ななみ ひろこ。 七海ひろこwikiプロフィールや年齢と結婚は?高校や大学などの経歴についても

七海ひろこ(幸福実現党)の結婚観がヤバい!泡ってなに?本名は‥|ミドルエイジの自分探し

ななみ ひろこ

— 2019年 6月月9日午前4時51分PDT 七海ひろこwikiプロフィールや年齢と結婚は? 本名 北林 寛子(きたばやし ひろこ) 出身地 東京都 生年月日 1984年8月1日 年齢 35歳(2020年5月時点) 高校 慶應女子高等学校 大学 慶應義塾大学法学部 趣味 プールで泳ぐこと、読書、映画鑑賞 尊敬する人 坂本龍馬、光明皇后、松下幸之助 好きな言葉 The sky is the limit. 座右の銘 清濁併せ呑む、金は天下の回りもの! 感銘を受けた書物 「幸福実現党宣言」(大川隆法著) 「積極的考え方の力」(ノーマン・ヴィンセント・ピール著) 政治家として誇れる得意分野 財務、外交、日本を愛し誇る心、世界に対する日本広報 宗教 幸福の科学。 イスラム教・キリスト教・仏教の寺院・教会や神社への参拝もとても好き。 主な経歴 元・(株)NTTデータ 現・幸福実現党 広報本部長 兼 財務局長 兼 東京都本部代表 七海ひろこさんは 現在35歳ですが、4~5歳若く見えますね。 」と記載されていて、名前を改名しています。 【幸福実現党 プレスリリース】 幸福実現党 役員人事について: この度、以下の役員人事が行われましたので、ご報告致します。 <名前の変更> ・幸福実現党財務局長の「北林 寛子」は、今後、「七海 ななみ … — 幸福の科学【公式】Happy Science HappyScience 女優の「清水富美加」さんも法明の「千眼美子(せんげん よしこ)」って名前に改名していますよね。 改名の理由はおそらく幸福の科学の法名だと思いますが、本名より「七海 ひろこ」の方が名前がシンプルでかわいいので、すぐに覚えてもらえそうです。 そして、ご結婚はされているのか気になるところですよね! TwitterなどのSNSなどで調査してみましたが、七海ひろこさんはまでご結婚はされていません。 2014年の東スポの記事によると「アラブの石油王との結婚を夢見る幸福実現党の七海ひろこ氏」と紹介されていますね。 そして婚活よりハマっているのが「ラーメン」!.

