過去 ツイート 削除。 Twitterのツイートを一括全削除!|転職活動時には一応やっておこう!

Twitterのアカウント削除の手順と注意すべき4つのポイント

過去 ツイート 削除

Twitter でプロフィール画面を開けば、過去のツイートをさかのぼって見ることができます。 しかし、全てのツイートを見ることは出来ず、ある一定の期間までしか読み込まれません。 過去のツイートを消したくても、画面に表示できなければ消すことができません。 そこで今回紹介するのが、過去のツイートを閲覧する方法です。 外部ツールは何も使いません。 公式 Twitter のサイト、もしくはアプリを使って見ることができるようになります。 Twitter で過去のツイートを閲覧する方法 検索画面にて、 期間を指定して検索 することで、過去のツイートを見られるようになります。 検索方法は次の通りです。 期間指定してツイートを検索する方法 検索コマンド from:ユーザーID since:開始日 until:終了日• ユーザー ID ……… 検索対象のアカウントを指定• 開始日 ……… 検索期間の開始日を設定• 終了日 ……… 検索期間の終了日を設定 なお日付は「 YYYY-MM-DD」のフォーマットで指定します。 例えば僕の Twitter アカウント で過去のツイートを検索するには、次のように入力します。 試しに内容をコピーして、自身のアカウントに書き換えて試してください。 いかがでしょう。 過去のツイートを見ることが出来たでしょうか? 鍵付きアカウント(非公開アカウント)の場合、正しく検索できないことがあるため、鍵を外した状態でお試しください。 過去のツイートを消す方法 自身の過去のツイートが検索できてしまえば、削除するのは簡単です。 検索結果に対して、いつものようにツイートの削除を行ってください。 ただし、この方法では1件ずつしか削除することができません。 そもそも Twitter の仕様として「 ツイートを一括削除することはできません。 」と記されています。 外部のツールを使えば一気に削除することはできますが、 Twitter との連携が必要になります。 ただ、消されたツイートの情報を取得されて悪用されても困るので、個人的にはおすすめしません。 フォローワーを捨てる覚悟があれば、アカウントを削除してゼロからやり直すのも1つの手段なので、検討してみてください。 以上、過去のツイートを閲覧・削除する方法でした。

