プログラマー きつい。 プログラマーってきつい仕事なのですか?

3K、3K言うな!IT業界の3K問題について考える

プログラマー きつい

Contents• 未経験からプログラマーになるのは「きつい」「やめとけ」は嘘である理由• IT業界が人手不足のため、未経験からでもプログラマーになれるから• スキルをつければ自由に生きやすい仕事だから 理由は大きくこの2つです。 それぞれ解説しますね。 IT業界が人手不足のため、未経験からでもプログラマーになれるから まずは 「なりやすさ」の観点です。 どのくらい不足しているの?【実データから見てみる】 現在のプログラマーは人手不足のため、未経験からでもプログラマーになりやすいです。 どのくらい不足しているかというと、実データは以下です。 上記はIT人材の不足規模を調査したデータなのですが、これを見ると、• 2015年時点:約17万人のIT人材不足 となっているんですよね。 加えて、この人材不足は2030年には約59万人と、止まることなく、今後さらに進行していくと予想されているんですよね。 プログラマーが不足しているからこそ、未経験にもチャンスあり 当然ながらこれだけ不足しているので、業界の中では経験者は引っ張りだこです。 だからこそ、未経験者にチャンスがあるんですよね。 そんな状況ですから、初心者向けのプログラミングスクールを利用すれば、未経験でも最短数ヶ月で、プログラマーとして就職・転職できます。 例えば僕も、20代後半でプログラマーにキャリアチェンジしましたが、その際はプログラミングスクールの を使いました。 実際に転職するまでは、3ヶ月もかかりませんでした。 未経験からプログラマーになることはきついというのは、一昔前であればそうだったかもしれません。 ですが今は、上記のような就職サポートが充実したプログラミングスクールもありますし、そもそもプログラマーが人手不足のため、未経験からでもプログラマーには十分なれるんですよね。 スキルをつければ自由に生きやすい仕事だから 「プログラマーの仕事はきついから、やめとけ」という意見もありますが、 プログラマーはスキルを付ければ、圧倒的に「自由」に生きやすい仕事なんですよね。 スキルが汎用的なので、会社に依存しなくて良い【身軽】 上記の通りで、プログラミングスキルは 「汎用的」です。 つまり、一つの会社内だけでなく、別の会社でも、どこでも共通して価値を発揮できるんですよね。 会社員として働いていると、「会社内だけでしか通用しないスキル」しか身につかないことが多いです。 ですがプログラマーの場合、別にその会社以外でも、どこでも汎用的に使えるスキルが身につくんですよね。 個人的には、このメリットが絶大だと思っています。 仮にブラック企業に入ってしまっても、依存する必要がない なので、仮にブラック企業に入ってしまったとしても、 そもそもその会社に依存する必要がないんですよね。 事実、「嫌なので別の会社にいきます」で、転職もできます。 「プログラマーはやめとけ」という方の中には、おそらく「客先常駐」のSESの働き方をみて「やめておけ」という方もいると思います。 客先常駐の企業には、労働環境が良くない企業が残念ながら一定数存在します。 なので確かに、この部分だけ切り取ると、「プログラマーをやめとけ」ということは一理理解できます。 ですがこの場合も、スキルを身につけておけば、「嫌なら辞められる」んですよね。 なので、思っているよりリスクは全然ないですし、むしろどこでも通用する手に職がつくので、自分で「会社」を選ぶ立場になることができます。 ですから、会社に依存する必要がそもそもないんですよね。 参考までに、きつい仕事(現場)の特徴や、現役の技術者が仕事を辞めたいと思う理由は、でまとめています。 結論、やはり「客先常駐」が多いですが、スキルをつければ依存する必要なしです。 会社員だけじゃなく「独立」の道もできる 加えて、会社員として生きずに、 「独立」してフリーランスになることもできます。 例えば僕の友人も、プログラマーとして実務経験を2年ほど積み、Webプログラマーとして独立している方がいます。 Web制作を中心に仕事を請けていますが、収入も会社員時代より多く、その上働く時間は減り、ストレスも圧倒的に減ったようです。 僕も同じく、実務経験1年弱でフリーランスエンジニアになりましたが、収入は増え、一方、働く時間は減りました。 