アブ刺されたら。 アブに刺されたときの対処法|病院に行くべき目安は?

ブヨ(ブト)に刺されたら?写真やおすすめの薬、症状と対処法は?

アブ刺されたら

種別 ブヨ アブ 見た目 ハエより小型 出典元:Wikipedia ハチみたいにデカイ 出典元:Wikipedia 活動時期 3〜10月 6〜9月 活動時間 朝夕が中心 時に群を成して激しく吸血 日中も飛び回る 刺し方 皮膚を噛み切る。 刺されても気がつかないこともあり 皮膚を噛み切る。 刺されるとチクっと激痛に襲われ、次に激しい痒みをともなう 刺された時の痛み 蚊よりも腫れる。 いつの日かのキャンプでは、小雨が降る中、短パンでバーベキューをしていたら両足に何箇所も刺されていました。 そうなんです。 アブやブヨは湿気が大好き。 雨の日は特に注意が必要!しかも虫よけスプレーをしてても、雨で流されちゃいますからね。 湿気が多い曇の日や雨の日は絶対に半ズボンはやめたほうが良いです。 天候に関係なく、夏だからといって、半ズボンで山間部にいるのは相当危ないってこと。 まったく油断ならないものです。 あと、 アブは車の排気ガスが好きです。 キャンプ場などで窓を開けてエンジンを回したまま昼寝なんかしてるとアブが車内に侵入してきて痛い目にあいます。 よく言われているのが、柔軟剤で良い香りがする洋服を着ている人、黒や紺の服の人にも近づいてきます。 服の色で言えば、黄色、オレンジなどの明るい色の人には近づかない習性があるようです。 ブヨやアブが特に狙いを定めて刺してくるのは足首やスネが多いようです。 このあたりに虫除けスプレーなどを施すなど、入念な注意を払う必要があります。 参考 参考 自分でカンタンにできる!ブヨやアブに刺されないための対策方法 ブヨとアブ…。 とにかく夏場は注意が必要な害虫。 たまに群れをなして襲ってくる…なんて、あー怖い。 そんな彼らに刺されないためにはとにかく肌を露出しないことが大切なのですが、やっぱり虫除けスプレーを準備しておくことも怠ってはいけません。 ただし、蚊避けスプレーや虫よけバンドなんかでは、私の経験上、まったく効果がありません!これを知らなかったがために、チクリとやられた苦い経験がありました。 さて、 ブヨとアブ対策でチカラを発揮するのが市販のスプレーではなく、「ハッカ油」を使った自作の虫除けスプレー。 え!自作の虫除け!?なんて思わないでください。 人畜無害ですし、小さな子供でも安心して使用できるのがうれしいじゃありませんか。 何と言っても、効き目バツグン。 アブやブヨだけでなく、コバエや蟻まで寄ってこないといううれしい効果も。 自宅の網戸なんかに一吹きしておけば、いろんな虫除けにもなってくれるスグレモノですよ、これは。 こいつのお陰で、自宅では生ごみを入れる容器にスプレーすればコバエが寄って来ません。 そういえばゴキブリちゃんにもお目にかからなくなりました。 夏場は浴槽に数滴垂らせば、バスクールみたいな爽快感も味わえます。 つまり、ハッカ油は万能性に優れているということですね。 最強のブヨアブ対策!「ハッカ油虫除けスプレー」の作り方 ハッカ油を使った虫除けスプレーのレシピは、ネットで調べるとゴマンと出てきます。 以下のレシピは、そうした情報をベースにして、私の経験上、これが最強なんじゃないかというレシピを上げておきます。 あくまでも個人的な最強ハッカ油虫除けスプレーですので異議は唱えないでくださいね。 あしからず。 ハッカ油虫除けスプレーの作り方 用意するものは4つ。 ハッカ油、エタノール(無水または消毒用エタノールを使用)、精製水、スプレー容器。 30ml作る場合の処方は以下のとおり。 あまり入れ過ぎるとスースーしすぎて悶絶します)• 私は面倒なので水道水です。 意外とざっくりでもイケちゃいます。 効果を高めたい場合はハッカ油の量を多めにします。 これは好みで調整しましょう。 