栗花落カナヲ 過去。 鬼滅の刃のカナヲが泣けない理由は?漫画で泣くシーンは何話になるのか解説!|鬼滅の刃.info

栗花落カナヲの名言・名シーンを紹介!鬼滅の刃の可愛らしいキャラ

栗花落カナヲ 過去

(鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社) そこで今回ドル漫では 「栗花落カナヲ(つゆりかなお)」の正体と能力強さをフルカラー画像付きで徹底的に考察していこうと思います。 栗花落カナヲは主人公・竈門炭治郎たちと共に、実は序盤から登場してた重要キャラ。 これまでの意外と知られてない過去や性格、栗花落カナヲの「悲しき結末」も考察してます。 『鬼滅の刃』最終盤の展開も含まれてるのでネタバレ注意です。 栗花落カナヲとは胡蝶しのぶの継子 まずは栗花落カナヲの正体をおさらい。 栗花落カナヲとは 蟲柱・胡蝶しのぶの「継子(つぐこ)」。 名前の 読み方は「つゆりかなお」。 誕生日は5月19日。 年齢は16歳。 出身地は東京府本所区(現在の墨田区向島)。 身長は156cm。 体重は46キロ。 声優CVは上田麗奈。 栗花落カナヲはとにかく戦闘の素質があり、女性でありながら竈門炭治郎と比べても反射神経や身体能力で群を抜く。 そのため胡蝶しのぶから絶対的な信頼を置かれてる鬼殺隊の隊員。 日輪刀の色は桃色。 カナヲのは「花の呼吸(詳細は後述)」。 (鬼滅の刃7巻 吾峠呼世晴/集英社) この「好きな男の子」とは、後にカナヲが出会う竈門炭治郎のこと。 「人の心が原動力だから。 心はどこまでも強くなれる」と天真爛漫に手をぎゅっと握られると、栗花落カナヲは炭治郎に恋心を芽生える。 まさに伏線の匂いもプンプンですが、答え合わせは最後に後述。 残念ながら、胡蝶姉妹は上弦の2・童磨によって殺されてしまう。 数年前に花柱(?)だった胡蝶カナエは偶然相見えた時に倒され、無限城で姉の恨みを晴らさんとした胡蝶しのぶも返り討ちに合う。 それでも胡蝶しのぶは全身を毒状態と化して食われることで童磨を弱らせ、栗花落カナヲが最後はとどめを刺した。 胡蝶しのぶからは「カナヲが頸を切ってとどめを刺して」と頼み込まれるなど、栗花落カナヲがいかに信頼されていたかが分かります。 それ故に、栗花落カナヲのショックはひとしお。 姉・胡蝶カナエが死亡した時はまだ過去の経緯を引きずっていた、素直に涙を流すことはできなかった。 妹・胡蝶しのぶに責められることはなかったが、だからこそ余計に辛かった。 何もできなかった自らの無力さに自責の念が募るばかり。 (鬼滅の刃163話 吾峠呼世晴/集英社) そこで栗花落カナヲはようやく初めて「大粒の涙」を流した。 胡蝶姉妹の髪飾りを抱きしめながら思い描く光景は、胡蝶姉妹が「天国で両親と笑顔で仲良く暮らす姿」。 両親も鬼に殺されており、本当に胡蝶一家は安息の日々を送っているのかも。 女子は自信を持てない人が多い模様。 栗花落カナヲに対して「共感」を抱く鬼滅の刃読者は多いのかも知れない。 栗花落カナヲの強さは胡蝶超え? ちなみに、 カナヲの名前は姉・胡蝶カナエが命名したとされます。 どちらかというと栗花落カナヲは姉・カナエの方が親密度はやや高かったか。 でも考えてみると、竈門炭治郎に出会うまで意思表示できなかったカナヲが鬼殺隊に入ったのか? 実は、栗花落カナヲが 鬼殺隊に入った理由は「人間として不器用すぎた」から。 栗花落カナヲは家事などができなかったため、胡蝶姉妹に貢献するために「修羅の道」を歩んだ。 天性の身体能力も手伝って、見様見真似で姉・カナエの花の呼吸(後述)を体得。 もちろん究極の指示待ち人間だった栗花落カナヲですが、カナエが殺されたことなども手伝って無意識的に「鬼を倒す」という目的に向かっていたそう。 鬼殺隊に入るための選別試験も、実は胡蝶しのぶに黙っての参加でした。 人の役に立つためには戦う方法以外になかった。 そこで続いては栗花落カナヲの強さを考察。 (鬼滅の刃162話 吾峠呼世晴/集英社) 続いては花の呼吸・ 終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」。 大量の血液を眼球に集中させることで、動体視力を極限まで引き上げる技。 それ故に眼球が真っ赤に染まる。 ただでさえ動体視力に優れる栗花落カナヲにとって、ブーストされた動体視力は周囲の動きは極端に鈍く止まって見える。 しかしながら、終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」は眼球に対するダメージは凄まじく、失明してしまう可能性が高い。 童磨戦では短時間の使用でしたが、栗花落カナヲは片目だけ失明してしまう。 まさに「終わりの最終型」。 栗花落カナヲの名言一覧 続いては「栗花落カナヲの名言」を考察。 当初はロボットのような性格でしたが、後に師匠・胡蝶しのぶの割とキツい性格を継承したのが毒舌も吐きます。 やはり女性だけあって観察眼や洞察力に優れる模様。 (鬼滅の刃157話 吾峠呼世晴/集英社) 童磨を追い詰めるように出た名言が「 貴方、何のために生まれてきたの?」。 既にネット上では「ねぇ今どんな気持ち?」並に、相手を煽る際に使用されることも多い模様。 具体的には「貴方には嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも、本当は空っぽでなにもないのに滑稽だね。 ふふっ」という前段のセリフがあるわけですが、カナヲの指摘が図星だったため、直後に童磨も初めてブチ切れるのが笑います。 ただ栗花落カナヲは炭治郎との出会いで「凍った心」が溶けた。 童磨も炭治郎のような優しい人間と出会ってれば、もしかすると何かが変わった可能性もありそうです。 栗花落カナヲと童磨はある意味、対照的だけど同じだったのかも知れない。 【死亡】最期は炭治郎に殺されてしまう? 最後は「栗花落カナヲの現在」を考察。 ここからは完全にネタバレ注意です。 前述のように上弦の2・童磨に最終的にとどめを刺した後、栗花落カナヲもに嘴平伊之助と共に参戦。 珠世が開発した透明化の血鬼術を使って鬼舞辻無惨を翻弄するものの、最強のやたちと共に返り討ちに合ってしまう。 それでも最終的に鬼舞辻無惨に太陽の光を浴びさせて倒す。 しかしながら、無惨は最後のあがきで自身の細胞と血液を全て竈門炭治郎に注ぎ込む。 結果、日の呼吸を体得した竈門炭治郎は太陽の光を克服した「最強の鬼」と化してしまう。 (鬼滅の刃202話 吾峠呼世晴/集英社) まだ鬼化して間もない段階であれば炭治郎の攻撃をかい潜れると考えた栗花落カナヲは、花の呼吸・終の型「彼岸朱眼」を最期に発動。 そして、炭治郎の背中に鬼を人間に戻す薬をぶっ刺すことに成功した。 涙を流した瞬間にはきっと死を覚悟してたに違いない。 でもカナヲが最期に残した言葉は「炭治郎だめだよ。 禰豆子ちゃん泣かせたらだめだよ」。 栗花落カナヲは炭治郎が好きだったはずなのに、あくまで炭治郎の未来だけ気にかけていた。 伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の最期と違って、まだ年齢が幼かったせいか不憫な最期でした。