控えめに言っても、プログラミングを学んでキャリアチェンジしてよかったなと思っています。 このように、• 市場的にも、未経験からでもプログラマーになりやすい• かつ、スキルを身につければ会社に依存することなく、自由に生きられる という絶大なメリットかつタイミングなので、個人的には未経験からプログラマーは最善の選択肢の一つだと思いますよ。 前述通り、仮にブラック企業に入ってしまったとしても、スキルを身につければ依存する必要がありません。 なので、リスクは限りなく小さいです。 むしろ、汎用的なスキルが身につかず、いまの会社以外で通用しない人材になる方が、よほどリスクは大きいと思いますよ。 未経験からプログラマーになるステップ 結論、以下のステップです。 未経験からプログラマーになるステップ ステップ1:プログラミングの基本を学ぶ ステップ2:プログラミングスクールを利用する ステップ3:転職活動を行う 上記の通りです。 プログラミングの基本については、ネットでできる「学習サイト」などを使うと良いです。 おすすめはでまとめています。 期間は「1週間程度」で良いと思います。 本格的にプログラマーになるなら、プログラミングスクールを利用しましょう。 最近のスクールは就職・転職サポートもついているので、 「プログラミング学習+就職サポート」をセットで受けられます。 しかも、中には 「無料」のスクールもあるので、お金がない人でも、未経験からプログラマーを目指せます。 こういったスクールを使えば、 未経験からでも数ヶ月でプログラマーになれるので、プログラマーになりたいならトライしましょう。 とはいえ、スクールにも良し悪しがあるので、適当に選ぶと、支払ったお金ほどの価値がなかったりします。 なので、スクールはしっかり吟味して選ぶことがおすすめです。 参考までにとき、現役エンジニア目線でおすすめのプログラミングスクールはでまとめています。 僕が実際に使ったスクール含め、本当に信頼できる無料スクールもこちらで紹介しています。 プログラミングを学ぶ意思があるなら、参考にしてみてください。 未経験からプログラマーはきついは嘘。 チャレンジしよう 記事の内容をまとめます。 プログラマーの人手不足のため、未経験でもプログラマーになりやすい• プログラミングスキルを付ければ「自由度」が高まるのでおすすめ• 最短1ヶ月でもプログラマーになることが可能 上記の通りです。 僕は営業からフリーランスエンジニアになりましたが、控えめにいっても人生変わりました。 営業の時は安月給で、毎日残業続き、ストレスも本当に溜まっていて、未来に希望も持てていませんでした。 でも今は、週3勤務で自分のペースで働きながら、会社員時代を上回る収入を得ることができています。 それもこれも、「プログラミングスキル」を身につけたからこそ、実現できました。 プログラミングって、思っているよりも難しくないです。 スクールを使って正しく学べば、誰でもスキルの習得はできます。 だからこそ、この絶好のタイミングは逃さないことが必要ですね。 景気の流れが変わってしまうと、企業は採用をストップします。 その時、真っ先に道が閉ざされるのは「未経験者の採用」ですから。 ということで、本記事は以上です。 未経験からなれるとは言え、「年齢」を重ねてしまうと、その分不利になります。 本気で人生を変えたく、その手段にプログラミングがなり得るなら、まずは今日から、行動を起こすことが必要ですね。

次の

プログラマーの仕事はきつい?向いている人には天国です

プログラマー きつい

この記事の目次• 実態を解説! プログラマーは3K(きつい・帰れない・給料が安い)のか? まずは「3K」「35歳定年説」など、プログラマーがきついと言われる要因について1つ1つ考察していきます。 プログラマーは「3K」(きつい・帰れない・給料が安い)と揶揄されることがある職業です。 本当にプログラマーは「3K」なのでしょうか。 結論からすると、「きつい」「帰れない」は繁忙期に限って言えば、事実です。 しかし繁忙期に「きつい」「帰れない」ことは他の職業も同じであり、プログラマーに限ったことではありません。 そして「給料が安い」は平均年収データを見る限りでは、事実ではありません。 平成30年賃金構造基本統計調査によると、プログラマーの平均年収は約418万円です。 