日本 初 アウトレット モール。 全国のアウトレットモール情報

アウトレットモールは好きですか?

日本 初 アウトレット モール

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、第3期増床計画を推進しておりました「」(所在:千葉県木更津市 運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)を10月26日 金 にグランドオープンいたします。 さらに、ホスピタリティの高い新サービスの提供や、美しい自然を感じられるガーデンテラス、ラウンジ、カフェなどレストスペースの拡充によって、お客さまにより快適にお過ごしいただける施設として滞在機能の強化を図ります。 アウトレット日本初出店17店舗 全308店舗の個性あふれる充実のラインナップへ• 回遊性の向上とレストスペースの拡充でさらに快適なデイトリップリゾートへ進化• 1 アウトレット日本初出店17店舗 全308店舗の個性あふれる充実のラインナップへ 今回、全73店舗の新規出店と、30店舗の移転リニューアルを合わせて、施設全体で計308店舗とな り、店舗数日本一のアウトレットモールへと進化いたします。 アウトレット日本初出店17店舗を迎え、ここでしか体験できないアウトレットショッピングをお楽 しみいただけます。 また、ラグジュアリーブランドはもちろん、日々の暮らしを豊かに彩るライフス タイルショップも充実させ、上質で希少価値の高いブランドラインナップをご提案いたします。 第3期増床エリア 新規店舗 2. 第3期増床エリア 移転リニューアル店舗 3. 既存エリア 新規店舗・移転リニューアル店舗• 「日本初」はアウトレット物販店舗として日本初出店、 「関東初」はアウトレット物販店舗として関東初出店、 「期間限定」は期間限定の出店です。 出店ブランドの一部を抜粋して掲載しております。 詳細はをご参照ください。 一部、10月26日以外の日程でオープンする店舗もございます。 2 回遊性の向上とレストスペースの拡充でさらに快適なデイトリップリゾートへ進化 当施設は、2012年4月の第1期グランドオープンより、都内や羽田空港、千葉県、神奈川県などからのアクセスが良好なリゾートアウトレットとして、「BOSO CITY RESORT」をコンセプトにリゾー ト感・開放感を感じていただける空間づくり・施設運営を行ってまいりました。 今回の第3期増床計画では、お客さまにより快適にお過ごしいただけるよう、施設の滞在機能の強 化に向けた新たな環境づくりに注力いたしました。 エントランス部分の「ウェルカムホール」、美 しい自然に囲まれた「ガーデンテラス」、各種サービスの拠点「サービスラウンジ」などにカフェ やレストスペースを充実させることで、お客さまに快適な滞在時間を提供いたします。 さらに、第3期グランドオープンにより第1期・第2期エリアを含めた施設全体のサーキットモール が完成し、回遊性が向上することで、様々な表情で彩られた施設内でのお買い物と街歩きの楽しさ がより一層際立ちます。 快適なリゾートショッピングの玄関口「ウェルカムホール」 第3期増床エリア北側エントランスには広々とした「ウェルカムホール」を設け、お客さまをお 迎えします。 ショッピングの合間にくつろぎのひとときを創出する「ガーデンテラス」 第3期増床エリアには、滞在時間の伸長・来館頻度の向上を促す新たな仕掛けとして、緑あふれる「ガー デンテラス」を新設いたします。 巨大なアウトレット施設の一角に、色鮮やかな花や実をつける植物や珍しい樹木を取り込み、四季折々の自然を感じられる憩いのオアシスを配置いたします。 ガーデンテラスにはカフェ、レストランが充実 ガーデンテラスに面した区画には、アウトレット施設初出店を含むこだわりの飲食店が出店。 駒沢公園や 日比谷で人気のお野菜カフェ「Mr. FARMER」や、インテリアショップ「ACTUS」が運営する北欧テイストカフェ 「SOHOLM CAFE」、京都老舗茶問屋直営の和スイーツを味わえる「茶匠 清水一芳園」、千葉のこだわり素 材で作る工房付きバウムクーヘンショップ「見波亭」、ロサンゼルスに本店を構えるチョコレートショップ「COMPARTES」 など、緑に囲まれてゆったりとお食事やお茶、お買い物をお楽しみいただけます。 店舗とのコラボレーション企画や新規イベント・ワークショップを開催 ガーデンテラス内には、隣接店舗とのコラボレーション企画としてACTUSのテラス家具が配置されるなど、洗練された空間でショッピングの合間にくつろぎのひとときを提供いたします。 加えて、ガーデンテラス内では、「emmi」、「Bianchi」、「STAUB」などの店舗とコラボレーションしたイベン トや、ガーデンテラスの設計に関わった有限会社温室代表のガーデンプランナー塚田有一氏による自然や植物に関するワークショップの開催を予定しており、ショッピング以外の楽しさも体感いただけます。 