次の

七海ひろこwikiプロフィールや年齢と結婚は?高校や大学などの経歴についても

ななみ ひろこ

来歴 [ ] 2001年、入学。 2003年、宝塚歌劇団にとして入団。 入団時の成績は39番。 公演「/」で初舞台。 その後、に配属。 2009年、・トップコンビ退団公演となる「薔薇に降る雨」で、新人公演初主演。 2013年、「the WILD Meets the WILD」で、と公演ダブル主演。 続く「」で、ヒロインのをと役替わりで演じる。 2014年、「」(全国ツアー)で、男装の麗人を演じる。 2015年4月21日付で星組へと組替え。 2017年、「」でバウホール公演単独初主演。 2019年3月24日、「/ESTRELLAS」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。 退団公演では、3番手スターとして銀橋ソロの場面が用意された。 宝塚退団後は、俳優、声優、歌手、ラジオパーソナリティなどアーティストとして多方面で活動中。 2019年11月、いばらき大使に就任。 2020年5月、同年6月より上演される『』に役で出演することが発表された。 同舞台において女性がキャスティングされるのは初である。 また、七海にとっても宝塚歌劇団退団後、舞台で女性を演じるのは初めてである。 人物 [ ] 2歳上の兄がおり、幼少の頃はヒーローごっこなど男の子の遊びばかりをしていた。 小学校では毎年学級委員を務め、教師からの信頼の厚い優等生だったという。 小学6年の時にテレビで放送されていた月組公演「風と共に去りぬ」を偶然観て、主演のが好きになり、出演作品のビデオを集めて繰り返し観ていた。 その後、「」を初めて観劇し、宝塚入団を目指すようになった。 小さい頃に朗読会で教師に誉められたことがきっかけで演劇部に所属し、学生時代は芝居に熱中していた。 中学入学後は、父親が見つけてきた音楽学校受験のためのクラスがある東京のバレエ教室に、週1回往復5時間をかけて通っていた。 高校は進学校で、両親から「成績が落ちたら音楽学校の受験はさせない」と言われていたため、勉強と宝塚受験のためのレッスンを両立した。 高校2年の時に2度目の受験で合格した。 芸名の「七海」は本名にある「海」の字を使い、テレビアニメ「」の話が好きだったことに由来する。 「ひろき」は七つの海の広大なイメージから。 宝塚歌劇団時代の主な舞台 [ ] 初舞台 [ ]• 2003年4月 - 5月、月組『花の宝塚風土記-春の踊り-/シニョール ドン・ファン』(のみ) 宙組時代 [ ]• 2004年5月 - 8月、『』新人公演:従者(本役:)• 2005年6月、宝塚バウホール公演『Le Petit Jardin』ポール• 2005年8月 - 11月、『炎にくちづけを』新人公演:チェ(本役:)/『ネオ・ヴォヤージュ』• 2005年12月、ライブショー『W-WING-』• 2006年3月 - 7月、『』新人公演:ビョルン(本役:)• 2006年8月、宝塚バウホール公演『UNDERSTUDY』ジェフリー・キング• 2006年11月 - 2007年2月、『』新人公演:(本役:)/『ザ・クラシック』• 2007年6月 - 9月、『』新人公演:ホルヘ(本役:)/『宙 FANTASISTA! 2007年11月、宝塚バウホール公演『THE SECOND LIFE』マーク・ホワイト• 2008年2月 - 5月、『黎明の風 -侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-』新人公演:近藤文男(本役:)/『Passion 愛の旅』• 2008年7月、メインホール公演『』警官• 2008年9月 - 12月、『Paradise Prince』エドワード、新人公演:シャルル(本役:)/『ダンシング・フォー・ユー』• 2009年2月、中日劇場公演『』ジェロール・ロセロワ /『ダンシング・フォー・ユー』• 2009年4月 - 7月、『薔薇に降る雨』新人公演:ジャスティン(本役:) 新人公演初主演/『』• 2009年8月 - 9月、宝塚バウホール・公演『』ローランド・スミス• 2009年11月 - 2010年2月、『』ビゴー、新人公演:ヴィクター・ラズロ(本役:)• 2010年3月 - 4月、梅田芸術劇場シアタードラマシティ・日本青年館公演『シャングリラ -水之城-』涙(ルイ)• 2010年5月 - 8月、『TRAFALGAR -ネルソン、その愛と奇跡-』ジュリアン・カスティーヨ/『ファンキーサンシャイン』• 2010年9月、全国ツアー公演『』マコト• 2010年11月 - 2011年1月、『』ルピーノ• 2011年3月 - 4月、梅田芸術劇場シアタードラマシティ公演 『ヴァレンチノ』ナターシャ・ラムボア• 2011年5月 - 8月、『美しき生涯 -石田三成 永遠の愛と義-』大谷吉継/『ルナロッサ-夜に惑う旅人-』• 2011年8月、日本青年館公演『』ナターシャ・ラムボア• 2011年10月 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ -最高の男の仕立て方-』ジェフ・コリンズ/『NICE GUY!! -その男、Yによる法則-』• 2012年2月、中日劇場公演『 -作「危険な関係」より-』ランベール伯爵 /『』• 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々』ジョージ・ホワイト/『クライマックス-Cry-Max-』• 2012年5月、ミュージックサロン『GIFT 〜たからもの〜』(宝塚ホテル)• 2012年8月 - 11月、『』• 2013年1月、公演『銀河英雄伝説 TAKARAZUKA』• 2013年3月 - 6月、『モンテ・クリスト伯』ルイジ・ヴァンパ/『Amour de 99!! -99年の愛-』• 2013年7月 - 8月、宝塚バウホール公演『the WILD Meets the WILD -W. -』ベンジャミン・ノースブルック バウW主演• 2013年9月 - 12月、『風と共に去りぬ』ルネ(悠未ひろと役替わり)、スカーレット・オハラ(朝夏まなとと役替わり) 大劇場ヒロイン• 2014年2月、中日劇場公演『ロバート・キャパ 魂の記録』チーキ・ヴェイス/『』• 2014年5月 - 7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』ジェローデル/(役替わり)• 2014年8月 - 9月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ• 2014年11月 - 2015年2月、『』ニルス/『PHOENIX 宝塚!! 2015年3月 - 4月、梅田芸術劇場メインホール・赤坂ACTシアター公演『』ホレス・ハードウィック 星組時代 [ ]• 2015年6月 - 7月、赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場シアタードラマシティ公演『』カール・ハンラティ• 2015年8月 - 11月、『』ベニー・サウスストリート• 2016年1月、東京国際フォーラム・梅田芸術劇場メインホール公演『LOVE&DREAM-I. Sings Disney/II. Sings TAKARAZUKA-』• 2016年3月 - 6月、『』ブリント/『THE ENTERTAINER!』• 2016年8月 - 11月、『』/『ロマンス!! (Romance)』• 2017年1月、宝塚バウホール公演『燃ゆる風-軍師・竹中半兵衛-』 バウ単独初主演• 2017年3月 - 6月、『』• 2017年7月 - 8月、梅田芸術劇場メインホール公演『』ムケーシュ• 2017年9月 - 12月、『ベルリン、わが愛』ニコラス・カウフマン/『Bouquet de TAKARAZUKA』• 2018年2月、中日劇場公演『』ジャン・サルヴァドル大公/『Bouquet de TAKARAZUKA』• 2018年4月 - 7月、『ANOTHER WORLD』喜六/『Killer Rouge』• 2018年11月、七海ひろきディナーショー『Dearest』(宝塚ホテル・第一ホテル東京)• 2019年1月 - 3月、『』トビアス/『ESTRELLAS〜星たち〜』 退団公演 宝塚歌劇団退団後の主な活動 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年1月) テレビ [ ]• 七海ひろき 〜START!! 〜(2019年11月21日 - 2020年1月2日、) ラジオ番組 [ ]• 七海ひろき 七つの海への大航海(2019年10月5日 - 、) アニメ [ ]• (2020年1月10日 - 3月27日、他) - シズノ• (2020年1月11日 - 3月28日、テレビ東京他)- 三津秀人• (2020年1月8日 - 4月15日、TOKYO MX他) - 子ども夏紗• 第7話(2020年2月21日、他) - カイ• (2020年7月〈予定〉 - ) - 鳩波彩愛 吹き替え [ ]• 5月8日 ()• 5月15日 ()• 5月28日 ()• 5月30日 () ・ファンイベント• イベント『HIROKI NANAMI Tea Party 773 "START"』(2019年6月14日 -2019年6月15日 )• イベント『773 BIRTHDAY PARTY 2020』(2020年1月15日 -2020年1月16日 ) ディスコグラフィー [ ] CD [ ] 発売日 タイトル 規格品番 初回限定盤 通常盤 1st 2019年8月21日 GALAXY KICS-93844 KICS-3844 2nd 2020年4月15日 KINGDOM KICS-93910 KICS-3910• ファーストアルバム『GALAXY 』(2019年8月21日発売、キングレコード)• Ambition• START!! 片思いの君へ• GALAXY• ありがとう• WHITE BREATH• バンザイ~好きでよかった~• アルバム『KINGDOM 』(2020年4月15日発売、キングレコード)• 花に嵐• 君の未来日記• もう一度... ラビリンス• Rainy day• Special summer• Trust• Never too late• 愛し君へ• 2015年 - 「」助演賞 脚注 [ ] []• 七海ひろきオフィシャルサイト. 2019年7月20日閲覧。 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、98頁。 七海ひろきオフィシャルサイト. 2019年7月20日閲覧。 メディアスパイス. 2019年6月16日閲覧。 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、115頁。 スポーツ報知. 2019年1月1日閲覧。 茨城新聞クロスアイ. 2019年11月8日閲覧。 ORICON NEWS 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 我が人生 七海ひろき」『宝塚GRAPH』2011年8月号、阪急コミュニケーションズ、2011年、82-84頁。 朝日新聞DIGITAL. 2009年5月4日閲覧。 朝日新聞DIGITAL. 2011年3月8日閲覧。 ウィズたからづか. 2013年4月15日閲覧。 タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2019年10月11日閲覧。 歌謡ポップスチャンネル 2019年8月20日. 2019年9月25日閲覧。 歌謡ポップスチャンネルTwitter 2019年9月20日. 2019年9月25日閲覧。 PRTIMES 2019年9月20日. 2019年10月11日閲覧。 デイリースポーツonline 2013年12月19日. 2019年10月11日閲覧。 エキサイトニュース 2014年1月16日. 2019年10月14日閲覧。 TVアニメ「ソマリと森の神様」公式サイト. 2019年8月26日閲覧。 コミックナタリー 2019年6月15日. 2019年9月25日閲覧。 TVアニメ「織田シナモン信長」公式サイト. 2019年10月11日閲覧。 Yahoo! ニュース 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 七海ひろきSTAFF ANDSTIR 公式Twitter 2020年1月15日. 2020年1月17日閲覧。 七海ひろきSTAFF ANDSTIR 公式Twitter 2020年2月21日. 2020年2月21日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2020年3月2日. 2020年3月2日閲覧。 2020年5月11日閲覧。 アニメ!アニメ! 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 キングレコードオフィシャルサイト. 2020年5月11日閲覧。 キングレコードオフィシャルサイト. 2020年5月11日閲覧。 外部リンク [ ]• hirokinanami773 -• hirokinanami773 -• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない)• (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組).

