ゴルフ スイング 切り返し。 スクワットをゴルフスイングの切り返しに取り入れよう!タイミングとコツは??

スクワットをゴルフスイングの切り返しに取り入れよう!タイミングとコツは??

ゴルフ スイング 切り返し

たま吉です^^ 本日のテーマは 『切り返し』です。 』 『切り返しがボディスイングでは重要』 『パワーを溜めるには必要』 『手を真下に下ろすようにグリップを 地面に向けたまま下ろす。 』 『下半身から切り返す事で ダウンブローに打てる』 などなど、、、 実際、切り返しをテーマにした 雑誌の特集も本当に多いし、 少しネットで検索をかけると、、、 まぁ出るわ出るわ(笑) それだけ私自身も悩んでいたし、 調べまくった時期もあります^^; 左足を踏み込むとか、腰を切るとか、 クラブを縦に落とすだけとか、、、 全部試しましたがサッパリでした^^; 結論を言ってしまうと、 【必要なかったな・・・】 です^^ まぁそのまま言うと語弊がありますが、 『切り返し=力の解放 』 なだけです。 切り返しはゴルフ情報を取り込むと 必ず立ち塞がる壁です。 『上級者ほど、無意識で行う動作』 とは言いますが、 そのタイミングが少しでも狂うと、 『スライス・フック・シャンク・トップ・ダフリ』 全てのミスショットに繋がります。 ここからは、動画の動きを応用して、 さらに踏み込んだ練習方法をお伝えします。 練習場に行ったら試して下さい。 最初はインパクトだけ当てる練習、 慣れたら、フォローからの返しでも、 ゴムティーに当てるようにすると、 更に練習効果が上がります^^ これならボールを打たなくてOKなので、 お財布にも優しいですね! これにも慣れたら実際に打ちます。 ボールの連続打ちと言う練習です。 これです^^ これは難しいし、隣の打席が危ないので、 自信が付いてからにして下さいね^^; 話しが逸れますが、 今って、探せば何でも動画でありますね^^; こんな便利なのがあるなら、 一生懸命文字を書かなくても、 良いんじゃなかろうか? と最近思ってしまいます。。。 この練習をしてスムーズに打てると、 自分の切り返しのタイミングが、 ・早いのか遅いのか? ・身体のどこキッカケがスムーズなのか? これが自然と掴めるようになります。 こんな感じです^^ 分からないですよね^^; でも切り返しってそうなんです。 誰かのやり方を参考にしても、 上手く行かないはずです。 今に至る。 【TQCマスターズクラブ】 2018年7月発足 『ゴルフを心から楽しむ!!』 『楽しみながら上手くなる!!』 をコンセプトを基に誕生。 ゴルフ歴10年以上だけど、もう5年早かったら今頃80台ではなく70台だったと本気で思います。 』 『最初は半信半疑でしたが、問題点と改善方法が具体的で分かりやすく、ストンと落ちました!!』.

次の

ゴルフスイング

ゴルフ スイング 切り返し

骨盤の動きが分かれば スイングが変わる 骨盤は縦に前後に動くもの 骨盤は仙骨を中心に左右2つあります。 そして、その2つの骨盤はそれぞれ 別々に動くようになっています。 しかも、その 骨盤が動く方向は横に回転ではなく縦に前後に動くようにできています。 当然、スイング中の骨盤の動きも縦方向になります。 バックスイングからトップでは、右脚の付け根を押されるように右の骨盤が後ろに引けるように動きます。 そして切り返しからは逆に、左脚の付け根が押されるように左の骨盤が後ろに引けるというように動きます。 つまり左右の骨盤が交互に縦に動くことで腰が回転したように見えるわけです。 バックスイングからトップへ向けて、右の骨盤が後ろに傾くように動きます。 バックスイングからトップへ向けては、左の骨盤が後ろに傾くように動きます。 この骨盤の動きに胸の回転が加わることで、最大のヘッドスピードが出せるようになります。 左右の骨盤の入れ換えと胸の回転がスムーズになることでヘッドスピードがアップします。 骨盤の動きと切り返しの動きによって 飛んで曲がらないスイングが完成する 骨盤と胸の動きがスムーズになってヘッドスピードが上がってくると、 特に切り返しでのクラブの動かし方が重要になってきます。 なぜなら、この 切り返しのクラブの動きでミート率の良し悪しが決まるからです。 せっかくヘッドスピードが上がっても上手くボールに当たらないのでは全く意味がありません。 そういう意味で、この 骨盤の動きと切り返しのクラブの動きは常にセットだと考えておきましょう。 骨盤をスムーズに動かすことと切り返しでのクラブを立てない動きによってヘッドスピードとミート率の両方がアップします。

