命 あっ て の 物種。 「命あっての物種」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「命あっての物種」はどんな意味?使い方や類語を例文付きで解説

命 あっ て の 物種

「命あっての物種」の意味とは? 「命あっての物種」の類語や言い換え・似た言葉• 「命あっての物種」の言葉の使い方• 「命あっての物種」を使った例文• 「命あっての物種」の英語• 「命あっての物種」の語源• 「命あっての物種」を似ていることわざ 「命あっての物種」の意味とは? 「命あっての物種」ということわざの中にあるでしょうが、 「物種」は 「物事の元となるもの」という意味があります。 この意味を踏まえて、 「命あっての物種」の内容を見ていくと、 「どんなことも命あればこそできる」という解釈ができます。 別の見方をするなら、 「命を軽く見たり、扱ったりすることなく、生きることを大切にしていくこと」と言うこともできるかもしれません。 自分の周りを見渡してみると、いつも必要以上に頑張りすぎている人がいるのではないでしょうか? そのような時にんな時に、 「あまり無理するなよ」ということを言う代わりに、このことわざを用いて相手を励ますことができます。 「命あっての物種」の言葉の使い方 「命あっての物種」の使い方は、一見、難しそうに感じるのですが、決してそう難しく考える必要ではありません。 いつも仕事に熱中し過ぎて、今にも倒れそうな人に対して、 「あまり無理をしないようにね」という言葉の代わりに 「命あっての物種だよ。 少しインターバル取った方がいいよ」と優しく声をかけたりします。 また、無茶ばかりをする人にも 「命あっての物種だよ。 危険なことはしないで」と注意することもできることわざなので、簡単に使える表現として意外に便利なものなのです。 この言葉は、大抵、相手を諭す場合に使われることが多いですが、あまりにも目に余るような行動や言動をする人を戒める場面にも使われることがあります。 「命あっての物種」の語源 植物は種子から生えてきますので、種子がなければ育成も成長もすることはできず、このような考え方が 「命あっての物種」の由来となっています。 どのような種子を持っていても、その種子そのものが枯れていては成長することができませんし、花や実すら付けることはないので、いかに立派な行いをしたとても、例え命を削るように必死に頑張って働いたとしても、死んでしまえば結局何もならず、 それで終わりになってしまい、努力が報われません。 その結果、名声もお金も手にすることなく、寂しく逝ってしまうので、この言葉は、そのようなことを避けるようなことを諭しているわけです。 命を維持して行き続けることで、初めて名声も財産も意味を持つようになるのですから、全ての終わりを意味する 「死」は何としても避けなければなりません。 まさに 「命あっての物種」ということです。

次の

死んで花実が咲くものか

命 あっ て の 物種

「命あっての物種」の意味とは? 「命あっての物種」の類語や言い換え・似た言葉• 「命あっての物種」の言葉の使い方• 「命あっての物種」を使った例文• 「命あっての物種」の英語• 「命あっての物種」の語源• 「命あっての物種」を似ていることわざ 「命あっての物種」の意味とは? 「命あっての物種」ということわざの中にあるでしょうが、 「物種」は 「物事の元となるもの」という意味があります。 この意味を踏まえて、 「命あっての物種」の内容を見ていくと、 「どんなことも命あればこそできる」という解釈ができます。 別の見方をするなら、 「命を軽く見たり、扱ったりすることなく、生きることを大切にしていくこと」と言うこともできるかもしれません。 自分の周りを見渡してみると、いつも必要以上に頑張りすぎている人がいるのではないでしょうか? そのような時にんな時に、 「あまり無理するなよ」ということを言う代わりに、このことわざを用いて相手を励ますことができます。 「命あっての物種」の言葉の使い方 「命あっての物種」の使い方は、一見、難しそうに感じるのですが、決してそう難しく考える必要ではありません。 いつも仕事に熱中し過ぎて、今にも倒れそうな人に対して、 「あまり無理をしないようにね」という言葉の代わりに 「命あっての物種だよ。 少しインターバル取った方がいいよ」と優しく声をかけたりします。 また、無茶ばかりをする人にも 「命あっての物種だよ。 危険なことはしないで」と注意することもできることわざなので、簡単に使える表現として意外に便利なものなのです。 この言葉は、大抵、相手を諭す場合に使われることが多いですが、あまりにも目に余るような行動や言動をする人を戒める場面にも使われることがあります。 「命あっての物種」の語源 植物は種子から生えてきますので、種子がなければ育成も成長もすることはできず、このような考え方が 「命あっての物種」の由来となっています。 どのような種子を持っていても、その種子そのものが枯れていては成長することができませんし、花や実すら付けることはないので、いかに立派な行いをしたとても、例え命を削るように必死に頑張って働いたとしても、死んでしまえば結局何もならず、 それで終わりになってしまい、努力が報われません。 その結果、名声もお金も手にすることなく、寂しく逝ってしまうので、この言葉は、そのようなことを避けるようなことを諭しているわけです。 命を維持して行き続けることで、初めて名声も財産も意味を持つようになるのですから、全ての終わりを意味する 「死」は何としても避けなければなりません。 まさに 「命あっての物種」ということです。

次の

命あっての物種

命 あっ て の 物種

命あっての物種なのだから、そう頑張りすぎないようにしなよ。 ジェットコースターなんてとんでもない! 命あっての物種だろ?• 命あっての物種、畑あっての物種。 私にとっては畑も命と同じ位大切なものだ。 「命あっての物種」の由来 「命あっての物種」は、江戸時代の「噺本 はなしぼん 」のひとつの中に登場します。 「噺本」とは、笑い話を集めた短編集のようなものです。 また、それより少し時期を遅くして、狂言の中にも登場します。 河竹黙阿弥 かわたけもくあみ の狂言「武悪 ぶあく 」というものです。 While there is life, there is hope. 命がある限り、希望はある• 命がなければ、どうにもならない。 命を無駄にするな。 He that fights and runs away may live to fight another day. 戦って逃げる人は、生き延びて他の日に戦う機会がある• There is always life for a living man. he も man も、男性を指すものですが、古い英語ではこのように「人間」を指すこともあるのです。 現在では、ジェンダーの観点から、この使い方をされることは少なくなっています。 まとめ 以上、この記事では「命あっての物種」について解説しました。 読み方 命あっての物種 いのちあってのものだね 意味 何事も命あってこそだということ。 由来 「噺本」のひとつから 類義語 命に過ぎたる宝なし、命は宝の宝など 対義語 命は鴻毛より軽し、命より名を惜しむなど 英語訳 While there is life, there is hope. 命がある限り、希望はある など 日常生活でもよく目にすることわざのひとつが、この「命あっての物種」です。 意味だけでなく、類義語や対義語もあわせて理解しておきましょう。

次の