ラグジュアリーな空間で各種サービスを提供する「サービスラウンジ」 第3期増床エリアには、「インフォメーションカウンター」・大人もこどももゆっくりお過ごしいただける「ブックライブラリー」・大型ロッカーなど各種サービス機能を集約した「サービスラウンジ」を新設。 ブックライブラリーの運営にあたっては、「青山ブックセンター」と運営提携し、豊かで楽しい時間をお過ごしいただけるよう、厳選した書籍・雑誌をご覧いただけます。 ショッピングの合間の気分転換や、ショッピングの参考にもご活用いただけます。 また、キッズ用スペースには、こどもが楽しめる図鑑や絵本も導入予定です。 第3期増床エリア デザインパートナーのご紹介 第3期増床エリアの計画にあたっては、滞在機能の強化に向けた環境づくりを、各分野のエキスパートデザイナーと連携することで実現しました。 ランドスケープデザイナー 施設環境デザイナー ガーデンプランナー 株式会社スタジオゲンクマガイ 代表 熊谷 玄 ノンスケール株式会社 代表取締役社長 栗山茂(左) シニアアーキテクト 大石敬太(右) 有限会社温室 代表 塚田有一 2009年3月、株式会社スタジオゲンクマガイ設立。 広場や公園を中心にあらゆる「人のいる風景」のデザインに携わる。 当施設の屋外空間デザインに は第1期より参画。 その他、参画プロジェクトに「日清カップヌードルミュージアム」、「三井ガーデンホテル大阪プレミア」などがある。 *写真提供 Takamitsu Yamawaki - 427FOTO 大型商業施設、駅、集合住宅、ホテル、 オフィスなど建築設計からインテリア まで、幅広い用途のプロジェクトのデ ザイン全般に携わる。 当施設の施設 環境デザインには第1期より参画。 その他、「三井アウトレットパーク 台湾 林口」、「KLIA SEPANG」をはじめとし た、中国・台湾・マレーシア等、海外プ ロジェクトの実績も多数。 ガーデンプランナー、フラワーアーティ ストとして、ランドスケープから花活け、 オフィスのgreeningなど空間編集を手 がけ、赤坂氷川神社の花活け教室「はなのみち」他講師を務める。 自社オフィスで様々な講師を招き、イ ベント「TERRAIN VAGUE(都市の空 地)」を定期的に開催。 *写真提供 ナカサアンドパートナーズ 3 多様なお客さまのニーズに応えるホスピタリティあふれる新サービスの提供• 「サービスラウンジ」のスタッフがお客さまのお車をお預かりし、お帰りの際は車寄せまでお届けしますので駐車場を探したり荷物を運ぶ手間がなく快適なお買い物が楽しめます。 手荷物預かり所を設置し、快適なショッピングをサポート ショッピングバッグだけでなく、キャリーケースにも対応した無料の手荷物預かり所を既存エリ アおよびサービスラウンジ内に新設。 お客さまに快適なショッピング体験を提供し、満足度の向上を図ります。 子育て世代に優しいサービスや機能が充実• フードコートにはキッズスペースの他、使いやすい「こあがり席」を設置。 貸し出しベビーカーを68台から98台に増設。 こどもが楽しめる「サービスラウンジ」内のキッズ用「ブックライブラリー」や、屋外キッズパーク、レストラン内のキッズメニューや授乳室、こどもトイレなど子育て世代に優しいサービスを完備。 Trim株式会社が開発した、授乳・離乳食・オムツ替えなどを安心して行える完全個室型の授乳室「mamaro」をアウトレット施設で初めて導入します。 ICTの活用により、スマートフォンで空室状況を確認できる授乳室・オムツ替え検索アプリと連携します。 海外からのお客様へのおもてなしサービスを拡充 英語、中国語の2ヶ国語に対応したツーリストインフォメーションセンター、プレイヤールーム、大型ロッカーの設置とフリーWi-Fiの拡充を行います。 また、外国人観光客向けのサービスの拡充 も予定しております。 社会的な課題やニーズに合わせたサービス、取り組み 第3期グランドオープンのポイントとしてご紹介したサービスの他にも、ES(従業員満足)向上 や、環境との共生、地域への貢献などの社会的な課題やニーズに合わせた様々なサービスや取り 組みを行います。 ベストサービスの提供に向け、従業員の休憩スペースを増設 第3期増床エリアの従業員休憩スペースには、空間演出に環境 デザイナーのアドバイスを取り入れたほか、Wi-Fi設備や充電用 コンセントも設置し、ES(従業員満足)向上を図ります。 また、 今回の開発に併せて既存エリアの休憩スペースもリニューアル いたしました。 環境共生型アウトレットモールへの進化 太陽光発電設備において、これまでの発電容量1,100kWに加え て500kWを増設。 合計発電容量1,600kWの太陽光発電設備となり、 再生可能エネルギーの普及に貢献いたします。 房総エリアの観光拠点として地域の活性化に貢献 2012年4月の当施設開業後、増床によって規模拡大してきた約6年の間に、周辺地域には様々な 企業が進出し、また新たな開発が多く行われ、房総エリアの観光拠点として賑わいが創出されま した。 当施設は、今後も房総レジャーの要所として地域や周辺施設と連携を図り、相乗効果を発 揮することで、地域の活性化に貢献してまいります。

