ゴースト 半減。 剣盾シングルキャラ雑感:ゴースト・ノーマル・悪

【ポケモンXY】おすすめのゴースト受けいませんか?今のパーティ...

ゴースト 半減

最新情報• リセマラ情報• ランキング記事• モンスター• Sランクモンスター• レア度別モンスター一覧• 系統別モンスター一覧• ガチャ• 初心者・序盤攻略• ストーリー攻略• ボス攻略• バトルロード攻略• VSクエスト イベント 攻略• 掲示板•

次の

【ポケモンGO】ゴーストタイプ相性の覚え方! 対策に困ったらお化け同士で殴り合え!!

ゴースト 半減

高物理耐久とそれなりの特攻、かなりの鈍足が特徴で、物理受け・特殊アタッカーとしての性質を持つ。 同複合にとが存在しているが、前者は純粋なアタッカー気質、 後者は能力傾向こそ似たところがあるものの再生回復を持たず起点作りに特化した技レパートリーのため、差別化は特に必要ない。 物理寄りの耐性と物理耐久の高さは噛み合いが良く、また抜群範囲の優秀なじめん技と等倍範囲の優秀なゴースト技を撃ち分けられる。 状況次第で純粋に回復量が増える専用技「すなあつめ」も使いやすく便利。 ただし、鈍足多弱点である点は見逃せない短所であり、戦う相手をうまく選んで使ってやりたい。 第八世代ではどくどく・リサイクル・いたみわけ等、変化技を中心に失い、攻撃技はめざめるパワーを失った程度。 一方で新技としてねっさのだいちを入手し、今まで不可能だったやけど狙いも可能に。 特におにびを覚えない為、耐久型としては重要な技となる。 ダイマックスとの相性は比較的良好。 一致ダイアースで少々不安な特防の数値を上昇させたり、 水技を無理やり受けてみずがためを発動、ダイロックで攻撃しつつすながくれを能動的に発動させられる。 特性考察 みずがため 専用特性。 技を受けると防御2段階上昇。 水技を無効にするわけではないので注意。 元々水技は特殊型が多く、物理型もやなど優秀な積み技を持つので発動機会が少ない。 一応、晴れ状態なら水を等倍で受けて発動できる。 晴れパとの相性補完も優秀。 ダブルでは相方の水技を受けて能動的に発動可能。 のみずしゅりけんが3回以上命中で最大ランク。 イトケの実やじゃくてんほけんとも相性がよく、ドわすれで要塞化したり硬いアタッカーとしての運用も可能になる。 すながくれ 隠れ特性。 元々本人の性能的には砂嵐との相性が良い。 運次第の特性ではあるが、シングルであればこちらの方が有効か。 すなあらし或いはダイロックを用いて自力で発動も可能。 性能安定。 追加効果が優秀。 耐久型に。 性能安定。 たたりめは覚えない。 等の毒にも。 ギガドレイン 草 75 100 HP吸収 物理水との撃ち合いに強くなる。 等のフェアリーにも。 ほぼ4倍ピンポイントだが、ダイロックを使える。 ピンポイント気味だがダイマックスでダイロックにもなる。 怯みは狙いにくい。 変化技 タイプ 命中 解説 すなあつめ 地 - 専用回復技。 同じく天候により回復量が変化するこうごうせいなどと違いデメリットがなく、PPも10と高性能。 すなあらし 岩 - ダメージ源。 すなあつめ強化やすながくれ発動にも。 ステルスロック 岩 - 流し際などに。 さいみんじゅつ 超 60 起点作りに。 命中難。 のろい 霊 - ダメージ源。 まもる・みがわり貫通かつ必中。 みちづれ 霊 - 遅いので使いにくい。 すながくれと相性が悪い。 てっぺき 鋼 - 防御を強化。 ドわすれ 超 - 特防を強化。 たくわえる 無 - 防御・特防を補強。 どくどく 毒 90 高耐久ポケモンへの定数ダメージ狙い。 ねっさのだいちと相性が悪い。 地面技透かし読みで打つのも良い。 過去作マシン技。 ダイソウゲン ギガドレイン 130 場:GF フィールドの回復効果は自身と相性がいいが、苦手な草技の火力を強化してしまう。 追加効果で自身の火力も強化できる。 ダイロック げんしのちから 110 天候:砂嵐 特性すながくれの発動及びすなあつめの回復量UP。 相手へのスリップダメージも有難い。 ダイウォール 変化技 - まもる状態 相手のダイマックスターン枯らしに。 苦手なはたきおとす、どくどくの使い手が大幅に減少したこと、 自身もどくどくを失ったがねっさのだいちを獲得したことから、物理受けとしての性能自体は向上傾向にある。 ただしトップメタである、には一致で抜群を突かれるので要警戒。 特攻や技威力は控えめなのでフルアタよりは変化技を1~2つ加えた方が柔軟に動きやすいか。 ダイマックスを利用することで一時的に技の威力を向上させられる上、ダイマックス終了後に自身にとって動きやすい環境に変えやすい。 相性考察 シングルではとの相性補完に優れる。 すながくれとの相性も良い。 対シロデスナ 注意すべき点 無効タイプ3つを含め物理方面に耐性を持ち、それと噛み合うように防御も高い。 豊富な積み技に加え、再生回復技も習得。 専用特性みずがためも厄介 特にダブル。 対策方法 特殊技で弱点を突く。 変化技を封じるちょうはつも有効。 鈍足なので先制しやすい。 一致技半減以下でちょうはつも撃てるやなら楽に対処できる。 覚える技 レベルアップ 7th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 スナバァ シロデスナ 1 1 かたくなる - - ノーマル 変化 30 1 1 すいとる 20 100 くさ 特殊 25 - 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 - 1 すなかけ - 100 じめん 変化 15 5 5 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15 9 9 すなかけ - 100 じめん 変化 15 14 14 すなじごく 35 85 じめん 物理 15 18 18 メガドレイン 40 100 くさ 特殊 15 23 23 じならし 60 100 じめん 物理 20 27 27 さいみんじゅつ - 60 エスパー 変化 20 32 32 てっぺき - - はがね 変化 15 36 36 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 41 41 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 45 47 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10 50 54 すなあつめ - - じめん 変化 10 54 60 すなあらし - - いわ 変化 10 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技28 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技32 すなあらし - - いわ 変化 10 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技49 すなじごく 35 85 じめん 物理 15 技53 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15 技55 しおみず 65 100 みず 特殊 10 技59 なげつける - 100 あく 物理 10 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技81 じならし 60 100 じめん 物理 20 過去作技マシン No.

