囲の者に伝播するらしい事が伝えられており、その点から見れば縁壱の類稀な才覚で発現できる素養を他者が使用した結果、「短命」という代償を払う形になっている可能性がある 縁壱が例外なのではなく、縁壱以外の人間が同じ能力を使おうとする事自体に無理がある、という事。 刀 の色は黒刀。 それは竈門すやこが 『黒曜石のような』と述べていること、縁壱零式から発見されたとき 『滅』の文字が刻まれていたことから、 うたと子供の仇である鬼を必ず滅するという強い意志が垣間見れる。 その色の深さは炭治郎のものと比べ段違いで、なおかつ戦闘時には縁壱が後述の方法を用いることによって、赫灼の刃、 赫刀へと変化する。 赫刀は本来頸以外の切断はすぐに再生してしまい致命傷になり得ない鬼に対して多大な苦痛とダメージを与え、かつ半永久的に再生を阻害するほどの力を持つ。 赫刀の発動条件は、 であることが判明した。 日輪刀を極めて強力な力で握ると、刀身が発熱し赫刀に変化する。 しかしこれは、を発現させた級の剣士であっても非常に困難なことであり、本来ならば常時発動出来るものではない。 縁壱と同じくもいたが、赫刀に変化したはいいものの を起こしかけた。 その他にも日輪刀同士を強打し、高熱を出す方法もあるが、やはり同様に一瞬の隙が出来てしまう。 また、はのによって類似効果を発現させているがこれは刀身に付着した彼女の血液による鬼殺しのが発動しているためで似て非なる物である。 結局のところ、 強い衝撃(もしくは圧力)を刀に加えれば発動出来る。 しかし戦闘中における代償はあまりに大きく、強敵に使うときはまさに命と引き換えとなることもあり得るため、非常に困難な技法と言える。 しかし縁壱の場合、その神域の身体能力故なのか、戦闘時にはこれを何の苦もなく当たり前のように維持していた。 手首の柔軟性が重要な剣術に於いて常時力んでいる事はあり得ないので要所要所で握りを強くして一度の戦闘で何度も発動を繰り返していたと思われる。 また、原理は不明ながら縁壱の赫刀は他者の使うそれとは次元が違う威力を有する。 炭次郎や柱達の赫刀は無惨に対して多少再生を遅める程度の効果しかなかったのに対し、縁壱の赫刀は無惨の再生を完全に停止させ、その後も 永久に癒えない傷として無惨の身体を焼き続けているという、最早異常なまでの効果を発揮している。 推察にはなるが、剣術の基本は斬撃が敵に当たる瞬間に握りを強くする事であり、時間経過で減衰する赫刀の最大威力時が斬撃の命中時と同時であることに加え、ヒノカミ神楽の真髄から繰り返す度に赫刀の発動が重なり威力が増大し続けている事が予想しうる(この場合、水の呼吸の最強の型との類似性も見つける事が出来る)。 縁壱が鬼狩り時代に使用していた漆黒の刀は上記の通りに封印されており、その経緯、そして巌勝と最期に対峙したときの日輪刀についての詳細は不明である。 との関係 縁壱視点の回想は全て炭治郎が炭吉の記憶から垣間見ているものであり、 記憶の遺伝と呼ばれている。 上述の通り、縁壱は炭治郎の先祖である竈門炭吉、その妻すやことは交流があった。 炭吉とすやこは縁壱を命の恩人(鬼から救ったと予想される)として竈門家に招いており、一時滞在している。 その時は妻子を守れなかったこと、鬼殺隊においても孤独であることで縁壱は自身を『 何も価値がない男』だと卑下していた。 その後無惨を討ち逃し、兄が鬼となり、鬼殺隊を追われた縁壱は再び竈門家を訪ね、自らの喪失感を打ち明け、その哀しみを和らげた。 日々を過ごす中で日の呼吸を竈門一家に見せることとなり、それを炭吉は一挙一動全て見逃さずつぶさに記憶に焼き付けている。 全ての型をやり終えると縁壱は炭吉に花札の耳飾りを手渡し、竈門家を立つことを決めた。 そのとき炭吉は、縁壱に対して、彼が 何も価値がない人間ではないことの証しとして、日の呼吸と耳飾りを竈門一族に継承していくことを 『約束』する。 炭吉が日の呼吸をヒノカミ神楽として継承したお陰で、炭治郎は日の呼吸を修得した。 また、神楽を 朝まで舞うということで無惨を倒すための十三番目の型の手がかりを得ることが出来たのだ。 