アシカ アザラシ。 アザラシとアシカの違いは?オットセイやセイウチも。写真と文章で紹介

アシカ・アザラシ・オットセイの違い

アシカ アザラシ

海生 の鰭脚類 ききゃくるい に属する 「 」、 「 」、 「 」は、外観が似ているため混同されやすい といえますが、 上別の生き物に分類されており、以下のような違いがあります。 「アザラシ」とは、鰭脚類アザラシ科に属する哺乳類です。 圏から熱帯、 まで幅広い海域に分布しており、体長1. 2m、体重50kgの小型種ワモンアザラシから、体長6. 5m、体重は4tに及ぶ大型種ミナミゾウアザラシまで様々な大きさの種類がいます。 にはワモンアザラシ、ゴマフアザラシ、ゼニガタアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシの5種類が生息しています。 「アザラシ」の には耳介がなく、目の後方に耳の だけが開いています。 また、四肢には鉤爪のついた5本指があり指の間には水かきが付いています。 前肢があまり発達しておらず、後肢も前方に折り曲げることができないため、陸上では腹這いで這うように動き、水中では左右の後肢を交互に振って泳ぎます。 「アシカ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 広義ではアシカ科の動物の総称ですが、狭義ではアシカ科アシカ属に属するカリフォルニアアシカ、ニホンアシカ、ガラパゴスアシカの3種類のみを指します。 このうちニホンアシカは絶滅したとされており、ガラパゴスアシカは、カリフォルニアアシカに含まれることもあるため、単に 「アシカ」といった場合カリフォルニアアシカを指すことが多いです。 カリフォルニアアシカの成体は、オスで体長2. 4m、体重390kg前後、メスで体長2m、体重110kg前後のものが多いです。 「アシカ」の耳には小さな耳介があり、ヒレ状に変化した前肢と胸筋が発達しています。 陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 や のアシカショーではカリフォルニアアシカが登場することが多いですが、アシカ科のオタリアが 「アシカ」として登場する場合もあります。 「オットセイ」とは、鰭脚類アシカ科に属する哺乳類です。 「アシカ」と同じアシカ科ですが、北太平洋に分布するキタオットセイ属と、 南岸、 南岸などに分布するミナミオットセイ属に属する種を 「オットセイ」と呼び区別します。 「オットセイ」の代表種キタオットセイの成体は、オスが体長2. 1m、体重270kg前後、メスが体長1. 5m、体重50kg前後と 「アシカ」と比較して小型です。 「オットセイ」の耳には 「アシカ」よりも大きい耳介があり、 「アシカ」同様、陸上では後肢を前方に折り曲げて歩くことができ、水中では前肢を鳥の翼のように使い泳ぎます。 また、全身の硬い剛毛の下に柔らかい が生えており、過去に 目的の乱獲があったことなどから、現在では商業目的の捕獲は禁止されています。 なお、 「アザラシ」や 「アシカ」の成体には、短く硬い剛毛しか生えていません。 「アザラシ」…耳介がない、五本指と鉤爪がある、陸上では這うように移動、体毛は硬い剛毛のみ。 「アシカ」…小さい耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、体毛は硬い剛毛のみ。 「オットセイ」…耳介がある、前肢はヒレ状、陸上で歩行できる、硬い剛毛の下に柔らかい綿毛がある。 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

アシカとアザラシの違いは?見た目も泳ぎ方も全く違うんです!

