乳がん あっさん。 乳がん 人気ブログランキングとブログ検索

乳がんブログ11選 / 乳癌闘病記を読む

乳がん あっさん

肺がん 早期はほとんど無症状で、進行すると、 咳 せき 、 痰 たん 、血痰、発熱、呼吸困難、胸痛などの症状が出る。 右肺は三つ、左肺は二つの肺葉に分かれており、手術では、がんのある肺葉ごと切除することが多い。 がんの広がり次第で、片側の肺全部をとる全摘や、肺葉の一部だけを切除する縮小手術も行われている。 手術が難しい場合は、放射線治療や薬物療法が治療の柱になる。 集団検診での肺がん検査は、胸部エックス線(レントゲン)検査が広く普及している。 長谷川 (写真) 横浜に住んでいます。 がんが見つかったのは2010年、もう9年前になります。 当時39歳で、子供は小2と年長組。 青天の 霹靂 へきれき でした。 診断された時点で ステージ4(注1)でした。 余命も「1年ぐらい」と言われていましたが、薬がすごく効いて、何とか今、10年目にまで来ているという感じです。 治療を始めた頃は、「5年生存率が数%」と古い数字を聞いていたので、ここまで来られるとは思ってもいませんでした。 田中 肺がんがわかったのは15年6月。 今年6月で丸4年です。 3人家族で、一人娘が今年23歳。 当時は、神戸の短大に送り出して、「ああ、やれやれ」っていうときでした。 1週間ほどおなかが痛く、吐き気もありました。 その10年ほど前に胃がんで胃を半分切っていますが、胆のうは残していたので「胆のう炎かな」と思い、胃がんの手術をした病院に問い合わせました。 「2日後に来てくれ」と言われましたが、心配で2日も待てず、すぐに個人病院に行って腹部エコーを撮ってもらいました。 「肝臓付近にちょっと気になる影がある」ということで、すぐ総合病院に紹介されてCT(コンピュータ断層撮影法)を受けました。 腹部造影でしたが、肺も気になって撮ってもらい、肺がんが見つかりました。 田中 肺から副腎への遠隔転移でした。 だから、ステージ4ですね。 手術も放射線治療もできなくて、すぐ化学療法に入りました。 田中 最初の抗がん剤は結構効いて、副腎のがんは、CT上では見えなくなりました。 肺の方も半分くらいになりましたが、その後、右肺の下葉に新しくできたり、原発のがんが大きくなったりしました。 オプジーボなど、いろいろな薬を試していますが、今年1月の検査でもあまり効いていないということで、また薬を変えることになりましたが、抗がん剤治療がつらいのと、体調がすごく良かったこともあり、今はちょっと休薬して今後の治療を考えているところです。 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の

乳がんを経験した私が書いてみたブログ

乳がん あっさん

2019年9月乳がん(小葉癌)で左乳房全摘。 10月からタモキシフェン服用。 同時に自家組織再建をすべく、形成外科に通院開始するも、2020年3月、手術の直前になり問題山積のため中断。 2020年4月皮膚の追加切除(2回)。 5月末から7月初めまで全25回の放射線治療(完了)。 12月に腹腔鏡下、子宮、卵巣、筋腫の摘出手術を受ける予定。 昨年6月に胸にしこりを発見してから、外科、乳腺外科、口腔外科、形成外科、婦人科、放射線科、皮膚科と、いろんな科への通院で、怒涛の日々を過ごしてきた。 今年の2月にブログを立ち上げて、去年の6月からのことを、せっせと書き、4月末にやっとリアルタイムに追いついた。 7月、放射線治療が終了し、必要至急の治療はひとまず終了。 夏は病院通いから離れることにした。 リアルタイムでブログに書くことも少なくなった... 必要至急の治療はひと段落、過去記事のブラッシュアップ 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の

乳がんブログ11選 / 乳癌闘病記を読む

乳がん あっさん

乳癌検診で要精密検査となり乳癌と分かった私。 乳癌と診断される前も診断された後も、 「なんで?わたしが?」 「私なにか悪いことでもしたの?」 「もう、死ぬからいいや!私は、もういなくなるから」 と悲しい日々が続いた。 とはいえ、 乳癌の腫瘍を取り除けば完治するものだ とばかり思っていた。 でも、それは違っていた。 私の場合は ステージ1でリンパ節への転移はなかったものの 腫瘍を取り除いても完治とは言えないと主治医から言われた。 寛解という症状が落ち着いている状態なようだ。 手術前にそれを聞かされた私は、とてもショックを受けたのを 覚えている・・・ 手術してもガンは治らないんだ・・・ 手術後は、1ヶ月程度、通院で治療を行う放射線治療 1日1回投薬のホルモン治療を行う。 よく、早期発見すれば完治すると言われている乳癌だけど、 ホルモン治療の 5年を経て再発していない時に初めて 完治と言うのだそうです。 ガンの治療法として、抗がん剤治療があります。 乳がん初期では、抗がん剤治療までは行わないことが 多い。 でもこの抗がん剤治療というのは、 癌細胞を攻撃して癌細胞が 増殖するのを抑え、転移や再発を防ぐ薬です。 副作用も強く、毛髪が抜け落ちたり、嘔吐など体力的にも つらいものでもあります。 このほど、 癌の新しい薬が開発され、ノーベル賞をとりましたよね。 この薬は、癌細胞を攻撃するのではなく、自分自身の体にもともと 備わっている ガン細胞と戦う免疫力を助ける薬です。 身体の弱っている時は、誰でも免疫力が低下してしまう。 弱っているところにガン細胞が入り込んでガンを発症してしまう。 でも、 常に免疫力を高めることが出来ていれば、 免疫力の低下を防ぐことが出来るってわけです。 では、どうすればいいのか・・・ 腸なんです。 関連ページ 乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。 乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。 乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。 特徴に応じた組織診断名とは・・・ 乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。 他の臓器に転移した時の症状とは・・・ 一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。 万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか? 乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。 その時必ず行うのが血液検査。 実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。 乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。 楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・ 乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。 定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!! 乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。 病院選びの参考にしてくださいね。

次の