リッチマン プア ウーマン 最終 回。 リッチマン、プアウーマン あらすじ 第1話〜最終回

【恋愛ドラマ】リッチマン、プアウーマンのあらすじとネタバレを解説

リッチマン プア ウーマン 最終 回

リッチマンプアウーマン主要キャスト一覧 日向徹(小栗旬) リッチマンプアウーマンだよ今日。 日向徹に会える。 まじ小栗旬かっこよすぎて。 1番好きな俳優さん。 山田優に嫉妬。 山田優嫌いになったもん。 笑 — ぺろーな perooooooona 小栗旬が演じる日向徹は、日本最大のSNSを運営するIT企業「NEXT INNOVATION」代表取締役社長。 天才プログラマーで、個人サイトの運営から始まり携帯ゲーム事業で成功を収め、プレゼンテーション能力も高く、カリスマ社長として注目されている。 性格は少々難あり、傍若無人で人を馬鹿にする言動が多く、敵を作りやすい。 子供の頃母親に捨てられた過去から人間不信で、人の名前と顔を覚えられない病気(心因性認識不全症候群)でもある。 名声にこだわらずイイものを作りたいだけ、常識にとらわれない生き方と言動が魅力的。 アップル創業者のスティーブ・ジョブズやfacebook創業者のマーク・ザッカーバーグをイメージして、演じられたとも言われている。 高知県土佐清水市出身、1浪して東大に合格しアパートで一人暮らし。 真面目で人情味があり、何事も精いっぱい頑張る真面目な優等生・学級委員タイプ。 4年生の夏になっても内定が1つも取れない危機的状況で、「NEXT INNOVATION」の会社説明会に参加し、日向徹から『東大生なのに、まだ内定が1つもないなんてよほど使えないんだろう』と大勢の前で馬鹿にされる。 沢木千尋の偽名にインパクトがあり暗記能力が高いことが認められ、日向徹に仕事を頼まれ、接するうちに、どんどん日向徹に惹かれていってしまう。 朝比奈恒介(井浦新) 黒縁以外の眼鏡が欲しい。 BARTON PERREIRAの丸いやつとかが良さそう。 東大出身で大手通信企業に勤めていたが、日向徹の才能にいち早く気づき、会社を辞め日向と一緒にベンチャー企業を立ち上げた。 落ち着いた柔らかい物腰で、人当たりが良く、たびたび会社内外で日向徹の傍若無人な言動をフォローする、日向徹の一番の理解者。 「NEXT INNOVATION」が入るオフィスビルの1階レストランのオーナーシェフ。 昔、放浪中に日向徹と出会い意気投合した過去があり、偶然日向に再会し運命を感じている。 さばさばはっきりとした性格で、恋愛にも積極的。 山上 芳行(佐野史郎) 山上さんの後ろに隠れる徹可愛い!この山上さんのちょっと得意気な顔もいいなぁ — くりまみれ kurimamire 佐野史郎が演じる山上芳行は「NEXT INNOVATION」の経理担当。 大手銀行マンだったが、朝比奈恒介にヘッドハンティングされて「NEXT INNOVATION」に転職。 IT関係には疎いが「NEXT INNOVATION」に将来性は感じており、日向や朝比奈の突拍子もない考えに振り回されながらも楽しんでいる感じ。 常識人なので、日向よりも朝比奈にトップに立って欲しい。 日向徹のスケジュール管理など秘書的な業務もするが、名前を覚えてもらえない。 名前を覚えてもらうためにTシャツに名前を書いたり、手書きボードを作ったり、涙ぐましい努力と明るい性格がコミカルで笑いを誘い、とても良い味を出している。 リッチマンプアウーマンの綾野剛 リッチマンプアウーマン再放送。 2012年綾野剛、もはや高校生にしか見えない…衣装が軽いせいもあるけど控えめに言っても10代の大学生。 実際は30?にしてこのみずみずしさ…。 途中で日向と意見が合わず『小さい男』呼ばわれされ「NEXT INNOVATION」を去り、田舎で家業を継いでいました。 事業が巧くいかないところに「NEXT INNOVATION」の成功をニュースで見て、嫉妬。 退社する時に盗んでいた「NEXT INNOVATION」の顧客データをネタに朝比奈をゆする、卑怯でダークな役どころです。 個人情報流出直後の株主総会で日向を罵倒する株主の中で、唯一励ましの言葉をかけ、たどたどしい中にも熱い気持ちが籠もっていて、日向にパワーを与える重要な役どころです。