この額は他業種と大きく変わる金額ではありません。 たとえば20代男性の平均年収は369万円です。 プログラマーの給与が特別安いということはなく、繁忙期の残業代の支給やボーナスなども含めて考えると、むしろ他業種よりやや高額な給与を受け取る機会の方が多いです。 プログラマーの定年は本当に35歳? プログラマーは「35歳定年説」が指摘されることもあります。 プログラマーの35歳定年説とは、35歳を超えたプログラマーの市場価値が下がることを言い換えた言葉です。 35歳を超えると新たな技術へのキャッチアップが難しくなったり、体力的な限界を迎えることが「35歳定年」の理由とされます。 では35歳を超えると、プログラミングスキルを活かした仕事はできなくなるのでしょうか。 実際には、IT業界には35歳を超えてもプログラマーとして活躍する人材は多数存在します。 そのため35歳定年説は必ずしも事実ではありません。 35歳を超えたら退職を迫られるということもありません。 ただし多くの会社では35歳を超えた人材を、管理職に登用する動きが盛んになっていきます。 35歳を超えたプログラマーはキャリアを通じ、プログラミングだけでなく、マネジメントやマーケティングの知識も身についていきます。 技術とビジネスの双方に深い知識を持つ人材は非常に貴重なため、企業は35歳を超えたプログラマーに対して管理職への転身を促す機会が多いのです。 このようにスペシャリストとしてプログラミングにだけ専念する純粋な技術者は、35歳を超えると確かに少なくなってくるという面はあります。 つまり「35歳定年説」は、定年退職という意味ではなく、キャリアチェンジのタイミングが近いという意味ではある意味正しい言葉と言えるでしょう。 ホワイト企業に入れば「IT土方」にならずに済む? IT業界には上流工程を担当する「元請け」と、下流工程を担当する「下請け」があります。 そして、下請け業者からさらに業務を受注する「孫請け」があります。 下請けや孫請けで働くエンジニアのことを、建設業界の作業員になぞらえて「IT土方」と揶揄する声もあります。 IT土方という言葉が持つネガティブなイメージを嫌って、プログラマーになりたいとは思っていても、IT土方にはなりたくないという方もいるでしょう。 IT土方になりたくない場合は、上流工程を担当することができるエンジニアになることが近道です。 ただし上流工程を担当したいのであれば、案件の要件定義やヒアリングを行うスキルが必要です。 顧客の要望を汲み取り、使用する言語やフレームワーク、開発工程を決め、納期や予算も策定しなくてはいけません。 要件定義やヒアリングを行うには、技術への高い理解度が要され、自分自身に技術力がないのであればまずは下請けからでも経験を積む必要があります。 「ホワイト企業に入ればIT土方にならずに済む」というのはある意味では正しいですが、上流工程を担当するための一種の修行として、 下請けや孫請けでの業務経験が必要となることもあります。 また下請けを経験せずに、ホワイト企業に入ることができたとしても下請けの業務や必要なスキルを理解することは重要です。 「IT土方には絶対になりたくない」「楽な仕事をしたい」と思う方にとっては、確かにプログラマーはきつい仕事なのかもしれません。 実態を解説!「プログラマーはきつい」と言われる理由 残業が多く、体力仕事だから 365日残業で、食事も取れないほど忙しい訳ではありません。 どんな企業にも、繁忙期というものが存在します。 プログラマーの場合の繁忙期は以下の通りです。 リリース前• 四半期末• 年度末 リリースというのは、企業が提供しているアプリなどの新商品を提供する事を言います。 そのほかは、どのプロジェクトにも共通する繁忙期です。 この繁忙期は何もプログラマーだけでなく、 どの業界にも共通して忙しいと言えます。 なので、ブラック企業と言われる労働環境が悪い企業以外は、基本的に忙しい時期に波があり繁忙期以外は定時で帰ることができます。 給料が見合わないから プログラマーは基本的に経験やスキルによって給料の増減が大きい職種のため、特に 経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。 