次の

「三井アウトレットパーク 木更津」第3期グランドオープン(2018年10月26日)

日本 初 アウトレット モール

アウトレットとは、よいものを賢く買う出口!? アウトレット(Outlet)とは、英語で「出口」「はけ口」を意味します。 つまり、シーズン中に売り切れなかった在庫品や多少傷のあるB級品などが、プロパー価格(通常の店頭販売価格)より安く販売されます。 商品の詳しい種類や用語についてはをご覧ください。 アウトレットには、メーカーなどが自社で生産したものを直接販売するファクトリー・アウトレットと、小売店がメーカーから仕入れた在庫品を販売するリテール・アウトレットの2種類がありますが、多くの国内アウトレット店ではこれらが混在します。 アウトレットの立地条件は、都市圏から車を利用して片道90分(これらを「コア商圏」と呼びます)に立地しているのが特徴です。 人気の衰えない、アウトレットの歴史と由来 三井アウトレットパーク入間は量販店コストコに隣接 1980年代にアメリカで誕生したアウトレットストアは、90年代に入り価値志向、価格重視を追い風に急成長を遂げました。 従来型のディスカウントストアとは異なり、品ぞろえ・ブランドバリエーションを充実させているのが特徴で、ファクトリー・アウトレットストアとも呼ばれます。 ショッピングセンター(SC)とは競合しない点で、アウトレット・モールSCと表現されることも。 ちなみに「モール」は屋内をイメージさせるため、アウトレットセンターと表記する管理運営会社もあります。 ここでは、これらを総称して「アウトレット」と表現します。 アウトレットが日本に初上陸したのは1993年。 埼玉県ふじみ野市にオープンしたが第1号です。 次いで、、が開業。 90年代後半以降、出店ラッシュを迎えます。 2009年7月に開業したチェルシーグループのあみプレミアム・アウトレット やがて、米国SCデベロッパーの大手・チェルシープロパティグループが参戦。 その1号店となったのが、2000年に開業したで、店舗数は206(2009年6月現在)と国内最大です。 このチェルシーグループによる「」は、国内老舗の三井不動産系管理運営会社・ららぽーとマネジメントが展開する「」とともに、国内アウトレットで人気を二分しています。 また、地場の開発業者などが展開するご当地アウトレットを含めると、北海道から沖縄まで津々浦々、30強ものアウトレット施設が日本国内に点在します。 ショッピングに非日常の楽しみを与えてくれるアウトレットは、観光地やその周辺、観光ルート上に立地することも多く、観光地の集客力と売上には相関関係があるといわれています。 また、アウトレット自体がひとつの観光資源として、都市圏から誘客している点も見逃せません。 アミューズメント性が高く、スーパー安・近・短の代名詞ともなりつつあるアウトレット。 百貨店の売上が落ち込むなか、とりわけ2008年の世界金融危機以降もアウトレットは売上や来客数を順調に伸ばしています。 更新日:2009年11月16日.

