ボルグ ワーナー 名張。 ボルグワーナー

【伊賀タウン情報 YOU】「忍者の里」伊賀・名張のニュースをいち早く配信!イベント・お店情報も満載

ボルグ ワーナー 名張

ボルグワーナーの企業情報 ボルグワーナー(BorgWarner Inc. )は、パワートレインなどに用いる部品・システムを手がける、アメリカの大手自動車部品サプライヤーです。 主にターボチャージャー(TC:Turbocharger)やエンジン動弁系部品、デュアルクラッチトランスミッション(DCT:Dual Clutch Transmission)などの変速機部品を扱っています。 乗用車、商用車、オフハイウェイ車(建築車両や農業車両など)、アフターマーケット向けに製品を供給していますが、売上高の約8割は乗用車向け製品が占めています。 1929年に買収したチェーンメーカー、モールス・チェーン(Morse Chain)の前身であるMorse Equalizing Spring Companyが設立された1880年が、ボルグワーナーの歴史の起点であるとされています。 1990年代頃から他社の自動車部品関連事業の買収や、他社との合弁会社設立などを進めました。 この時期の代表的な買収先には、イートン・コーポレーション(Eaton Corporation)のFluid power部門が挙げられます。 2010年代頃から、中国や韓国、ドイツ、ブラジルなど、海外における製造・研究開発拠点の強化を推進。 2014年にはEGR関連製品を手がけていたGustav Wahler GmbH und Co. KGを、2015年にはスターターやオルタネーターなどを扱っていたレミー・インターナショナル(Remy International)を買収しています。 2014年末の時点では、世界各地域に57ヶ所の製造・研究開発拠点を有し、約22,000人の従業員を抱えています。 事業体制は、以下の2部門により構成されています。 ・エンジン部門(主要製品:ターボチャージャー(TC:Turbo Charger)、チェーン製品、サーマルシステム、排気システム、ディーゼルコールドスタートなど) ・ドライブトレイン部門(主要製品:トランスミッションシステム、コントロールシステム、トルク伝達システムなど) 現在は、世界各国の排気ガス規制に伴う環境技術の需要増に対応するため、特に海外で、「EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)」と「ターボチャージャー」の生産能力の拡大に注力しています。 北米や中国などで実施されている環境規制に伴う需要の増加に対応することで売上を伸ばしたい考えです。 特に中国でのターボチャージャー(TC:Turbocharger)の需要増を見込んでおり、2014年には同国で2ヶ所目となる工場を江蘇省太倉(たいそう)市に新設しました。 将来的には1ヶ所目の寧波(ねいは)工場と合わせて400万基を生産する方針で、2018年までに従業員を500人に増員する予定です。 本国アメリカでは、EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)クーラーやEGRチューブ、サーモスタットといった環境技術需要の増加に対応するため、2014年8月からの3年間で940万ドルを投資し、イリノイ州のディクソン工場の生産能力を拡大する計画を示しています。 