コロナ禍 収まる。 宮根・羽鳥・小倉…コロナ禍で「リストラ近し」が最も濃厚なMCはダレ?

人型ロボット導入で再出発 新型コロナウイルス禍の飲食店の在り方は?【新潟】(BSN新潟放送)

コロナ禍 収まる

本格的な夏を迎えるに当たり、罪やけがれを取り除く「夏越(なごし)の祓(はらえ)」が15日、石巻市鹿又町浦の八雲神社であり、氏子ら約30人が参加した。 境内にカヤで作った直径約3メートルの「茅(ち)の輪」を、左回り、右回り、もう一度左回りに3回くぐった後、4回目はそのまま真っすぐ進み本殿に参拝。 年末までの無病息災を祈った。 八雲神社の「夏越の祓」は昨年の令和元年、新天皇陛下が即位したことを祝う意味も込め、例大祭に合わせて始めた。 今年は新型コロナウイルス感染症の世界的な流行が一日も早く収束することも併せて祈った。 天野文彦宮司は「地域の安全安心に加え、東日本大震災からの復興、さらには人々を苦しめているコロナ禍が速やかに収まることを祈った」と話した。 参加した氏子男性(72)は「安全で普通の生活が送れるように願った」と茅の輪をくぐっていた。 茅の輪は30日まで境内に設置し、誰でも参拝できる。 茅の輪くぐりの故事は、八雲神社に祭られているスサノオノミコトが関係している。 ミコトが旅の途中、一夜の宿の借りた村人への礼として、疫病を防ぐため茅の輪を腰に着けることを告げた。 間もなく村を疫病が襲ったが、その家族のみが助かったと伝わる。 2020年06月17日水曜日.

次の

『コロナ禍』なんて読む?読み方は?意味は何?|エンタメ ニッポン

コロナ禍 収まる

コロナウイルスの感染拡大が収まるのを期待している I hope the spread of coronavirus infection will subside 家族や友人を訪問することはできません。 コロナウイルスがまもなく終了することを願っています。 I can't visit my family or friends, I hope the coronavirus will end soon. コロナウイルスの汚染のため、今日旅行することは困難です。 It's difficult to travel today due to the contamination of the coronavirus. 毎日のニュースによると、 より多くの人がコロナウイルスに感染しています。 Everyday the news reports say more people are infected with the coronavirus. 「コロナウイルスの感染拡大が収まるのを期待している」は英語で「I hope that the spread of coronavirus infections will settle down. 」と言います。 「収まる」は「settle down」と言い、「騒ぐことが減らす」というニュアンスです。 「~といいな」という何かを望むニュアンスは「I hope」として入っていて「期待する」の意味です。 感染の流行により、海外の知り合いのところへ行けないので、感染が収まって知り合いのところへ行けるようになるといいな。 Due to the spread of infections, I can't go visit my friends overseas. Once the infections have settled down I hope I can go see my friends overseas.

次の

『コロナ禍』なんて読む?読み方は?意味は何?|エンタメ ニッポン

コロナ禍 収まる

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの大学が大学キャンパスでの対面授業を取りやめ、遠隔会議システムを使った授業を行っている。 このような状況に不安を募らせているのは、子どもが自宅外で暮らしながら大学に通わせている保護者で、大学への問い合わせも多いという。 来年入試では地元志向が高まりそうだ。 保護者の目が届く大学に、子どもを通わせたいとの考えが強くなるからだ。 では、大学入試改革とコロナ禍で一般選抜のほうはどうなるのだろうか。 今の受験生は将来の就職を考えながら、大学・学部を選ぶのが当たり前になっている。 そのため、コロナ禍で企業の業績が悪化し、新卒採用がどれぐらいになるのかが、志望校選びに影響する。 企業の採用が減るということは、まず事務職の採用が減る。 そうなると、過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショック後と同じように理系学部の人気が高まる。 理系学部の卒業生の就職率は、文系学部の卒業生より高い。 なかでも医療系の人気が高まる。 国家資格を持って、就活に臨んだほうが有利という考えになるからだ。 その上、受験生の困っている人を助けたい気持ちも強くなる。 しかし、ここでもコロナ禍の影響が出るのではないかと見られる。 医療従事者の院内感染も多く、不安な気持ちから医療系の志望に二の足を踏む受験生も出てくることが予想される。 さらに、今さら文系の受験生が、理系に変わることも難しい。 ただ、ひとつ言えることは、このコロナ禍がいつ収まるか分からない以上、一般選抜を中心に考えておくことだろう。 その対策をしっかり取り、その上で学校推薦型選抜、総合型選抜に対応していくことが大切になってくると思われる。 【大学通信常務取締役】.

次の