自分を責める 心理。 自分を責める人が責めないようになる心理

自分を責める。そんなあなたへ

自分を責める 心理

自分を責めてしまうのは病気じゃない。 責めるのをやめたいと思っているのに無意識に続いてしまうわけですから、 自分は病気ではないか?と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 かつての私もそうでしたが、自分の意思に反して 勝手に自分を責めてしまう病気だと思えても無理のないことです。 ただ、ふと振り返ってみると、自分の意思に反して勝手になにかをしてしまうのは、日常生活ではよくあることですよね。 頭ではわかっているのに… ついつい…うっかり…気がつくと… こんなふうに、自分の意思に反して勝手になにかをしてしまうことは結構あるものです。 例えば、超一流のサッカー選手でも、全部が全部、自分の意思通りにはいきません。 大事な場面で力が入ってしまい、自分の意思に反してシュートを外してしまうことは、決して病気ではありませんね。 自分の意思を持たないロボットなら別ですが、人間も生きものである以上 、自分の意思に反して、どうしても自分を責めてしまうことは、決して病気ではなく、むしろ自然なことです。 責める側と責められる側、心は二つある。 自分を責める心理は、心が無意識にしているもので、意識してわざとやっているけではない。 ということです。 そして、自分を責めてしまう心理=もちゃんとあるのです。 なので、周囲から「 自分を責めるのをやめるんだ!」と言われてもやめられないほうが自然です。 ここで興味があるのなら、心の基本的なメカニズムである 意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)に興味をもってみることもひとつのアイデアなのかもしれません。 自分を責める心理が生まれるのは、責める側と責められる側の心理の葛藤、つまりことを意味します。 とても簡単に言えば、 人の意思には二種類あって、自分が注意してどうにかできる部分と、自分が注意してもどうにもできない部分の二つがある。 ということです。 例えば、お蕎麦屋さんが片手にお蕎麦を持ちながら自転車で配達していたとしましょう。 お蕎麦を落とさなうように注意している部分が 意識の守備範囲で、バランス感覚で自転車を運転している部分が 無意識の守備範囲です。 なので、自分を責める心理は、 自分の意思で意識して責めているのではなく、自分の意思とは関係なしに無意識が勝手にしている心の反応と言えます。 広告 自分を責めることは自分のあら探し。 さて、ではなぜ?無意識はわざわざ自分を責めてしまうのでしょうか? 私が思うのは、無意識は何かを探してくれているのではないか?ということです。 無意識は、 自分のダメなところなどをあら探しをしているように私は感じます。 なんでわざわざ自分をあら探しするのでしょうか? それはあら探しすることで、自分の落ち度みたいなモノを見つけようとしているように感じます。 落度が見つかれば、 その落ち度を改善することで、誰かに認めてもらえたり自信がつくからです。 ということは、いつの頃か… 自分が可愛くないから 寂しい思いをしてしまうんだろう… 自分が面白くないから 話しを聞いてもらえないのだろう… 自分が努力が足りないから 褒めてもらえないんだろう… 自分がいけないから みんなの機嫌を悪くして しまっているんだろう… 自分がなにか劣っているから、 自分がなにか足りないから、 自分はずっと嫌な気分をすることになってしまっているんだろう… もしかしたら、このような思い込みが心にあるのかもしれません。 もしそうだとしたら… もっと可愛くなれば 寂しい思いをしないで済むんだ! もっと面白くなれば 話を聞いてもらえるんだ! もっと頑張れば 褒めてもらえるんだ! 自分が我慢していれば みんな平和でいられるんだ! 自分の落度を改善すれば 自分は幸せになれるんだ! このように、 条件付きの幸せを 設定してしまったのかもしれません。 自分を責める=認めてもらいたい。 そして、いつか自分が設定した幸せの条件は、 認めてもらうためには、 もっと頑張らなきゃいけない… 迷惑を掛けてはいけない… というふうになってしまったのかもしれませんね。 なので、無意識はこの幸せの条件を忠実に守り続けている。 つまり、どうしても自分を責めてしまうのは、 自分の劣っているところやわがままなところを探し続けているわけです。 自分の劣っているところやわがままなところを見つけ、 その落ち度を改善することで周囲に認めてもらえて幸せを感じられるからでしょう。 だから自分を責めることは、 周囲に認めてもらうためのネタを探し続けてくれている。 ということになります。 このように、自分をせめてしまうのは病気ではなく、むしろ、自分に厳しくしたり、すごく頑張ったり我慢をすることで、「よくやったね!