また、ブラジルでの自動車産業政策「Inovar-Auto」の税優遇措置を受けるために、各完成車メーカーが進めている国産部品の調達に対応すべく、ブラジルでターボチャージャーを開発し、同国内のイタチバ工場で生産。 従来ブラジルで行っていたディーゼル商用車向けターボチャージャーに加え、乗用車向けを供給することで、受注の獲得を目指しています。 2015年11月、乗用車・商用車向けオルタネーター、スターターなどを手がけていたアメリカの自動車部品サプライヤー、レミー・インターナショナル(Remy International)の買収完了を発表。 2014年1月、EGR関連製品の生産を行っていたドイツの自動車部品サプライヤー、Gustav Wahler GmbH und Co. KGの買収を完了。 ボルグワーナーの排気システム事業に統合。 注力分野 ボルグワーナーは、「EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)」と「ターボチャージャー(TC:Turbo Charger)」に関連する海外事業の展開・強化に注力しています。 現在、北米や中国では環境規制に伴う環境技術の需要が増加しており、ボルグワーナーにおける同分野の製品の売上も増加しています。 特に中国での需要の増加が著しく、2019年までに中国市場におけるターボチャージャーの需要が2014年比で2倍以上(420万基から860万基)に拡大すると見込んでいます。 この予測のもと、2014年9月に新工場を開設し、既存工場と合わせ、将来的に生産能力を400万基に拡大できる体制を整備しています。 このほか、国内生産に対して優遇措置が採られるブラジルの自動車産業政策「Inovar-Auto」の恩恵を受けるべく、各完成車メーカーが進めるブラジル国産部品の調達に対応するため、ボルグワーナーはブラジル国内でターボチャージャーを開発しました。 これまではディーゼルエンジン商用車向けターボチャージャーのみの供給でしたが、乗用車向け製品を追加することにより、完成車メーカーからの受注を拡大させたい考えです。 技術動向 ボルグワーナーは2014年3月、北米事業の支援と技術センター間ネットワークの強化を目的に、本社が位置するアメリカのミシガン州オーバーンヒルズのパワートレイン技術センターの拡張を発表しました。 同拠点は研究開発のほか、プログラム管理や営業などの機能も有しています。 下記は、ボルグワーナーの研究開発活動の一例です。 フォルクスワーゲンが中国で展開する、1. 4L 4気筒ガソリンエンジン向けに、ブースト圧制御用ウェストゲート付き「B01」ターボチャージャーが採用。 中国におけるフォルクスワーゲンの複数モデルが同製品を搭載。 グローバル展開 2014年末時点で、ボルグワーナーは世界各地域に57ヶ所の製造・研究開発拠点を有しています。 国別の内訳は下記のとおりです。 アメリカ(13ヶ所)• ドイツ(9ヶ所)• 中国(6ヶ所)• 韓国(5ヶ所)• インド(5ヶ所)• 日本(3ヶ所)• メキシコ(3ヶ所)• ブラジル(2ヶ所)• ハンガリー(1ヶ所)• アイルランド(1ヶ所)• フランス(1ヶ所)• イギリス(1ヶ所)• イタリア(1ヶ所)• スペイン(1ヶ所)• ポーランド(1ヶ所)• モナコ(1ヶ所)• ポルトガル(1ヶ所)• スウェーデン(1ヶ所)• タイ(1ヶ所) ボルグワーナーは本国アメリカのほか、世界各国で取り組まれている排気ガス規制に対応した製品の強化を推進しています。 