ヤフー ログイン sms。 yahoo 確認コード 解除

Yahooのショートメール(SMS)認証が勝手に設定されて面倒!確認コード?戻す方法、解除方法、原因、設定まとめ。

ヤフー ログイン sms

Yahoo! JAPANは、あなたのYahoo! JAPAN IDが第三者に乗っ取られている兆候を発見しました。 これを受け、乗っ取り犯による不正ログインを防ぐため、今までのパスワードを使ったログインができないよう処置し、お客様に新しいパスワードを設定していただきました。 あなたのIDが一時的に乗っ取られている間に、あなたのアカウントが悪用されていないかメール送信や決済、有料サービスの利用などをご確認ください。 <再び乗っ取られないための2つのポイント> ・パスワードはがらりと変える 一度でもパスワードが他人に知られてしまった場合には、もともと使っていたパスワードからがらりと変えることが重要です。 たとえば、もともとのパスワードが「SzkTaro001」だった場合、新しいパスワードは「OkomeGA0141! (お米がおいしい!)」にするくらい、がらりと変えましょう。 「SzkTaro001」を「SzkTaro002」のように変更しても、乗っ取り犯に見破られてしまいます。 ・パスワードは使いまわさない パスワードは使いまわさないようにしましょう。 乗っ取り犯に知られてしまったパスワードと同じものを、別のウェブサービスでも使っている場合には、別のウェブサービス側のパスワードも変えましょう。 どなたでもできるパスワードの設定テクニックを(3)で具体的にご説明していますのでぜひ実践してみてください。 乗っ取り犯があなたのYahoo! JAPAN IDを使って行うことには大きく2パターンあります。 パターン1:あなたのYahoo! JAPAN IDを隠れみのとし、他者に対して詐欺や不正メールのばらまきを行う パターン2:あなたの持っているお金、ポイント(Tポイントに限りません)、金銭につながる情報を盗む こういったことをされていないか、次の手順で確認していきましょう。 ---------------------------------------- 所要時間:約5分 1.登録情報を書き換えられていないか確認する 「」の画面で、次の2点が正しいか確認しましょう。 乗っ取り犯は、犯罪に悪用するためにこれらを書き換えてしまうことがあります。 ・メインメールアドレス ・連絡用メールアドレス 2.Yahoo! ウォレット登録情報を書き換えられていないか確認する Yahoo! ウォレットの「」に表示されている すべての項目について、書き換えられていないか確認しましょう。 乗っ取り犯はこれらの情報を他人の情報に書き換えたり、盗用カードを登録してしまう場合があります。 3.に身に覚えのない送信履歴がないか確認する Yahoo! メールで送信済みメールフォルダーを開き、身に覚えのないメールが送られていないか確認しましょう。 乗っ取り犯は、乗っ取ったメールアドレスを使って大量のあて先に迷惑メールを送信することがあります。 4.ポイント(Tポイントに限らず)をためていた方は、ポイントの急減がないか確認する Tポイントは「」から「ポイントご利用履歴」を確認しましょう。 Yahoo! メールのアドレスをTポイント以外のポイントサービスに登録している場合には、そのポイントサービスでも急減がないか確認しましょう。 ---------------------------------------- Yahoo! JAPAN IDとパスワードの管理についてはお客様ご自身にお願いしております。 以下にご紹介する無料セキュリティツールやパスワードの設定テクニックを、お客様のセキュリティ強化にぜひお役立てください。 <Yahoo! JAPANがご提供する無料のセキュリティツール・設定> パスワードを無効にすると、第三者が他のサイトなどから不正に入手したIDとパスワードで、アクセスされなくなります。 パスワードの代わりに、SMSに送信される確認コードでログインできます。 パスワードの他に別の認証機能をプラスしてログインを強固にします。 IDを変えず、ログインだけに使う文字列を設定できます。 不審なログインを通知し、IDの悪用をすばやく防ぎます。 <パスワードの設定テクニック> 複数のサービスで使いまわさない、英数字・記号を含んだ他人が推測できない文字列を使う、というのがパスワードの原則です。 しかし、まじめにこれをやろうとすると今度はパスワードを覚えられなくなってしまいます。 そこで次にパスワードの設定テクニックをご説明します。 ・パスワードを覚えない Yahoo! JAPANでは、パスワードなしでも乗っ取り攻撃を強力に防ぐ「」をお使いいただけます。 パスワードを使わない代わりに、SMSに送られる確認コードでログインします。 設定方法 1. 「」ページを表示します。 携帯電話番号を入力して[次へ]ボタンを押すと「確認コード」が送信されます。 「確認コード」欄に確認コードを半角数字で入力し、[設定する]ボタンを押します。 ページにアクセスします。 (パソコンをお使いの場合のみ)表示されるバーコードをスマートフォンで読み取ります。 「パスワードを無効にする」をオンに切り替えれば、設定完了です。 Yahoo! JAPAN以外の、年に数回しか使わないウェブサービスなどでは、使うときに毎回「パスワードを忘れた」や「パスワードをリセットする」を選んでその都度パスワードを設定し直すのもひとつのテクニックです。 覚えなくていいのでとびきり複雑なパスワードをつけてしまいましょう。 ・サービスの性質に応じたパスワード設定をする 「利用頻度」や「登録している情報の大切さ」などに応じてパスワードの設定を分けておくと、より安心です。 例えば、次のようにパスワードの設定を分けてみてはいかがでしょうか。 よく使う、クレジットカード情報や個人情報を登録しているサービス:xx銀行、Yahoo! JAPAN、Google、LINE など ・、または(二要素認証とも呼ぶ)など特別なセキュリティ設定を追加する。 ・パスワードは使いまわさず、自分にしかわからないようにメモする。 よく使うが、クレジットカード情報や個人情報は登録していないサービス:xx予約サイト など ・パスワードは使いまわさず、自分にしかわからないようにメモする。 年に数回だけ使う、クレジットカード情報や個人情報は登録していないサービス:年1回のxxイベントサイト など ・IDやアカウントだけメモしておき、パスワードは覚えない。 毎回パスワードを設定し直す(パスワードをリセットする)。

