マーベル ランナ ウェイズ シーズン 3。 【Hulu 海外ドラマ 3月配信】『t@gged/タグド』『ザ・ラストシップ』『マーベル ランナウェイズ』など見放題: VODで映画・ドラマを楽しもう!

マーベルドラマ「ランナウェイズ」、シーズン3で「クローク&ダガー」とクロスオーバー

マーベル ランナ ウェイズ シーズン 3

2017年、 ・シネマティック・ユニバースはかつてない活況を呈した。 『ドクター・ストレンジ』(製作・米国公開は2016年)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『スパイダーマン:ホームカミング』『マイティ・ソー バトルロイヤル』という、質・量ともにおそるべき充実をみせた長編映画群。 『 』『アイアン・フィスト』『ザ・ディフェンダーズ』『パニッシャー』と立て続けに配信されたNetflix製作ドラマ。 日本でも観られることがわかっている作品から、米国での放送・配信が決まっているドラマシリーズまで、本記事ではたっぷりとご紹介していきたい。 注意 この記事には、マーベル・シネマティック・ユニバースの過去作品についての言及が含まれています。 2018年、長編映画は3作品 マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)が2018年に公開する長編映画は、『 』『 』『 &ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』の3本。 父親ティ・チャカを失った青年が、若き国王として故郷ワカンダを治めようとするが、その内外には国家の転覆を狙う存在があって……。 予告編のダークなテイスト、クールな映像スタイルは従来のMCU作品になかったもの。 政治劇的な側面が取り入れられていると思しきストーリーにも期待しよう。 監督を務めるのは、『フルートベール駅で』(2013)と『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)を手がけた気鋭。 主演の のほか、ヴィランには『クリード』主演のマイケル・B・ジョーダン、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)以来の登場となるアンディ・サーキスが配されている。 ルピタ・ニョンゴ、 、ダニエル・カルーヤ、そして名優 といった豪華出演者によるアンサンブルも楽しみだ。 つづく『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編にワカンダの場面がたくさん登場しているあたり、一連のストーリーにおける本作の重要性は推して知るべしといったところ。 アベンジャーズのメンバーはもちろん、スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、そしてガーディアンズ・オブ・ギャラクシーまで総登場する大盤振る舞いだ。 ヒーローのみならずヴィランも複数登場する、新キャラクターも参戦するなど諸説あるものの、今のところわかっている内容は「闇の帝王サノスが地球にやってくる」というだけ。 監督を務めるのは、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ。 社会性をはらんだテーマ、そしてシリアスな群像劇を鮮やかな演出力で一気に見せてしまうその力量は、お祭り映画だった『アベンジャーズ』をさらなる高みへと引き上げてしまうのか? もちろん、これまでMCUを彩ってきたスター俳優たちによる夢の競演にも期待しよう。 『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』(7月6日米国公開) 2015年『アントマン』の続編にして、前作ヒロインだったホープ・ヴァン・ダイン( )が新ヒーロー・ワスプとしてお目見えを果たす一作。 MCU初のラブコメ映画になるともいわれているが、その全貌は依然として謎に包まれている。 前作は痛快な強盗コメディだったが、はたして……。 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以後の作品とあって、なにやらもありそうだ。 監督本人の悲願だったというジャイアント・マン(『シビル・ウォー』で先行登場)もいよいよ本格登場するようだ。 主演のポール・ラッド、前作から続投する やマイケル・ペーニャらに加えて、本作ではキーパーソンとしてミシェル・ファイファーや が新登場。 目を見張るような演技派俳優が揃い、さらに層の厚いメンバーで『アントマン』が帰ってくる。 ジャンル多彩、ドラマシリーズも続々登場 『マーベル インヒューマンズ』(2月~) c 2017 MARVEL 2018年、日本上陸を果たすMCUのドラマ作品の1作目は冒頭にも記した『マーベル インヒューマンズ』。 つづいて無料BS局Dlifeにて3月3日(土)から、Huluにて3月10日(土)から全エピソードが放送・配信される。 本シリーズは米国で2016年に製作・放送され、日本上陸が待たれていた一作。 インヒューマンズ(=超人類)のロイヤルファミリーが経験する壮大な冒険を描く物語で、主人公はインヒューマンズの王・ブラックボルト。 