今 しばらく お待ち ください メール。 千寿桜堤中日記: 【ブログ】今後の情報については、今しばらくお待ちください(今、わかっていること)

「お待ちください」とは?敬語として正しい?メールや返信・類語・英語表現を徹底解説!

今 しばらく お待ち ください メール

「お待ちください」の意味と例文 「お待ちください」の意味は「待ってくれ」 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉です。 ビジネスシーンでは取引先や、上司などの目上の人へ使用されます。 例えば、「お調べいたしますので、少々お待ちください」という例文。 上記は、「調べるから少し待ってほしい」を意味しており、相手へ「待ってくれ」と伝える状況で使用できます。 「お待ちください」は丁寧語を使った言葉 「お待ちください」は丁寧語を使った敬語表現です。 「お待ち」の「お」は、丁寧な表現を表す「接頭語」の「御(お)」であり、「ください」は「くれ」を丁寧語で表した言葉となります。 「お待ちください」を使った例文• もうしばらくお待ちください• お待ちくださいますよう、お願いいたします• 丁寧に表現したとはいえ、目上の人へは「感じが悪い」「生意気だ」と捉えられることがあるため、使用は控えましょう。 「お待ちください」以外に「待ってほしいこと」を表す言葉には、「お待ちいただけますか?」や「お待ちいただけますようお願いいたします」などがあります。 目上であっても親しい間柄や、相手の受け取り方によって失礼ではない場合もあるため、相手と状況によって使い分けましょう。 「お待ちくださいませ」で表現を柔らかく 「お待ちください」の使い方の1つが「お待ちくださいませ」です。 「お待ちください」は命令形であるため失礼と捉えられることがあると説明しましたが、「ませ」を加えることで柔らかい表現となります。 丁寧な「お待ちくださいますようお願い申し上げます」 「お待ちください」を丁寧にした表現が「お待ちくださいますようお願い申し上げます」です。 「お待ちください」の後ろに「お願い申し上げます」を加えることで、丁寧に「待ってほしい」とお願いする表現になります。 ただ、丁寧な表現であるものの、「お待ちください」が命令形であることに変わりはありません。 失礼と捉えられる危険がある場合は、「お待ちください」を「お待ちいただく」に代えて、「お待ちいただけますよう、お願い申し上げます」へと言い換えてみましょう。 「お待ちください」のメールでの使い方 ビジネスメールで「お待ちください」は使用を控えた方がいい 「お待ちください」はメールでも使えますが、使用は控えた方がいい表現です。 メールや手紙などの書き言葉は、自分の声色や表情が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧な表現を心がける必要があります。 「お待ちください」は命令形の言葉であり、「お待ちくださいませ」などの柔らかい表現を使用したとしても、与える印象が悪くなる可能性があります。 「お待ちいただけますようお願いいたします」や「お時間いただきたく存じます」を使用するようにしましょう。 「お待ちください」をメールで使う場合は「理由や返信期間」を記す メールで「お待ちください」を使用する場合、単に「お待ちください」と記すのは丁寧ではありません。 「待ってほしい理由」や「いつまでに返事をするか」を、「お待ちください」に加えましょう。 例えば、「現在、調査中のため今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 調査結果に関しましては、明日の10時までにご連絡いたします」という例文。 上記のように「理由」と「返信期間」を記すことで、相手に丁寧な印象を与えるだけでなく、スムーズなやり取りが可能となります。 「お待ちください」への返信は簡潔に 「お待ちください」に対する返信は、簡潔になるよう心掛けましょう。 連絡を待ちわびる気持ちもあるでしょうが、なにかしらの理由から「待ってほしい」と言われているのですから、相手を焦らさないなめにも何度も連絡をするのは控えてください。 返信内容としては、「お返事いただきありがとうございます。 調査中とのこと、承知いたしました。 よろしくお願いします」のように、お礼と承諾の言葉を記しましょう。 「お待ちください」の英語表現 「お待ちください」は英語で「Just a moment」 「お待ちください」は英語で「Just a moment」と表します。 「moment」とは「一瞬」を意味する単語で、「少々お待ちください」と言いたい状況で使用できます。 また、「Please」を加えた「Just a moment, please」だと、より丁寧な表現になるため使用してみましょう。 英語のメールで「お待ちください」は「Would it be possible for~」 メールで使用できる「お待ちください」の英語表現は、「Would it be possible for~」が適しています。 「Would it be possible for~」は、とても丁寧に依頼をするときの表現であるため、メールでの使用に適しています。 たとえば、「Would it be possible for you to wait by next week? 」という例文。 上記の文章は「来週までお待ちいただけますか?」という意味になります。 まとめ 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉で、「お待ちくださいませ」や「お待ちくださいますようお願い申し上げます」などの使い方をします。 ビジネスシーンでも使用できる表現ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります。 とくに、メールなどの書き言葉では声色等が伝わらないため、「お待ちいただけますようお願いいたします」などに言い換えましょう。

次の

待ってくれるように願う丁寧な言い方として、正しいのはどちらでしょうか...

