ポケモン ヌメルゴン。 【ポケモン剣盾】ヌメルゴンの育成論と対策【高耐久ドラゴン!草食系600族】

【ポケモン剣盾】ヌメルゴンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ヌメルゴン

【ポケモン剣盾】ヌメルゴンの育成論と対策【高耐久ドラゴン!草食系600族】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はヌメルゴンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 600族なのにあまり環境に見ないヌメルゴンはどんな能力を持っているのか探っていきましょう。 ヌメルゴンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ヌメルゴンの特徴1】ドラゴン単タイプ ヌメルゴンは珍しいドラゴン単タイプの最終進化形態です。 そのため、基本4タイプ(炎・電気・草・水)を半減で受けられる代わりに、フェアリーとドラゴン、そして氷という環境に非常に多い技を弱点とします。 使用率上位のポケモンを見てみても• ミミッキュ• ドラパルト• サザンドラ• ヒヒダルマ• ニンフィア• ラプラス というように、ランクマッチで頻繁に当たる相手のエースポケモンのタイプ一致高火力技を弱点としています。 かといってそれが弱いかというとそうではありません。 【ヌメルゴンの特徴2】非常に高い特殊防御 ヌメルゴンは全ポケモンの中でも屈指の特殊耐久を誇ります。 特防種族値150というのは進化の輝石サニーゴと並び、ドヒドイデの142よりも高い数値で、しかもHP種族値は90となっており総合的な瞬間特殊耐久は受けポケモン以上と言えるかもしれません。 じこさいせいなど高速回復技はねむるしか覚えないので長期的な耐久力はさすがに耐久ポケモンには負けます。 ただし、物理防御は70と非常に低い数値になっているため物理方面はからっきしだと思ったほうがいいでしょう。 また、受けだけでなく攻撃種族値100,特攻種族値110とアタッカーとしても十分やっていける種族値をしています。 種族値100前後の火力は使ってみると「あと一歩決定力に足りない」という火力です。 ウインディやカビゴンと同じくらいですね。 そのため、ギャラドスなどのエースポケモンが全抜きできるようにサイクルを回しつつ相手を削る役割を任せられることが多いポケモンです。 特殊耐久が高いということでカビゴンや特殊耐久バンギラスと比較されることが多いポケモンですが、すばやさ種族値が80族と意外と高いこと、物理・特殊両刀が可能であること、後述するねむりごななどの害悪戦法に強い点がヌメルゴンのアドバンテージです。 【ヌメルゴンの特徴3】非常に広い技範囲 ヌメルゴンはランクマッチで使われる強力な技範囲だけでも11種類もの技を使えます。 ドラゴン:りゅうせいぐん• 電気:10万ボルト• 毒:アシッドボム• 炎:かえんほうしゃ• 格闘:きあいだま• 氷:れいとうビーム• 水:ハイドロポンプ• 草:パワーウィップ• 鋼:アイアンテール• 岩:いわなだれ• 地面:じしん また、物理・特殊どちらの種族値も100以上なので両刀として育てることもできます。 ヌメルゴンを初めて相手にするときは、その予想以上の耐久力とまさかの弱点を突いてくることを把握しておかないと、一気に形勢逆転されてしまうこともあるでしょう。 【ヌメルゴンの特徴4】特性そうしょく・ぬめぬめ ヌメルゴンは通常特性のそうしょくに注目されて使われることも多いポケモンです。 というのも、草技を無効化して攻撃ランクを1段階上げるというもらいびの草バージョンみたいなこの特性のおかげで、• ヌオー・ドサイドン・トリトドンなどの草4倍弱点の後ろに控えるサポーター• バタフリーやエルフーン、ナットレイなどねむりごな・やどりぎ害悪ポケモン対策 として機能できます。 また、夢特性のぬめぬめは接触技を受けたときに相手の素早さを1段階下げるという効果を持つのでうまくサイクルに組み込めれば高速アタッカーの素早さを下げて上から返り討ちにする、というような動きもできるでしょう。 ただしぬめぬめは活かすために相当なポケモンの知識と立ち回りの知識、そしてカンというトレーナースキルが必要になる特性なので、上級者向け特性だと思います。 ヌメルゴンの育成論と戦い方 物理・特殊どちらもいけて技範囲も広く、特防も高いヌメルゴンはトレーナーによっていくらでもカスタマイズ可能なポケモンです。 今回はその中でも持ち前の特殊耐久を伸ばしてエースポケモンのためにサイクルを回すヌメルゴンを紹介します。 