ワインに合う料理。 ワインに合う料理15選。組み合わせるポイントが分かれば簡単!

白ワインの料理特集!ワインに合う絶品料理&料理用のワインまでご紹介

ワインに合う料理

【材料】• ユズ:1個• クリームチーズ(室温に戻しておく):40g• スモークサーモン:30g• クルミ(乾煎りしておく):20g• ユズ絞り汁:小さじ1. 5 【作り方】• スモークサーモンは細切りにします。 ユズは器とし使えるようカットします。 蓋部分の内側の白い皮を取り除き、細切りにしておきます。 ユズの本体側は、中身をスプーンでくりぬきます。 くりぬいた果実を絞り、絞り汁をとっておきます。 クルミは細かく切ります。 ボウルにクリームチーズを入れ、ユズの絞り汁を加えて滑らかになるよう混ぜ合わせます。 2の細切りにしたユズ、スモークサーモン、クルミを5とよく混ぜ合わせます。 3で作ったユズの器に6を詰めて、細切りのユズを飾ったら出来上がりです。 【材料】• 米:2合• 水:340ml• A酢:40ml• A砂糖:大さじ1. A塩:小さじ1• 鯖(切り身):半身• 砂糖:大さじ1• 塩:大さじ1• レモン汁:1個分 【作り方】• 鯖の両面を覆うように砂糖をふり、ラップをして冷蔵庫で1時間おきます。 米をとぎ水を加え浸水させてから、炊飯します。 Aの調味料を混ぜ合わせて、すし酢を作っておきます。 1を冷蔵庫からだし流水で表面の砂糖を洗い流し、キッチンペーパーで水分をふき取ります。 4の両面に塩をふり、冷蔵庫に30分おきます。 炊き上がったご飯をバットに広げて、すし酢を振りかけて切るように混ぜ冷まします。 5の表面を洗い流し、水分をふき取ります。 8の鯖にレモン汁を振りかけ、冷蔵庫に15分おきます。 鯖を取り出し、切り身の中央にある小骨を取り除き薄皮をはがします。 まきすの上にラップを敷き、鯖の切り身をおき、その上に冷めた酢飯をおきます。 棒状に巻き、ラップごと2~3cm幅に切り、ラップを外してさらに並べて出来上がりです。 【材料】• 餃子の皮(大判):6枚• カリフラワー:40g• 厚切りベーコン:50g• カレー粉:小さじ1• 塩こしょう• オリーブオイル:小さじ1• A牛乳:50ml• A卵:1個• A塩コショウ• Aミックスチーズ:15g• パセリ 【作り方】• カリフラワー、パプリカ、ベーコンは1cm角に切ります。 フライパンにオリーブオイルを熱し1を炒めます。 カレー粉、塩こしょうで味をつけたら、取り出して粗熱をとります。 ボウルにAの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。 シリコンカップに餃子の皮を1枚ずつ式、3をいれて上から4を注ぎ入れます。 オーブントースターで10分焼き、パセリを散らして出来上がりです。 【材料】• パイシート:2枚• 牛もも肉:500g• オリーブオイル• 塩こしょう• A卵黄:1個分• A牛乳:20ml• B赤ワイン:100ml• Bバルサミコ酢:大さじ1• Bバター:20g• B薄力粉:少々• B玉ねぎ(みじん切り):50g• ジャガイモ:2個• Cマヨネーズ:小さじ2• C牛乳:20ml• C酢、塩こしょう 【作り方】• パイシートを網目状になるように、切込みをいれておきます。 牛肉に塩こしょうをしてフライパンで表面に焼き色をつけて、取り出します。 肉の焼き汁が残っているフライパンにBの材料を入れて加熱し、ソースを作ります。 じゃがいもを茹でてつぶし、Cを合わせてマッシュポテトを作ります。 パイシートを広げた上に牛肉をのせ、マッシュポテトで覆いパイシートで包みます。 Aを合わせた卵液をパイ生地の上から全体に塗って、220度のオーブンで焼きます。 大皿に移し、3のソースをかけて出来上がりです。