次の

Twitterのアカウント削除の手順と注意すべき4つのポイント

過去 ツイート 削除

もくじ• Twitterのツイートが削除できないと思った時の操作のやり方 使い慣れていた方法がイキナリ変わるのは、本当に困ったもんですよね。 マークとか操作方法事態が変わっても、大事な機能はいつまでものこさえているはずなので、まずはいろいろ触ってメニューを出すことを考えて見ると解決できます。 Twitterのツイート削除方法【基本】 まずは基本の通常ツイートの削除方法から見てきましょう。 iPhone版Twitter通常ツイートの削除のやり方 まずはiPhoneでのやり方から。 アプリを起動したら2回アイコン 人型 をタップ>自分のツイート画面へ移動する。 削除したいツイートを表示させ、ツイート右上にある「V」をタップ• 画面下部からメニューが出てくるので、「ツイートを削除」をタップする。 「ツイートを削除」と出たら「削除」をタップ 特に表示も通知もされずに「削除」が実行されます。 次はAndroidでのやり方を解説です。 Android版Twitter通常ツイートの削除のやり方• (iPhone版の「2. 」までと同じ)画面右上にあるタテに「…」をタップ• メニューが出てくるので、「削除」をタップする。 削除完了です。 ツイートを削除すると、そのツイートはあなたのアカウントやあなたをフォローしているアカウントのタイムラインのほか、twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for AndroidのTwitter検索結果からも削除されます。 削除したツイートのリツイートも、twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for Androidから削除されます。 ただし、 他のアカウントがそのツイートの一部または全文をコピーして自身のツイートに貼り付けていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。 また、 そのツイートを他のアカウントが自身のコメント付きでリツイートしていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。 ツイートはサードパーティーのウェブサイト、アプリケーション、または検索エンジンでキャッシュが表示されたり、コピーが投稿されていたりする場合があります。 twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for Android上にないツイートは、Twitterからの操作では削除できません。 twitter. この場合は、リツイートをしたアカウントの持ち主にお願いして「削除依頼」する必要があります。 Twitterのリツイートが削除できない場合の対処法 「削除」関連で自分でしたリツイートが削除できないことがたまにあります。 普段ならリツイートボタンをタップすれば、「リツイートを取り消しますか?」と出て、すぐに削除できるのに…。 この場合はいくつか問題が考えれますので、それぞれ対処方法が違ってきます。 Twitterアプリのキャッシュ機能が原因でリツイートが削除できない Twitterアプリにはあらかじめそれまでに表示してあるツイートなどのデータを溜め込む機能 キャッシュ があります。 これが何かしらのトラブルを抱えていて、削除の操作に悪影響を及ぼすことがあります。 そんな時は「キャッシュの削除」操作を行なえば解決できます。 Twitterのキャッシュを削除する方法 Twitterはアプリでサーバーとやり取りしながら、その状況を表示するアプリです。 そのアプリで扱うデータの一つにCookie クッキー があります。 今回は公式Twitterアプリを使ってクッキーを元に戻す操作方法を解説します。 Twitterのアイコン 人型 >「設定とプライバシー」>「基本設定」の「データ利用の設定」>「ストレージ」欄を表示する。 【AndroidでTwitterアプリのキャッシュをクリアする方法】 「設定」アプリ>「アプリ」>「Twitter」>「キャッシュを消去」 一旦キャッシュとしてアプリが溜めているデータを削除すると、データが空っぽの状態から次の操作ができるので、正常運転に戻せます。 Twitterで自分がした過去のリツイートをゴリ押しで削除する方法 上の操作を行なえば、たいていのトラブルは解決できるはずです。 ところがそれでもシツコク残り続けるリツイートがある場合があります…。 こんな時は次の方法でゴリ押し削除を試してみます。 【Twitterの過去リツイートをゴリ押し削除するやり方】 準備するもの:パソコン、テキストファイルを構造表示できるソフト Terapadなど 、Twitterの社外クライアントアプリ• Twitterから全ツイート履歴をダウンロードする。 「設定とプライバシー」>「ユーザー情報」欄の最下部にある「全ツイート履歴」からダウンロードする。 Zipファイルでデータが届く。 届いたデータをTerapadなどで開いて、削除したいリツイート情報を検索表示する。 自分でリツイートした ツイートの固有IDを見つける。 以下のURLを社外Twitterクライアントアプリで開く。 通常の削除方法で削除実行する。 これでシツコク表示されているリツイートを消す事ができるはずです。 同じ要領で、なぜか消せない通常ツイートも消せると思います。