すごいね!」って 「周囲に褒めてもらたい!周囲に認めてもらいたい!」という心理(専門用語で利得心理)が隠れています。 広告 自分を責める心理はずっと前から続いてる。 でも、なんで?こんなややこしいことになってしまうのでしょうか? 例えばあるとき、辛い想いや寂しい想いを感じてしまったとしましょう。 その時、辛さや寂しさを感じることになった理由に納得がいかないままに、 ただただ時間が過ぎてしまう場合があります。 例えば いじめなど、理不尽な辛い想いをした経験があったり… 親の愛情不足を感じていた経験があったり… ひとりではどうにもできない理由で、 辛い想いや寂しい想いを感じることになってしまっていたとしたら。 同じ想いは二度と感じたくありませんので、 誰かに助けを求め心を安堵させていものです。 でも、 そのとき周囲に希望を求めづらかったとしたら? もしそうだったとしたら、 自分が苦しい想いをすることになったのは、 自分に落ち度があったからだ! 自分の努力が足りないからだ! 自分がもっと優秀だったら苦しい想いをしないで済んだんだ! と、こんな誤解をしてしまうのかもしれません。 ここが悪かったから いじめられたんじゃないか? ここが足りないから 愛されないんじゃないか? もっと頑張らないと 嫌われてしまうのではないか? ずっと我慢していれば いつか誰かがわかってくれるんじゃないか? 人にどう思われているのかな? 怒らせてないかな? 嫌われていないかな? うまく話さなきゃいけない! 人気者にならなきゃいけない! もっと ああしなきゃいけないんじゃないか!? もっと こうしなきゃいけないんじゃないか!? ずっと続けているのに、 ちっとも終わらない… ずっと待っているのに、 誰にも気づいて認めてもらえない… ずっと頑張っているのに いるのに全然安心できない… このような自分を責める心理がグルグルと堂々巡り()してしまって、幸せになろうとすればするほど苦しくなってしまうのかもしれません。 広告 自分を責めることは自分を叱咤すること。 責めるという行為は怒っているとも言えます。 ダメな自分に怒っている… 情けない自分に怒っている… 心配した自分に怒っている… 自分のことが嫌いだ… このように自分を否定的に捉えてしまう認知が 自分を責める心理の原因とも言えます。 認知とは、「対象物をどう評価しているか?」ですので、 自分を責めているということは、 自分は「価値が低い」と感じているとも言えます。 自分のことを「価値が低い」と感じているわけですから、自分の価値を高める必要を感じます。 そこで、自分の価値を高めるために、 自分を鍛えて強くする!といった雰囲気で、自分を責めてしまうのかもしれません。 スポーツの世界でコーチが選手を叱咤激励するように、もっと頑張れ!もっと頑張れ!と、 自分を責めることで自分の価値を高め周囲に認められようとする狙いが、自分を責める心理に隠されているのかもしれません。 (関連:) 広告 アダルトチルドレンという捉え方 さて、を知っていますか? アダルトチルドレンとは、「幼少期の傷ついた感情を成人しても感じ続けている。 」という捉え方のことです。 はるか昔の傷ついた感情を今も心に感じている。 自分を責める心理も、もしかしたら アダルトチルドレンの症状なのかもしれません。 気になる方は、当社監修のでチェックしてみてください。 自分を責めているような心理の目的は、遠い昔の自分が苦しい想いをすることになった理由を、ずっと前から探し続けているってことだと、私は思います。 でも残念ながら、自分が苦しい想いをすることになった原因は、自分に落ち度があったわけではないので、探しても探しても、いつまでも落ち度が見つからないのでしょう。 あるはずのない自分の落ち度を、あるものだと思い込んでずっと探し続けている。 自分を責めるのをやめたいのに、どうしても自分を責めてしまうのは、それだけ懸命に 何かを探し求めているということだと私は思います。 なので、一度、自分自身の歴史をゆっくりと振り返ってみることで、新しい発見があり、いろいろな誤解が解きほぐされていくのでしょう。 (関連:) 苦しい堂々巡りが始まったいきさつや当時の心情を今からでも見つめなおしてあげることで、 自分を責める心理を終らせていくことは可能です。 自分が悪かったのではなくて、自分は苦しかったんだ…と、気づいて納得がいったとき、いろいろな誤解が解きほぐされて、長く続いていた堂々巡りがようやく終わっていくのだと私は思っています。 (関連:) 自分を責める心理も、 当方のカウンセリング&セラピーを利用することで、今は改善と回復を実感してくださっている皆さまがたくさんいらっしゃいます。 誰も巻き込まず誰にも邪魔されず、あなたとわたしの二人の 共同作業で自分を責める心理を平和的に解きほぐしていく。 いつかそんなお手伝いをさせて頂けますと私は嬉しいです。 自分を責める心理が改善した体験談•