余談 鬼すら超える戦闘能力 たとえ普通の人間であろうと色んな意味で 常人離れしたキャラの多い本作の中でも、この縁壱の場合はというと• 生まれた時から身体の限界値を表わす痣が浮かび上がっていた• 鍛錬や経験を積むまでもなく「透き通る世界」を開眼していた• わずか7歳で初めて剣を持ったにも関わらず大の大人相手の試合で完勝した• 一晩中走り回っても疲れを感じないどころか10日間飲まず食わずでも生きていられる体力(通常人間は飲食を3日間全く出来ないと死ぬ)• そもそも現在の隊士が使用している「呼吸法」とは彼の技術の模倣および応用• 柱であっても土壇場でようやく発揮できる赫灼の刃を• 無惨の攻撃を全回避して瞬殺。 更に向こうの自爆で高速拡散する肉塊1800個の内1500個を即滅殺• 無惨自身も彼を傷つける事はできず逆に追い詰められて心に消えようのないトラウマを刻み込まれた(縁壱が死ぬまで引きこもり、後に日の呼吸の型を知る剣士は皆殺しにしている)• そしてそれを理論上単独で実行可能• の先祖だけでなく煉獄父もその無惨と対峙した際の縁壱の話を読み聞いたその後あまりの才能の差に自信を喪失(の話に出てきた、痣が発現せず思い悩んでいた一人が煉獄家の先祖だと思われる)• そうして与えたダメージは向こう数百年間無惨の完全再生能力をほぼ永続的に阻害• 痣持ちは20代で命を落とすと言われながら当時としては異例の80代まで存命だった• そんな80過ぎた老体でもなおで黒死牟を圧倒• 当の無惨から「私じゃなくてこいつの方がバケモンだろうが(意訳)」と人外認定 などなど、鬼ではない と言える能力とここまでの具体的な過去が明らかになるにつれ、 「」「」と驚きと(黒死牟および無惨に対する)同情の声が上がり、果ては 「縁壱と戦って逃げ延びることのできた無惨はやっぱり凄いのかも」と相対的に無惨が評価されるという、ちょっとおかしな事態にもなったりしている。 兄との認識の温度差 上記の「将来、自分ら以上の人間が生まれてくるだろう」という言葉だが、その後作中においては鬼側を含めても彼を凌ぐどころか並ぶ者、追い縋る者すら終ぞ現れる事は無かった。 実際この言葉を聞かされた巌勝は 「何言ってんだコイツ」といった感じの微妙な表情をしており、内心で 「気味の悪さと苛立ちで吐き気がした」と述べている。 ただし後者については、結果だけで言うなら縁壱は黒死牟も無惨も倒すことは出来なかったが、大正において日の呼吸の使い手ではなかった者たちが黒死牟を討ち取ったことを考えると、 絶対的な力を持つ一人よりも、力が劣っていてもそれらが集まって連携すれば事を為せるということが証明されたとも受け取れる。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃187話ネタバレ!縁壱の剣技の型が完成!無惨逃げるしくじりで鬼狩りから追放!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

鬼滅の刃 縁壱 画像

黒死牟の能力や必殺技、弟・継国縁壱との悲しい過去なども考察。 黒死牟とは最強の上弦の鬼壱 まずは「黒死牟の正体」を考察。 黒死牟とは 「十二鬼月」の中でも最強の鬼。 位は「上弦の壱」。 ドル漫では便宜上、他の鬼滅の刃の考察記事でも「上限の1」などと表記してます。 黒死牟の 読み方は「こくしぼう」。 牟は中国人や朝鮮人で使われてる姓(名字)とか。 黒死牟は数百年前から上弦の1に君臨する鬼。 上弦の鬼でも圧倒的に強く、実力は鬼舞辻無惨に次ぐ強さ。 上弦の2や上弦の3とは圧倒的な実力差があり、同じ上弦の鬼であっても黒死牟の気配や動きすらまともに捉えられない。 黒死牟は十二鬼月や上弦の鬼の中でも戒律や従属関係を重んじ、上弦の3・猗窩座の横暴な振る舞いには容赦がない。 それだけ鬼舞辻無惨を信奉し、黒死牟は上弦の鬼の中の「統率」を重んじてる。 どこか人間臭さも匂わせる上弦の鬼。 黒死牟は「日の呼吸」を生み出した継国厳勝? じゃあ何故、ここまで黒死牟は強いのか? (鬼滅の刃165話 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、黒死牟は かつて400年前に存在した「日の呼吸」の開祖だったから。 