今 しばらく お待ち ください メール

「今しばらくお待ちください」の「今しばらく」とはどのくらい待つのでしょうか。 似たような意味の言葉には「少々」「しばし」といった言葉もあり、それぞれの言葉によって待つ時間や期間が変わってきます。 「今しばらく」は「少しの間」を指すのですが、「少しの間」とはどれくらいの期間なのでしょうか。 「今しばらくお待ちください」と言われた時に「すごく長い時間待たされる」のか、それとも「ほんの少しの時間だけ待たされるのか」、イメージは人により、また状況により変わってくるかと思います。 そもそも待つ時間が5分と分かっていれば「5分程お待ちください」という言い方になるかと思います。 「今しばらくお待ちください」と言われている場合の「今しばらく」は、少なくとも具体的な時間や期間を示せないからこそ使われる期間と言えるかと思います。 相手に対しての気遣いの気持ちがあるなら、なるべく待たせないということ、また相手の予定もあるので分かる限り正確な待ち時間を伝えようと努力をするでしょう。 「今しばらくお待ちください」の期間はどのくらい?状況によります 「今しばらく」の期間は状況により変わってきます。 具体的に約何分、約何日という定義はありません。 「今しばらく」という言葉には相手への気遣いが示されています。 前提としては「今しばらくお待ちください」という言葉には「お待たせして申し訳ありませんができるだけ早く対応します」という意味合いも込められています。 そういった意味では「今しばらく」という言葉を使うにあたっては相手への気遣いがある前提になるので、相手方もその言葉に対して悪い印象は持たない言葉で、これはビジネスを円滑に進める言葉であると言えるでしょう。 とはいえ相手方と想像する意味や期間のイメージがずれてしまうと、ビジネスを円滑に進めるツールとしての「今しばらくお待ちください」という表現の活用が難しくなってしまいますので、それぞれのワードについてどのくらい待ってもらうのか、その期間とワードの使い方を見ていきましょう。 「今しばらく」と「少々」「しばし」「もうしばらく」の違い 「今しばらく」と意味はほぼ同じ 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はどのくらいの期間を指す言葉なのでしょうか。 結論から言ってしまうとどの言葉もほどんど指す期間については変わらないということになります。 意味は同じ言葉になります。 ただし、状況によってどの言葉を使うかで、相手に与える期間の印象は変わってくる言葉になります。 もう少し詳しく説明をすると「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」はそれぞれ使うシチュエーションによって5分程度を指す場合もありますし10分程度を指す場合もあります。 また長ければ数日、あるいは数ヶ月を指すこともあります。 どのくらいの期間になるのかは本当にケースバイケースなのです。 ただし「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」にはそれぞれに含まれるニュアンスによって使い分けることで、具体的にどのくらいの時間を要するのかをはぐらかしつつ、相手の機嫌を損ねないようなコミュニケーションの取り方が可能になりますので、ひとつひとつのワードを見ていきましょう。 「少々」の意味と期間 「少々」待っていただき「しばし」待っていただいた、それでもまだ待っていただかなければならない場合、「今しばらく」お待ちいただくことになります。 しかしながらもっと待っていただかなければならない場合はこの「もうしばらく」を使うことになります。 もうここまで説明すれば、期間のイメージは湧きましたよね? つまり、「少々」<「しばし(しばらく)」<「今しばらく」<「もうしばらく」という順番で期間がどんどん長くなっていきます。 また、ここで言及すべきは最初に使う言葉は「少々」か「しばし(しばらく)」であり、その次に使う言葉が「今しばらく」もしくは「もうしばらく」になります。 「もうしばらく」という言葉を使う段階になると、ただどの言葉を使うかを考えるだけでなく、相手方に対しての気遣いもして、しっかりとアフターケアをしなければなりません。 敬語全般に言えることですが、敬語にはそれに相応する気遣いの言葉や行動が必要になるのです。 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語? 「今しばらくお待ちください」は正しい敬語です 期間や使い方の注意点は上述していますので、ここからは例文を見ながら使い方をマスターしていきましょう。 敬語を使いこなすポイントは前後の文脈にも誠意を込めることになります。 そういった使い方を文例にしていきます。 ・ご提出が遅くなりまして申し訳ございません。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇のご訪問が遅れており大変申し訳ございません。 ただ今赤坂を通過したと連絡を受けております。 今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・回答が遅れており申し訳ございません。 明日までに回答致しますので、今しばらくお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇はただ今席に戻るかと思われます。 申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・〇〇からのメールがまだ届いていなのですね。 大変申し訳ありませんが〇〇へ催促いたしますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・書類が届いていないとのことですね。 お待たせして申し訳ありません。 確認致しますので、今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 折り返し担当からご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」を使うシチュエーションとしては、指定した期限を過ぎている場合になります。 そのため、謝罪と今後の対応や再度期限の設定をした上で「今しばらく」という言葉を添える必要があります。 次のアクションに移せる目途が立っている場合は少々を使います。 ・担当よりすでに送信をさせていただいているのですがファイルが重いため、メールの到着が遅れているものと存じます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・すでに青山には到着していると連絡を受けておりますので、そろそろ到着するものと思われます。 少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・確認しましたところ、レターパックは本日到着予定になっております。 配送中かと思われますので少々お待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・資料は概ね完成しているのですが、修正にお時間をいただいているところでございます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今週中海外出張になりますので、来週月曜に戻り次第対応をさせていただきますので、しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・郵送物は本日お送りいたしますので、来週の頭には届くかと思われます。 しばしお待ちいただけましたら幸いでございます。 何卒、よろしくお願い致します。 ・〇〇は今、訪問先から帰社しているとことでございます。 しばしこちらの方でお待ちいただけますでしょうか。 15分から20分程度で戻るかと思われます。 ・大変失礼致しました。 ただ今オーダーのお品は調理中でございますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 あと10分程度でお出しできるかと思います。 ・お荷物が今、別の支店に届いてしまっているようです。 こちらの支店に届きましたらご連絡いたしますので、しばしお待ちいただけますでしょうか。 遅くても明後日にはお受け取りいただけるかと思います。 ・先週一杯お時間をいただいたにもかかわらず、まだ部品が届かずに修理に着手できていない状況です。 もうしばらくお待ちいただけますでしょうか。 修理が完了しましたら、こちらからご連絡をさせていただきます。 「今しばらく」の類語を使い分けてビジネスを有利に進めよう 「今しばらく」「少々」「しばし」「もうしばらく」の使い分けについてはもうマスターされたと思います。 文例の使い方も踏まえて、ワンランク上のステージで活躍できるように、こういった微妙なニュアンスの敬語をしっかり使いこなしていきましょう。