次の

すぐに自分を責める人の心理。もっと自分を褒めるべき理由とは?

自分を責める 心理

目次をクリックするとその段落に飛びます• 自分を責めるっとはどういうこと? たとえば、私はサルサというダンスを始めて1年くらいです。 そして、よく自分のことを責めてしまいます。 自分ってセンスないよな。 何でこんなこともできないんだろう。 下手だな。 何回聞いてもできない。 音が外れてるよ。 女性が楽しく踊れないよ。 などなど こんな風に、自分にダメだしをしてしまいます。 このダメだしが自分を責めている例です。 自分を責める理由は? 自分を責めてしまう理由は、一言で言うと自分の理想の姿とか自分のルールから外れているからです。 そのルールから逸脱したときに、自分に対して怒ったり、がっかりします。 これが自分を責めてしまう理由です。 特にこの基準が自分にとっては当たり前の基準になっています。 マイルールというより社会の常識とか、当然守るべきルールという風に無意識に刷り込まれています。 自分の見ている世界のルールを無意識的に取り込んで生きます。 親や先生や友人や、文化の影響がとても強いです。 そして、自分の中に、そのルールに従っているかどうかを判断する、裁判官のようなものがいます。 その裁判官がダメだというと自分を責めることになります。 ちなみに、この裁判官は理想の自分の方向へ近づくために存在しています。 自分の理想と違う生き方をしようとして困る状況に陥らないように守ってくれています。 だから、この機能自体は自分を守るために必要な機能です。 だけど、そのルールが本当に正しいのか、自分の理想の姿に近づくのかは再度考える余地があります。 自分を責めない生き方をするには? ここまで読んでいただいて何か気がつきましたか? 自分の中のルールって、本当に正しいかどうか自信ありますか?それって、真実ですか? 例えば、サルサの私の例をつかうと、自分ってセンスないよなって責めたとします。 マイルールではセンスがあることが良いとなっています。 それがあれば、サルサを華麗に楽しく笑顔でおどれるはずだと。 だけど、本当センスがあることが言いのでしょうか? センスって、初めからあるものでなくて、慣れて熟練した跡についてくるものかもしれません。 だから、はじめからセンスがある人がいるのではなくて、センスを身につけた人は練習し続けた人なのかもしれません。 あるいは、センスがあって、練習しない人と、センスがないけどこつこつやり続ける人だったら、後者の人のほうが伸びます。 つまり、センスがないと責めてもあまり意味がないのです。 ずっと誰かに耳元で「お前センスがないな」といわれ続けたと想像してみてください。 やる気沸いてきますか?上達していきそうですか? きっと、気持ちがなえるだけですよね。 気持ちがなえることをわざわざやるメリットがありますか? 下手にならないように気をつけて修正するためのルールが、実は反対にうまくなる事を妨げるルールになってしまっています。 自分を責めない生き方をするための勘違いとは? 自分を責めない生き方をするためには、自分を責めてはいけないというルールをもつと、残念なことに、今度は責める自分を責めてしまいます。 だから、責める自分でも、責めない自分でもどちらでもいい。 だけど、責める自分の意味のなさに気がついて、自然と責めることをやめたくなるといいですね。 私のサルサの場合、センスがないと自分を責めていてもまったく上達しないことに気がつきました。 むしろ、よし、後何回練習してみよう、そしたらできるはずだと思うようにしました。 そして、重要なのは練習することが良いことになるように考え直していることです。 ちなみに、練習するたびに、俺センスないなと思うと、練習自体がどんどん嫌になってしまいます。 そうすると、練習が続かないし、上手くもなりません。 自分を責める人は、相手も思いっきり責めてしまう マイルールをもって、自分を責めるということは、必然的にその視点で他人のことも判断します。 例えば、自分はサルサのセンスがないと思っていると、誰かを見て、あの人はセンスがないと自然と思ってしまいます。 他人を見ていらいらすることが多い人は、それだけマイルールが多いことになります。 マイルールが多いと、それだけ自分が気をつけないといけないことが多くなってしまうので生きづらいです。 ダメな自分にならないようにルールをたくさん持てば持つほど、ダメな自分にならないように気をつけて、逆に不便になります。 例えば、車の事故を減らす一番の方法は、車を無くしてしまうことですが、それでは逆に車の恩恵をまったく受け取れなくなります。 良かれと思ったマイルールが、恩恵をそこねていないか、改めて見直すと、自分の目指す方向に近づけそうですよね! まとめ 自分を責めるということは、自分を守る機能です。 それがあるから、注意するし、理想の方向に近づいていけます。 だけど、良かれと思ったルールが本当に有効かどうかは、検討してみないとわかりません。 むしろ、自分の理想と反対になっている可能性もあります。 自分を責めることを一概にダメと思わずに、どうしたら理想に近づいていくのか考えてみると、これからの人生で大きな飛躍がおきそうな気がしませんか?.

