為替ウォンドル。 韓国で為替下落による損益がヤバイ?カタールのLNG船受注で、ウォン高ドル安による輸出へのダメージを懸念…【世界情勢】

USDKRWチャート

為替ウォンドル

通貨 終値 高値 安値 変化率 買い気配 売り気配 107. 24 107. 36 107. 11 -0. 24 107. 25 122. 44 122. 52 121. 44 122. 48 1. 1417 1. 1430 1. 1417 1. 1420 134. 19 134. 90 134. 20 -0. 19 134. 26 74. 810 74. 960 74. 810 74. 830 70. 070 70. 280 70. 080 -0. 070 70. 120 78. 970 79. 120 78. 850 -0. 970 78. 990 113. 94 114 113. 94 114 6. 4223 6. 4360 6. 4223 6. 4247.

次の

米ドル(USD) へ 韓国ウォン(KRW) 過去

為替ウォンドル

234779 1204. 930000 1375. 668581 225. 140604 840. 559168 172. 157451 1507. 728909 787. 301262 866. 419789 37. 962508 40. 847854 72. 159707 887. 282769 175. 571551 155. 384615 1280. 206120 282. 515826 53. 616307 24. 357274 16. 065305 0. 081444 16. 807505 133. 037065 129. 647403 184. 782542 328. 005989 1. 533185 0. 005383 3912. 745576 321. 254699 283. 907071 0. 174226 75. 308125 0. 330517 1697. 084507 343. 539374 0. 793500 107. 240000 122. 435908 20. 037744 74. 810624 15. 322189 134. 189412 0. 088963 70. 070616 77. 112246 3. 378702 3. 635501 6. 422288 78. 969072 15. 626047 13. 829389 113. 939652 25. 144197 4. 771906 2. 167822 1. 429829 0. 007249 1. 495885 11. 840435 11. 538751 16. 445835 29. 192868 0. 136455 0. 000479 348. 238350 28. 591996 25. 268019 0. 015506 6. 702500 0. 029416 151. 042254 30. 575355 0. 070622 情報提供元:.

