内祝い カタログギフト。 カタログギフトとハイセンスな内祝いはCONCENT コンセント

内祝い・出産内祝いギフト

内祝い カタログギフト

上品な商品が多く、種類も豊富なのでゼクシィ内祝いで注文しました。 ウェブでの注文や検索方法などがわかりやすく、商品の写真もきれいで可愛くてワクワクしました。 三越伊勢丹の包装紙で贈れてたので、目上の方に送る際にとても助かりました。 メッセージカードや包装紙のデザインもかわいくて、自分用にもほしいと思いました。 サイトもスッキリしており、使いやすかったです。 送料無料の商品が多くて助かりました。 産後は家にいるのでカタログを見ながらネットで注文できてよかったです。 カタログを見る• 「ゼクシィBaby出産内祝い」は、出産祝いをいただいたらお返しに送る、出産内祝い専用の本です。 赤ちゃんの誕生と、内祝いをめぐるストーリーをつづった「ギフトがつなぐ、大切な人との絆」の記事は、ともすればつらい作業にもなってしまう内祝いを、きっと少しだけ豊かにしてくれます。 ゼクシィ内祝いの姉妹サイト• ゼクシィ内祝い 内祝い(出産内祝い・結婚内祝い)の総合ギフトサービスです。 出産内祝い(出産祝いのお返し)や結婚内祝い(結婚内祝いのお返し)に、名入れギフトやおしゃれなカタログ式ギフトなど、本当に喜ばれるギフトを選んで贈ることができます。 内祝いギフトを彩るオリジナルのメッセージカード、のし(熨斗)、三越伊勢丹の包装紙など、素敵なサービスを無料でご用意しております。 さらに1お届け先あたり2,500円(税抜)以上なら送料無料でお届けします。 【ゼクシィBaby出産内祝い】 出産内祝いのマナーをおさえたのし(熨斗)や、人気でおしゃれな三越伊勢丹の包装紙・手付袋(紙袋/手さげ/ショッピングバッグ)を利用して贈れるので、ご好評いただいています。 そしてリクルートのベビー・マタニティの情報サイト「ゼクシィBaby」と「三越伊勢丹」のコラボレーションにより、おしゃれなママ目線をしっかりおさえながら失礼のない内祝いギフトを豊富にご用意しています。 また、「出産内祝いを贈って。 両親・親戚・友人・同僚に喜ばれた!」というお客さまのお声もいただき、皆さまのご意見を反映しながら人気の商品をご用意しています。 さらに出産内祝い(出産祝いのお返しに)関するマナーをサイト内に多数掲載しています。 出産内祝いは初めて贈る場合が多いですので、相場(金額)・お返しの時期・お礼状の書き方など、正しいマナーで贈るポイントをおさえておく必要があります。 そして出産報告と赤ちゃんの名前のお披露目をできるメッセージカードも好評です!写真も入れられますので、あなただけのお礼状が無料で簡単に作れます。 【ゼクシィ結婚内祝い】 結婚内祝いは、大切な両親・親戚・同僚・友人などからいただいた結婚祝いへのお返しです。 そんな大切な内祝いをしっかり準備して贈れるのが、結婚するすべての人を応援するゼクシィがプロデュースした「ゼクシィ結婚内祝い」です。 本当に喜ばれる内祝いが見つかる「ゼクシィ結婚内祝い」で素敵な内祝いを贈ってくださいね。 内祝いとは 内祝いとは、両親・友人・職場など大切な方からいただいたお祝い(出産祝い・結婚祝いなど)へのお返しです。 のし(熨斗)のかけ方やお返しの金額(相場)や時期など、おさえておきたいマナーがいくつかあります。 以下にて基本を学んでいきましょう! 内祝いとは、現代では周囲から頂いたお祝いに対する「お返し」という意味合いを持っています。 内祝いは経験する機会が少なくピンとこない人が多いかもしれませんが。 結婚や出産といった節目に大きく関係してくるため、基本マナーをしっかり押さえておくことが大切です。 出産内祝いや結婚内祝いでは、お返しのギフトと併せて感謝の気持ちを綴った「お礼状」を添えるのが一般的です。 迷いやすい便箋や封筒の選び方から、お礼状の書き方や注意点について、例文を交えながらご紹介します。 せっかく内祝いを贈るならメッセージもおしゃれに気持ちを込めて贈りたいです。 贈る相手の立場や好みに合わせてメッセージカードを選ぶことが大切です。 また、赤ちゃんや結婚式の写真を入れた近況報告としてのメッセージカードで感謝の気持ちを伝えることもオススメです。 出産内祝い(出産祝いのお返し)は、赤ちゃんの誕生を祝ってくれた方々に感謝の気持ちを伝えるのはもちろん、赤ちゃんを紹介する大切な機会です。 のし(熨斗)やメッセージ(お礼状)などを添えて、相手に喜ばれる出産内祝いを贈ることがポイントです。 出産内祝いでも「のし(熨斗)」(のし紙)には多くの種類があり、「水引」という飾りひもの色や結び方に種類があります。 それぞれに意味があり、使い方を間違えると失礼なことになってしまう場合があります。 またのしに書く名前の書き方にもマナーがありますので基本を確認しましょう。 出産内祝いの相場(金額)は一般的には頂いたお祝いの2分の1~3分の1が基本となっています。 出産内祝いは両親や兄弟、友達や同僚などへお礼の気持ちを伝える機会。 赤ちゃんをお披露目する大切な行事だからこそ、金額でも守るべきマナーがあります。 詳細な相場(金額)を続きで確認しましょう。 例えば、職場や家族など人数が多い場所へ贈る場合は「お菓子」など、相手に応じてギフトを選ぶことが重要です。 また、赤ちゃんの命名を披露する機会として「名入れギフト」を贈ることも人気!感謝の気持ちを伝える出産内祝いだからこそ、おしゃれで喜ばれるギフトを贈ることが大切です。 結婚内祝い(結婚祝いのお返し)を贈る際は、「のし(熨斗)」、「相場(金額)」、「メッセージ」のマナーを正しくおさえることが大切です。 さらに、親戚や友人、同僚や上司など贈る相手によってマナーが異なりますので、喜んでもらえる結婚祝いのお返しするためにポイントをおさえておきましょう。 のし(熨斗)とは、内祝いの贈り物に添えるのし紙のことを一般的には指します。 (本来はあわびを薄く伸ばして干した縁起物の「熨斗鮑(のしあわび)」を意味していました。 )のしの種類、名前の書き方、のしの掛け方に細かいマナーはあります。 相手に喜んでもらうためにも、正しいマナーを確認しましょう。 いただいたお祝いの「半返し」が一般的な目安となります。 ただし頂いた金額が高額な場合は3分の1でも問題ない場合もあります。 場合によって金額(相場)が異なるため注意が必要です。 お返しのギフトと併せて相場を確認しましょう。 お知らせ•