特に自動車市場の成長が著しい中国への投資を積極的に行っており、同国の環境規制の達成に寄与する製品を生産する拠点の新設・強化などを進めています。 2014年9月、中国で2ヶ所目となるターボチャージャー(TC:Turbocharger)の生産工場を太倉(たいそう)市に新設。 敷地面積は約1万5千平方フィートで、2018年までに従業員数を500人に増員する方針。 2014年9月、EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)バルブの需要の拡大を見込み、寧波(ねいは)工場で行っている同製品の年間生産能力を、2016年から100万ユニットに増加させる計画を発表。 2014年12月、3,600万ドルを投資して寧波の鄞(ぎん)州に工場を建設する旨の合意書を、寧波政府と締結。 EGR、高性能点火システム、サーモスタット、2次エアポンプなどを生産。 2015年3月、寧波工場の生産能力を拡大すると発表。 乗用車・商用車向けのEGRバルブ、EGRクーラー、EGRモジュール、イグニッション、セカンダリーエアシステム、サーモスタットなどを生産。 2015年4月、イグニッション部品やEGRバルブ、EGRクーラー、可変力ソレノイド、ディーゼルコールドスタートシステム、クーラントコントロールバルブなどを生産する工場を忠州(ちゅんじゅ)に新設。 敷地面積は6千平方フィートで、製造のほか、販売や品質管理などの機能も同居。 5年にわたり従業員数を倍増させる方針。 2015年10月、韓国の合弁会社であるBorgWarner Transmission Systems Koreaが、韓国に3ヶ所目のトランスミッション部品工場を新設。 生産するトランスミッション部品は、クラッチモジュール、クラッチセット、フリクションプレートなど。 販売部門と管理部門の機能も備え、将来的な拡張も可能。 2015年1月、ブラジル国内でフレックス燃料車用ターボチャージャー「B01」を開発。 燃費性能の向上と排出ガスを低減させる、ブラジルの自動車産業政策「Inovar-Auto」に寄与する製品。 2015年2月、イタチバの研究開発拠点が稼働を開始。 成長が著しいブラジルの自動車市場に向けた新技術の研究開発が目的。 2015年3月、イタチバ拠点でエンジンタイミングチェーンの生産を開始すると発表。 自動車部品サプライヤーとして初めて、南米市場向けにブラジル国内で現地生産を実施。 2015年8月、完成車メーカー向けトランスファーケース、フィーダーポンプ、バルブ、四輪駆動(AWD:All Wheel Drive)用カップリングなどの製品を生産する工場をOroszlanyに新設。 敷地面積は4,032平方フィート。 2015年3月、EGRモジュール、イグニッションコイル、クーラントコントロールバルブを生産していたラモスアリスペの工場を拡張。 北米における排ガス制御製品需要の増加に対応するのが目的。 2017年までに従業員を増員する方針。 2014年11月、乗用車・商用車向けEGRクーラー、EGRチューブ、グロープラグコントロールモジュールなどを生産する工場をラニェゼスに新設。 当初の敷地面積は約2万6千平方フィートで、将来的には拡張も可能。 ボルグワーナーの報道ニュース一覧.