60mlに対してハッカ油4滴投入した場合、1時間ぐらいはスースーします。 個人的には6滴ぐらい垂らしても問題無いと思いますが、小さな子供にとってはスースーしすぎるかもしれません。 はじめ消毒用エタノールを容器に入れて、そこにハッカ油を垂らします。 ハッカ油と水は文字どおり水と油なので、そのままでは混ざりません。 だからエタノールを入れて、ハッカ油を溶解するのです。 いずれもその辺のドラッグストア(セイムス、セキ薬局、マツキヨ、スギ薬局とか)などに行けばカンタンに入手できちゃいます。 私は忙しいのでAmazonで購入しました。 ちなみに、Amazonで一番人気のハッカ油は健栄製薬のやつ。 ちなみに、慣れてくると分量はもう適当。 ハッカ油をバンバン入れると効く気がします。 じぶんで造ったブヨ対策スプレーは、ブヨ対策やアブ対策以外にも、パソコンのキーボードやモニタ、スマホの掃除にも使えます。 結構、さわやかな香りがして、化学物質の心配もないので私は重宝してます。 無水エタノールと消毒エタノールの違い ちなみに、エタノールについてですが、無水エタノールと消毒用エタノールの2種類存在していますよ。 無水エタノールは文字どおり水分が含まれていないエタノール。 ちょっと高めで千円前後で売っています。 理由は酒税のせいだとか。 消毒用エタノールよりも割高だということを覚えておきましょう。 消毒用エタノールは精製水を混ぜたものでございます。 ドラッグストアで500円前後ぐらいで買えます。 虫除けスプレー作るのに、余ったエタノールってどうするの?なんて思ったりもしますが、このエタノール、実は使い道たっぷり多種多様なんでございます。 エタノールの用途 主なエタノールの使い道は以下のとおりです。 テレビやパソコンの液晶画面の掃除に抜群!• シール剥がしに最高• スマホの液晶画面の掃除にもいい感じ• ゴキブリ対策にも使えるらしい• レンジ周りの油汚れ落としに最適• 鏡を拭くとピカピカになるよ• ノロウィルスインフルエンザウィルス対策にも一役買うらしい 一家に一本。 消毒用エタノールはあっても良いかと思います。 ご指摘ありがとうございました。 訂正させていただきます。 アブやブヨに刺されたら…すぐにできる対処法 刺されてしまったら、すぐに対処するのが完治の近道。 とにかく、アブやブヨに刺されたら、ウナクールやキンカンでは対処法にはなりません! ポイズンリムーバー 最も優れた力を発揮するのが、アブやブヨに注入された毒を吸い出すポイズンリムーバー。 これはかなり効きました! アブに刺されて泣いている子供にすぐに処置した所、10分後にはケロッとしてました。 夜になっても腫れることなく翌日は何もなかったんですから、すぐに処置してあげることが大事なんですね。 患部をこいつでチュチュっと吸いだしてやる。 毒素が抜けて軽傷ですみます。 Amazonで人気となっているポイズンリムーバーはこの二点。 キャンプへ行くときも準備しておくのがよろしいかと思います。 以上が応急措置として有効な対処法です。 ポイズンリムーバーの使い方 アブやブヨなどの毒虫に刺されたら まずは騒がないことが鉄則です。 理由は、体を動かすと体内への毒の拡散が早まってしまうから。 このポイズンリムーバーの説明書を読むと、毒虫に刺された場合は遅くとも2分以内に応急手当をするのが効果的だとか。 キャンプや登山などに出かけるときも必需品になるのではないでしょうか。 塗り薬 刺された後に有効なのが、ステロイド系の塗り薬。 主にあげられるのが、以下の薬。 リンデロン• フルコート 私は汗疹がひどいので、フルコートをよく使っていますが、これは良く効きます。 ステロイド系の軟膏は使用し過ぎると副作用がでますので、あくまでもこちらも刺された後の処置として有効なのでしょう。 私は医者ではありません。 症状がひどい場合は、皮膚科に行くのがベストな選択です。