【ヌメルゴンの育成論1】特殊サイクルヌメルゴン• 特性:そうしょく• 個体値:A抜け5V or 6V(両刀)• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:アシッドボム・りゅうせいぐん・ふぶき・ヘドロウェーブ 特徴・戦い方: 持ち前の特殊耐久を活かして特殊アタッカー一般を相手にするのが仕事です。 基本的には特殊アタッカーに後出しして相手が物理アタッカーに交代するのに合わせて交代読みの高火力技をうった後に、こちらは物理受けポケモンに交代するというサイクルを回します。 物理受けポケモンとしてはサニーゴなどの受けポケモンや、交代先へのボディプレスが強力なアーマーガアなどが上げられるでしょう。 特殊耐久の程度としてはC特化メガネサザンドラのりゅうせいぐんを耐えて切り返しりゅうせいぐんで落とせて、S特化命の珠トゲキッスのマジカルシャインを耐えてふぶきで切り返せます。 当然ダイマックスされたら負けますし、弱点保険や急所でも負けるのでその点は注意してこちらもダイマックスを切るなりダイマックスを使い果たしたあとに出すなりしましょう。 性格・個体値・努力値: 物理技も使う両刀型にする場合はなまいき6Vにしましょう。 参考: あとはDにぶっぱして残りをBに振って終わりです。 火力が足りないと感じる場合はBに振る分をCに振ってあげるのがいいでしょう。 ここまでHDに振ると、前述したとおりサザンドラのりゅうせいぐんやトゲキッスのマジカルシャインを耐えて切り返せるほどにまで特防が上がります。 (下図ダメージ計算も参照) わざ: 相手の特防を2段階下げることができるアシッドボムは、例えば受けポケモンなどにも刺さりますし、カビゴンやバンギラスなどの特防が異常に高いポケモンたちへの牽制にもなるので入れたいところです。 もちろん居座ってきたらターンを重ねるごとにC無振りヌメルゴンであっても相当な火力が出るようになります。 (ちなみにトゲキッスが後出しで出てきてアシッドボムを食らっていた場合は、超高乱数でふぶき1発で落とせます) タイプ一致のりゅうせいぐんもはずす理由はないでしょう。 ふぶきはトゲキッスを撃ち合いで勝てるようにするために採用しています。 ヘドロウェーブはダイアシッドによる特攻UPと合わせてニンフィアとの撃ち合いで勝てるように採用しています。 他にもさまざまなタイプの技を覚えるので、環境およびパーティによって呼びやすいポケモンに通る弱点技を採用してあげましょう。 特殊攻撃と物理攻撃種族値は10しか違わず、努力値ふりもしていないので、両刀にするのもありです。 ・りゅうのはどう:命中安定の特殊タイプ一致 ・げきりん:命中安定の物理タイプ一致。 サイクルを回せなくなるのが難点 ・10まんボルト:命中安定の電気。 交代先ギャラドスなどに ・かみなり:高火力電気。 交代先ギャラドスなどに ・かえんほうしゃ:命中安定の炎。 交代先ドリュウズなどに ・だいもんじ:高火力炎。 ナットレイなどに ・きあいだま:格闘。 交代先バンギラスなどに ・れいとうビーム:命中安定の氷。 交代先ドラパルトなどに ・なみのり:命中安定の水。 交代先ドサイドンなどに ・ハイドロポンプ:高火力水。 交代先ドサイドンなどに ・パワーウィップ:高火力物理草。 交代先特殊受けトリトドンや対面ウォッシュロトムなどに ・アイアンテール:高火力物理鋼。 交代先ミミッキュなどに ・じしん:高火力物理地面。 交代先ウインディなどに ・いわなだれ:物理岩。 交代先ウインディなどに チョッキヌメルゴンを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 ヌメルゴンの対策 対策としては物理高火力弱点がおすすめです。 ヒヒダルマ• ミミッキュ• ドラパルト• etc… 物理耐久は努力値を振ったとしてもたかが知れているので、高火力弱点を付けば1〜2確で倒せます。 相手にヌメルゴン対策の物理アタッカーを落とされてしまわないように注意しましょう。 今回の記事で紹介した特殊耐久にぶっぱした上でさらにチョッキを持たせたヌメルゴンはそこまで多くないので、特殊高火力アタッカーも一般的には対策になりえます。 サザンドラ• トゲキッス• ニンフィア• etc… 対面初手ダイマックスから入れば、ヌメルゴンもダイマックスを切ってこない限りはチョッキ型でも倒せます。 まとめ:【ポケモン剣盾】ヌメルゴンの育成論と対策【高耐久ドラゴン!草食系600族】 いかがでしたでしょうか。 そうしょくという珍しい特性と超高耐久特防が魅力のヌメルゴン、そのマスコット的な見た目から隠れファンも多いポケモンですよね。 もし特殊受けポケモンを使ってみたいというトレーナーは育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ヌメルゴン育成論 : 【新規】アシッドボム搭載ヌメルゴン【習得】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ヌメルゴン