次の

Yahooログイン時のSMS認証(確認コード送信)解除

ヤフー ログイン sms

ヤフー(Yahoo! JAPAN)の本人認証の一つに、携帯電話へSMS(ショートメール)で確認コードを送り、その数字4桁を入力することで本人確認する 「SMS認証」というログイン方法があります。 - Yahoo! JAPAN IDに関するヘルプ 分かりやすいところでは、Yahoo! ショッピングの支払手続きや注文履歴で注文履歴詳細を見ようとするときにSMS認証が求められますね。 - Yahoo! ショッピング パスワードよりもセキュアなSMS認証ですが、厄介なことに 一定の条件でロックがかかってしまうことがあります。 下記のようなメッセージが表示されて、SMSが送られてこない状況です。 急いでいるときは一刻も早くログインできるようにしたいところですが、残念ながら 「すぐに何かできることはない」というのが結論です。 待つしかありません。 ロックの解除は最後の送信から30分待つだけ 通常であれば、ログイン画面に遷移したと同時に、登録している携帯電話番号に ショートメール(SMS)で確認コードが送信されます。 上記の画面が出た瞬間にSMS認証のショートメールが送られているので、あとは送られてきた 確認コード(数字4桁)を 送信から30秒以内に入力することでログインできます。 しかし、ログインの成功・失敗に関わらず、 短期間に4回以上のSMS送信を行うと、下記のように「時間をおいてから再度お試しください。 」と表示されてSMSが送られなくなります。 ログインがロックされた状態ですね。 こうなってしまった場合、 「最後の送信から30分経過まで待つ」しかありません。 30分後に再度ログインしようとすると、再びSMSが送信されるようになります。 ちなみに、この30分の間にロックされたログイン画面を表示したとしても、 ロックまでの時間がリセットされることはありません(あくまでも最後の送信から30分後で解除)。 ロックが解除されたか気になって繰り返しログイン画面にアクセスしても、それは問題にならない仕様のようです。 認証の成功・失敗に関係なくロックされます 繰り返しになりますが、ヤフーのSMS認証はいわゆる二経路認証のためセキュリティ強化には役立ちますが、 短期間に何度もSMS認証を行うと一定時間のロックがかかる仕組みになっています。 今のところ、一定時間に3回連続でSMSを送信すると、認証の成否に関わらず4回目からロックがかかるようです。 そのため、Yahoo! ショッピングなどで短時間に何回も連続して支払いを行なおうとすると、SMS認証に毎回成功していたとしてもロックがかかることになります(連続して成功してもロックがかかります)。 要するに、普通に考えられる 通常利用の範囲でもロックされてしまう懸念があるということで、この点はヤフー側で改善されるのを待つしかありません。 SMS認証を外す選択肢もあります SMS認証を一度クリアしたときは一定時間認証を行わないなど、現在のヤフーの認証方式が改善しない場合、使い方によってはSMS認証のロックを繰り返す人がいるでしょう。 その場合、下記のページから 一時的にでもSMS認証の機能をオフにする(パスワード認証にする)のも選択肢です(ロックがかかってからでは遅いです)。 - Yahoo! JAPAN 上記の画面にいくにもSMS認証が必要なので、ロックがかかっている状態では設定内容を変更することはできません。 また、SMS認証もとい二経路認証は効果的なセキュリティ強化なので、Yahoo! JAPAN IDのセキュリティを弱めてしまうことを理解しておきましょう。 セキュリティ(個人情報?)系の小ネタは他にも書いているので、もし興味があればこちらの記事も読んでみてください。