次の

【完全版】ワインと料理のマリアージュ表、相性の基本まとめ

ワインに合う料理

少しずつ暖かくなり、春の気配を感じるようになってきましたが、この時期みなさんはどんなワインを飲まれていますか? 桜が咲くまでもう少し。 こんな季節には春らしさを感じられる華やかなロゼワインがおすすめです。 淡いピンク色からしっかりとした濃いピンク色まで様々な色合いがあり、目にも楽しいロゼワイン。 春を待ちわびながら、お花見をしながら、そして南フランスのように暑い夏にはよく冷やしてと、これからの時期大活躍するのがロゼワインです。 「ロゼワインって甘いんでしょう?」とも言われることがあるロゼワインですが、辛口のロゼワインも種類が豊富です。 今回は、ロゼワインを知るために、フランス3大ロゼワインやメジャーなロゼワインについてと、色々な特徴を持つロゼワインに合うおすすめのお料理をご紹介します。 ロワール地方のアンジュという町で作られています。 グロローというブドウが主体で、ほんのり甘口です。 アンジュではロゼ・ダンジュのほかにもカベルネ・ダンジュというロゼワインが作られており、こちらはカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で作られています。 色はきれいなサーモンピンクで、まさに春らしい雰囲気があります。 アンジュのロゼワインはほんのり甘いので、辛口のワインが苦手な方にもおすすめできるワインです。 2つめはコート・デュ・ローヌ地方のタヴェルです。 ローヌ地方のタヴェルという町で作られています。 グルナッシュを主体とするロゼワインで、濃い赤みがかったピンク色が特徴です。 グルナッシュを使用しているので果実味も非常に豊かで、たっぷりとした飲みごたえがあります。 3つめはプロヴァンス・ロゼです。 プロヴァンス地方で作られているロゼワイン全般を指します。 タヴェルのロゼもそうですが、南フランスといえばロゼワインというほどロゼワインはメジャーで、スーパーやワインショップを訪れると、ロゼワインの品揃えの豊富さに驚くこと間違いありません。 プロヴァンス地方のAOCコート・ド・プロヴァンスやエクス・アン・プロヴァンスなどではロゼワインの生産が大半を占めており、グルナッシュやサンソー、シラーなど南フランス定番のブドウで作られています。 バンドールという町ではムールヴェドルというブドウを使用しています。 プロヴァンス・ロゼは淡いピンク色が多く、すっきりとした辛口でありながら口に含んだときにはほんのりブドウの甘みが感じられ、ストロベリーやラズベリーなどの甘酸っぱい香りが鼻から抜けます。 これらフランス3大ロゼワインのほかにも、ボルドーのシャトーが手掛けるカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロを使ったタンニンをしっかりと感じられるロゼワインや、各国で地ブドウを使用して作られているロゼワインなど、着目してみると実は種類が豊富です。 また、これからの時期、シャンパーニュなどのスパークリングロゼもおすすめです。 特にお花見やパーティーなどで人が集まるときは、ロゼの華やかな色合いと泡が楽しい気分をより盛り上げます。 お手頃価格のスパークリングワインから、ボランジェやモエ・シャンドンなどの有名なシャンパーニュのロゼまで、実はスパークリングでもロゼは豊富に作られています。 お料理ともばっちり! さて、ここからはロゼワインに合うお料理をご紹介します。 甘口のイメージを持たれがちなロゼワインなので、もしかしたら今まではお料理と一緒に楽しむワインを選ぶ際、ロゼは敬遠されていたかもしれません。 しかしご紹介したように、ロゼワインは赤ワインや白ワインに劣らないくらい味わいが豊富なので、合うお食事がたくさんあります。 プロヴァンス・ロゼのようなきりっと辛口のロゼワインには、シンプルなサラダやラタトゥイユなどの野菜メニューや、お刺身やお寿司、お魚のフリットなど魚介類と合わせるのが特におすすめです。 春・夏でそれぞれ食べたい旬のお野菜や魚介類をシンプルに調理して合わせてみてください。 ローヌのタヴェルのように果実味や味わいが濃かったり、ボルドーのロゼのようにタンニンもしっかりと感じられたりするワインの場合は、スパイスを使ったカレーやクスクスの煮込み、海老チリや春巻きなどの中華料理、ポークステーキなどの軽めのお肉料理にもぴったりです。 そして、ロゼ・ダンジュのようにほんのり甘みが感じられるロゼには、錦糸卵や桜でんぶ、甘えびなどを使ったほんのり甘いちらし寿司や、出汁に甘みを感じられるお蕎麦などの和食との相性も良く、またエスニック料理や中華料理のようにスパイシーさが感じられるお料理と合わせると、ロゼのほんのりとした甘みが辛さを包み込み、絶妙なマリアージュが生まれます。 ぜひこの春は、ロゼワインとお料理のマリアージュを楽しんでみてくださいね。