図鑑説明 、 ひとなつっこい。 だいすきな に だきついて ねんえきで ヌルヌルにしてしまう。 、 のびちぢみする ツノで こうげき。 サー にんぶんの に ひってきする い。 すごく ひとなつっこい。 かまわないでいると さびしくて ヌルヌルの なみだを ながし なく。 いからと からかうと ツノで おも つかれ ふとい で なぎはらわれる。 とっても ひとなつっこい。 なつくと ネバネバの ねんえきに まみれた からだで だきついてくるが がまんだ。 ヌルヌルの ひふの したには ぶあつい しぼうの そうが あり てきの こうげきを うけながす。 の しじが りかいできずに キョとする ことが たまに あり その ようすが と にんき。 ながい ツノを のばす いきおいで こうげき。 いは ーきゅう サーの の ばいだ。 概要 第六世代の新。 系最終形にして第六世代の合計。 相変わらずとしているが、りにっぽい見たになり、分類でも としている。 でもの1人であるサナが使用するため、前に見る機会がある。 また、・も使用する。 特防に優れ、特攻・攻撃も高め。 反面、防御・素さはやや低め。 特防は全中7位の数値(のは除く)。 らしく技の範囲が広い。 系・特殊系のどちらも強な技を覚えられる。 技 … 、テール、、、いわなだれ、テール 等• 特殊技 … 、、、、だ、ヘドェーブ、きあいだま 等 その他にも「」や「まとわりつく」、技で「」や「」等の技も覚えられる。 「ボディ」はがのときにが治癒するだが、「」終了時のは治せず、第六世代において変化系の永続が失われたことによりPTが全体的にされているためあまり採用されない。 ただし「」により自でを降らせることが出来るため、元々の高いと「る」を組み合わせたでは非常に強。 もう一つの「そうしょく」はの技を効化し自身の攻撃を一段階上昇させるで、に技は元々半減されるとはいえ、な「りごな」「」「やどりぎのタネ」などを効化できるためはもちろん特殊であっても有用なであると言える。 「ぬめぬめ」は接触技をしてきた相手の素さを一段階下げる。 に弱いヌメルゴンに対し接触技の使用を牽制する。 攻撃を耐えれば素さのヌメルゴンでも次のにはを取れる相手が増える。 はおそらくの伝承に登場する怪物 「ル・カル」。 ル・カルはぬめぬめした身体を持つのようなであり、見たのは強なものの、実は のご当地としてはっ当な存在であった。 アニメ では、のがする形で登場。 火災を止めるべく「」でを降らせた際にし、同時に「のはどう」を習得してを吹き飛ばした。 なお、においては、や技で降らせたでは条件が満たされないので注意。 のの中では初めてのである。 としてのになったのが話、にしたのが話、ヌメルゴンへの最終が話と、2段階を遂げたの中では、全体で見ても最終までが非常に短い(ちなみに最短記録は、したその回でし、次の回で最終した)。 話ではムの戦に参戦。 のに翻弄され、「」でさせられたこともあって一旦交代するが、切り札の相手に再登場。 「」でを放電させると同時にの「ボディ」でを回復し、しいの末に持ち前のり強さを活かした「がまん」でを収めた。 69話、話で故郷の湿地帯に凱旋し、達との対立やその裏に潜むの陰謀をと共に解決。 その後湿地帯に残ってを守るように勧められ、の別れとなった。 話でと再会し、湿地帯の達とも協しての事件を解決した。 この時がに誘っていたことが後にになる。 そして話で準決勝に進出したの下に駆け付け、その後の戦、戦にトルとして参戦。 戦では相性の悪いを相討ちに持ち込み、戦ではに善戦しつつも敗れるが、「」を残してのに襷を繋いだ。 関連項目.

次の

ヌメルゴン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン ヌメルゴン

ヌメルゴン ドラゴンポケモン ぜんこくNo. 706 アローラNo. USUM 219 アローラNo. SM 180 高さ 2. 0m 重さ• 150. 5kg• けたぐり威力100 タイプ• 英語名• Goodra タイプ相性による弱点• 5 0• 5 進化の流れ• 40で『ヌメラ』から進化• 50以上にレベルアップで『ヌメイル』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 天気が『あめ』の時、ターン終了時に状態異常が回復する。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 連続で使うと失敗しやすくなる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 威力は20〜200 Lv. 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 通常攻撃。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 USUM New! USUM New! 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。

次の