ご 容赦 ください。 「ご理解ください」と「ご了承」「ご容赦」の正しい使い分けと例文集

「ご容赦」の意味とは?「ご容赦ください」の例文や類語も紹介

ご 容赦 ください

「ご理解していただきますよう」と「ご理解してくださいますよう」の正しい使い方 「〜していただきますよう」の「いただく」とは「もらう」の謙譲語です。 謙譲語とは自分を低めて相手への敬意を示す言葉であり、自分の動作について用いる言葉です。 これに対して「〜してくださいますよう」の「くださる」は「くれる」の尊敬語です。 尊敬語とは自分より立場が上の人に対して、その人がする動作を高めて使う言葉です。 つまり、相手の動作について用いる言葉となります。 これをふまえると、「ご理解していただきますよう」とは相手の動作に対して「いただく」つまり自分の動作を表す「もらう」という謙譲語を使っていることになります。 したがって、正しくは「ご理解くださいますよう」となります。 「ご理解のほど〜」の「ほど」の意味とは ビジネスシーンでよく使われる言葉に「〜のほど」という言葉があります。 「ほど」という言葉には「断定を避け、表現を柔らかくするときに用いる用法」という定義があります。 ビジネスシーンにおいて、取引先や上司などに何かお願いごとをしなくてはいけない場面は多々あります。 そういった場合に、ただ「ご理解ください」「ご確認ください」と伝えてしまうと、強制している印象を持たれてしまいます。 そのような時に、「ご理解のほど」「ご確認のほど」といいかえるだけで、相手にこちらの要求がソフトに伝わります。 「ご理解」「ご了承」「ご容赦」の意味の違いと使い方 この3つの言葉は同じ意味として使われることがありますが、それぞれシーン別に用途があります。

次の

「ご容赦」の意味とは?「ご容赦ください」の例文や類語も紹介

ご 容赦 ください

【ご了承?ご容赦?】ビジネスで使い分けたい日本語 「夏には白Tシャツだろ」と無印〇品で白Tシャツを購入したが、街中には同じようなことを考えている人が居て今年の夏はどこへ出かけても服装がかぶってしまったしょうさんです。 突然ですがみなさん、日本語って本当に難しいですよね。 僕は基本的にメールでお客様や協力会社様とやりとりをしたりするケースが多く、良く敬語の使い方がおかしいだとか、日本語の言い回しがおかしいだとか注意をうけていました。 そんなわけで人一倍メールでの文章に気を遣っていくうちに、調べに調べた結果、良く見かける文章も時には使い分けることに気が付きました。 そこで今日は、ビジネスで使い分けたい日本語を紹介したいと思います。 社内では「承知しました」「かしこまりました」 お客様などには「承りました」 と使い分けるのが正解だそうです。 ご了承?ご容赦?ご理解?どっち編 例えばお客様に、なにかを理解してもらう時に「ご了承ください」「ご容赦ください」「ご理解ください」と伝えることがあると思いますが、こちらも実は使い分けがあります。 許してと言う意味 なので、例えばレンタカーの場合だとどこのレンタカー会社もゴールデンウィーク・夏休み・シルバーウィーク・年末年始などのピークシーズンなどの場合は、希望しているクラスの予約が取れないケースがありますよね。 そんな時にWeb上などで「ご希望のクラスが満車の際はご容赦ください」と案内されていたら「この時期はもうどうしようもないんです。 許してください」とレンタカー会社が言っていると考えてください(笑) 教えてほしい!ご教授・ご教示どっち編 お得意様や協力してくれる会社様などにメールを送る際に何かを教えてほしい・聞きたいなんて時に良く使う言葉 「ご教授」 「ご教示」 実はほとんどの方が「ご教授ください」と使用していますが、これは誤用だと言われています。 」 と置き換えると良いでしょう。 まとめ 日本語の使い分け、みなさんは日頃意識していましたか? 今まで意識していなくても、今日から使い分けができるようになれば「お、こいつわかってるな」なんて思われる日がくるかもしれません。 ビジネスでは少し間違った言葉遣いが思わぬところでトラブルになったり良い印象だったものが悪い印象に代わってしまうケースもあります。 今一度、再確認したいものですね。

次の

「ご容赦ください」の意味と使い方!ビジネスメールの例文と読み方まで!

ご 容赦 ください

今回は入力ミスを ご容赦いただき、誠にありがとうございました。 今後はこのようなご迷惑をお掛けしないよう、スタッフ一同、いっそう気を引き締めて作業に当たってまいります。 なにとぞ変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 「ご容赦」は強い反省を表す 目上の人や、取引先などに失礼があった場合に「申し訳ございません」などとお詫びをします。 しかし、 状況によっては「謝っても謝り足りない」ということもあるでしょう。 そんな時に「ご容赦」という言葉を使うことによって 「強く反省をしているので、今回は許してください」ということを伝えることができます。 「この度はご迷惑をおかけし、大変申し訳ございませんでした。 同じ過ちを犯さないよう、善処いたしますので、ご容赦いただきますよう、何卒お願い申し上げます」などと使います。 他にも 「平(ひら)にご容赦ください」「切(せつ)にご容赦ください」など、 別の言葉と組み合わせることで、お詫びをする側の強い反省の気持ちを伝えることができるのです。 「ご容赦」の別の言い方 「ご容赦」という言葉は、受け取り方によっては「もう謝ることしかできません」「他に策がありません」という意思表示と見ることもできます。 お詫びをする側が「許して欲しいとは言い難い」と感じる場合は、他の言葉に言い換えて「本当は許してほしいが、それは言いにくい」という気持ちを表してみましょう。 「慚愧(ざんき)に堪えません」 「自分の犯したミスに対して深く反省し、そのミスを恥じています」ということを意味する言葉です。

次の