軍のクーデターによって突然に分断されてしまった王国で、追われる身となった王室メンバーは地球のハワイへ逃亡。 美しい自然と人間界に戸惑いながら、お互いを探し出し、祖国へ戻る道を探していく……。 『エージェント・オブ・シールド』シーズン5(2017年12月より米国放送中) 映画『アベンジャーズ』(2012)など初期のMCU映画作品に登場していたフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)をはじめ、S. のエージェントたちを描いた人気シリーズが早くも第5シーズンに突入。 シーズン4には、ファン待望のゴーストライダーがついに参戦し、ストーリーはますます盛り上がりを見せつつある。 本作の見どころとなるのは、映画版と設定を絡み合わせながら進行する独自のストーリーテリングだ。 シーズン5では、コールソンをはじめとしたS. メンバーがなぜか2091年の宇宙ステーションに送られてしまい、生き残った人類とともに地球帰還の方法を求めるという物語になるという。 ちなみに『エージェント・オブ・シールド』は今シーズンで記念すべき第100話を迎える。 Netflix製作のドラマシリーズとも世界観を共有していることが以前。 本作『ランナウェイズ』は、2003年より米国で刊行されているコミックを原案としたストーリー。 両親が実はスーパーヴィランだったという事実を知った6人のティーンエイジャーを描く青春群像劇で、親子の衝突や葛藤に重きを置いた内容になっているという。 脚本・プロデュースなど製作を統括するショーランナーには、ドラマ『ゴシップガール』(2007-2012)などのジョシュ・シュワルツ&ステファニー・サヴェージが就任している。 『Marvel 』シーズン2(3月8日配信) Netflix製作『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2は、すでに2018年3月8日より全世界同時配信が決定している。 ジェシカ・ジョーンズ役のクリステン・リッターのほか、レイチェル・テイラーやキャリー=アン・モスといった前シーズンの出演者が続投。 ヴィランとして不気味な魅力を放った、キルグレイブ役のデヴィッド・テナントも再登場するという。 『ジェシカ・ジョーンズ』の見どころは、陰惨な事件や犯罪、そこで生じるトラウマの問題をサイコスリラーとして描きつつ、女性ヒーローの物語として見事に成立させている点にある。 シーズン2がどんなストーリーになるのかは不明だが、主人公ジェシカの内面により深く迫っていく「」になるのだとか。 youtube. 光と闇という相反する能力をもった二人は力を合わせるが、それこそが世界をより複雑に、そして困難なものへと変えていく……。 ほかのMCU作品とは一風変わったストーリーは、どこかクラシックなラブストーリーを思わせるだろう。 闇を操るダガーを演じるのは、ドラマ『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』(2016)のオーブリー・ジョセフ。 光を操るクローク役には、歌手・女優として活躍する20歳の新鋭オリヴィア・ホルトが起用されている。 コミックで描かれているヒーローとしての設定をコメディの方向に振り切った翻案や、マーベル最強の女子ヒーロー・スクイレル・ガールの実写化でも話題を呼んでいた。 ショーランナーを務めるのは、ドラマ『クーガータウン』(2009-2015)やエミー賞受賞ドラマ『Scrubs~恋のお騒がせ病棟』(2001-2010)の脚本を手がけたケヴィン・ビーゲル。 出演には『THIS IS US 36歳、これから』(2016-)のミラーナ・ヴァインストルーブをはじめとしたフレッシュな顔ぶれが並ぶ。 『Marvel デアデビル』シーズン3(2018年配信予定) マーベルとNetflixによる共同製作シリーズ、その旗頭として高い評価を受けた『デアデビル』がついに第3シーズンを迎える。 内容は未知数だが、原案となるのはコミック『デアデビル:ボーン・アゲイン』(ヴィレッジブックス刊)だという説も。 同書はフランク・ミラー原作&デビッド・マツケリー作画による傑作だけに、その映像化とあっては否応なしに期待が高まるところだ。 『Marvel ルーク・ケイジ』シーズン2(2018年配信予定) 直球でエモーショナルなストーリー、魅力的な音楽センスで多くの視聴者の心をつかんだ『ルーク・ケイジ』は、早くもシーズン2の製作が決定済み。 ショーランナーには前シーズンに引き続きチェオ・ホダリ・コーカーが就任しているほか、第1話の監督を女優のルーシー・リューが担当することが。 ルーク・ケイジ役のマイク・コルターをはじめ、シモーヌ・ミシック、ロザリオ・ドーソンら主要メンバーはシーズン2にも続投。 『Marvel ザ・ディフェンダーズ』につづき、フィン・ジョーンズ扮するアイアン・フィストも登場するということだ。 長編映画3本、ドラマシリーズは(『マーベル インヒューマンズ』を除いて)7作品。 もはやあまりにも膨大すぎるマーベル・シネマティック・ユニバース、どこまで追いかけることができるだろうか? 日本上陸の決まっていない作品は多いが、見られる作品だけで手一杯になってもおかしくない本数だ。