次の

ブヨ(ブト)に刺されたら?写真やおすすめの薬、症状と対処法は?

アブ刺されたら

釣りやキャンプなど、磯遊び&川遊びの際は、「ブユ(ブヨ)」「アブ」「ヌカカ」に注意。 主な生息場所は、ブユ(関東ではブヨ、関西ではブトとも)は森林やキャンプ場などの渓流沿い、アブとヌカカは種類が多く、山・川・海・住宅地と、環境を選ばず分布。 磯に生息するものは、磯ブヨ(イソブヨ)や磯ヌカカ(イソヌカカ)とも呼ばれます。 「ブユ(ブヨ)」「アブ」「ヌカカ」の生態や活動時期は蚊とほぼ同じ。 夏季(特に朝夕)に、メスが人や動物の血を吸うために活発に活動します。 やっかいなのは、蚊はストローのような口で「刺す」のに対し、ブユ等は口で皮膚を「噛みちぎる」こと。 痛みを伴う場合もあり、唾液線から毒まで注入してくれます。。。 症状は、蚊に刺された程度で済む人もいれば、ひどい痒みや腫れを伴う痛みに悩まされる人、まれではあるものの呼吸困難など深刻なアレルギー反応を起こす人などさまざまです。 ちなみに自分は、まぁまぁのアレルギー反応をしてしまうタイプ。。。 写真左が昨年の夏に刺された足のくるぶし内側。 半年ほど痒みが続き、1年経った今も写真右のように跡が残っています。 そして今年も初夏に江ノ島で磯釣りをしていたときに左肘あたりを刺され、日を追うごとに症状が悪化。。。 左/1日目:なんか痒いな〜と思ったら小さな発疹が 右/2日目。 プクッと湿疹に 左/3日目:浸出液がパンパンで水ぶくれ状態 右/4日目。 うみが出てきました。。。 ブユ(ブヨ)・アブ・ヌカカに刺されたら。。。 皮膚科など病院に行くのがいちばんという前提で、適切な応急処置とは。 【1】シャワーで熱湯をかける ちょっと荒療治ですが効果てきめんです(自ら実証済み)。 入浴のついでなどに、温度45〜50度の、普通にはシャワーを浴びていられないくらい、10秒も当て続けると痛くてヒリヒリするくらいのお湯を、患部に10〜20秒に、我慢しながら当て続けます(もちろん火傷しないくらいで)。 最初はちょっと痛がゆいですが、それがスッと引いたあたりが治癒(?)ポイント。 無理して一度ではなく、数回に分けてシャワーを照射してみましょう。 お風呂上がりに、気づけばスッと痒みが引いているはずです。 そしてスゴいのが、再挑戦可能、痒みが残るようであれば、気づいてすぐでも翌日でも、何度でも挑戦してみてください。 繰り返しますが、ちょっと熱めのお湯が「最初はちょっと痛がゆいけどスッと引いたあたり」が治癒ポイントです。 また、自己責任で火傷にはくれぐれもご注意を。 【2】薬で治す ブユ(ブヨ)・アブ・ヌカカで湿疹が出る場合は、「キンカン」「ムヒ」などの痒み止めの効果は期待できません。 下の写真の「リンデロン」など、「ステロイド外用薬」が効果的です。 これらは薬剤師常駐のドラッグストアで購入しできますが、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)なので、副作用の懸念も。。。 自分は、熱湯の荒療治を知らずに2〜3カ月ほど悩まされていた痒みを、1週間前後で解消することができました。 しかも跡がほとんど残らない! 肌が弱い方は医師の処方を受けましょう。 【3】刺された直後にできること 症状を最小限に抑えるためには、刺されたときの応急処置も重要。 毒を口で吸い出す行為はNGとされているので、下の写真のような「ポイズンリムーバー」を用意しておけば、注射器で液体を吸い込む要領で、安全かつ効果的に毒を吸引することができます。 1個1000~2000円程度。 「ポイズンリムーバー」で検索を。 ブユ(ブヨ)・アブ・ヌカカに刺されないために 刺されない(噛まれない)ための予防も必須。 ただし刺激が強いので注意が必要。 [] 「ハッカ油」を「精製水」と「エタノール」で溶いた「ハッカ水」が有効との情報もありますが、いまいち根拠に欠ける気も。。。 [] 改めて、磯遊び&川遊びの際は「ブユ(ブヨ)」「アブ」「ヌカカ」にご注意を。 朝夕はなるべく肌の露出を少なくして過ごすことがいちばんです。