次の

はがねタイプとは (ハガネタイプとは) [単語記事]

ゴースト 半減

ガラル図鑑の他の600属のポケモンであるバンギラス、ジャラランガ、サザンドラなどは4倍弱点がありますが、 ヌメルゴンとこのポケモンは4倍弱点がありません。 しかも ゴーストタイプとドラゴンタイプという半減されにくい2つのタイプで攻撃できるポケモンは攻撃面でも非常に強力なポケモンなのです。 種族値として素早さ142が際立ちます。 この種族値は ガラル図鑑の中ではテッカニンに次いで二番目の種族値で、かなり素早いポケモンなのです。 攻撃力としては種族値120と控えめですが、新しいドラゴン技ドラゴンダーツは威力50、命中率100を2発ということで 実質威力100の物理技があるため、ドラゴンクローを使うポケモンに比べると火力も出るのではないかと思われます。 さらには素早さ種族値がすごく高いので 準速 素早さに補正をかけない場合 でも最速125属と同じ数値まで上げられます。 そのため、ソードシールド の対戦環境にもよりますが、素早さに補正をかける必要がない場合はさらに火力を上げることが可能になります。 さらには 特性クリアボディによって威嚇で攻撃力を下げられることはありません。 そのため受けることも難しいポケモンなのでシングル、ダブル共に非常に活躍が期待されます。 気になる点 技構成としてドラゴンダーツは確定だと思いますが、ゴーストタイプの物理技で何を覚えるのか。 ゴーストダイブを覚えることは確定していますが、ゴーストダイブは攻撃までに2ターンかかる技なので、他にどういう技があるのかが注目されます。 しかしゴーストタイプの物理技は他はシャドークロー、かげうちくらいしかないため、 ゴーストの打点としてはなかなか出しづらいことことが考えられます。 まとめ ソードシールド の環境がどうなるのかまだわかりませんが、新600属のポケモンが強いのは明らかです。 このポケモンの育成をすると共に対策も考えておくことが大事なのではないでしょうか。 ソードシールド プレイ予定の方ツイッターのフォローをお願いします。

次の