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲの悲惨な過去

栗花落カナヲ 過去

の髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。 身に着けている羽織は無地の単純なもの。 炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは 傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。 人物 花のように可憐なニヒリスト 常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。 最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。 見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では ・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(当人の言では 『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』らしく精神崩壊に近い)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの 形見である事が後に判明した。 に入った理由は、世話になっているで家事や怪我人の治療を達の様に上手く出来なかったからであった。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。 それは鬼に家族を殺されたアオイや達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、 間違いなく彼女の意志であった。 以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。 『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』 炭治郎との出会いを経てからは 「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。 具体例としては、に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。 その他 なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。 姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。 栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な 絶技。 行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内を意図的に過剰分泌させての、への強制移行も推察される。 ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、が彼岸花の如く朱に染まるほど。 このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 カナヲの隊服は状の特別なものが支給されている(単行本情報によると正確にはらしい)。 初期のころは膝下まである長さだったが、なぜか回が進むにつれて短くなった(推察される原因については、を参照)。 更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して城内を駆け回った。 その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。 以降の詳細については、 を参照。 勿論 ネタバレ注意。 ネタバレB 無限城崩壊後は、と共に皆と合流。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって仲間達は戦闘不能となり、運良く直撃を免れたカナヲも札が斬られた事で無惨に見付かってしまう。 絶望的な状況の前に成す術も無く座り込むカナヲに容赦なく無惨が襲い掛かろうとしたその時、死の淵から復活した炭治郎が参戦。 間一髪でカナヲは助かり、炭治郎の手で隠に託された。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

【鬼滅の刃】剣術「花の呼吸」全型まとめ!受け継がれし諸刃の剣技【ネタバレ】【鬼滅の刃】

栗花落カナヲ 過去

誕生日:5月19日 年齢:16歳 出身地:東京府 本所區 趣味:シャボン玉 好きなもの:アオイの作ったもの全部、ラムネ 炭治郎の同期剣士の一人で、同日に最終選別に挑んでいました。 満身創痍であった炭治郎たちに対し、カナヲは無傷で突破し、しかも土埃一つもつけておらず涼しい顔をしていたのが印象的でした。 その後、那田蜘蛛山編では、事後処理部隊「隠」の指揮を任されており、胡蝶しのぶの継子であることもわかっています。 また、炭治郎たちよりも先に全集中の呼吸・常中を習得しています。 常に穏やかにほほえんでいますが、自ら話すことはなく、物事の決断も自分からは基本的に行えません。 幼少時に両親から虐待を受けており、苦しみから逃れる為に心を閉ざしたのが原因でしょう。 人買いに連れられているところを胡蝶カナエ、しのぶ姉妹に保護されたのですが、食事をとることさえ自分で決められず、カナエにもらった銅貨の表裏で決断をするようになりました。 カナエがしのぶに対し「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ」という回想の台詞の後に、炭治郎を見つめるカナヲが描かれていましたね。 今後この二人の展開にも胸が熱くなります。 幼少の壮絶な経験が彼女を苦しめると同時に彼女に抜きんでた能力を身につけさせたという悲しい生い立ちですね。 コミックスの方では、炭治郎の無事に安堵し涙を流すシーンも描かれていました。 今後カナヲは少しずつ感情を取り戻していくのでしょうか。

次の