アシカ アザラシ

アシカとアザラシ、オットセイというと、鰭脚類(ききゃくるい)の中でも見た目かわいい系です。 しかし、「セイウチは長い牙」「トドはデカい!」と一目でわかる特徴がありますが、どうもアシカ、アザラシ、オットセイは区別がつきにくいです。 また見た目アシカの「オタリア」まで加わると、もうどれが何かわかりません。 というわけで、今回は「アシカ」「アザラシ」「オットセイ」「オタリア」の違いについて解説していきたいと思います! スポンサードリンク アシカとアザラシの違いとは? まず、アシカとアザラシの違いについて解説していきましょう。 アシカとアザラシは、見た目も非常に似ていますが、耳に注目すると見分けがつきます。 また前後ろ足の形も違うのも特徴的です。 アシカ…耳がある、前足はヒレ状、後ろ足は左右に開いている• アザラシ…耳がない、前足は爪がある、後ろ足はまっすぐに伸びている また、見た目も比較的アシカとアザラシは似ていますが、生物学上で「アシカはアシカ科」で、「アザラシはアザラシ科」です。 この「科」は、イヌ科ネコ科というように、犬と猫ぐらい違うことなので、じつはアシカとアザラシは全然違うのですね。 アシカとオットセイの違いとは? では、次に「オットセイ」ですが、オットセイは「アシカ科」です。 そのため、アシカとオットセイはアザラシよりも区別が難しいですが、最も特徴的なのは「体毛」と言われています。 アシカは、長い毛1本と短い毛5本がワンセットになっているのですが、オットセイは長い毛1本に対して、短い毛が約50本もついているので、体温の保温効果が高く、見た目に毛深いです。 また、体はアシカの方が大きく、丸顔です。 あとはオットセイの方がヒレは長いです。 とはいえ、「長い毛に短い毛が何本ついている?」なんて見極めも、見比べないと難しいのが本音です。 スポンサードリンク オタリアとは? オタリアという名前は、アシカやアザラシに比べてなかなか聞かないですが、オタリアはアシカの仲間です。 よく見かけるアシカ(カリフォルニアアシカ)よりは、体は大きいです。 特徴的なのは、オタリアのオスには「たて髪」があります。 ライオンのたて髪をイメージすると、ちょっと微妙ですが後頭部と胸の部分に毛が生えています。 また鼻も上向きで特徴がありますね。 しかし、これらは大人のオスだけの特徴です。 アシカとオタリアの違いとは? では、アシカとオタリアの違いですが、体の大きさ以外にも一目でわかる部分があって、それは下半身の体毛です。 先ほどのオスのオタリアの写真を見て頂くと、上半身には体毛があるのに、下半身には体毛が無いのがわかります。 意外とまっすぐ分かれているので、見やすいと思います。 最後に 如何でしたでしょうか? アザラシは耳が無い、 アシカ、オットセイ、オタリアは「アシカ科」で耳があるというのは、1つわかりやすい違いでしたね。 子供に聞かれても、耳の有無については自信も持って説明できます。 また個人的には、オタリアのたて髪が気に入りました。 調べてみると、以外にもウチの近所で見れるようなので、一度見てみたいです。 スポンサードリンク.

次の

アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い!

アシカ アザラシ

「アシカ」の意味 アシカは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、アシカ科に属する動物です。 アザラシとは異なり、小さな耳(耳介)があります。 アシカは、陸上で、前肢(前の鰭)を使って上体を高く起こすことができ、後肢(後ろの鰭)を前に向けて歩行することができます。 オットセイやトドもアシカ科に含まれます。 水中では、前肢を上下させて鳥が羽ばたくようにして泳ぎます。 「アザラシ」の意味 アザラシは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、アザラシ科に属する動物です。 アザラシの前肢(前の鰭)はアシカより短く、上体を持ち上げることができず、後肢(後ろの鰭)も前に曲げることができません。 そのため、アザラシは陸上では前肢を使って這って移動することしかできません。 水中では、魚の尾びれのように後肢を左右に振って泳ぎます。 アザラシには耳介がなく、小さな穴(耳孔)が開いているのがアシカと異なります。 「セイウチ」の意味 セイウチは、鰭脚類に属する海生哺乳類のうちの一つ、セイウチ科に属する動物です。 主に北極圏に生息し、オスは1トン以上の体重になることがあります。 オスもメスも牙を持ち、オス同士の争いや海底で餌を掘り起こすのに使用されます。 セイウチは肉食であり、貝類を主食にしています。 オス一頭に対し複数のメスからなるハーレムを形成します。 一見似ていますが異なります このように、アシカ、アザラシ、セイウチは、一見似ていますが、体の形態も生態も異なる動物です。 セイウチには牙があって貝食に特化しており、残るアシカとセイウチではセイウチのほうがより海中での生活に適応しており、鰭脚類のなかで最も個体数が多くなっています。 鰭脚類は食肉目のイヌ亜目に属しており、アシカとアザラシとセイウチはクマに近縁の祖先から枝分かれしたと考えられています。

次の