次の

マーベル『ランナウェイズ』あらすじ キャスト解説!シーズン1放送開始は2017年11月

マーベル ランナ ウェイズ シーズン 3

本シリーズは高校に通う6人の少年少女たちが、ある日両親が属する慈善団体「ザ・プライド」が悪の組織だったことを知り、彼らは自身に宿るスーパーパワーを覚醒させて"ランナウェイズ"を結成し、悪の組織の野望を阻止するため立ち向かっていくというストーリー。 終了の発表を受けて、チェイス役のグレッグ・サルキンは自身のInstagramで感謝の気持ちを伝えた。 「3つの成功したシーズンを楽しんだことはとても幸運だと思っています。 私を信じてマーベルのテレビ番組に起用してくれて、素晴らしい経験をもたらしてくれた(クリエイターの)ジョシュ・シュワルツとステファニー・サヴェージ、(製作総指揮の)ジェフ・ローブに感謝を示したい。 12月13日に配信されるファイナルシーズンを迎えることは、間違いなく切ないです。 しかし、一つのドアを閉じると別のドアが開きます。 私は将来にワクワクしています。 そして、私が新しいキャリアに入るときいつもサポートしてくれるファンのみなさんに感謝しています」 本シリーズは、これまで『エージェント・オブ・シールド』『レギオン』『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』など多くのドラマシリーズに携わり、が手掛けた作品の一つ。 ローブのこの決断が終了に繋がったのかは不確かだが、2020年にファイナルシーズンの放送を控える米ABCの『エージェント・オブ・シールズ』を含め、現在放送・配信されているマーベル実写TVシリーズはすべて終了することとなった。 事実、米Freeformのことが彼の退社が明らかになったタイミングで発表されている。 米Huluは『マーベル ランナウェイズ』関して、継続のために最善を尽くしていたというが、クリエイティヴな視点から見ても終わることは自然だったようだ。 全10話構成となる『マーベル ランナウェイズ』シーズン3は、本国アメリカで12月13日(金)より米Huluにて配信される。 日本ではシーズン1&2がHuluにて配信中。 視聴記録やレビューはをチェック!(海外ドラマNAVI).

次の

エリザベス・ハーレイが、『マーベル ランナウェイズ』シーズン3でヴィランに

マーベル ランナ ウェイズ シーズン 3

シーズン1 アレックス・ワイルダー 演:レンジー・フェリズ エイミーの死後、疎遠になった仲間達を集める。 ランナウェイズのリーダー的存在でパソコンに詳しい。 ニコに気持ちがある。 ニコ・ミノル 演:リリカ・オカノ 死んだエイミーの妹。 母が持っているスタッフで魔法が使える。 ゴスロリっぽいファッションをいつもしている。 カロリーナ・ディーン 演:ヴァージニア・ガードナー 母が運営する教会を手伝っている真面目な少女。 生まれた時からしているブレスレットを外すと、体がキラキラ輝く。 光で攻撃し空中を飛ぶことができる。 ガート・ヨークス 演:アリエラ・ベアラー 女性の権利を主張する活動をしている。 両親が地下で恐竜を飼っていて、ガートの言うことには素直に従う。 チェイスに気があり、スペイン語の家庭教師を買って出る。 チェイス・ステイン 演:グレッグ・サルキン メカに強く発明品を開発している。 攻撃用のガンとレットを父親と共に完成させる。 カロリーナに気があり、パーティーで襲われそうになっていたのを助ける。 モリー・ハイエス 演:アレグラ・アコスタ 子供の頃両親を亡くし、ヨークス家に引き取られる。 怪力の持ち主で力を使った後は眠ってしまう。 キャサリン・ワイルダー 演:エンジェル・パーカー アレックスの母。 やり手弁護士で沈着冷静。 ジェフリー・ワイルダー 演:ライアン・サンズ アレックスの父でプライドのリーダー。 刑務所に入っていたことがあり、友人に罪を肩代わりしてもらって早く出所する。 自宅の地下にプライドの儀式用の場所が隠されている。 レスリー・ディーン 演:アニー・ワーシング カロリーナの母でギボリム教会の経営者。 プライドの儀式のいけにえを選んでいる。 ジョナと関係を持ち、彼の指示通りに仕事をこなしている。 フランク・ディーン 演:キップ・パルデュー レスリーの夫。 元俳優だがエージェントから契約を切られ、レスリーの教会の運営を手伝っている。 オーロラには行けなかったがジョナが力を与える。 ジャネット・ステイン 演:エヴァー・キャラダイン チェイスの母。 専業主婦で夫の暴力に耐えかねて、 ビクター・ステイン 演:ジェームズ・マースターズ チェイスの父。 世界的な技術ネモの開発者で会社のCEO。 妻や子供に手を上げることも。 ステイシー・ヨークス 演:ブリジッド・ブラナー ガートの母。 科学者で夫と共に遺伝子研究などをしている。 両親を亡くしたモリーを引き取って育てている。 デール・ヨークス 演:ケヴィン・ワイズマン ガートの父。 科学者でステイシーと共に研究を続けている。 ティナ・ミノル 演:ブリタニー・イシバシ ニコの母。 エイミーの死後、彼女の部屋に誰も立ち入らせないようにする。 大手企業を経営していて、魔法を使える。 ロバート・ミノル 演:ジェームズ・ヤエガシ ニコの父。 温和で冷淡なティナをなだめることも。 夫婦仲が上手くいかず、ジャネットと浮気してしまう。 ジョナ 演:ジュリアン・マクマホン レスリーの父親の知り合い。 15年前からプライドのメンバー達に力を授け、代わりに1年に1人のいけにえを得て命を長らえている。 プライドが支援する小学校建設に熱心。

次の