次の

ダウンスイングの切り返しのキッカケとタイミング

ゴルフ スイング 切り返し

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。 ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。 只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。 今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。 というわけで、今回のテーマは【 切り返しはゆっくりじわーっと時間をかけて】です。 ダウンスイングに移行するときに切り返すわけですが、このバックスイングからトップそして、ダウンスイングへ移行する時の切り返しの時にゆっくりとじわーっと切り返すことが大事です。 結論言いますけど、切り返しを焦って行っているアマチュアゴルファーがほとんどです。 スイングに再現性のない人に限って切り返しを焦って手打ちになっています。 トップから腕の力を使って毛細血管が浮きでるかの如く腕でクラブを引っ張り下ろしてくる人がいますが、これではスイングに再現性は生まれません。 腕で引っ張り下ろすと毎回タイミングを合わせるのが難しくなります。 腕は器用なので切り返しを腕を引っ張り下ろす動きに頼りたくなりますが、腕を引っ張り下ろさない切り返しを覚えることが大事ですね。 高い再現性のスイングを目指さされるのであれば切り返しはゆっくり行う事です。 クラブを後ろ回しするように手首はシャローイングすることができればゆっくり切り返すというコツを掴むことができます。 切り返しの手首についてはを読んでおいてください。 Contents• ダウンスイングの初期での注意点 ダウンスイングの初期段階ではこのように切り返しをゆっくり行うわけですが、なぜゆっくり切り返すイメージが必要なのか? これを説明しますね。 バックスイングからトップへいって、トップからダウンスイングへ移行するわけですがこの時に下半身リードで切り返していきます。 人によれば左ヒザをインパクトへ向かって伸ばしながら切り返すとか。 右ヒザを左ひざに寄せるように切り返すとか。 左腰を飛球方向へ平行移動させるように切り返すとか。 (これはバンプという動きでスエーを引き起こす原因tなりますので辞めた方がいい) 色々と切り返しで言われることなどありますが、いずれにしてもこれらの動きは「ゆっくり」行う事です。 切り返しを一瞬で終わらそうなどと思って高速で行う事はおすすめしません。 イメージとしてはじわーっとゆっくり切り返している感覚です。 車で例えるならいきなりトップギアに入れるのではなくて、じわーっとローギアで切り返すということです。 この切り返しの時にゆっくりをイメージをして切り返すのですが、おススメは右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるようなイメージでゆっくりと切り返すことによって、右ヒザが入り、それに伴って右腰も入って力強いインパクトを迎えることができやすくなります。 下半身が止まって上半身(腕に頼って)でクラブを引き下ろしてくる癖がついているという場合は、下半身が止まらないように気を付けてください。 このように下半身の粘り(右足はベタ足のつもり)で切り返すことによって、トップから手元は自然落下してきます。 いわゆるお盆持ちの形のまま右手のヒラが上を向いたまま落ちてくるという事です。 そして、この 右手首は尺屈する動きが入りますので、クラブが背中側に落ちてくるようになるのです。 この表現の仕方は人それぞれあると思いますが、トップから手元を引き落としてくるなどといった手元を操作するという意識は不要です。 下半身からゆっくりと切り返すことにより、手元は右腰あたりまで下りてきてくれます。 下半身から正しく切り返せると上半身と下半身の捻転差を感じながらダウンスイングすることができます。 そして、クラブはヘッドはインサイドから下りてきてくれます。 正しく切り返しができると、上体が左へ突っ込むことはありません。 切り返して 手元が右腰あたりに下りてくるわけですが、このときに重心はまだ右に乗っています。 もっと言うなら右足の内側部分にパワーが溜まっています。 そして、胸はまだ右下を向いています。 これはスイング中のほんの一瞬の出来事なんですが、ここを「ゆっくり」をイメージして行うことが大事です。 右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるように使うことによって、腰が入りパワーが球に伝わります。 これが正しいインサイドアタックするための準備になります。 切り返しでゆっくりをイメージできない人は打ち急ぎを招きます。 打ち急いだら手打ちになります。 ダウンスイングで手を使ってクラブを下してきますので、スイング軌道はアウトサイドインになります。 そしてインパクトでフェースは開いてしまいます。 よく、すくうような打ち方をしている人は全部この悪い動きが入っています。 右手が悪さをしているという人はすくい打ちになります。 すべてはトップからの切り返しを上手くできないことによっておこるミスですが、このように切り返しというのはゴルフスイングにとても重要な要素が詰まっています。 バックスイングからトップにいってそこから「ゆっくり切り返す」イメージがある人は打ち急ぎませんのでインサイドから確実にクラブが下りてきてくれます。 もちろんバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまわないということができていればの話になりますが、今回は切り返しの部分についてお伝えしていますのでバックスイングの事は省きます。 バックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込み過ぎていないかはを読んで確認しておいてください。 あなたが 正しいインパクトを迎えたいというのであれば、必ず切り返しというのはゆっくり行うという事を忘れないでくださいね。 これができたら 当たり前に飛距離が伸びますし、安定したスイングができるようになります。 下半身リードを覚えるもう1つの方法は、スクワットを取り入れる 切り返しの下半身リードができないという人は、スクワットする動きを取り入れてみてください。 切り返しから両膝を曲げるようにスクワットするイメージで下半身を使ってみると、下半身の蹴りを使えるのでボールが飛ぶようになります。 地面を掴んで蹴るという表現がぴったりですね。 この下半身の動きに関しては、を読んでおいてください。 下半身リードの方法は色々とありますが、右膝をキックインするタイミングが速いと腰が左へ流れてスエーしやすくなりますので、できれば地面を踏むようにスクワットの動きを入れるなどされるといいですね。 そうすれば、腰が左へスエーして流れるということもなくなってきますので、ぜひ参考にしてくださいね。 もっと詳しく再現性の高い正しいスイングを作っていける切り返し部分に関しても知りたいという場合は、その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。 僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82をマークしたスイングのキモの部分などもお伝えしていますのでお楽しみください。 また、あなたがこれから当たり前に70台を出して周りのゴルファーをスコアーで圧倒してみたいという場合も、短期間でゴルフが上達するノウハウをメルマガで垂れ流していますのでお楽しみ下さい。 人気記事• - 151,592 views• - 149,879 views• - 146,474 views• - 136,981 views• - 108,505 views• - 94,089 views• - 76,576 views• - 73,374 views• - 73,099 views• - 71,042 views• - 61,880 views• - 59,281 views• - 58,896 views• - 57,940 views• - 55,893 views• - 51,331 views• - 49,167 views• - 47,278 views• - 42,828 views• - 41,950 views.

次の