また、 下請け(SES)になるほど給料は少なくなるため、仕事量の割には給料が低い、頑張っているのに全然給料が上がらないといったこともよくあります。 顧客の都合に左右されやすいから プログラミングの仕事は、基本的に顧客があってのものです。 そのため、急な仕様変更や急な納期変更などは日常茶飯事で、それによって急に業務が増えたり、せっかく作った機能がなくなってしまったりということがよくあります。 自分のペースで仕事を進めることができないことに、大きなストレスを感じてしまう人は多いみたいですね。 テストが多いから プログラマーの仕事の中で大部分を占めるのは実は「テスト」の仕事です。 基本的にはテスト仕様書に基づいてテストを進めるのですが、意図しないバグや予想外の不具合が見つかる場合が非常に多いです。 新しい技術の習得が大変だから プログラミングは日々新しい技術が登場するので、 技術や情報を常にキャッチアップしておく必要があり、そうしたことは 基本的に業務時間外に行います。 そのため自然と働いている時間が長くなってしまったり、情報のキャッチアップそのものに疲弊してしまう人は少なくありません。 言語選定を間違っているから 実は プログラマーとして稼げるかどうかは、扱うプログラミング言語によることが少なくありません。 以下はビズリーチが発表したプログラミング言語年収ランキングですが、1位のGoと10位のCを比較すると 平均年収では75万円、最大提示年収では600万円と大きな差があります。 引用元:ビズリーチ そのため同じ時間働いたとしても収入に大きな差が出てしまい、 「対価に見合わない」ということでプログラマーの仕事はきついと感じることも多いみたいですね。 ちなみに、あなたに合った言語が何かは以下のリンクから30秒ほどで無料で確認できますので、ご利用ください! プログラマーをやる3つのメリット ここまで、プログラマーがきついと言われる理由を見てきました。 1つ1つの項目を見ていくと、プログラマーになるメリットが分からなくなる方もいるかもしれません。 しかしプログラマーは、多少きつい時があったとしても、それを乗り越えることでより大きなメリットが得られる仕事でもあります。 売り手市場で年収が上がりやすい プログラマーは2020年現在、売り手市場です。 経済産業省が発表している「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によると、2019年をピークにIT人材の供給は減少に転じるとされています。 2020年には37万人、2030年には79万人不足するとの予測も立てられており、IT人材の不足は長期化する見込みです。 プログラマーやエンジニアにとっては売り手市場が長く続くということでもあり、年収が上がりやすいです。 つまり若い頃はプログラマーとして経験を積み、年齢を重ねたら「プログラミング技術に精通した管理者」としてキャリアを歩むこともできます。 またフリーランスとして独立したり、講師になるといったキャリアパスもあります。 プログラミングスキルを武器に、幅広いキャリアパスを選べることもプログラマーのメリットです。 AI・VR・ブロックチェーンなど成長産業に関わることができる IT業界ではAI(人工知能)やVR、ブロックチェーンなどが成長産業として注目されています。 AI(人工知能)開発の主な言語は「Python」、VRの主な開発言語は「C 」、ブロックチェーンでは「Soldity」というJavaScriptライクな言語が主に使用されます。 これらの言語は他の分野の開発でも使用されています。 逆に言えば他分野のプログラマーであっても、使用する言語は同じ、もしくは似ているためこれらの新規分野に参入しやすいということです。 成長意欲が旺盛な方や、新たなテクノロジーにワクワクを感じる方であればプログラマーはとてもやりがいを感じる仕事です。 未経験からでも優秀なプログラマーに成長した人はいる プログラマーは未経験からでも転身することができる仕事です。 IT人材は慢性的な不足に陥っており、ポテンシャル採用枠が広く、短期間で集中的に学習したのち、現場で経験を積めば、独立後に時間単価1万円の仕事を獲得することも夢ではありません。 こちらの記事では未経験からエンジニアに転身し、時間単価1万円以上の仕事を多数獲得し、現在は1600名以上在籍するオンラインサロンも運営する雑食系エンジニアの勝又さんにインタビューをしています。 