次の

リッチマン、プアウーマン11話(最終回)の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!帰ってきたあのふたり

リッチマン プア ウーマン 最終 回

そして、仕事に復帰した朝比奈燿子 相武紗季 にも会い、朝比奈恒介 井浦新 に面会を断られて会えない話をします。 燿子は、夏井真琴 石原さとみ に一番会いたい相手は彼女だったことをちゃんと伝えたのかと聞きますが、日向は彼女ががそばにいたのは自分に同情したからだと言って、燿子をあきれさせます。 その頃真琴は研究所におり、勤務地がブラジルになったことを聞いていました。 NEXT INNOVATIONに社長として復帰した日向は、記者会見を開きます。 そのことが掲載された夕刊を見た朝比奈は、まさかの出来事に驚きショックを受けます。 真琴もまた、記者会見を見て思わず会社に着てしまい、日向とばったり会ってしまいます。 ブラジル行きが決まったことを日向に話すと… リッチマン、プアウーマン11話のネタバレ感想 今回はとうとう最終回。 今にも倒産しそうなNEXT INNOVATIONを日向が復活させる内容と、別々の道を歩むことになる日向徹 小栗旬 と夏井真琴 石原さとみ のこじれた恋がどうなるのか?という内容がひとつにまとめられている感じです。 まず、日向は、NEXT INNOVATIONに戻ってきました。 しかし、社内はかつての面影もなく、さすがの日向も厳しい顔を隠せません。 そして日向は記者会見を行いましたが、日向に避難が集中し倒産は必至であると誰もが思うほどでした。 朝比奈は、拘置所の刑務官 ベンガル が夕刊を差し入れて声をかけてくれたため、日向が復帰したことを知り、困惑します。 そのまま新しい会社Wonder Wallで社長をやっていれば順調なはずなのに 、なぜわざわざ今にも倒産しそうなNEXT INNOVATIONに戻るのか?って思ったんでしょうね。 会社をそんな風にしたのも、彼を追い込んで追い出したのも自分ですから。 その言葉から、やっと朝比奈は日向と会うことにしたのでした。 日向と朝比奈が再会したことで、朝比奈の本当の気持ちもわかりましたし、日向の強い思いもわかりました。 朝比奈が日向に言ったセリフはかっこよかった! それに、今までの胡散臭さがなくて、彼自身がスッキリしているって感じがすごくしました。 高いスーツを着ているよりもずっと男前とか思いましたね。 井浦新さんの演技力すごい!! 朝比奈が言っていたように、彼は日向に失望したと言われた時にショックを受けて、まるでスイッチが入ったかのように裏切るために動き出してしまったわけです。 そして、行動に出てしまったのはその言葉だけではなくて、積み重なった嫉妬もあったからだと思います。 妹の燿子から2番手と言われたり、坂口 中野裕太 からも見透かされたようなことを言われていましたから、確かに日向に対しての嫉妬もありましたよね。 だけど今回の彼のセリフで、夏井真琴 石原さとみ に嫉妬していたということもわかりました。 彼女が現れてから、日向が自分の言った通りに動かなくなったから… 自分が社長になってなかなか思ったとおりにならなかった時に、真琴となるべく長くいたいという行動をした朝比奈は、本当に真琴のことが好きだったんだな~と思ったんですけど… だからこそ、日向が思い通りに動かないということだけではなく、彼女が日向のことばかりを見ていたというのも気に入らなかったのかな~なんて感じました。 だけど、さすが朝比奈兄妹。 ふたりともそれぞれにフラレてしまいながらも、日向にアドバイスをしながら、ふたりの恋を応援するようになります。 どうなっちゃうのかとハラハラしましたが、日向は朝比奈の帰れる場所を守るためにNEXT INNOVATIONを立て直し、最後は日向と朝比奈の最強コンビが復活することになります。 Wall 後期。 お互いに相手のことを好きだと自覚しているというのに、うまく伝えることができないために、空回り。 せっかく話をしても、口喧嘩になったり、会えなかったり… 朝比奈と燿子がアドバイスしても、日向はうまくそのとおりに話すことができないため、すれ違いばかりになってしまいます。 最後は、安岡倫哉 浅利陽介 がすごくいい仕事しましたね~~。 日向と真琴を会わせるお膳立てをするんだけど、それでも会えなかったことから、Wonder Wall社長命令だと言って、社員全員で真琴の居場所を調べさせます。 そして、 のホッとするキャラNo. 1という声も少なくないこの方。 別れなんだけど、新な始まりでもありましたね。 キスをすると言って、なかなかできないとは… 日向は本当に恋がらみだと純情ですね~ 笑 最後は、1年9ヶ月後のシーンで終了です。 朝比奈も真琴も帰ってきます。 日向は、それぞれ大切な人との再会ってことになりますが、どちらもいいシーンでしたね。 朝比奈は恐縮しているけれど、昔と変わらぬ関係に戻ったって感じで良かったです。 それに対して真琴とは、年月を感じました。 ラブラブだから! とても心が温かくなる空気感で終了です。 、今日の撮影分の台本の表紙。 JIテックに強気で交渉して、それを面白いと言ってくれたのが社長 石坂浩二 で、チャンスをくれましたね。 そのチャンスを見事に成功させた日向に対しての社長の言葉もすごく良かったです。 これまでは、大手企業には偉そうなバカばかりって感じでしたけど、さすが社長ともなると違うものだと思わせてくれました。 石坂浩二さんの存在感も見事なものでした。 すべてがうまくまとまった感じでしたが、違和感もありません。 面白いので、ぜひ観てくださいね。