次の

イタリア料理5選とそれに合うワイン5選

ワインに合う料理

ワインと料理の相性のことを「マリアージュ」といいます。 ワインと料理の組み合わせのポイントは、共通点を見つける事です。 また、ワインと料理の色を合わせるのもよいでしょう。 様々な組み合わせを試すことで料理の相乗効果などがわかるようになります。 ワイン別に合う料理や食材 赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、発泡酒ワイン、甘口ワインに合う料理の組み合わせをご説明します。 赤ワイン 軽い味わいの赤ワイン・・・豚肉(肩ロース)、仔牛、マグロ、豆を使った料理、オマールエビなど まろやかな味わいの赤ワイン・・・豚(グリル)、牛(煮込み)、キノコ類、熟成したチーズ、赤い果実など 力強い味わいのワイン・・・豚(スパイス)、鴨(ロースト)、ドライハーブ、チョコレートを使ったデザートなど 白ワイン さっぱりとした味わいの白ワイン・・・豚、ハム、ソーセージ、卵、フレッシュハーブ、ムール貝、かに、エビなど 甘口の白ワイン・・・鴨(フォアグラ)、唐辛子、スパイス、ブルーチーズ、ケーキ、クリームを使ったデザートなど 独特な香りの白ワイン・・・豚、羊、兎、サーモン、白身魚、スモークした魚、ホタテ貝、緑野菜、根菜、かぼちゃなど 樽熟成されたコクのある白ワイン・・・鶏(ロースト、クリームソース)、白身魚(濃厚なソース)、スパイス、ハードタイプのチーズなど ロゼワイン ロゼワインは果実の味やタンニンが控えめであることが特徴です。 ロゼワインに合う料理は、牛(ソーセージ)、羊、鶏、サーモン、川魚、カニ、エビ、サラダ、フレッシュハーブなどです。 発泡酒ワイン 様々な料理に合わせやすいです。 細かい泡が味を引き立ててくれます。 味の濃い料理は 発泡酒ワインの繊細さを消してしまうため、避けるようにしましょう。 発泡酒ワインに合う料理は、サーモン、スモークした魚、つぶ貝、ホタテ貝、ケーキなどです。 甘口ワイン アルコール度数の高い 甘口赤ワインは、とても濃厚です。 独特な甘みが複雑な味わいを生み出します。 甘口ワインには、羊(ソース)、鴨(フランぺ)、ブルーチーズ、赤い果実、チョコレートを使ったデザートなどが合います。 料理別に合うワイン 肉料理、魚料理、和食、チーズなど料理ごとに合うワインをご紹介します。 肉料理に合うワイン ワインは、 肉料理に比較的合わせやすいです。 ワインと 肉料理を合わせるポイントは、 味わいに共通点を持たせることです。 「素材」と「味付け」に注目して、ワインを選びましょう。 コクのある濃厚な赤ワインはあまり合いません。 肉料理同様、素材と味付けによって合うワインも変わります。 香りの強いワインや渋みのあるワインは避けるようにしましょう。 優しい味わいのスパークリングワインやロゼワイン、甲州のワインがよいでしょう。 チーズの香りにワインが負けたり、強烈な味わいを強くしてしまったりしないよう、味わいを引き立てあう要素があるとより一層美味しくなります。

次の