リンク アグリゲーション 設定。 リンクアグリゲーション(LAG)とは

CentreCOM x510シリーズ コマンドリファレンス 5.4.2: インターフェース / リンクアグリゲーション(IEEE 802.3ad)

リンク アグリゲーション 設定

リンクアグリゲーションを使用せず2本のケーブルでスイッチ間を接続すると、スパニングツリーが有効なら ループが発生しないようにブロッキングポートが発生して、1Gbpsしか通信に使用できなくなります。 ゆえに 2台のスイッチ間で冗長リンクを設ける場合、リンクアグリゲーションを使用するのが一般的です。 ちなみに リンクアグリゲーションは IEEE802. 3adで標準化され、Ciscoでは EtherChannelという用語を使用しています。 また、リンクアグリゲーションは、FastEthernetポートでも、GigabitEthernetポートでも構成できます。 複数の物理リンクの1本に障害が発生しても、残りの通信帯域で通信可能であり、耐障害性も高まります。 1つは各スイッチポートで論理グループを作成して、 リンクアグリゲーションを手動で機能をONにする スタティックな設定方法です。 もう1つは各スイッチポートで 論理グループを作成して、 LACPプロトコルを使用しスイッチ間でネゴシエーションして動的に機能をONにする ダイナミックな設定です。 LACP(Link Aggregation Control Protocol)はIEEE802. 3adの標準化プロトコル。 そのトラフィックの負荷分散方法には、送信元のMACアドレスに基づき 分散したり、宛先のMACアドレスに基づいて分散したりする方法があります。 下図例の2パターンにおいては 宛先MACアドレスに基づいて負荷分散する方がより効率よく通信帯域を使用できることが分かります。 ただし どの分散方法が良いのかはそのNW構成に依存しますし、一般的に 送信元MACアドレスの負荷分散が多い です。 負荷分散には送信元MACアドレス、宛先MACアドレスに基づく方式以外に、送信元IPアドレス、宛先IPアドレスに基づく方式もある。

次の

リンクアグリゲーションやLACPとは何ですか?利用方法も教えてください。

リンク アグリゲーション 設定

5 burst up to 2. 3 GHz デュアルコア 1. 5GHz ハードウェア コード変換エンジン H. 264 AVC 、H. 265 HEVC 、MPEG-2 および VC-1;最大解像度:4K 4096 x 2160 ;1 秒当たりの最大フレームレート FPS :30 MPEG-4 Part 2 XVID, DIVX5 , MPEG-2, VC-1, H. 265 HEVC ; 最高解像度:4K 3840 x 2160 ; 1 秒あたりの最高フレームレート(FPS):30 システム メモリ 4 GB DDR3L DDR3 1GB メモリの拡張上限 8 GB 4 GB x 2 ドライブ ベイ 4 2 M. 5 mm 重量 2. 28 kg 0. 88 kg ノイズレベル 19. 8 dB A 消費電力 28. 8 W (アクセス) 12. 正面には ホットスワップ対応の4ベイとUSBポートがある。 側面にはSynologyのロゴ。 背面は92mmファンが2つと LAG対応のRJ45ポートが2つとeSATAポートとUSBポートが一つずつ。 側面にはM. 2ドライブが2つ搭載できる。 蓋(カバー)は工具不要で外すことが出来る。 付属品は電源ケーブル・ACアダプタ・LANケーブル2本・鍵2本・ネジ• 16GBは流石に不要と判断したため4GBのメモリを購入した。 ノートPCのメモリ増設に慣れていれば一瞬で作業は完了する。 管理画面でメモリ容量が正しく認識されていればOKだ。 今回はLACPで設定を行う。 2本目のLANケーブルを接続する前にスイッチの設定を行う。 GS716TのリンクアグリゲーションLAGの設定方法 LAG(LACP)の設定が可能なスイッチとしてネットギア製の GS716Tなどがある。 管理画面から [Switching]ー[LAG]ー[LAG Membership] の利用したい LAG IDと LAG Nameを選んで利用するポートにチェックを入れて有効化する。 ネットワーク状態が2000Mbps 2Gbps となる。 これで複数同時にトラフィック発生時に1Gbps以上の転送速度が発揮される。

次の

シオラボのネットワーク技術コラム第7回 「リンクアグリゲーション(LA)を理解する」

リンク アグリゲーション 設定

リンクアグリゲーションを使用せず2本のケーブルでスイッチ間を接続すると、スパニングツリーが有効なら ループが発生しないようにブロッキングポートが発生して、1Gbpsしか通信に使用できなくなります。 ゆえに 2台のスイッチ間で冗長リンクを設ける場合、リンクアグリゲーションを使用するのが一般的です。 ちなみに リンクアグリゲーションは IEEE802. 3adで標準化され、Ciscoでは EtherChannelという用語を使用しています。 また、リンクアグリゲーションは、FastEthernetポートでも、GigabitEthernetポートでも構成できます。 複数の物理リンクの1本に障害が発生しても、残りの通信帯域で通信可能であり、耐障害性も高まります。 1つは各スイッチポートで論理グループを作成して、 リンクアグリゲーションを手動で機能をONにする スタティックな設定方法です。 もう1つは各スイッチポートで 論理グループを作成して、 LACPプロトコルを使用しスイッチ間でネゴシエーションして動的に機能をONにする ダイナミックな設定です。 LACP(Link Aggregation Control Protocol)はIEEE802. 3adの標準化プロトコル。 そのトラフィックの負荷分散方法には、送信元のMACアドレスに基づき 分散したり、宛先のMACアドレスに基づいて分散したりする方法があります。 下図例の2パターンにおいては 宛先MACアドレスに基づいて負荷分散する方がより効率よく通信帯域を使用できることが分かります。 ただし どの分散方法が良いのかはそのNW構成に依存しますし、一般的に 送信元MACアドレスの負荷分散が多い です。 負荷分散には送信元MACアドレス、宛先MACアドレスに基づく方式以外に、送信元IPアドレス、宛先IPアドレスに基づく方式もある。

次の