次の

結婚祝いにカタログギフトを贈るのは失礼?内祝いやお返しプレゼントにも人気のカタログギフト15選!

内祝い カタログギフト

今では、お祝いごとに欠かせないカタログギフトですが、始まりはバブル期最中の1980年代後半頃と言われています。 元々は、肩書きや関係を超えた大勢の人に、同額のお返しするために用いられていたとされます。 当時は選べるギフトの種類も少なく、ジャンルも限られたものしかなかったため、あまり浸透しませんでしたが、徐々に扱う商品数や価格の幅などが広がり、2000年に入った頃には、結婚式の「引出物」の定番となりました。 現在でも「内祝い(お返し)」「引出物」のイメージが強いですが、不要な記念品などをもらうより嬉しいという声が高まり、結婚祝いなどのお祝いとしても人気が出ています。 カタログギフトは、一見悩んで選ぶ気持ちが足りないギフトのように感じる人もいるかもしれませんが、「より無駄がなく、確実に贈る相手に喜んでほしいという気持ちがこもったプレゼント」ということになります。 結婚祝いのカタログギフトのプレゼントで多い失敗談は、「カタログに好みに合うものがなかった」「味気ない気がした」という例です。 これらを解消するために必要なことは、ただカタログギフトを予算やコース、商品数などから決めるのではなく、良さそうだなと思ったカタログギフトの中身を実際にチェックすることです。 インターネットで注文するカタログギフトでも、ほぼ全てが紹介している商品をチェックすることができます。 新婚生活に必要で、二人が欲しいと思うような商品が掲載されているか、二人の趣味に合う商品があるのかをきちんとチェックすることが、失敗しない最大のポイントです。 また、二人におすすめの商品もメッセージなどで添えてあげると良いでしょう。 このように少しの手間をかけることで、カタログギフトの難点である「味気なさ」を解消することができます。 また、結婚祝いにカタログギフトは失礼だと感じる人もいるので、目上の方へのプレゼントの場合は特に注意が必要です。 二人の考えを見極めて、問題ないと自信をもって贈れる場合のみ選ぶようにしましょう。 結婚祝いで贈る場合は、「特別感」があるものをプレゼントすると喜ばれる傾向があるので、ただ商品が並んでいるカタログギフトよりも、「体験型」や「ブランド」など、何かに特化したものがおすすめです。

次の

阪急ギフトモール|阪急百貨店公式通販 HANKYU GIFT MALL

内祝い カタログギフト

ご親族には 身近な親戚への内祝いは、家族構成、ライススタイルなどを考慮した上で選びましょう。 若い親戚には、高級タオル・スイーツ等、自分では買わないけれど、もらったら嬉しいものがおすすめです。 年配の親戚にはいくらあっても困らない調味料・ドリンク等の消耗品のギフトセットが良いでしょう。 ご友人には 親しい友だちには、好みに合わせたものを贈りましょう。 気軽に贈るなら、家族と楽しく食べてもらえそうな人気のスイーツがおすすめです。 また、プレゼント選びに心配を感じるなら、カタログギフトはいかがでしょうか?好きな商品を選べて、贈られる方からみても便利なものです。 上司や目上の方には 上司、恩師等の目上の方への内祝いは、年齢、趣味や嗜好まで考慮しましょう。 事前にリサーチしてから選ぶのがベスト!もし、どんな品物を贈ればいいか悩むなら、老舗のグルメや、伝統焼き物の和食器、ブランドの洋食器等上質なアイテムがおすすめです。 同僚には 職場の同僚から連名でお祝いをいただくことも多いはず。 グループでお祝いをいただいた場合、お返しに個包装のスイーツセットやドリンクは職場でも分けやすくて便利なため喜ばれます。 また、個別にお返しする場合、プチギフトなら気軽に多人数分を用意でき、おすすめです。

次の