黒死牟の 人間時代の名前は「継国厳勝(つぎくに・みちかつ)」。 既に継国家は存在しないものの、黒死牟はいわば霞柱・時透無一郎の先祖にあたる。 「日の呼吸」とは全ての呼吸の始まり。 には炎や岩、雷など存在しますが、どれも日の呼吸の派生に過ぎない。 鬼特有の無敵に近い耐久力と再生力に、人間の洗練された技の極地が加わる。 本来は「鬼を倒す側の柱が鬼化した侍」と捉えれば、いかに黒死牟が最強であるか分かるはず。 まさに鬼に金棒ならぬ、鬼に日の呼吸。 黒死牟の「刀」が最強にヤバすぎた しかも、黒死牟(こくしぼう)の強さは剣術や体術だけじゃない。 もちろん鬼化したことによって「刀」そのものの強化されてる。 (鬼滅の刃173話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては 月の呼吸16の「月虹・片割れ月(げっこう・かたわれづき)」。 これまでの月の呼吸と違って、上空から斬撃を矢や隕石のように大量に降らせる技。 まさに月の呼吸は上下左右に隙がない。 そして、他にも月の呼吸の必殺技は存在します。 月の呼吸3は「厭忌月・銷り(えんきづき・つがり)」、月の呼吸8は「月龍輪尾(げつりゅうりんび)」、月の呼吸9は「降り月・連面(くだりづき・れんめん)」、月の呼吸10は「穿面斬・蘿月(せんめんざん・らげつ)」など。 ただ画像があまりに増えすぎるので、それぞれの詳細な技の解説は割愛。 前述と似たような技も多いので、『鬼滅の刃』のコミックスで是非ご確認ください。 まだ電子コミックのフルカラー版は一冊も発売されてないようですが。 黒死牟より強かった弟・継国縁壱とは? ただ黒死牟の正体を振り返ると、何故日の呼吸を使わずに月の呼吸を使用しているのか?また上弦の鬼にまで成り下がったのかが見えてくきます。 結論から書くと、実は人間時代の黒死牟には「双子の弟」がいた。 (鬼滅の刃177話 吾峠呼世晴/集英社) 簡単に言うと、 弟・継国縁壱はめちゃんこ強かったから。 前述のように継国縁壱は生まれながらにして痣が発現するなど、『ワンピース』の並にナチュラルボーンストロング。 兄である黒死牟が一切歯が立たずに倒せなかった大人の剣客を簡単に倒したほど。 実は 「日の呼吸」を作ったのも弟・継国縁壱だった。 結果的に黒死牟は「日の呼吸」を人間時代に体得することはできず、月の呼吸という派生の呼吸を身につけるにとどまった。 「日(太陽)」と「月」は相対する存在。 まさに陰と陽。 非常に意味深な呼吸名だった。 要するに、 弟・継国縁壱に対する嫉妬心から黒死牟は鬼に成り果てたということ。 もちろん黒死牟も痣は最終的に発現したものの、結果的に「タイムリミット(余命)」ができてしまった。 かえって弟・縁壱に追いつく時間が奪われ、焦った継国厳勝は黒死牟となる道を選んだ。  継国縁壱は鬼舞辻無惨を唯一追い詰めた侍 でも宜なるかな。 継国縁壱は鬼殺隊設立以来の最強の剣士だった。 継国縁壱は自らが生み出した「日の呼吸」を周りに教えるものの、誰も体得することができない。 そこで継国縁壱は個々人に合った呼吸法を変えて教えることで、他の剣士たちを強化していた。 その仮定で派生的に生まれたのが、今日の「炎の呼吸」や「水の呼吸」といった基礎の呼吸。 黒死牟にして「神々の寵愛を一身に受けてる存在」と言わしめる、まさに完全無欠の侍だった。 だから黒死牟以外にも、炎柱の先祖なども継国縁壱の最強っぷりに嫉妬して自信を失ったことも。 それに加えて、継国縁壱は人格者。 兄・黒死牟に嫌われてもそれでも慕うなど、ここまで人格者だと一周回って鼻につくか(笑) (鬼滅の刃12巻 吾峠呼世晴/集英社) 実はかつて登場した 「縁壱零式」なる戦闘用カラクリ人形も、この継国縁壱がベースでした。 だから全部いちいち考察するつもりはありませんが、『鬼滅の刃』を読み直すとちょくちょく継国縁壱の存在が描写されてます。 かつて主人公・竈門炭治郎の父・炭吉が一時期囲った剣士も、継国縁壱の子孫の一人だったりします。 いずれ個別記事を作りたいと思います。 【死亡】黒死牟の最期が切ない ただし、黒死牟も最終的に死亡してしまう。 