勝又さんの未経験からのプログラマー転職のキャリア戦略も、ぜひ参考にしてください。 「きついプログラマー」を回避! あなたに合った会社の選び方 では「仕事のきついプログラマー」にならないためにはどうすればいいのでしょうか? あなたに合った会社の選び方を簡単に解説します。 会社の「階層」をチェックする まず大前提として、この業界には事業内容によっていくつかの階層が存在します。 自社製品を開発する会社 2. プログラムの受注・納品をする会社 3. プログラムの一部を作成する会社 4. プログラマーを派遣する会社 このリストは業界の大まかな階層を表しており、数字が大きい方が労働環境や待遇面がよくないと言われています。 業界のシェアや会社規模にもよりますが、 自社製品を開発している企業はメーカーとしてある程度の地位を確立できます。 そのため、労働環境や待遇も良い企業が多いです。 一方で4番目の派遣は、非常に労働環境や待遇面では劣悪でおすすめしません。 もちろん、派遣企業にもよりますが、給料が安かったり長時間労働になったりしやすいのが現実です。 求人情報を隅々までチェック 先ほども業界の階層についてご紹介した通り、 事業内容はチェックする必要があります。 未経験で常駐型の派遣先に飛ばされる可能性もあります。 そうなると、何をどうしていいのか相談する相手もいないので心身ともに辛い思いをします。 そのほかは、 給料や残業時間など、一般的に確認しておくべきポイントを確認して自分の希望条件と合うかチェックましょう。 一点注意していただきたいのは、残業時間は平均の出し方によって数字が変わってくるのであまり鵜呑みにはしないほうがいいでしょう。 面接時に「3つの質問」を必ずする 面接では最後に面接担当者から質問はあるか確認してもらえるので、以下の3点を質問してみましょう。 未経験者はいるか• いたらどんな業務をしているのか• 平均勤続年数 未経験者が全く初めての場合、あなたも企業側もコミュニケーションなどに注意して行わなければ、仕事ですれ違いが起きやすくなります。 すでに何人か受け入れている場合は、現在どのような業務を行なっているか知ることで、あなたの入社後の仕事内容もある程度想像することができます。 勤続年数は求人に書かれている場合もあります。 書いていない場合は、直接聞きましょう。 長ければいいというものでもありませんが、一つの目安として 短い企業は要注意としましょう。 ただ、離職率の高い企業は教えてくれない場合もあります。 転職の口コミサイトなどもあるので、活用してくださいね。 給料・待遇ともに良いプログラマーになりたいなら 最後に給料面・待遇面ともに良いプログラマーになるための方法を解説します! なお、ここで言う「給料面・待遇面ともに良いプログラマー」というのは、 働き方や給料を自分で選ぶことができる、選択の幅があるプログラマーのことを想定しています。 いくら収入が多くても、休みなく働いていては意味がありませんし、その逆もまたしかりですよね。 そんな選択の幅のあるプログラマーを目指すための方法を書いていきます。 スキルの幅を広げることを意識する まずは、扱えるプログラミング言語の数を増やしたり、より深く学んだりなど 「プログラマーとしてのスキルの幅を広げること」を意識しましょう。 当たり前ですが、スキルレベルの高いプログラマーになれれば、 就職先、転職先、仕事を選ぶ事ができるので、自分がやりたい仕事や、より高収入な仕事を獲得する事ができます。 例えば現在JavaScriptを学んでいる人は、さらに質を高める為にフレームワークであるや、幅を広げる為になど、新たな言語を習得することなどが質と幅を広げる事になるでしょう。 自分のやりたい仕事や、単価の高い仕事に合わせてどんなスキルを身につけるべきかを判断しましょう。 派遣やフリーランスも検討する プログラマーの仕事は、会社に就職・転職するだけではありません。 現在はWeb制作やアプリ開発、システム開発など、様々な種類の仕事がクラウドソーシングサイトやフリーランス向け求人サイトに出回っています。 これらの仕事をフリーランスとして獲得するのも、プログラマーとして仕事の選択の幅を広げるコツです。 会社の場合は、定時がありますし、リモートワーク等の制度を採用している企業はまだまだ少数です。 