イラストレーター 画像 トレース。 Illustrator 手描きの絵を簡単デジタル化!【画像トレース(ライブトレース)】を使ってみた

イラストレーターのライブトレースの使い方

イラストレーター 画像 トレース

画像トレース機能とは? 画像トレースとは、その名の通り「画像をなぞって写す」ことで、Adobe IllustratorのCS2から搭載されている機能です。 バージョンごとの機能名称の変化 Illustrator CS2~CS5 :【 ライブトレース】 Illustrator CS6~CC :【 画像トレース】 この機能を使えば、手書き画像、写真などのビットマップ画像をベクトル画像に自動的にトレースして変換してくれます。 子供の描いた絵や、メモ用紙に残したアイデアスケッチなどを、ベクトル画像に瞬時に変換されるので、解像度の高い印刷にも対応出来るようになり、画像利用の幅が格段に上がります。 実際に体験してみよう! さて、この画像トレース機能を使って手描き画像をデジタル化してみましょう。 画像の準備 まずはトレースする画像を用意します。 ってことで探していたら、デスクの隅っこに謎のメモ用紙を発見。 何か変な絵が描いてあるので、丁度いいし今回はこれを使いましょう。 ・・・ってこのメモ置いていった人誰ですか? 笑 勝手に使っちゃいますからね! 画像の取り込みは、コピー複合機でスキャンするとか面倒だったので、今回は携帯電話のカメラで写真を撮ってPCに送りました。 出来る限り手軽で簡単な方法で進めていきますね。 ゴミの除去 さて、次は画像の掃除です。 適当に撮った写真なので、埃や不要なものが写り込んでます。 ここでしっかり除去しておかないと、後半の作業で面倒なことになります。 画像トレース実行 ビビの制作環境ではIllustrator CS5を使用しているので、今回は「ライブトレース」という名称の機能になります。 操作は至ってシンプル。 ゴミを除去した画像をIllustratorに「配置」で持ってきて、ライブトレースボタン押すだけ。 オプション設定でトレースの強弱が調整できるので、ご自分の納得のいくトレースを行なってみてください。 色を付けてみよう ここまで来たら色も塗っちゃいましょう! ってことで、ライブトレースと共にくっついてる色塗り機能「ライブペイント」を紹介します。 ライブペイントは、パスで閉じられている領域に色を塗ってくれる機能です。 「隙間オプション」を併用することで、閉じ切れていないパス部分も自動で検出して、隙間の選択範囲を調整してくれます。 見事に隙間を自動判定して塗り分けてくれてますね。 そんなこんなで色塗り完了です。 まとめ 手描きの絵がデジタル化されるのは、どうでしたでしょうか。 個人的に触ってみた感想としては、• 画像トレース機能は使える。 面白い。 ライブペイント機能はおまけ程度。 といった感じでした。 画像トレースは、手描きの風合いを残しつつ簡単にパスデータ化してくれるので、絵の個性を消さずに済み、さらに緻密なトレース作業の時短にも繋がるとても便利な機能だと思います。 ベクトル画像なら後々いくらでも調整が効く所も魅力ですね。 また、ライブペイント機能は、「これを使わないとダメだ!」って思えるほどの機能には感じませんでした。 とはいえ、自動で隙間を判定をして塗り領域を設定してくれる機能は流石だなと感動しました。 絵を描く方は、ぜひこれらの機能を活用してみてはいかがでしょうか。

次の

【Illustrator】画像トレースとは?写真を一瞬でイラストにしてしまう魔法の機能

イラストレーター 画像 トレース

こんにちは!ディレクターのうえです。 特技はIllustratorやPhotoshopでイラストを描くことです! そんなわけで、Adobe CCを中心とした グラフィックソフトのTipsを中心にブログを書いていきます。 まずは自己紹介など わたしが所属している部署は「クリエイティブサービスユニット」といって、 ディレクターやデザイナー、エンジニアが集まっている部署です。 WEBや印刷のお悩みをクリエイティブに解決する毎日です! PHPとHTMLがちょっと書けるよ~ということでエンジニア名義で入ったのですが、 気が付いたらディレクターになっていました。 わたしの場合、ディレクターという名の何でも屋です。 たまにコーディングをし、デザインを修正し、イラストを描き、書類を作り、お客様との窓口をし… できることは何でもやっています。 ゆるキャラ爆誕 そんな中、なぜかユニットで「ゆるキャラ」を作ることになりました。 クリエイティブ集団=才能のキメラ(合成獣)ということで、キメラをモチーフに。 名前はメンバーの知り合いの飼っていた猫の名前から、クリン。 そこまで決まっていたら、あとはやるだけでした。 ゆるく、キメラを描く! できました! なかなか可愛くできたのではないでしょうか。 キメラ(キマイラとも)というのは、によると ライオンの頭と山羊の胴体、毒蛇の尻尾を持つ。 という生き物だそうです。 忠実さもいい感じです。 (自画自賛) しかし、このままではいまいち綺麗ではありませんね。 取り込みにはCamScannerというアプリを使います。 こんなにすっきりしました! イラストだけではなく、文章などの写真にも使えます!おすすめです。 かといってパスを綺麗に引く時間もないぞ、というとき、 役に立つのがIllustratorの機能 「画像トレース」です! (かつては「ライブトレース」という名前でした) この機能、 写真もベクトルオブジェクトに出来るすごいやつなのです。 Photoshopで下準備しよう しかし、このままではごみもトレースされてしまう… それでは困るので、一度Photoshopできれいにしましょう。 1 トーンカーブやレベル補正で、紙の地を真っ白に飛ばします。 また、黒い部分も真っ黒にします。 つまみを少し内側に入れるのがポイント。 2 ブラシツールでごみを消します。 3 これを 「WEB用に書き出し」して、適当な大きさのJPEGやPNGにしたら素材は完成です。 (あんまり大きいと、次のステップで処理に時間がかかるので、ほどほどの大きさがよいです) Illustratorで画像トレースしよう 次にIllustratorで画像を開きます。 1 画像を選択して画像トレースのボタンを押します。 2 そして線だけになるように、設定をいじってできあがり。 これだけ。 すごく便利です。 被写体のシルエットだけパスを取りたいときとか、 これで拡張して必要な部分だけ合体すると、簡単にクリッピングパス用のパスができます。 ラフ用ならこれで十分なのです。 さて、このままだと色が無くて寂しいので、色を付けます。 3 拡張を押すと、パーツごとに分かれたパスになりますので、 色を付けたい箇所を選んで、色を付けてあげるだけ。 外側のいらないパスは削除してしまいましょう。 完成です! 出来上がったクリンちゃんの今後 そんな感じで出来上がったクリンちゃん、 見事ユニット内のコンペを勝ち進み クリエイティブサービスユニットのゆるキャラに決定しました! これからのTipsでもクリンちゃんが大活躍しますので、どうぞよろしくお願いいたします! この記事を共有する•