次の

自分を責める心理15選|自分を責めない思考方法も紹介

自分を責める 心理

いつもさまざまな不安に苛まれています。 「こんな風になったらどうしよう」や「あんなことになったらどうしよう」と感じているのです。 また、それらの責任はすべて自分にあると思い込んでいます。 悪いことが起こったら自分のせいなのです。 不安が自分を責める原因にもなっています。 ですが、自分を責めるとますます不安の感情が煽られる結果になります。 不安が大きくなると、自分を責める気持ちも大きくなってしまします。 このように、悪循環のループに迷い込んでしまっているのです。 周囲の人たちが自分のことをどう思っているのか、ということが大変気になります。 気になっていますが、それを自分で確かめる勇気と行動力はありません。 「きっとこんな風に思われているに違いない」と悪い方向へ思い込んでいます。 周囲の人たちに嫌われたくないのです。 ですが、嫌われないようにしようと思って行動しても、思考は悪い方向へ向いてしまいます。 周囲の人たちの表情を窺い、勝手に悪い方向へ受け取ってしまっています。 そして、「自分はダメな人間だ」と思い込んでいるのです。 失敗に対して、大変弱いという特徴があります。 失敗は最大の罪だと思っているのです。 何故なら、失敗をすると周囲の人たちに迷惑をかけてしまうからです。 迷惑をかけられて喜ぶ人はいません。 迷惑をかけた自分自身を責め立てるのです。 周囲の人たちが笑顔で許してくれても、「内心ではきっと怒っているに違いない」と思い込んでいます。 周囲の人たちの言葉を額面通りに受け止める、ということがあまり得意ではないのです。 その為、失敗に対しては過剰なまでに敏感になります。 自分には良いところが一つもない、と思っています。 自分を嫌いになる人は、常に自分の悪いところを注目し、その点を責めて立てています。 気持ちや意識は悪い点や至らない部分にばかり向いてしまっているのです。 自分を褒めることはしません。 周囲の人たちが褒めてくれても、「これは社交辞令」などのように受け止めてしまっています。 何故なら、自分には良いところが一つもないと思い込んでいるからです。 自分で自分が認められないのですから、周囲の人たちがどれだけ褒めても、その褒め言葉は本人に届きません。 自分が嫌いな人や自己嫌悪化が強い人には心理的な原因があります。 特徴や原因についてお知りになりたい方は、こちらもあわせてご覧下さい。 完璧にこなしたいという心理は、失敗が怖いという心理にも大きく関係しています。 失敗をして周囲の人たちに迷惑をかけたくない為、すべてを完璧にこなしたい、という心理が大変強いのです。 自分のやることに対しても、行動に対しても、すべてにおいて自信がありません。 また、自信がない自分が大嫌いでもあります。 自信がない人は自分の粗探しをします。 悪い点だけに注目し、自分をずっと責め立てているのです。 独自のこだわりが大変強いという性格的な特徴があります。 「~でなければならない」や「~しなければならない」などのような、命令形のこだわりを持っています。 そして、その通りにしなければ、不安で押しつぶされそうになり、自分を責め始めます。 すべてにおいてネガティブです。 常に悪い方向へ思考が向いています。 考えても仕方がないようなことに対してでも、悪い方向へ考えて不安になります。 このタイプの人は不安になると、自分の力不足だと考えてしまいます。 その結果、自分を責めてしまいます。 自分は周囲の人たちに比べて下、と思っています。 これは能力や才能も下だと思っていますが、何より自分の存在自体が周囲の人たちに比べて下だと思っています。 その為、周囲の人たちから褒められても、その言葉を素直に受け止めることはできません。 すべてにおいて真面目すぎます。 