次の

Yahooのショートメール(SMS)認証が勝手に設定されて面倒!確認コード?戻す方法、解除方法、原因、設定まとめ。

ヤフー ログイン sms

ヤフーは4月20日、Yahoo! JAPANが提供する各サービスでパスワードを使わないログイン方法の導入を開始した。 この第1弾として、iOS版「Yahoo! パートナー」アプリにおいて、スマートフォンなどのSMS(ショートメッセージサービス)を使って本人確認する方法を採用した。 今後は生体認証によるログインなども検討していくという。 国内最大のポータルサイトを運営するヤフーがしたこの決断は、少なからず他社の動きにも影響をおよぼすだろう。 プロジェクト担当者であるヤフー IDサービス統括本部IDソリューション本部の森健氏、渡邉康平氏、酒井公希氏の3人にその真意を聞いた。 ヤフー IDサービス統括本部IDソリューション本部 本部長の森健氏(右)、同開発部開発3 リーダーの渡邉康平氏(中央)、同企画部企画2の酒井公希氏(左) 「パスワードは忘れてしまう」問題を解決 「Yahoo! メール」や「Yahoo! ショッピング」「ヤフオク! 」などのサービスを利用するには、Yahoo! JAPAN IDとパスワードによるログインが必要になる。 これはユーザーとアカウント情報を紐づけて各サービスを最適化し、より便利に利用してもらうためのものだが、ヤフーによれば、ユーザーのパスワード忘れによって、なんと1日に約1万5000件ものパスワード再設定が行われているという。 また、他サイトなどから入手したIDとパスワードを組み合わせた、第三者による不正ログインのリスクもあることから、数年前からパスワード以外のログイン方法を模索していたという。 Yahoo! JAPANの各サービスを利用するにはIDとパスワードが必要になる そこで新たに導入したのが、スマートフォンなどのSMSを使った本人確認。 この方法では、従来と異なりそもそもパスワードを発行せず、携帯電話番号とつど送信される6桁の確認コードを入力することでログインする。 また、Yahoo! JAPAN IDを新規作成する際は、携帯電話番号を入力後、SMSで送信される確認コードを入力し、メールアドレスなどを登録するだけで作成できるという。 酒井氏は、GoogleやFacebookなど他社のログイン方法も参考にした上で、最終的にSMSを選んだと話す。 「いまは(ID・パスワードと組み合わせた)2段階認証でSMSを使うのが主流だが、それで安全になったとしても、結局使ってもらえなかったら意味がない。 使いやすいギリギリのラインを検討した結果、今回の方法に振り切った」(酒井氏)。 また、セキュリティの側面について渡邉氏は、「その人自身の端末を使用する所有認証にすることで本人確認の精度を上げられるほか、パスワードが漏れるといったリスクもない」と説明する。 中古のスマートフォンなどを利用する際には、SMS認証のタイミングで契約者が変わったかどうかの確認をシステム上でしているため誤認証の心配もないとした。 「記憶に頼ると覚えていられるパスワードは1~2種類。 そのため使い回している人も多く、第三者が知り得る情報のためリスクがある。 対応サービスの第1弾として、iOS版「Yahoo! パートナー」アプリでこのログイン方法を利用した新規Yahoo! JAPAN IDの登録を可能にした。 6月までに「Yahoo! 乗換案内」アプリ、「Yahoo! 天気」アプリでも導入する予定で、2017年内に「ヤフオク! 」アプリや「Yahoo! ショッピング」アプリなどの主要iOSアプリにも順次導入する。 また、Android版アプリや、PC版などにも対応する予定だという。 「Yahoo! パートナー」 ところで今回のログイン方法は、スマートフォンユーザーを前提としたものだが、ヤフーにはPCユーザーも多い。 この点については、「これを機にパスワード利用者を減らしていきたいが、当面は選択肢の一つとしてIDとパスワードによるログイン方法も残す」(酒井氏)という。 IoT時代を見据えた「生体認証」 今回のSMSによるログインは、パスワード忘れや不正アクセスの防止を目的とした施策だが、本当の狙いは別のところにある。 キーワードは「IoT」だと森氏は話す。 「PCやスマホからIoTの時代に移っても、ものに対していちいちIDとパスワードを入れるのか。 家に帰ったり、車に乗ったりした瞬間に、自分仕様にカスタマイズされているほうが、お客様に必ずいい体験を提供できる」(森氏)。 そこで次に活用しようとしているが「生体認証」だ。 指紋や虹彩、声紋など、複数の認証キーを使って、IDやパスワードを入力することなくログインできる仕組みを作ろうとしているという。 「まずはスマホのタッチIDで認証した結果を公開鍵暗号方式で暗号化して、生体認証プラス所有認証でログインさせる仕組みの導入を検討している」(酒井氏)。 ただし、実装時期については生体認証端末の普及状況によって変わるとした。 「10年もしないうちに、1人でIoTデバイスを5~6個持つようになる。 その時代がくる前に、1人でも多くのお客様のデータを預かり、守り、新しい時代がきた時にすぐにお客様にお渡しできる準備を今のうちからしておく必要がある」(森氏)。 今回のパスワードログインとの決別は、来たるべきIoT時代に先手を取るための大きな一歩と言えそうだ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の