その点、フリーランスは場所・時間など仕事のやり方を自分で選びつつ、かつ月収60万円を超えるような高単価の案件を受注することも十分に可能です! 簡単なWeb開発案件を クラウドソーシングで受注してみるなど、まずは 副業で仕事獲得を目指すのがおすすめです。 以上、スキルの幅を広げつつ、フリーランスとして仕事を獲得する方法も身につけていけば、働く場所や時間、収入までも、あなたの希望に合わせて選ぶことができる「良いプログラマー」になれることでしょう。 またいきなりフリーランスになることが怖い場合は、派遣を検討するのもありです。 正社員よりも時間単価が良い派遣案件が多いことも、プログラマーという仕事の特徴です。 派遣で複数の企業を渡り歩き、得た経験をもとに独立するという選択肢もぜひ検討してみてください。 スキルと仕事獲得ノウハウを同時に学ぶなら「スクール」! 上記でご紹介した2つ、• スキルの幅を広げる• フリーランスとして働く ということを同時に身につけるには「スクール」がおすすめです。 スクールはWeb開発・AI・アプリ開発など様々なスキルをプロに教わることができ、かつ仕事の紹介までしてくれることが多いからです。 当社でも述べ2万人以上が受講したプログラミングスクール「」を運営しており、生徒一人一人に独自のカリキュラムを作成し、現役エンジニアがマンツーマンで指導しています。 また、転職や就職支援はもちろん、フリーランスとしての仕事獲得サポートまでを専任のコンサルタントが行うので、良いプログラマーを目指すあなたに最適な環境をご用意できます! まずはお気軽に をご利用ください! オンラインで全国対応で、専任のカウンセラーが丁寧に対応させていただきます。 最後に 未経験プログラマーは仕事がきついと言われがちですが、それはプログラマーだけに限ったことではありませんし、きついのには必ず理由があります。 プログラマーがきつい仕事ならやめておこうではなく、なぜプログラマーになりたいのかやプログラマーになって何がしたいかを明確にしましょう。 そしてプログラミングスクールを賢く利用し、最短であなたの目指す理想のプログラマーになりましょう!.

次の

「プログラマーやめとけ」の真の理由!?将来性ないうえにきついしつらい?

プログラマー きつい

巷では「IT業界は3Kなのか」という議論が盛んなようです。 特にインターネット上の匿名掲示板なんかには「IT業界は3Kだからやめておけ」なんて書き込みもあったりします。 一昔前は3Kといえば「きつい・汚い・危険」の頭文字をとったもので、土木作業員や廃棄物処理員など、いわゆるブルーカラーの仕事を指していました。 それが現在では「きつい・帰れない・給料が安い」の頭文字をとって「新3K」といい、主にIT業界のエンジニア職のことを指すそうです。 また、建設業界の元請け・下請け構造になぞらえて、プログラマーやエンジニアのことを「IT土方」「デジタル土方」なんて呼んだりもするそうです。 ビバ・ブルーワーカー! 自分で書いてて、なんか腹立ってきた!!(笑) というわけで、今回はIT業界って本当に3Kなのかについて見ていきたいと思います。 これまで、やなどについては、私の現状をお伝えするとともに客観的な統計データを用いて解説してきました。 それらを読まれた方はおおよその予想がつくかもしれませんね。 さて、先ほどの通り、IT業界における3Kとは「きつい・帰れない・給料が安い」の3つの要素がありますので、1つずつみていきましょう。 IT業界の3K 〜「きつい」について まず、これは具体的に何を指しているのよく分かりませんが、ここでは「肉体的・精神的にきつい」としておきましょう。 確かにエンジニアとして肉体的、精神的にきつくなることはあります。 特に、プロジェクト終盤は遅くまで残業したり、時には会社に泊まらなければいけないこともあります。 また、本当に期限までに納品できるのか、サービスリリースを迎えたものの致命的なバグが残っていないかなどの精神的なプレッシャーも大きいです。 しかし、無事にサービスをリリースできたときの感動や、お客さんやユーザーさんにありがとうといってもらえる喜び、チームで一つのことを成し遂げる達成感は何事にも変えがたいものがあります。 このような「感動」と「きつい」ということはコインの裏表のようなものです。 