節約 鍋。 保温調理鍋のおすすめ10選!放置するだけで簡単に時短&節約料理が完成│10傑 選定委員会

節約鍋レシピ8選!3種類の具材だけで作る簡単手抜き鍋

節約 鍋

圧力鍋でガス代と電気代を節約 圧力鍋は鍋の中に圧力をかけることで、短時間で食材を柔らかく仕上げてくれるアイテム。 一度加熱してから火を止めても、コトコト煮込み料理ができます。 ガスも電気も使うことなく調理ができるメリットがあります。 料理にもよりますが、圧力鍋を使うことで調理時間が大幅短縮できると思っていいでしょう。 となれば、当然ガスを使っている家庭ならガス代、IHクッキングヒーターの家庭なら電気代が節約できます。 さまざまな節約方法がありますが、ここまで大幅に、そして確実に節約できるのは魅力ですよね。 では圧力鍋を使うことでどれくらい節約できるか見てみましょう。 まずは調理1時間あたりの光熱費がこちらです。 IHクッキングヒーターの電気代/1時間• 一般的な単価(弱火):約27円• 一般的な単価(強火):約81円• 夜間電力(弱火):約17円• それを圧力鍋を使用すると、どれくらいの節約できるのでしょうか? 節約になるだけでなく、美味しく仕上がるのもメリット。 愛用している人もかなり評価しているようなので、導入を検討してもいいかもしれませんね。 料理名 通常鍋の加熱時間 圧力鍋の加熱時間 ご飯 20~30分 5~10分程度 豚の角煮 1. 5~2時間 20~30分 牛スジ煮込み 2~3時間 30~40分 黒豆の煮物 3~4時間 20~30分 通常何時間も煮込まなければならない料理も、 圧力鍋なら加熱はたった数十分。 5円と、7. 5円の節約になります(ガスの場合)。 他の料理でも同じように差が出てくれば、年間でかなりの光熱費節約になりますね。 これだけ時短になるのですから、圧力鍋は優秀ですよね。 取り扱いが難しいと感じている人もいるともいますが、最近は簡単に使える圧力鍋が出ていますから、検討してみてはいかがでしょうか。 圧力鍋、優秀! そうね。 私も圧力鍋、使ってみたいわ。 圧力鍋はこんな節約メリットも!賢く活用しよう 圧力鍋を上手く活用することで、よりガス代や電気代を節約できます。 他にも節約できるメリットがあるんですよ。 古米ももっちり&ふっくら 時間の経過とともに味が落ちてしまうお米。 古くなったお米、いわゆる 「古米」も圧力鍋で炊くともっちり&ふっくらに仕上がります。 古米だけでなく安いお米でも炊飯器より美味しく仕上がるのは魅力ですね。 わざわざ高額な炊飯器を買わなくても、毎日美味しいご飯が食べられることでしょう。 お買い得食材も立派な料理に スーパーや精肉店で比較的安く売られている「牛スジ」「牛すね肉」「手羽」などの部位。 安価なものの調理に時間がかかってしまうという問題点がありました。 でも 圧力鍋ならわずか数十分で料理が完成します。 味がしっかりと染み込み、食材の味がしっかりと感じられる美味しい料理が作れるはずです。 食材費が削減できることも 圧力鍋のレシピを見ると、比較的シンプルな料理が多いことに気づくと思います。 圧力鍋の良さはそれぞれの食材の味わいを最大限に引き出してくれること。 そういった特徴もあり、 少ない食材で作るメニューが多いのです。 工夫次第で食材費を削減することもできるかもしれませんね。 夏場の調理でエアコンを下げる必要なし これも一概に言えることではないのですが、圧力鍋を使った調理は短時間の加熱だけで済みますから、 室内の温度が高くなりにくいのです。 夏場、煮込み料理をしながら暑くなってエアコンを何度か下げたことがある人もいるでしょう。 エアコン(冷房)の設定温度を下げ過ぎるのは電気代アップにつながってしまうので、そういった観点からも多少ではありますが節約に役立つと言えるはずです。 圧力鍋ってすごく節約向きね! そうだね。 こんな調理器具、使わないのはもったいないね。

次の

コスパ抜群!寒い冬に食べたいうまうま節約鍋レシピ5選

節約 鍋

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【節約レシピ8選|鍋編】簡単・おすすめの具材や調理法、シメの作り方を公開!スープの素がなくても家にあるもので作れる!