ここらへんからは改めてネタバレ注意。 黒死牟の必殺技は前述してるので詳細は割愛しますが、岩柱の悲鳴嶼行冥との連携攻撃、そして更には日の呼吸の子孫でもある霜柱・時透無一郎などの犠牲によって最後は追い詰められて死亡。 そう考えると、たった一人で齢80にして黒死牟を一撃で瞬殺できた継国縁壱の最強っぷりが改めてヤバいですが、黒死牟の最期が切ない。 やはり黒死牟は弟・継国縁壱に骨を焼き尽くすほど嫉妬してる。 それ故に鬼になってまで生きながらえたものの、それですら弟・縁壱に傷を付けることすら叶わなかった。 縁壱死後も惨めなコンプレックスと屈辱心、焦燥感が増幅するばかり。 (鬼滅の刃178話 吾峠呼世晴/集英社) 何故なら、 弟・縁壱が作った「日の呼吸」は時代を超えて生き残るから。 「道を極めた者が行き着く先は同じ」という弟・縁壱の武士の思想も、黒死牟は数百年経ってもついぞ体現できなかった。 一方、黒死牟の月の呼吸は誰ひとりとして知らない。 継国家が途絶えた大きな原因も「弟・縁壱が消息を絶ったから」に尽きる。 黒死牟は何も達成できずに、何も残せないまま醜い鬼として絶望のまま死亡した。 弟・継国縁壱は最終的に黒死牟との戦いの最中で、唐突に寿命が訪れて死亡する。 兄・黒死牟に再会する気力だけで、最期は命を保っていたのかも知れない。 でも黒死牟からしたら「勝ち逃げ」されたに等しい。 そこから黒死牟は縁壱の幻影を数百年も追い続けることになるわけですが、 亡骸と化した縁壱の胴体を切り捨てると懐から「とある笛」が真っ二つの状態で出てきた。 これは二人が幼き頃に、黒死牟が別れ際に縁壱に渡した笛だった。 つまり黒死牟は鬼と化した後も、ずっと縁壱は兄のことを想い続けていた。 それを見た黒死牟は「私はお前が嫌いだ」と言いながらも涙を流す。 黒死牟は弟・縁壱に嫉妬と憎悪の炎を燃やすものの、鬼として数百年も生き続けてる間、両親の顔すら忘れた黒死牟であって縁壱の顔だけは鮮明に忘れなかった。 でも、これは「縁壱が嫌いだから」ではなかった。 (鬼滅の刃176話 吾峠呼世晴/集英社) 何故なら、 黒死牟は「縁壱お前になりたかった」から。 黒死牟も弟に対する想いは同じだった。 先程の画像を再び見てもらうと、この死を間際にして本音を吐露した黒死牟の懐には、やはり「真っ二つの笛」が隠されていた。 呼吸も思想も家督も何も遺せなかった 黒死牟が灰として朽ちゆく中で唯一遺っていたのは「弟・縁壱に対する愛」だけだった。 見た目の醜いグロテスクに反して、黒死牟の心はピュアだった。 いや、泣かせるやん。 黒死牟も継国縁壱も死ぬまで「孤独」だった 『鬼滅の刃』は本来は敵であるはずの「鬼の哀愁」を描くのが上手い。 黒死牟に限った話ではないですが、思わず読者が感情移入してしまうほど、鬼には悲しい人生や物語が隠されてる。 鬼は元人間だけあって、実は内面は非常にもろくて弱い。 むしろ人間として醜い部分や弱い部分があったからこそ、鬼と化す。 そこに『鬼滅の刃』のラスボス・鬼舞辻無惨も付け入った。 鬼の見た目の醜さは、まさに人間なら誰しもがモル悲しみや悲哀、嫉妬や嫉み。 上弦の鬼はどれも悲しい過去が隠されていましたが、黒死牟は最も強かったがゆえに、とりわけ「惨めな人生」が鮮やかに描写された。 エリートはエリートなりのコンプレックスを抱えてる。 いくら偏差値70の高校に入ったとしても、自分より優秀な人間は必ずいる。 偏差値70の高校生が必ずしも東大や京大に入学できるわけではない。 漫画家でもそう。 手塚治虫が若い人気漫画家に嫉妬してたのは有名な話。 尾田栄一郎、冨樫義博、諫山創も別の漫画家に狂うほど嫉妬しているのかも知れない。 得てして嫉妬とは無い物ねだり。 一方、黒死牟の弟・縁壱だって孤独だったに違いない。 何故なら、自分と同レベルの剣士は誰もいなかったのだから。 悩みや苦しみを共有できる者は少なく、平凡な兄との距離が深まっただけ。 そもそも縁壱も別に最強に生まれたくて生まれたわけじゃない。 縁壱の温厚な性格を考えると、きっと普通に生まれたかったはず。 そう考えると、黒死牟の正体は人間社会の歪が描かれているのかも知れない。

次の