次の

ツイ消しツールでツイートを全消し(一括削除)したり選択削除する方法|アプリ村

過去 ツイート 削除

ツイートを削除するツール 黒歴史クリーナー ツイートの削除を行い時にはを使う人も多いかもしれませんね。 ツイッターで認証したらいつからいつまでのツイートを削除するのか選択して削除するだけ。 オプションでちょっとしたことを変えられるぞ。 新着3200件のツイートを削除することができる。 3200件も削除できれば、もう十分でしょう。 また、削除オプションでリプライを保護したり、ふぁぼを保護したりすることができる。 そういったツイートは残しておきたい!ってやっぱり思うものですよね。 ありがたい。 保護したかったらその項目をONにしておきましょう。 ツイート削除の開始日時と終了日時はカレンダー形式で選択!消したい期間をここで指定する感じ。 削除ボタンをクリックしたら、削除スタート。 処理が終わったらその結果を確認することができるよ。 使ってみると結構簡単に削除することができるから、一括で期間選択して削除したいときには使ってみると良さげです。 Twittols はツイートの削除以外もすることができるけど、今回は、削除をしたいから「ツイート選択削除」を選択。 他の機能を使ってみたかったらサイトにアクセスして使ってみよう。 「リツイートされたツイート一覧」なんかを見てみるとどんなツイートが人気になっているのか見ることができて面白いかもしれない。 今までしたツイートがこんな感じで表示される。 削除したいツイートがあったらチェックボックスにチェックを入れちゃいましょう。 下の方にある削除ボタンを押せば、削除できますよ。 削除結果は削除ボタンを押したら見ることができる。 削除するツイートはスクロールで探していかないといけないから過去のツイートを遡って消したいツイートを探したいときにはちょっと使いにくいかもしれない。 日付で検索して過去のツイートも消したいならさっき挙げた黒歴史クリーナーの方が良いかもね。 TweetDeleter はサイトを見てみるとけっこうしっかりしたサイトになっている。 それに機能も多いですね。 今回は削除について見たいからそれ以外の機能は見ないけど、それ以外も結構気になる。 削除について見ていきましょうか。 Twitterで認証すると、こんな画面になる。 ツイートが一覧で見れる感じですね。 ここでチェックしたツイートは上の削除ボタンで消すことができる。 「ツイートを削除」ボタンを押すとこんな表示になるぞ。 このアプリケーションは、ボタンを押した直後に削除されるわけではなくて、ちょっとしてから削除される。 自分のTwitterフィードからツイートが削除されるまでには、どれくらいの時間がかかりますか? ツイートは通常、数分間で削除されます。 とはいえ、本システムはTwitterのAPIに基づき稼動し、これがリクエストを処理する能力次第では数時間がかかることもあります。 ツイートが削除されるまでには、数分間。 別に対して気にすることでもないですね。 数分間も待たずに即刻削除したい!ってそこまでない気がする。 また、一覧に表示されるツイートはツイートやメディアの種類で出しわけることができる。 メディアの種類で出しわけができるなんて珍しいですね。 日付を選択して表示させることもできる。 これは結構使いそうな機能だね。 完全削除 完全削除という機能もあって、これはツイート全てを削除してしまうもの。 なかなか使わないだろうけど、いざとなったら・・・ 自動削除 自動削除っていう機能もある。 古いツイートを継続的に消してくれるものだけど、使う人結構いるのかな・・・わからん。。。 「有効化」ボタンをクリックしたら削除する条件を指定することができる。 古いツイートはどんどん消していきたいっていうときには自動で消してくれるからいいかもしれないですね。 正直使う人がそれほど多いとは思えないけど、やっぱり機能があるぐらいだからいるんだろうな。。 シャボン玉ツイートで1時間で自動で消える投稿をする 今まで紹介したのは、ツイートしてから削除したくなったら削除するためにそのツイートを選択して消す、みたいなことだったけど、そもそも削除を前提としてツイートをすることができるというアプリケーションもある。 Twitterでろぐいんしたら、1時間後に消したいツイートを書き込んでツイートするだけ。 「ツイートする」ボタンを押したら、それがツイッターに投稿されるよ。 ツイートが消されることを前提にツイートしたいっていうときにはいいかもしれない。 1時間っていう短い間だけ見ることができるって面白いね。 24時間で消えるツイート「Fleet」 さっきまで、ツイートを削除するツールを紹介してきたけど、実は24時間で消える機能をツイッターがブラジルでテスト運用を開始したようです。 公式でこんな機能が出るなんて、やはりそういった機能が欲しい人って多いのかな。 1日だけ持つツイートがどんな使われ方するのか気になりますね。 テスト運用だし今後できるようになるかは分からないけど、使えるようになったら使う人も結構いそうな感じ。 まとめ いくつかツイートを削除するツールを見てきたけど、結局どれ使ったらいいんだよ?ってことですよね。 自分はをおすすめします。 自分が選択したツイートを選択して削除することができるし、全てのツイートを削除することもできる。 期間選択もできるしなかなか使いやすい。 あー、今までのツイート消してえ。。。 ってなったら使ってみてもいいかもしれないぞ。

次の