肩の力を抜いて考える、ということができません。 すべてにおいて全力投球です。 その為、心にまったく余裕がありません。 人間は心に余裕がなくなると、悪い方向へ考え始めてしまいます。 その考えが自分に向いているのです。 自分と周囲の人たちを比較する、という癖があります。 周囲の人たちと比べて、「あの人はこんなことができるのに、どうして自分はできないのだろう」と考えているのです。 自分ができていることや持っているものには、意識や気持ちが向きません。 責める人は自己肯定感は大変低いと言えます。 だから自分を責めるのです。 責めない人は、自己肯定感は大変高いと言えます。 常に自分のできている点や持っている才能に気持ちを向け、その点を褒めています。 責める人は、行動力はあまりないと言えます。 考えすぎて不安になり、結局行動しないのです。 行動しない自分を責めてしまいます。 責めない人は、行動力があります。 考えても仕方のないことは行動を起こし、自分から結果を掴みに行きます。 責める人は、失敗を大変否定的に捉えています。 失敗はしてはならないものと考えているのです。 責めない人は、失敗は深く反省しますが、次につなげるチャンスとも捉えています。 大変前向きに失敗を考えているのです。 いつも、自分は間違っていると思い込んでいます。 もしかしたら周囲の人たちが勘違いしているのかもしれない、とは思わないのです。 いつでも自分が悪いと思い込んでいます。 怒りを感じることは悪いことだと思い込んでいます。 その為、怒りの感情が湧き上がってきたら、怒りの感情を湧き上がらせた自分自身にその怒りが向けられてしまうのです。 幼少期に両親から責められ続けていると、自分を責めることが癖になります。 また、責められなくても、褒められた経験や記憶が少ない場合でも、大人になってから自分を責めるという心理的特徴が見られるようになります。 自分を責めている人は、自分がそのようなことをしているという自覚がありません。 無意識で自分を責めているのです。 何故なら、それが当たり前になっているからです。 それは当たり前ではありません。 まずは自覚しましょう。 自分を責めるという行動は、決して普通の行動ではありません。 普通の行動ではないということは、何かきっかけになる原因があったはずなのです。 その原因を知ることで、責めることをやめる方法が見えてくるということがあります。 できない自分や至らない自分を許しましょう。 完璧な人間は存在しません。 誰でも何かしらのできないことや至らない点があるのです。 あなただけができないのではありません。 あなたにできないことは、これからできるようになれば良いのです。 怒りの感情を感じてはいけない、ということはありません。 怒りの感情も大切なあなたの感情です。 否定することはやめましょう。 怒りを感じても良いのです。 むしろ怒りを感じてください。 怒りの感情を受け入れましょう。 他人とあなたを比べても、意味はありません。 誰にでも得手不得手があります。 それよりも、自分自身に注目してください。 特にあなたが持っているものや、出来ていることに注目しましょう。 そして、その点を認めて伸ばす努力をしましょう。 幼少期に原因があるなどの場合は、自分だけでは解決しないこともあります。 そのような場合は、カウンセリングを受けましょう。 プロの手を借りることで、劇的に改善していきます。 自分を責める人は自分を責めているという自覚がない 自分責める人は、自分を責めているという自覚がありません。 周囲の人がそのことに気付かせてあげることが良いのですが、自分を責めることが当たり前になっている人は、周囲の人たちのアドバイスを素直に受け止められない場合があります。 ゆっくり時間をかけてアプローチしていくようにしましょう。

次の