節約 鍋

圧力鍋での調理の場合、鍋を強火で加熱するのは圧がかかるまでの数分です。 圧がかかり始めたらその後は弱火で加熱し、火を止めて余熱調理。 加熱時間が少ないということは、単純にガスの使用時間を減らすことができ、その分ガス代を節約することができますね。 圧力鍋は特に、通常長い時間加熱することが必要な煮込み料理の場合に効果を発揮します。 具体的な例を挙げると、シチューを作る場合に普通の鍋だと30分もコトコト煮込んでいたとしたら、圧力鍋なら火をつけて加熱するのはその半分程度。 カレーやシチューなら圧力がかかり始めたら10~15分の加圧で調理可能なんです! 豚の角煮を作るときの豚肉の下茹でなども、通常なら2~3時間かかるところが弱火での加圧時間は全部で約30分と、かなりの節約になります。 さらに、火を止めてからの蒸らし調理中は、鍋のそばを離れることもできるので便利です。 圧力鍋を使った時短方法をご紹介! ・大きな野菜や丸ごとお肉も短い時間で調理可能!小~中サイズのジャガイモは5分程度、丸ごとの鶏肉も25分以下で火を通すことができます。 ・ぬるぬるするサトイモの皮や、固い栗の皮などは、下茹ですることでするっと簡単に剥けます。 ・ご飯だって短時間で炊飯可能! 5分加熱+10分蒸らしの15分で炊くことができます。 デメリットはある?圧力鍋を購入する前の心得 時短&節約にメリットが大きい圧力鍋ですが、実はデメリットもあります。 新しく圧力鍋を購入しようと思っている方はチェックしてみてくださいね。 ・早く火が通りますが、食材に早く味が染み込むわけではありません。 ・加圧が始まると、圧力が下がるまでは鍋のフタを開けられません。 ・パッキンや重りなど普通の鍋よりも部品が多いので、掃除の面倒さや紛失、破損の可能性があります。 圧力鍋での調理は、圧が下がるまで鍋のフタを開けることができません。 食材は全て同じタイミングで鍋に入れることになるので、火が通るまでの時間が異なる食材を一緒に調理する時には注意が必要です。 作る料理の種類によってはあまり時短の効果を発揮しない場合もあります。 圧力鍋のおすすめ時短料理と、圧力鍋初心者に向けて鍋の選び方をご紹介します! 圧力鍋調理のおすすめ人気レシピ 圧力鍋でのおすすめ料理は何といっても煮込み料理。 通常なら長時間煮込まなくてはいけない料理こそ、圧力鍋のメリットを大きく発揮することができます。 そのあと火を止めて10分蒸らしてから、圧力をぬいてフタをあけます。 ぜひ、お料理レシピ「北ガスクッキング」のサーチ欄に、キーワード「圧力鍋」と入力して検索してみてください! 圧力鍋の選び方ポイント 圧力鍋にもさまざまな種類があります。 主な種類の特徴と、選び方を参考にしてくださいね。 加圧が始まった時にシュッシュッと蒸気の音が聞こえるのが重り式。 スプリング式は音はほとんど聞こえません。 重り式の方が加圧が始まったことがわかりやすいので、圧力鍋初心者におススメです。 アルミの圧力鍋は軽くて扱いやすく、すぐに加圧が始まるため時短の効果が抜群。 ただし圧力値は低めで、消火後は熱も下がりやすいので余熱を利用した調理は少し苦手です。 一方、ステンレスの圧力鍋は圧力値が高くて余熱の持続時間も長いので、大きな食材や固い食材も効果的に調理することができます。 ただし、分厚くて重いため扱いにくく、その分火にかけてから加圧が始まるまで時間がかかるのがデメリットです。 アルミとステンレスの両方を取り入れているのが多層構造の圧力鍋。 いいとこ取りの印象ですが、その分価格が高いものが多いです。 1人暮らしなら2. 5L程度、4人家族なら5~6L程度の大きさがおススメですね。 大は小を兼ねるとも言いますが、あまり大きな鍋は重く扱いづらくなってしまうので注意しましょう。 これらの部品は使っていれば劣化したり破損したりすることもあります。 部品の交換や修理などアフターケアが充実しているメーカーを選ぶと、長く安心して圧力鍋を使うことができます。 便利な圧力鍋を使いこなして時短&節約を! 密閉して加熱することで鍋の中の圧力を高め、通常よりも高圧で調理することが可能な圧力鍋。 高温&高圧で調理することで、短い時間で食材に火を通すことができます。 調理時間を短くすることができるので料理の時短&節約に! 圧力鍋を使ったことがない方はぜひチャレンジしてみましょう! ・圧力鍋では約120度での高温調理が可能。 高温と高圧で煮込み時間を大幅短縮することができます。 ・圧力鍋は余熱性能が高いので、火を止めた後も高温高圧調理が持続。 加熱時間が減った分だけガスの使用時間が減るので、その分のガス代が節約できます。 ・圧力鍋はパッキンや重りなど部品が多いので掃除の面倒さや、紛失のリスクもあります。 加圧後は圧力が下がってフタを開けられるようになるまでの時間も必要なので、余熱調理ができる料理に向いています。 ・圧力鍋の部品や材質によって特徴が異なります。 家族の人数や目的に合わせて選ぶと良いでしょう。 大きすぎる圧力鍋も重くて扱いづらくなってしまうので注意しましょう。 関連記事.

次の