バムとケロ。 バムとケロのおすすめグッズ10選♪バムケロの世界観をプレゼントしよう!

『バムとケロ』絵本シリーズ|おすすめをプロが解説&厳選!『バムとケロのにちようび』や絵本セットなど!

バムとケロ

子どもから大人まで多くのファンが待ち焦がれていた12年ぶりの新作がついに出版されることになりました!『バムとケロのもりのこや』…いったいどんな内容なのでしょう。 著者の島田ゆかさんはカナダにお住まいですが、先日帰国された際、絵本ナビの読者のためにお時間をとってくださいました。 島田ゆか さん「こや」が先じゃなくて、「ソレちゃん」という新しいキャラクターが先だったんです。 最初は大工さんという設定だったので、大工仕事をさせられるものは…と考えた時に「小屋の修理」というのがいいかなと。 私も詳しくは調べていないんですが、アリクイの仲間のようです。 分厚い大図典に小さく「ハイチソレノドン」の写真が載っていて、なんだか邪悪な顔をしていたんですけど、それが妙に可愛くて忘れられなかったんですね。 本当はソレちゃんの目は逆三角形の邪悪な目にしたかったんですけど…。 描いているうちに可愛らしい目になっちゃいました。 島田 ゆか(しまだ ゆか、1963年 — )は、日本の絵本作家。 カナダのオンタリオ州在住。 東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業後、パッケージデザインなどを経て、現在フリー。 >主な作品[編集] 文溪堂『バムケロ』シリーズ 『バムとケロのにちようび』 『バムとケロのそらのたび』 『バムとケロのさむいあさ』 『バムとケロのおかいもの』 『バムとケロのもりのこや』 『バムとケロのえはがき そらのたび』 『バムとケロのえはがき おかいもの』.

次の

「バムとケロのおかいもの」のあらすじと他シリーズとのつながりとは?

バムとケロ

窓の外を眺めながら、つまんなそうな顔をしているのはバム。 気が付けば、部屋の中も散らかり放題。 ……ケロちゃんのしわざです。 まずは、部屋をかたづけなくちゃね。 てきぱきとおもちゃを整理して、掃除機をかけ、床をふき、あっという間にきれいな部屋になった頃、やってきたのは全身泥だらけのケロちゃん!? 島田ゆかさんの傑作シリーズ「バムとケロ」の始まりの舞台は「部屋の中」。 しっかり者のバムと、天真爛漫なケロちゃんがこの世界の主人公です。 何をやっても安心して見ていられるバムと、何をやっていてもハラハラさせてくれるケロちゃん。 この二人の可愛いやりとりが、シリーズの人気の秘密です。 ですが。 魅力は、もちろんそれだけではありません。 その舞台となる「お部屋」がとにかく素敵なのです。 隅から隅まで丁寧に描かれ、一つ一つの家具や小物に愛情が注がれており、おまけにとっても独創的。 お料理をすれば、はちゃめちゃなのにとっても美味しそうに出来上がっちゃうし、普段覗くことのない屋根裏はちょっぴり怖くてハラハラしちゃう。 そして既に「バムとケロ」シリーズの虜になってしまっている方はご存じの通り、第一作目から小さな「あの子」たちが、ここかしこに登場しているんです。 ぜひシリーズで続けて読みながら探してみてくださいね。 さて、静かに読書を楽しむために、部屋とケロちゃんをきれいにして、おやつを用意し、分厚い本まで取り出したバムとケロ。 無事にその時間を迎えられたのか…な……。 (磯崎園子 絵本ナビ編集長) 雨の日曜日。 サッカーもすなあそびもできない。 そんな日には,ちらかったへやをかたづけて,おかしを用意して,それから本を読もうと……。 バムのお家には、ふしぎな、へんな形をしたものがいっぱいありました。 わたしは、ヤメピのぬいぐるみを買ったので、どこかにいないかな?と思って、ヤメピさがしをしました。 バムのお家の中のすみっこにも登場していたから、うれしかったです。 バムがせっかくピカピカにそうじしたのに、ケロちゃんがどろんこモンスターみたいに帰ってきたところがおもしろかったです。 バムたちが本を取りに行ったとき、ふつうだったら、ガが本にぎっしりとまっていれば、わかると思うのに、バムたちはほこりだと思ったのが、おかしいなと思いました。 そのへやには、くもとか、いも虫とか、ガとか、ねずみとかがいて、ちょっとぶきみだなと思いました。 (天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 ).

次の

「バムとケロのそらのたび」のあらすじと超細かい背景ネタとは?

バムとケロ

「バムとケロシリーズに出てくるキャラクターの名前が気になる!」 バムケロ絵本の魅力の1つといえば、たくさんのキャラクターがシリーズを越えて登場すること。 バムとケロに ガラゴ、 ぶーちゃんの他、主役以外にも、気になるキャラクターがいっぱいいます。 私も、5歳の息子に何度も読み聞かせをしているうちに、バムとケロの世界にハマった1人。 そこで今回は、バムとケロに出てくるキャラクター達を、 画像つきで一覧にまとめてみました! 絵本の中ではっきり名前が出てこないキャラも、よく読むとヒントがいっぱい。 読むたびに新たな発見があるんです。 それでは、バムとケロに登場するキャラクターの名前やその由来について、 超詳しく見ていきましょう。 ガラゴのモデルになったのは、なんと実在する動物!その名も、 ショウガラゴです。 ショウガラゴ ガラゴ科に属するサルの仲間。 別名ブッシュベイビーとも。 大きな目と耳、がっしりとした足が特徴。 夜行性で、ジャンプが得意。 アフリカのサバンナ林に分布する。 島田さんのインタビューによると、ガラゴは、 「ショウガラゴにメガネザルの要素を少し追加した」のだそうですよ。 ぐりぐりっとした目や大きな耳、長いしっぽが ガラゴにそっくりですよね。 続きましては、ガラゴのお友だちをチェックしていきましょうー。 ガラゴのお友だちキャラクターの名前は? ガラゴのお友達は「 うちにかえったガラゴ」の中でたくさん登場します。 では、ガラゴのおうちに訪ねてくる順番に、キャラクターをご紹介しますね。 まずはハムスターのとらちゃんです。 ぶーちゃんシリーズのサブキャラクター しなもちゃん ぶーちゃん達の家で、自由に暮らす 茶色いうさぎ。 ぶーちゃんたちとお昼寝したり、お絵かきしたり、動向が気になる存在。 とかげ 洋ナシの家に住んでいる とかげ。 最後のページでは、洋ナシから出てきて窓の外を覗いています。 こうもり ぶーちゃん達の部屋に住んでいる コウモリ。 ページごとに ビミョーに位置が変わっています。 次のページにはどこにいるかな?なんて探すのが楽しみに。 島田さんが飼っていたハムスターの1匹がモデルになっています。 ページ中に、 かわいらしい後姿で登場することが多し。

次の