次の

少々お待ちくださいは正しい敬語?今しばらくお待ち下さいのメール例文も

今 しばらく お待ち ください メール

「今しばらくお待ちください」という言葉の「いましばらく」という部分はしばらく、もうすこしのあいだ、などという表現です。 時間を開けて経過させることを説明するためのひとつの表現です。 すぐではないけれど、あまり時間がかからないさまとしても使われる場合があります。 少しの間、しばしなど表現されます。 前置きを使いうまく表現しよう 「今しばらくお待ちください」という言葉の適切な使用方法をしている例をご紹介します。 「いま定期講座の準備期間中です。 たいへんおそれいりますが今しばらくお待ちください」 「予約が込み合っておりまして現在お取り扱いしておりません。 誠に勝手ながら今しばらくお待ちくださいませ」 「現在サイトを改修中です。 今しばらくお待ちください。 」 このような表現によって、会話を構築することができます。 「今しばらくお待ちください」は待機・保留・控えるなどが類義語 「今しばらくお待ちください」の同じ意味と働きを持つ言葉は「少しの間保留にしておいてはいただけないでしょうか」「いましばらく待っていただけないでしょうか」などがあります。 待機・保留・控える・待ち受けるという類義語や、福は寝て待て・石の上にも三年・運は寝て待て ・待てば海路の日和ありなど、「待つ」に関連したことわざもあります。 接客や接待時には使い方に注意する 「今しばらくお待ちください」という言葉は仕事や接客、接待の際には適切な言葉の使用法をこころがけたいものです。 表現や適切な使い方があります。 ビジネスシーンや上司との会話の中で会話がマナー違反にならないように気をつけましょう。 「待っていてください」「ちょっと待っていてください」にならないように常に心がけましょう。 「今しばらくお待ちください」は気配りや心遣いが言葉に現れる 仕事や電話応対のとき「今しばらくお待ちください」という言葉を適切に使えると、とても好印象にうつり相手との交流がスムーズにおこなえるものです。 簡略化させて「今しばしお待ちください」と表現することもとても適切であるといえるでしょう。 こうした小さな気配りと心遣いが言葉に表れて会話のマナーを重要視される場においては大切な意識となってくるでしょう。 あらかじめ断りを入れる際に用いる 「今しばらくお待ちください」の使い方にはタイミングがあります。 主に相手を短・長時間待たせてしまい相手の時間を削いでしまう恐れのある事柄など、あらかじめ断りを入れる必要があります。 電話対応や来客に対して用いる際にも、相手にお待たせしてしまい申し訳ない意思を伝えるために必要です。 人や状況によって意識をはたらかせ言葉遣いを変えるなども問題ありません。 「今しばらくお待ちください」とあらかじめ断りをいれ相手に不快を与えないように努めよう 相手をどうしても待たせてしまって申し訳ない、相手を気遣う気持ちなどを表現するために「お時間をおかけしてしまい申し訳ありません」「今しばらくお待ちください」の適切な使い方をこころがけてコミュニケーションを行ってゆきたいものです。 相手と正しく交流する意識を働かせることで円滑にコミュニケーションをおこなえるよう気を付けましょう。

次の