つまり、その「きつさ」がなければ仕事で感動することってできないと思うんですよね。 例えば、絶対に勝てると分かっている勝負で勝っても別に嬉しくもなんともないですよね。 だって勝てるって分かってるんだから。 それに対して、勝てるかどうか五分五分だけど、一生懸命練習して少しでもうまくなろうと努力する。 そしてなんとか勝負に勝てた、とういう場合はすごく嬉しいと思います。 このように「きつい」に対する反論は、確かに肉体的・精神的にきついこともあるけど、それを乗り越えた先に大きな感動が待ってるから頑張ろうぜ、ということでしょうか。 別に仕事で感動したくなんかない、きついことは一切御免、という人はエンジニアには向かないと思います。 IT業界の3K 〜「帰れない」について 先ほども述べたとおり、時には夜遅くまで残業したり会社にとまることもあります。 特にプロジェクト終盤は1週間くらい終電だったりします。 ただし、それは恒常的なものではなく、プロジェクト終盤などの一時的なものです。 で詳しく述べていますが、システムエンジニアの1ヶ月あたり平均労働時間は178時間、プログラマーは181時間です。 1ヶ月20営業日だとすると、1日あたり労働時間はシステムエンジニアが8. 9時間、プログラマーが9. 05時間です。 どちらもおよそ9時間です。 9時に出社して1時間昼休みをとるとしても、19時には退社している計算です。 私も、通常の勤務時間は実働8時間で、遅くても20時には退社しています。 このようにIT業界の3Kが指す「帰れない」というのは全くの誤りであることが分かります。 IT業界の3K 〜「給料が安い」について こちらも、で詳しく論じていますが、システムエンジニアは平均年収は542万円、プログラマーは426万円です。 これは、全職種の中ではちょうど中央値くらいの年収でした。 業界としてはこのくらいの相場なのですが、これは給料が安いのでしょうか。 そりゃ、私自身もっと貰いたいと思っていますが、サラリーマン全体で見ると決して安い給料ではないはずです。 実際に働いている人の満足度はどうなの? 3KといわれるIT業界ですが、実際に働く人の「満足度」はどうなのでしょうか。 「IT人材白書」の「仕事や職場の環境に対する満足度」という表を見てみます。 ipa. html (ところで、こういうアンケートで「どちらかと言えば」とかいう半端な選択肢って必要なんですかね。。 まず、給与・報酬ですが、若干不満足が多いですが、ほぼ五分五分と言ってよいでしょう。 可もなく不可もなくといったところでしょうか。 次に労働時間ですが「満足している・どちらかと言えば満足している」が45. その他は、職場の雰囲気、仕事内容、仕事の充実感、休暇の取りやすさ、プライベートの両立についても大幅に満足している人のほうが多いです。 キャリアパスとキャリア支援については不満足が若干多くなっているので、このあたりはもう少し改善の余地があるでしょう。 ただ、総じて満足している人のほうが多く、世間一般で言われる3Kの職場環境とは大きく乖離していることが分かると思います。 竹下の満足度は? 最後に、私自身の仕事に対する満足度ですが、そりゃあ高いですよ(笑)私がこのアンケートに答えたら、全て満足しているに丸をつけます。 そもそも、自分で「IT業界は3Kだ」なんて思っていたら、こんなサイトは作っていません。 このサイトは、少しでもプログラマーやエンジニアという仕事に興味を持ってもらい、効率的に転職活動をしてほしいという思いから作っております。 そしてこの小さな取り組みが、ゆくゆくはIT業界そのもの活性化につながっていると思って運営しています。 それもこれも、今の職場環境が自分にあっており、私自身がエンジニアという仕事が大好きだからです。 IT業界は3Kなのか?のまとめ 最後に、火のないところに煙は立たずとも言うように、3Kといわれるきっかけとなったブラック体質の企業があることもまた事実だと思います。 未経験からプログラマーを目指す皆さんはいろんな不安があると思います。 誰も3Kの職場で働きたいなんて思いませんからね。 大切なことは、噂を鵜呑みにするのではなく、事実をきちんと把握することです。 そして、そのようなブラック企業をさける嗅覚を身につけることです。 実際の転職活動の際にはできるだけいろんな人から情報を集めて、客観的に判断することが大切かと思います。

次の