次の

八幡工業団地

ボルグ ワーナー 名張

1880年 Morse Equalizing Spring Company(後のモース・チェーン Morse Chain)創業• 1901年 ワーナー・ギア Warner Gear 創業• 1909年 Warner Gear社、を生産• 1929年 Morse Chain社、ボルグワーナー社に加入• 1950年 に3速オートマチックトランスミッション「フォードO-Matic」を納入• 1956年 向けに4速マニュアルトランスミッションを納入• 1961年 アメリカ市場の中型6気筒車向けを想定した「」3速オートマチックトランスミッションを完成。 基本構成の優秀さからやにも広く採用され、約30年にわたって生産の続くロングセラー製品となった• 1965年 ハイボチェーン量産開始。 静粛・高速伝導を狙ってエンジン向けに開発されたが、構造上に弱いためエンジンカムチェーンには使えず、本格的普及には駆動用チェーンに採用されるまで待たなければならなかった。 1964年 NSK との合弁でNSKワーナー設立• 1970年 と合弁でアイシンワーナー(のちの)設立。 との合弁で椿本モールス設立()。 1973年 サイレントチェーンで駆動するフルタイム用「」開発• 1974年 CVT 開発に着手• 1976年 椿本モールス、に名張工場竣工、2輪車エンジンカム駆動用サイレントチェーン・産業用サイレントチェーン・エマソンブランドの産業用モータ減速機の生産を行う。 同年に発売されたフルタイム四輪駆動用トランスファー「」、などに搭載される。 1980年 4WDのトランスファー駆動用チェーンにハイボチェーンが採用される。 同車に使われたトランスファーは4WDやにも搭載され、合弁解消後における同工場躍進の礎となった。 1982年 ボーグワーナー本社、を世界同時発売。 小型軽量ながら大対応のため、S130系ターボ(北米仕様)や・CJ-7()、などに搭載される。 その後やなど、適用車種が増える• 1984年 の資本撤退により、椿本モールス名張工場がボーグワーナー・オートモーティブジャパン(現ボルグワーナー・モールステックジャパン)となる。 1985年 4WD用ハイボチェーンの需要急伸、事業の躍進始まる。 1987年 イタリア・レジーナ社と合弁でローラーチェーン工場「レジーナ・ワーナー」を設立• 1988年 NSKワーナー、の量産をボーグワーナー・オートモーティブジャパンから継承する。 1991年 ボーグワーナー・オートモーティブジャパン、日本国内を中心とした需要増加 に伴って第二工場を増設。 また、開発工場・実験設備を拡充し商品開発強化に乗り出す。 1994年 ボーグワーナー本社、湿式多板を使用したトルクスプリットトランスファー「」商品化• 1996年 独KKK社()買収、同社をボルグワーナー・ターボシステムズ社とする。 レジーナワーナー社が完全子会社化され、ボルグワーナー・モールステックヨーロッパとする。 1997年 ボーグワーナー・オートモーティブジャパンが取得• 1998年 ボーグワーナー・オートモーティブジャパン、四輪車エンジンカム駆動用サイレントチェーン関連事業による業容拡大と、災害対策を目的に第三工場を増設。 1999年 ボーグワーナー・オートモーティブジャパンが四輪車エンジンカム駆動用サイレントチェーン関連事業への本格参入第一弾として向けに生産・納入開始。 同年・の駆動用ハイボチェーン納入開始。 2002年 ボーグワーナー・オートモーティブジャパン、ボルグワーナー・モールステックジャパンに社名変更。 2004年 ボルグワーナー・モールステックジャパン認証登録。 同年、隣町の(現在の)伊勢路に分工場竣工。 2005年 ボルグワーナー・モールステックジャパン、支社を前に開設。 アジア地区における営業(商業開発・用途開発)拠点。 2006年 との業務提携解消に伴い、ボルグワーナー・ターボシステムズ社、日本支社を東京に開設(ボルグワーナー・モールステックジャパン東京支社と同居)同年、東京支社をへ移転拡張する。 2008年 ボルグワーナー・モールステックジャパン、にあった東京支社を前へさらに移転拡張、新横浜支社とする。 主な製品• ・・・旧KKK社()• 用 の末期モデルやに内蔵の「」を採用• EGR 機構• 二次過給システム• 丸ピン式サイレントチェーン:リンクプレートの穴と円筒ピンとのでが行われるサイレントチェーンである。 2輪車のエンジンカムシャフト駆動用として1976年より使用されている。 コーティングされたピンや工程の長いリンクプレートを持つ4輪車向けは1999年より生産されている。 同ピッチ・同幅なら、2輪車向けより4輪車向けカムチェーンの方が高強度・低騒音である(2輪車用と4輪車用とで同一プロファイルのチェーンが存在する。 Hy-Vo(ハイボ)チェーン:2分割されたピンを持ち、分割ピン同士の転がりによってが行われるサイレントチェーンである。 異型穴によってリンクプレートとピンとのは無い。 リンクプレートとしないためが極度に少ない。 ただ分割ピン間にが噛み込むと容易に排出できず抵抗増大や破壊の要因となる。 駆動時にによる熱を帯びにくいという特性を生かして自社製向けから始まり、現在はにも搭載されている。 ドイツ• イタリアレジーナチェーン.