次の

リッチマンプアウーマンの動画!最終回は無料で見れない?

リッチマン プア ウーマン 最終 回

小栗旬が石原さとみとキスをするフジテレビのIT企業ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の最終回(第11話)「最終回・君のもとへ…二人の未来」のあらすじとネタバレの結末ネタバレ編です。 このページは「」からの続きです。 本当にむかつく。 もっと好きなった」と答えた。 他方、夏井真琴(石原さとみ)は引っ越し作業していた。 小野遥香(野村麻純)が「1ヶ月経ったら、帰ってくるんでしょ?なんでアパートを引き払うの?」と尋ねると、夏井真琴(石原さとみ)は「卒業までは寮に入る」と答えた。 小野遥香(野村麻純)が「日向さんとは?会えば良いじゃん」と呆れるが、夏井真琴(石原さとみ)は「会ったら、行けなくなる。 『ブラジルなんて行きたくない』って言っちゃうもん」と答えた。 ある日、パーソナルファイルの運用実験に成功した日向徹(小栗旬)はJIテックとパーソナルファイル開発の契約を結び、JIテックから開発費50億円を調達した。 日向徹(小栗旬)は朝比奈恒介(井浦新)に面会し、JIテックとの契約を報告すると、朝比奈恒介(井浦新)は「やったな」と喜んでくれた。 朝比奈恒介(井浦新)が「普通になったな」と驚くと、日向徹(小栗旬)は「今の僕も気に入っている。 アイツが変えてくれたから」と答えた。 その日、ネクストイノベーションで祝賀会が開かれる。 ケータリングを担当した朝比奈耀子(相武紗季)は、レストランのナンバー2に引き、乃木勇太(丸山智己)がトップになっていた。 朝比奈耀子(相武紗季)は「良いナンバー2が居る店は繁盛するのよ」と笑っている。 祝賀会が進み、やがて、社長の挨拶が始まると、日向徹(小栗旬)は社員1人1人の名前をフルネームで言い出した。 安岡倫哉(浅利陽介)はあわてて、「全員で37人ですよ。 止めましょう」と止めたが、日向徹(小栗旬)は「君は安岡倫哉25歳。 明日で26歳だ」と言い、再び社員の名前を言い出した。 全員の名前を言い終えると、日向徹(小栗旬)は「どうだ、完璧だろ」と叫ぶ。 日向徹(小栗旬)は、「完璧です」と喜ぶ夏井真琴(石原さとみ)を思い出し、酔いつぶれて倒れてしまった。 その後、日向徹(小栗旬)が目覚めると、安岡倫哉(浅利陽介)が携帯電話で話していた。 安岡倫哉(浅利陽介)は電話で「夏井さん(石原さとみ)、僕たちは今、ネクストイノベーションに居るんです。 夏井さんはワンダー・ウォールに居るんですか?写真立て?こっちには無いから、そっちの荷物を探してみて。 見つかるまで。 何だったら朝まで」と話しながら、写真立てを日向徹(小栗旬)に渡した。 日向徹(小栗旬)は写真立てを受け取ると、ネクストイノベーションを飛び出して、ワンダー・ウォールへ駆け付けた。 しかし、夏井真琴(石原さとみ)は写真立てが見つからず、「諦めろってことかな」と言い、既に立ち去った後だった。 日向徹(小栗旬)は夏井真琴(石原さとみ)のアパートへ行くが、既に空き家になっていた。 電話をかけても夏井真琴(石原さとみ)は出ない。 一方、安岡倫哉(浅利陽介)はネクストイノベーションの社員に、SNSなどを検索して夏井真琴(石原さとみ)を探すように指示する。 