次の

日本初!MERRELLアウトレットショップが酒々井プレミアム・アウトレットに限定オープン

日本 初 アウトレット モール

「THE OUTLETS HIROSHIMA」の外観(筆者撮影) 最近、百貨店、GMS(総合スーパー)の低迷に始まり、ショッピングセンター(SC)も乱立する中、小売業界は勝ち組と負け組の差が鮮明になってきています。 その中でモールは開業数を増やし、売上高も伸ばしてきています(一般社団法人日本ショッピングセンター協会によれば、現在全国38カ所)。 2強といわれれるプレミアム・アウトレット(三菱地所)と三井アウトレットパーク(三井不動産)以外にも、イオンが越谷(レイクタウンアウトレット)に次いで今年4月に参入してきました「THE OUTLETS HIROSHIMA」も斬新です。 しかし、今なぜアウトレットなのでしょうか? お客様から見たアウトレットの位置付け 1993年に日本初のアウトレットモールが開業して以降、日本各地に続々と大型アウトレットが誕生しました。 日本人が過去からアウトレットを利用してきた理由は、百貨店顧客層がラグジュアリーブランドの商品を定価で百貨店で買わなくなった(もしくは買えなくなった)人たちが流れているからです。 彼らは生活の質を落としたいわけではなく、ブランド物の型落ち商品でもあまり見た目が変わらなければ、安く購入できるアウトレットで十分と考えています。 一方で、ブランド物の価値をわからない、認めない方たちにはいくら安くても無用の長物であることも確かです。 全国百貨店売上高が1991年のピーク時9兆円を超えていた頃から、6兆円割れとなった現在、よく言われるEC(ネット通販)やSC(アウトレット以外)に取られたというのはまったく間違いで、業界全体の売上額の伸びた金額と落ちた金額での比較にすぎません。 ラグジュアリーやブランドを志向する顧客層が百貨店で買わなくなった理由は、価格以上の価値が見いだせていない、この一言に尽きるのです。 ピーク時から20年以上を経て、お客様に対する売り方・見せ方に変化が起きてきているのに、百貨店業界が対応しきれていないだけなのです。 2017年4月に開業したギンザシックス。 出店するテナントから賃料を受け取る仕組みで、まさに高級ファッションビル(FB)といえる(編集部撮影) この百貨店顧客層の売り上げを確保する手法として、GINZA SIX(リアルの売り方の変化を示した高級FB)と、STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメントが2018年2月から展開する大人のためのECモール)が挙げられますが、まだまだこれから挑戦段階なのです。 この2つのTRYはこれからどう広がりを見せるのかも筆者にとっては楽しみの1つです。 このようなTRYを試みていかないと百貨店顧客層は百貨店で買うものがなく、アウトレットでも構わない状態になってしまいます。 またアウトレットでは最近ファッションビル系(FB)のルミネやパルコなどに出店するブランドや、SCブランド(FBとSCは顧客層が異なる)のお店まで出店しています。 前出のラグジュアリーブランドを求める顧客層とはまったく一線を画した顧客層もアウトレットが取り込んでいます。 これはFBやSC内に出店するお店に魅力を感じなくなってきていることと同義であり、上記SCが低迷しつつあることの表れともいえます。 インバウンドにとってのアウトレットとは 片や年々増加するインバウンド層の動きも顕著です。 今まで訪日中国人を中心に百貨店でラグジュアリーブランドなどを購入してきたインバウンド顧客層はそのままでも、ビザの緩和やLCC(格安航空会社)の就航などもあり、その下の中間層までが来日してきています。 