次の

アブに刺されたら応急処置を!冷やす前に気をつけたい傷口の処理方法

アブ刺されたら

呼称 [ ] 漢字の「虻」と「蝱」は同字ので、「蝱」がともされる。 「あぶ」は春のである。 害虫としてのアブ [ ] 、およびなどのメスは、血を吸うとして忌み嫌われている。 刺された瞬間、チクッというような痛みがあり、アブに刺されたことがすぐにわかる。 個人差があるが、一般的に強いかゆみがある。 アレルギーがある場合、化膿し水ぶくれができることがある。 、ことには脊椎動物にも向かっていく反面、幼虫も成虫も他の虫を積極的に捕食することからとしての面も持つ。 分類 [ ] (ハエ、狭義のハエ下目) ハエ亜目の分類の概略。 環縫群以外は全て。 直縫群 [ ] 資料によっては、「アブ」を (直縫短角群 Brachycera Orthorrhapha)に等しく定義する。 直縫群は解剖学的に定義すれば、触角が比較的短い仲間(短角亜目)のうち、羽化の際にの背中が縦に割れるグループである。 蛹の"縫い目"が真っ直ぐであるとの意味で「直縫短角群」あるいは「直縫群」として、前方が円形に開く(ハエ)と区別される。 アブ科のほか、、、、など多様な科が含まれる。 また、名前に「〜アブ」と付かずに「〜ハエ」と付くやなどもこのグループに入り、解剖学的定義からはこれらもアブの仲間である。 ただしこの特徴は、、つまり、原始的な特徴が保持されているにすぎず、直縫群に含まれる各科はそれほど(ハエ亜目であるという以上には)近縁ではない。 すなわち、直縫群はであり現代の系統分類では認められない。 このようなわかりにくい「アブ」と「ハエ」の交錯は、そもそも虻や蝿という語には厳密な分類の概念などなく、単に見た目の感じで使い分けられてきたものであることと、そのような見た目の感じと近代的な解剖学的特徴とが必ずしも一致しない場合があることに起因している。 一般に「〜アブ」と名の付くものを見れば、「どこかしらに似た風貌を持つハエ目の昆虫」を指して「アブ」と呼んでいるらしいことがわかる。 そしてそれらの多くが直縫短角群に属しているため、この群のものをまとめて広義でアブと呼ぶのである。 具体的には、ツリアブ科には丸々とした類に非常によく似たものがあり、逆にほっそりとしてにそっくりなものもある。 やはり広義のアブであるムシヒキアブ科にも同様にハナバチやヒメバチのと思われる例が見られる。 ところが、これと同様の現象がハエ(環縫短角群)であるハナアブ科にも見られ、その多くがなどのハナバチ類に擬態すると同時に、一部の種群はヒメバチに似た細身となっている。 ハエでありながら「ハナアブ」という名が付いたのは、このようなハチに似た(あるいは広義のアブに似たとも言えるが)外見からである。 ハナアブが系統的にはハエの仲間であることを示すため、例えば「シマハナアブ」「オオハナアブ」を、「シマハナアブバエ」や「オオハナアブバエ」として、最後にやや強引に「ハエ」を付した図鑑も過去にあったが、結局はこれらの和名は定着しなかった。 逆に、系統上では広義のアブであるにもかかわらず、オドリバエ科やアシナガバエ科に「ハエ」と名が付いたのは、彼らがあまりハチに似ておらず「ハエのような外見」だからである。 「ハエのような外見」とは、それらの名が付いた昆虫を見れば、「体が比較的が短く、あまりハチに似ていないハエ目の昆虫」のことを言うらしいことがわかる。 そのため細長いものが多いやの仲間(ハエ目・長角亜目)であっても、あまり細くない体をしているものにはなどの和名があり、これもカの仲間であることを示すため「〜チョウカ」の和名で掲載した図鑑もあったが、「〜アブバエ」と同様に定着はしなかった。 科 [ ] 複数の文献を参照し「アブ」とされることがある科を、 の分類に従い列挙する。 出典 [ ]• , 2. ハエのように動作が敏捷でないものとし、例として、直縫短角群の多数の科と、の・を挙げている。 「あぶ【虻・蝱】」。 アブの例として(アブ科)・()・()を挙げている。 and David K. Yeates. 2007. Brachycera. Version 29 November 2007 under construction. in The Tree of Life Web Project,• 2008. Cyclorrhapha. Version 05 February 2008 temporary. in The Tree of Life Web Project,• Wiegmann, Brian M. ; Tsaur, Shun-Chern 2000 , , Annals of the Entomological Society of America 93 5 : 1031-1038, : , 参考文献 [ ]• 『札幌の昆虫』出版会、2006年、。

次の