次の

ボルグワーナーとは

ボルグ ワーナー 名張

ボルグワーナーの企業情報 ボルグワーナー(BorgWarner Inc. )は、パワートレインなどに用いる部品・システムを手がける、アメリカの大手自動車部品サプライヤーです。 主にターボチャージャー(TC:Turbocharger)やエンジン動弁系部品、デュアルクラッチトランスミッション(DCT:Dual Clutch Transmission)などの変速機部品を扱っています。 乗用車、商用車、オフハイウェイ車(建築車両や農業車両など)、アフターマーケット向けに製品を供給していますが、売上高の約8割は乗用車向け製品が占めています。 1929年に買収したチェーンメーカー、モールス・チェーン(Morse Chain)の前身であるMorse Equalizing Spring Companyが設立された1880年が、ボルグワーナーの歴史の起点であるとされています。 1990年代頃から他社の自動車部品関連事業の買収や、他社との合弁会社設立などを進めました。 この時期の代表的な買収先には、イートン・コーポレーション(Eaton Corporation)のFluid power部門が挙げられます。 2010年代頃から、中国や韓国、ドイツ、ブラジルなど、海外における製造・研究開発拠点の強化を推進。 2014年にはEGR関連製品を手がけていたGustav Wahler GmbH und Co. KGを、2015年にはスターターやオルタネーターなどを扱っていたレミー・インターナショナル(Remy International)を買収しています。 2014年末の時点では、世界各地域に57ヶ所の製造・研究開発拠点を有し、約22,000人の従業員を抱えています。 事業体制は、以下の2部門により構成されています。 ・エンジン部門(主要製品:ターボチャージャー(TC:Turbo Charger)、チェーン製品、サーマルシステム、排気システム、ディーゼルコールドスタートなど) ・ドライブトレイン部門(主要製品:トランスミッションシステム、コントロールシステム、トルク伝達システムなど) 現在は、世界各国の排気ガス規制に伴う環境技術の需要増に対応するため、特に海外で、「EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)」と「ターボチャージャー」の生産能力の拡大に注力しています。 北米や中国などで実施されている環境規制に伴う需要の増加に対応することで売上を伸ばしたい考えです。 特に中国でのターボチャージャー(TC:Turbocharger)の需要増を見込んでおり、2014年には同国で2ヶ所目となる工場を江蘇省太倉(たいそう)市に新設しました。 将来的には1ヶ所目の寧波(ねいは)工場と合わせて400万基を生産する方針で、2018年までに従業員を500人に増員する予定です。 本国アメリカでは、EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)クーラーやEGRチューブ、サーモスタットといった環境技術需要の増加に対応するため、2014年8月からの3年間で940万ドルを投資し、イリノイ州のディクソン工場の生産能力を拡大する計画を示しています。 また、ブラジルでの自動車産業政策「Inovar-Auto」の税優遇措置を受けるために、各完成車メーカーが進めている国産部品の調達に対応すべく、ブラジルでターボチャージャーを開発し、同国内のイタチバ工場で生産。 従来ブラジルで行っていたディーゼル商用車向けターボチャージャーに加え、乗用車向けを供給することで、受注の獲得を目指しています。 2015年11月、乗用車・商用車向けオルタネーター、スターターなどを手がけていたアメリカの自動車部品サプライヤー、レミー・インターナショナル(Remy International)の買収完了を発表。 2014年1月、EGR関連製品の生産を行っていたドイツの自動車部品サプライヤー、Gustav Wahler GmbH und Co. KGの買収を完了。 ボルグワーナーの排気システム事業に統合。 注力分野 ボルグワーナーは、「EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)」と「ターボチャージャー(TC:Turbo Charger)」に関連する海外事業の展開・強化に注力しています。 現在、北米や中国では環境規制に伴う環境技術の需要が増加しており、ボルグワーナーにおける同分野の製品の売上も増加しています。 特に中国での需要の増加が著しく、2019年までに中国市場におけるターボチャージャーの需要が2014年比で2倍以上(420万基から860万基)に拡大すると見込んでいます。 この予測のもと、2014年9月に新工場を開設し、既存工場と合わせ、将来的に生産能力を400万基に拡大できる体制を整備しています。 