次の

役員紹介

ななみ ひろこ

— 2019年 8月月7日午前6時52分PDT 七海ひろこ ( ななみ ひろこ)• 生年月日 1984年8月1日• 出身地 東京都• 出身大学 慶応義塾大学法学部• 趣味 プールで泳ぐ、読書、映画鑑賞• 尊敬する人 坂本龍馬、光明皇后、松下幸之助• 好きな言葉 The sky is the limit. 七海さんは、湾岸戦争中に生まれ育った事もあり、 物心ついた時から政治の世界に興味があったといいます。 その反面、女優業にも興味があった様で、『安達祐実』との共演も夢みたとか。 ご出身の慶応義塾大学では、幼い頃から興味があった国際政治を学び、 就職しますが、大好きだった勤務先を辞めるに至るほど、 『 幸福実現党』に魅力を感じ、政治の道に進む事を決意します。 東京都知事選に出馬される事に関しては、 学生時代から、『東京をもっと良くする為には、私だったらこうする』という 気持ちがあったそうで、 選挙権を持った東京の若者たちには 『東京や私たちは可能性に満ちている』と、伝えていきたいとも述べています。 理想の女性政治家像を、『強く、正しく、愛深く』と語る七海さんは、 女性が更に輝く新しい時代の、道しるべになってくれるのかもしれません。

次の