モーニング ショー ロング ブレス。 いかに呼吸が大事なのか呼吸を鍛えるだけで病気にウィルスに感染しない体になる

ロングブレス、モーニングショーで話題!美木良介が生出演で指導!120歳まで生きるロングブレス!

モーニング ショー ロング ブレス

強く長く吐くことがポイントで、これによって鍛えられる筋肉が体幹を囲むいなマッスルになります。 座ってもも上げロングブレス&下半身トレーニング すり足になったり、足が持ち上がらない方のためのロングブレスです。 1)背筋を伸ばして座り、鼻から3秒吸います。 2)7秒で思いっきり口から息を吐きながら足を高く上げます。 左の足10回、 右の足10回、 左右交互10回、 計30回行います。 ロングブレス立ち上がりスクワット 石原慎太郎さんも実践するスクワットです。 1)肘を直角に曲げて鼻から3秒間秒間吸います。 2)口から7秒間吐きながら立ち上がります。 3)10セット行います。 リズム運動のやり方 1日2分で全身を鍛えられるリズム運動のやり方です。 1)足踏みに合わせて腕を胸で横に左右に振ります。 2)足踏みに合わせて腰で横に左右に振ります。 3)足踏みに合わせて思い切り腕を上下に振ります。 これを6セット行います。 足踏みは2秒間に3回の速さで行います。

次の

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」ロングブレスで冬の悩み解決!長生きも・11月21日放送

モーニング ショー ロング ブレス

「120歳まで生きるロングブレス」。 テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」で紹介されてます! 美木良介さんすごい! 今日発売です! 僕も今日から始めます! — 太田和美 幻冬舎コグマ部長 kogumabuchou 11月21日、「ロングブレス」インナーマッスル鍛えるが羽鳥慎一モーニングショーで放送され話題になっています。 2011年にダイエットに効果があると大ブームになった「ロングブレス」ですが、美木良介さんは22年間悩んだ腰痛を直す為にはじめられたそうです。 インナーマッスルは腹横筋の事で、ロングブレスは新鮮な酸素を取り込み強く吐くことでインナーマッスルを鍛えていきます。 俳優・ボディデザイナー・美木良介さんが生出演でロングブレスを指導されます。 美木良介さんは寝たきりでも呼吸を覚えることで体幹がつくので呼吸だけでインナーマッスルは鍛えられる事を知って欲しいとコメントしていました。 リラックスしたい時には注意しましょうね。 深呼吸ではありませんからリラックスしたい時は ゆっくり鼻から4〜5秒息を吸って ゆっくり口から8秒から10秒かけて吐きましょう 呼吸も使い分けを。 法政大学社会学部入学後は江川卓の2年後輩として将来を嘱望され、西武ライオンズから入団を打診されるも、肘の故障のため断念しています。 現在はフィットネスインストラクターして活躍中です。

次の

いかに呼吸が大事なのか呼吸を鍛えるだけで病気にウィルスに感染しない体になる

モーニング ショー ロング ブレス

そもそも「ロングブレス」とは? 「ロングブレス」とは、俳優・ボディデザイナーの美木良介さんが考案する呼吸法。 2011年にダイエットに効果的ということで大ブームになったので、聞いたことがある方は多いのでは? 私も詳しくは知らないけど、耳にしたことはあるという程度でした。 なぜ「ロングブレス」が気になったのか?• ヨガをやってた頃、「呼吸」の大切さを学んだから• 最近気になる「インナーマッスル」も鍛えられるとのこと なぜ「ロングプレス」が良いのか? 病気になりにくくなる 現代人は呼吸が浅い傾向があり、呼吸が浅くなると病気になりやすくなるという。 その原因はこちら。 ストレス:呼吸時に使う筋肉(胸やお腹)がストレスで緊張するため• スマートフォン:スマートフォンを使う時の前屈みの姿勢が肺を圧迫するため 呼吸は本来 「新鮮な空気を吸って」、「体内の淀んだ空気を全部出す」という行為。 呼吸が浅くなると、体内の空気を吐ききれずに 淀んだ空気が体内に残るようになる。 その「淀んだ空気」の影響で「肺炎」などの病気を起こしやすくなってしまう。 「ロングブレス」をして体内から「淀んだ空気」を吐ききれるようになると、「病気のリスク」が減って「長生き」につながる、ということのようです。 「ロングブレス」の基本 ロングブレス大原則:「吸う時」も「吐く時」もずっとお腹を引っ込めておく 具体的なやり方:【3秒】で鼻から吸って、強く長く【15秒】かけて口から出す お尻の穴をキュッと締めながら丹田(オヘソの下5cmあたり)も意識する。 同時に複数個所に意識を向けないといけないのでなかなか大変ですが、 「呼吸を鍛える」のが「ロングブレス」とのこと! トレーニングとして臨めばちょうど良い感じだし、慣れてくるとだんだんできるようになってきます。 「ロングブレス」でインナーマッスルが鍛えられる! 「呼吸時」、インナーマッスルは以下のように動くとのこと。 吸う時 「息を吸う」と「横隔膜」が降りる さらに、お尻の穴を締めると「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」が上に動く つまり、 息を吸う時にインナーマッスルは「縦」に動く。 吐く時 息を吐くとちょうど「腹巻き」のような位置にある「腹横筋(ふくおうきん)」が収縮する つまり、 息を吐く時にインナーマッスルは「横」に動く。 上記を意識しながら「ロングブレス」をすると、 インナーマッスルを鍛えることができる! さらに、インナーマッスルの内側には「内臓」があるので同時に内臓も刺激され、 結果「内臓脂肪が落ちる」効果も期待できるとのこと! 家でできる「ロングブレス」リズム運動 テレビでは椅子に座ってのトレーニングをメインに紹介されていましたが、 個人的に続けやすそうだと思ったのが「立ってするリズム運動」。 やり方はこちら。 一定のリズムで足踏みをする(太ももを高く上げれば上げるほど負荷がかかる) 2. 足踏みのリズムに合わせて両腕を胸の高さで左右に思い切り振る、または両腕を上下に振る 足踏みのスピードは、2秒に3回くらいの速さが目安。 足踏み4回は「吸って」、足踏み6回の「吐く」を1セットとし、6セット行う。 もちろん呼吸は「ロングブレス」の基本の通り。 しっかりやると、結構汗ばむほどの運動量です。 まとめ 「息を吸う時も吐く時もお腹を引っ込め続ける」というのが個人的に面白い気付きになりました。 確かにインナーマッスルにアプローチしている感覚はあります。 また「ロングブレス」効果かどうかは定かではないですが、日に数回この呼吸法をやりはじめたこの数日、毎日お通じがあります。 リズム運動は人前ではなかなかできないですが、 基本となる「ロングブレス」は抑え気味にやればどこででもできる運動なので、暇を見つけてはやれるよう、習慣にしていこうと思います。 皆さんにも少しでも参考になれば幸いです。 今回は以上となります。

次の