すると、一緒にブラジルに行く社員の書き込みが見つかり、夏井真琴(石原さとみ)が空港に居ることが判明した。 一方、夏井真琴(石原さとみ)が空港のゲートで並んでいると、携帯電話が鳴った。 夏井真琴(石原さとみ)は携帯電話を手に取り、戸惑っていると、「僕の電話には必ず出るんじゃなかったのか」という声がしたため、夏井真琴(石原さとみ)は「はい」と言って電話に出る。 さらに、「そこを動くな」という声がする。 夏井真琴(石原さとみ)が振り返ると、日向徹(小栗旬)が走ってきた。 夏井真琴(石原さとみ)は逃げ出したが、日向徹(小栗旬)に捕まってしまう。 日向徹(小栗旬)は写真立てを渡し、ネクストイノベーションが倒産の危機を免れたことや、社員全員の名前が言えたことを報告すると、夏井真琴(石原さとみ)は「完璧です」と喜んだ。 日向徹(小栗旬)は「好き過ぎて辛いって、なんだ。 僕にはわからない。 好きなら側に居ろ」と告げると、夏井真琴(石原さとみ)は「人には、あーしろ、こうしろ、って言うくせに、自分の気持ちは全然言わない。 日向さんは馬鹿です」と答えた。 日向徹(小栗旬)は「じゃー、お前のことが好きだ」と告白すると、夏井真琴(石原さとみ)は「じゃー、って何ですか。 気持ちがこもってない」と怒る。 すると、日向徹(小栗旬)は身だしなみを整え、「僕はお前のことが好きだ。 だから、僕の側に居ろ」と告白した。 夏井真琴(石原さとみ)は涙をこらえて、「でも、ブラジルに行かなきゃ」と答えると、日向徹(小栗旬)は「ブラジルにも行け」と告げた。 夏井真琴(石原さとみ)は「知ってますよね。 ブラジルって中級の裏側ですよ。 18590キロ離れてるんですよ」とアタフタする。 日向徹(小栗旬)は夏井真琴(石原さとみ)を引き寄せるとキスをして、「お前は僕の仕事が分かっていない。 18590キロ?関係無い。 まるで僕が隣に居るようにしてやる。 だから、お前は行け」と告げた。 そして、日向徹(小栗旬)は「でも、いくら僕でも、18590キロも離れているとキスは出来ないから、今しておく」と言い、夏井真琴(石原さとみ)に唇を重ねた。 1年9ヶ月後、ネクストイノベーションに朝比奈恒介(井浦新)が復帰した。 朝比奈恒介(井浦新)は社員に頭を下げると、日向徹(小栗旬)がマジックを差し出した。 朝比奈恒介(井浦新)はマジックを受け取ると、あのウォール(壁)に「俺たちならできる」と書いた。 すると、日向徹(小栗旬)が拳を差し出した。 朝比奈恒介(井浦新)も拳を差し出し、2人は拳と拳を合わせた。 ある日、日向徹(小栗旬)は夏井真琴(石原さとみ)とテレビ電話で話していたが、日向徹(小栗旬)は面倒になって回線を切った。 すると、「ちょっと、勝手に切らないでよ」という夏井真琴(石原さとみ)の声がした。 日向徹(小栗旬)は回線が切れていないのかと思い、パソコンを点検していると、後ろに夏井真琴(石原さとみ)が立っていた。 夏井真琴(石原さとみ)は「ただいま」と言って、日向徹(小栗旬)に抱きく。 ある日、日向徹(小栗旬)はネクストイノベーションのみんなが集まった集合写真を写真立てに入れ、「悪くない」と、つぶやいたのであった。 原作や主題歌は『』をご覧ください。

次の