このほか、国内生産に対して優遇措置が採られるブラジルの自動車産業政策「Inovar-Auto」の恩恵を受けるべく、各完成車メーカーが進めるブラジル国産部品の調達に対応するため、ボルグワーナーはブラジル国内でターボチャージャーを開発しました。 これまではディーゼルエンジン商用車向けターボチャージャーのみの供給でしたが、乗用車向け製品を追加することにより、完成車メーカーからの受注を拡大させたい考えです。 技術動向 ボルグワーナーは2014年3月、北米事業の支援と技術センター間ネットワークの強化を目的に、本社が位置するアメリカのミシガン州オーバーンヒルズのパワートレイン技術センターの拡張を発表しました。 同拠点は研究開発のほか、プログラム管理や営業などの機能も有しています。 下記は、ボルグワーナーの研究開発活動の一例です。 フォルクスワーゲンが中国で展開する、1. 4L 4気筒ガソリンエンジン向けに、ブースト圧制御用ウェストゲート付き「B01」ターボチャージャーが採用。 中国におけるフォルクスワーゲンの複数モデルが同製品を搭載。 グローバル展開 2014年末時点で、ボルグワーナーは世界各地域に57ヶ所の製造・研究開発拠点を有しています。 国別の内訳は下記のとおりです。 アメリカ(13ヶ所)• ドイツ(9ヶ所)• 中国(6ヶ所)• 韓国(5ヶ所)• インド(5ヶ所)• 日本(3ヶ所)• メキシコ(3ヶ所)• ブラジル(2ヶ所)• ハンガリー(1ヶ所)• アイルランド(1ヶ所)• フランス(1ヶ所)• イギリス(1ヶ所)• イタリア(1ヶ所)• スペイン(1ヶ所)• ポーランド(1ヶ所)• モナコ(1ヶ所)• ポルトガル(1ヶ所)• スウェーデン(1ヶ所)• タイ(1ヶ所) ボルグワーナーは本国アメリカのほか、世界各国で取り組まれている排気ガス規制に対応した製品の強化を推進しています。 特に自動車市場の成長が著しい中国への投資を積極的に行っており、同国の環境規制の達成に寄与する製品を生産する拠点の新設・強化などを進めています。 2014年9月、中国で2ヶ所目となるターボチャージャー(TC:Turbocharger)の生産工場を太倉(たいそう)市に新設。 敷地面積は約1万5千平方フィートで、2018年までに従業員数を500人に増員する方針。 2014年9月、EGR(Exhaust Gas Recirculation,排気再循環)バルブの需要の拡大を見込み、寧波(ねいは)工場で行っている同製品の年間生産能力を、2016年から100万ユニットに増加させる計画を発表。 2014年12月、3,600万ドルを投資して寧波の鄞(ぎん)州に工場を建設する旨の合意書を、寧波政府と締結。 EGR、高性能点火システム、サーモスタット、2次エアポンプなどを生産。 2015年3月、寧波工場の生産能力を拡大すると発表。 乗用車・商用車向けのEGRバルブ、EGRクーラー、EGRモジュール、イグニッション、セカンダリーエアシステム、サーモスタットなどを生産。 2015年4月、イグニッション部品やEGRバルブ、EGRクーラー、可変力ソレノイド、ディーゼルコールドスタートシステム、クーラントコントロールバルブなどを生産する工場を忠州(ちゅんじゅ)に新設。 敷地面積は6千平方フィートで、製造のほか、販売や品質管理などの機能も同居。 5年にわたり従業員数を倍増させる方針。 2015年10月、韓国の合弁会社であるBorgWarner Transmission Systems Koreaが、韓国に3ヶ所目のトランスミッション部品工場を新設。 生産するトランスミッション部品は、クラッチモジュール、クラッチセット、フリクションプレートなど。 販売部門と管理部門の機能も備え、将来的な拡張も可能。 2015年1月、ブラジル国内でフレックス燃料車用ターボチャージャー「B01」を開発。 燃費性能の向上と排出ガスを低減させる、ブラジルの自動車産業政策「Inovar-Auto」に寄与する製品。 2015年2月、イタチバの研究開発拠点が稼働を開始。 成長が著しいブラジルの自動車市場に向けた新技術の研究開発が目的。 2015年3月、イタチバ拠点でエンジンタイミングチェーンの生産を開始すると発表。 自動車部品サプライヤーとして初めて、南米市場向けにブラジル国内で現地生産を実施。 2015年8月、完成車メーカー向けトランスファーケース、フィーダーポンプ、バルブ、四輪駆動(AWD:All Wheel Drive)用カップリングなどの製品を生産する工場をOroszlanyに新設。 敷地面積は4,032平方フィート。 2015年3月、EGRモジュール、イグニッションコイル、クーラントコントロールバルブを生産していたラモスアリスペの工場を拡張。 北米における排ガス制御製品需要の増加に対応するのが目的。 2017年までに従業員を増員する方針。 2014年11月、乗用車・商用車向けEGRクーラー、EGRチューブ、グロープラグコントロールモジュールなどを生産する工場をラニェゼスに新設。 当初の敷地面積は約2万6千平方フィートで、将来的には拡張も可能。 ボルグワーナーの報道ニュース一覧.

次の