次の

イラストレーターの画像トレース機能に挑戦!

イラストレーター 画像 トレース

この記事では、Adobe Illustrator CCで画像のトレースをする方法について紹介しています。 画像トレースとは、簡単にラスター画像をベクター画像に変換することが出来る機能です。 画像トレースの方法と、各設定項目の詳細な解説、最後にトレースした画像をパス化する方法を解説しています。 STEP0:画像のトレースとは 画像トレース機能とは、写真や手書きのイラストを取り込んだ画像などのラスター画像をベクター画像に変換することができる機能です。 トレース対象の画像が白黒はっきりしたものであるほど、綺麗にトレースを行うことができます。 STEP1:画像の配置 上部メニューの「メニュー」>「配置」を選択します。 アートボード上に画像が配置されました。 STEP2:画像トレースで取り込み 画像を選択し、上部メニューの「ウィンドウ」>「画像トレース」を選択し、画像トレースパネルを開きます。 プレビューにチェックを入れ、トレース結果を確認しながら、各項目を調整します。 プリセット プリセット設定を選択できます。 プリセットを元に値を調整した結果を、右アイコンのプリセットオプションで新規のプリセットとして登録することもできます。 表示 トレースしたオブジェクトの表示を変更することができます。 変更後、画像トレースパネル左下のプレビューにチェックが入っていると反映されます。 右のアイコンを押したままにすると、元画像と重ねて比較することができます。 カラーモード トレースした画像のカラーモードを指定します。 パレット カラーモードをカラーかグレースケールに設定した場合に、指定する項目です。 例えば限定を指定すると、下記のカラー項目でトレースする色の数を指定することができます。 カラー カラーモードでカラーを指定し、パレットの設定に基づいて指定する項目です。 例えば、パレットで限定に設定した場合、トレースする色の数を指定することができます。 グレー カラーモードがグレースケールの場合に指定する項目です。 グレースケールの正確さを調整します。 しきい値 カラーモードが白黒の場合に指定する項目です。 設定したしきい値より暗いピクセルは黒色になります。 詳細 クリックすると下記項目が表示されます パス オリジナルの画像をどのくらいの精度でトレースするかを調整します。 コーナー 曲線部の精度を調整します。 値が大きくなるほど、スムーズな曲線が描かれます。 ノイズ 指定したピクセルの領域を無視して、ノイズを減らします。 値が大きいほどノイズが少なくなります。 方式 左アイコン:隣接 切り抜かれたパスが作成され、毛抜き合わせのアウトラインになります。 右アイコン:重なり 重なり合ったパスが作成され、隣同士が重なり合ったアウトラインになります。 作成 左アイコン:塗り オリジナルの画像の塗り部分をトレース結果に反映します。 右アイコン:線 オリジナルの画像の線部分をトレース結果に反映します。 調整は下記の線項目で行います。 線 作成項目で線をチェックした時のみ、指定する項目です。 どの範囲のピクセルで、トレース結果に線部分を反映するかを指定します。 オプション 曲線を直線にスナップ:わずかに曲がった曲線を直線として扱うかを指定します。 ホワイトを無視:オリジナル画像の白い塗りをなしにして、トレースするかどうかを指定します。 問題ない場合はプレビューのチェックを外し、トレースボタンをクリックすると、調整した値でトレースをすることができました。 STEP3:トレースした画像のパス化 コントロールパネルの拡張ボタンをクリックして、画像のパス化をします。 これでIllustratorで編集しやすくなりました。 パスの単純化 トレース結果をパス化したままだと、アンカーポイントの数が多くファイルサイズが大きくなるため、上部メニューの「オブジェクト」>「パス」>「単純化」でパスの単純化を行います。 単純化ダイアログが開きます。 プレビューにチェックを入れて、画像が歪まない程度に「曲線の精度」と「角度のしきい値」等の値を適宜調整します。 オリジナルと現在の状態を比較しながら、パスの単純化を行ってください。

次の