日本 コロナ 地図。 新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省

新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省

日本 コロナ 地図

4月15日におこなわれた総選挙の開票結果を待つ与党「共に民主党」の候補者。 3月末には「ニューヨークの二の舞になるか」と日本の状況を誰もが危惧したが、医療現場はひっ迫しているものの何とか持ちこたえている。 欧米諸国が相次いで感染爆発を起こしたなか、日本の状況は善戦していると言ってもよいだろう。 にもかかわらず、日本のコロナ対策は各国政府や感染症専門家、SNSでまったく評価されておらず、それどころか無視されている。 いったいなぜなのか。 陰性結果が出た乗客を下船させるダイアモンド・プリンセスの感染対策チーム。 後手後手に回る日本の対応のまずさを世界が批判した。 さらに下船した乗客を公共交通機関で帰宅させ、市井にまで感染が広がるという致命的なミスもおかした。 世界は、この一件を見て2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故を思い出したと「アジア・タイムズ」は指摘する。 ずさんな対応を重ねる政府と、それをただ静観する国民。 特に、周辺国が日本の状況を見てパニックに陥っているにもかかわらず、大きな声をあげない国民に対して世界は違和感を覚えたという。 こうした過去の失策の印象が強すぎるうえ、新型コロナの脅威は長期化すると見られていることから、日本の感染症対策はまだ評価の段階にはないと見られている。 韓国やドイツは、検査の規模を拡大し、効率的に治療や隔離を進めた。 こうした対策は感染症専門家の推奨とも一致しており、成功の要因は明確だ。 一方、日本は検査の拡大に対していまだに消極的で、欧米と違って厳しい都市封鎖も外出禁止令も課していない。 企業のリモートワークは遅々として進んでいないし、スーパーマーケットや商店街は買い物客であふれ、休業補償の不確かさからまだ営業を続ける飲食店もある。 アメリカの退役軍人でアジア情勢に詳しいアル・ジョンソン氏は、世界が日本を見る目を「アジア・タイムズ」で次のようにたとえている。

次の

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

日本 コロナ 地図

4月15日におこなわれた総選挙の開票結果を待つ与党「共に民主党」の候補者。 3月末には「ニューヨークの二の舞になるか」と日本の状況を誰もが危惧したが、医療現場はひっ迫しているものの何とか持ちこたえている。 欧米諸国が相次いで感染爆発を起こしたなか、日本の状況は善戦していると言ってもよいだろう。 にもかかわらず、日本のコロナ対策は各国政府や感染症専門家、SNSでまったく評価されておらず、それどころか無視されている。 いったいなぜなのか。 陰性結果が出た乗客を下船させるダイアモンド・プリンセスの感染対策チーム。 後手後手に回る日本の対応のまずさを世界が批判した。 さらに下船した乗客を公共交通機関で帰宅させ、市井にまで感染が広がるという致命的なミスもおかした。 世界は、この一件を見て2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故を思い出したと「アジア・タイムズ」は指摘する。 ずさんな対応を重ねる政府と、それをただ静観する国民。 特に、周辺国が日本の状況を見てパニックに陥っているにもかかわらず、大きな声をあげない国民に対して世界は違和感を覚えたという。 こうした過去の失策の印象が強すぎるうえ、新型コロナの脅威は長期化すると見られていることから、日本の感染症対策はまだ評価の段階にはないと見られている。 韓国やドイツは、検査の規模を拡大し、効率的に治療や隔離を進めた。 こうした対策は感染症専門家の推奨とも一致しており、成功の要因は明確だ。 一方、日本は検査の拡大に対していまだに消極的で、欧米と違って厳しい都市封鎖も外出禁止令も課していない。 企業のリモートワークは遅々として進んでいないし、スーパーマーケットや商店街は買い物客であふれ、休業補償の不確かさからまだ営業を続ける飲食店もある。 アメリカの退役軍人でアジア情勢に詳しいアル・ジョンソン氏は、世界が日本を見る目を「アジア・タイムズ」で次のようにたとえている。

次の

日本国内における「新型コロナウイルス(COVID

日本 コロナ 地図

データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

次の