次の

韓国 ウォン / アメリカ ドル【KRWUSD】:外国為替

為替ウォンドル

『韓国で為替下落による損益がヤバイ? カタールのLNG船受注で』 韓国経済の低迷により、ウォンの脆弱性から、上がっても下がっても問題が噴出します。 その不安定さが韓国の生命線である輸出と輸入にまで影響が出るとの予想がされており、 今回、カタールから受注した大規模なLNG船受注の影響で為替損益が懸念されています。 「カタールのLNGの受注、為替下落につながる可能性があり」 韓国の造船会社3社が最近、カタールと交わした大規模なLNG船受注が、 今後、ウォン高ドル安へとつながりかねないという見方が出ており、注目を集めている。 造船業の場合、実際に船舶の引渡しまで数年がかかり、 造船会社各社が船舶代金に対する為替相場の危険を避けるため、 大規模な先物為替の売りに出かねないためだという。 証券業界が8日に発表したところによると、 現代自証券は「2004年デジャブ、LNG船受注の影響は?」と題した報告書で、 造船3社のカタールLNG船受注が為替相場に与える影響を2004年と比較分析した。 韓国造船海洋、サムスン重工業、大宇造船海洋は1日、 カタールと過去最大の100隻にのぼるLNG船ドックの確保契約を締結した。 大規模なLNG船契約は04年にもあったが、LNG船発注の第1次好況期だった当時も、 これら3社はカタール国営石油企業から98隻のドック契約を結んだ。 その後、07年までに実際の発注は53隻が行われた。 報告書は「2004年の契約以降、実際にLNG船が順次発注された2007年まで 1100ウォン台だった為替レートが900ウォン水準まで急落した」と明らかにした。 続いて「当時、造船業の好況と共に国内外国為替市場では先物為替相場が 現物為替を下回る為替スワップレート逆転が固着した」と説明した。 造船業の特性上、船舶建造後、引き渡しまで長期間かかり、 造船会社各社が数年後に受ける為替相場の変動による危険を防止するため、 先物為替市場で大規模な先物為替の売りに乗り出したためだという。 オ・チャンソプ研究員は「当時、先物為替レートの逆転はドルを安く買おうとする 財政取引による投資資金の流入につながり、現物為替レートを下落させ、 為替レートが大きく下落した」と述べた。 オ研究員は「2008年のグローバル金融危機以降低迷していた造船業況が2020年を境に 再びLNG船の発注好調が浮上したことで、今後、 為替スワップレートの下落の可能性が高まった」と診断。 5ウォンだったが、韓国の造船会社が カタールと契約を締結した今月1日に13. 5ウォン値下がりしたが、 5日には1207. 1ウォンと3月12日以来の高値となった。 【この記事に対する私の見解】 といったように近年勢いを増してきた韓国造船業界ですが、ウォンの脆弱性が邪魔をして水を差される結果となりそうです。 確かに大型の造船は大量の資金が動きますが、それにしても100隻でレートに影響が出るとなれば、今後韓国と取引をするのは嫌がる企業も出てきてしまうでしょう。 最近のウォンは、経済不振を受けて乱高下を繰り返しながら下落傾向が強くなっています。 韓国にとってウォン高は、輸出数量や企業収益に悪影響を与えるため歓迎できませんが、ウォン安も輸入物価上昇によるインフレを招くだけではなく、韓国からの資本流出を招くため望ましくありません。 資本流出はさらなるウォン安を生み出す悪循環となるため、韓国としては何としても避けたいのです。 100隻で輸出することで、ウォン高が進行するようであれば、裏を返せば100隻輸入すればウォンが暴落するリスクも孕んでいます。 1997年のアジア通貨危機の際にはウォンが暴落し、韓国はIMFから金融支援を受けることになりました。 2008年のリーマンショック後のグローバル金融危機の際もウォンが急速に下落し、アメリカからドルの融通を受け窮地を脱し、今回のパンデミックによるウォンの暴落でも、アメリカとの為替スワップを結ぶことでなんとか命拾いをしましたが、それほど常に大きなリスクと隣り合わせなのです。 とはいえ、国内企業の取引程度が懸念材料となりうるのであれば、韓国経済はますます萎縮していくことが予想されます。 そもそも、なぜここまで韓国の通貨であるウォンは脆弱なのでしょうか? 第一の理由はウォンの取引額が少ないことがあげられます。 国際決済銀行(BIS)が昨年公表した統計によると、2019年4月におけるすべての通貨取引額は1日当たりの平均で6. 6兆ドル、そのうちウォン取引の割合は2. 取引割合が一番高い通貨はドルで88. 取引割合が20位までの通貨について、背景にある経済活動に比べて通貨取引額がどの程度であるかみてみると、通貨発行国、地域のGDPに対する通貨取引額の比率はウォンは下から5番目の8. なお、アメリカのドルは24. 次に通貨発行国の1日当たりの貿易額に対する通貨取引額の倍数をみると、ウォンは30倍と、中国の元の17倍よりは大きいものの下から2番目であり、米ドルの371倍、円の199倍より相当程度小さい数値となっているのです。 いずれにせよ、ウォンの取引額は小さいため、資本の取引に影響を受けやすく価値も変動しやすい。 急激な資本流出が起こり短期間のうちにウォンが大量に売られた場合、ウォンが急落することになるのです。 これに備えて、韓国政府は為替スワップなどで外貨準備高を確保したりと、ウォン安時には介入したりと対策に奔走していますが、今や韓国財政も逼迫しており、暴落を続ければどこまで対応できるか不透明な状況です。 ウォンの脆弱性による貿易の萎縮が、さらなるウォンの低下を惹き起こせば資本の流出なども連鎖的に起こり、韓国経済はとんでもないことになることでしょう。 こうした先行きが見えない状況が続けば、 より韓国国内における投資や消費は萎縮し、韓国経済の低迷は長引きます。 アメリカとの為替スワップにより、ウォンの暴落はなんとか食い止められましたが これは利子付きの借り入れなので、韓国財政がいつまで続くのかも疑問です。 米中対立は今後ますます激化していくことが予想されていますが、 こうした世界的な経済不安はウォンにダイレクトな影響が出ますから、 更に厳しい状況になっていくことでしょう。 しかし、韓国自体の体力がどんどんなくなっているせいで。 こうした為替相場の動きで受けるダメージが計り知れない物になっていますね。 効果的な政策を施行して足場を固めないと、 ウォンが上がっても下がっても韓国にとってはマイナスにしかなりません。

次の