百貨店で購入できるのは化粧品のみという人たちが、衣服はアウトレットで購入する動きも見られます。 これまで彼らは日用品等の購入については、街中のドラッグストアで購入していました。 それが、今やアウトレットの中にマツモトキヨシが出店しているくらいなのです。 三井アウトレットパーク入間や幕張などですが、アウトレットだからと言って格段に安くはありません。 このような出店戦略は、インバウンドのお客様にとって利便性のある買い物ができることを意識しているのです。 最初から訪日外国人が増加するからと期待するのではなく、誰が・どのような属性の人が来日されるのかが重要なのです。 アウトレット内でのワンストップショッピングで済ませられるので、観光がメインになっても不思議ではありません。 これからのアウトレットは、ファッションのみではなく、食・住にまでテイスト軸を持った編集能力も期待されます。 特に飲食を増加させ、1日楽しめる館にすることも重要でしょう。 アウトレットでこのようなことまで対応できているのなら、百貨店やGMSももっと顧客に寄り添うことが望まれているのです。 現在百貨店の化粧品も伸びてはいますが、中間層向けの化粧品店が今以上にアウトレットに出店されれば、現在の伸びは鈍化することは目に見えています。 これからは、日本の百貨店に憧れて来る人を定着させ、他のカテゴリーにまで広げる顧客対応が必要不可欠でしょう。 最近OPENしたイオンが展開する「THE OUTLETS HIROSHIMA」は、飲食比率が低く、内接するイオンでカバーしています。 これは、神戸三田プレミアム・アウトレットと道路を挟んだオーバーブリッジのイオンモール神戸北(SC)の横連携を自社内で縦連携に置き換えたもので、お互いの補完が偶然できていたコピーともいえるでしょう。 本来はアウトレット単体でのワンストップショッピングであってほしいのですが、同じグループ内での補完は相乗効果を生み出します。 上記の神戸北は平日でも軽乗用車などで駐車場が埋まっており、食品の買い物客で安定しています。 「THE OUTLET HIROSHIMA」もそうなることを期待します。 また、三井アウトレットパーク 北陸小矢部(富山、2015年7月開業)も、北陸初のアウトレットです。 三井アウトレットパーク 北陸小矢部の外観(筆者撮影) 周りに何もない最寄駅(石動)からバスでわずか9分のところにあります。 館の内容(ショップ)自体はラグジュアリーとべーシックのバランスもこの地域に合わせられています。 ですが、筆者の印象では、外観は米国の砂漠の中にあるアウトレットのような派手な配色であり、海老名駅前のSCのようです。 このように活況を呈してるというアウトレットでさえ、修正箇所が散見され、改修することにより、大きな売り上げも見込めます。 もちろん、館を造る前にやるべきではないことがわかっているケースも多く見受けられ、まだまだ伸びしろがあります。 道義を優先すれば、利益は後からついてくる 売り上げはお客様の評価バロメーターであり、営業利益額や利益率は経営者への評価バロメーターです。 売り上げが伸びても利益額の取れない企業が多いのも実態です。 利益率も小売業平均は他業種と比べても現状低いのです。 他業界も参考にしながら、高収益に向かっていただきたいのです。 儲けないと小売業の本質である「先義後利」の継続ができないからなのです。 売り場以外にはヒントとマネーが落ちていないのですから、常に現場でヒントや気付きを見つける知力と、それを拾う体力を身につけることが企業を維持向上させていく重要なファクターなのです。 マーケティング力とマーチャンダイジング力、プロモーション力、そしてマネージメント力のバランスのいい経営力が必要といえるでしょう。 本記事へのご意見、ご質問はまで。 外部サイト.

次の