道 志村 キャンプ 場。 道志村キャンプ場少女行方不明事件「風化させないために」

【道志村キャンプ場】熊と捜索ボランティアが遭遇し怪我・猟友会が入り立ち入り禁止に

道 志村 キャンプ 場

写真の中央付近、キャンプ場内の広場から続く道で目撃されたのを最後に、美咲ちゃんは行方不明になった 現場は背の高いマツやスギ、ヒノキがどこまでも生い茂っていた。 山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」。 この場所で、小倉美咲ちゃん 7歳 が行方不明となって、3週間以上が過ぎた。 自衛隊や山梨県警、消防など、のべ1700人以上が捜索活動を行っても手がかり一つ見つかっていない。 10月5日、本誌もこの地を訪れた。 美咲ちゃんは母親と離れて、友達が待っている沢に向かう途中で、姿が消えてしまった。 最後に目撃された地点から、わずかに数十mほど緩やかな坂を下ると、すぐに沢は見えてくる。 小川も流れこそやや早いが水深は浅く、大きな岩も多いため、下流まで流されていくとは思えない。 群馬県からボランティアで捜索活動に参加していた40代男性はこう語る。 「もしかしたら見落としがあるかもしれないという気持ちで、もう一度、付近の森の中を見回っているんです。 私は先週末も捜索に加わりましたが、ボランティアの数は、そのときより明らかに減っています。 今はキャンプ場やその周囲でボランティアを見つけることが難しいくらいになってしまった。 この件が風化してしまわないかと、とても心配です」 10月6日夜には現場に設置されていた山梨県警の本部テントが撤去され、大規模な捜索は打ち切りとなった。 かつて誘拐事件を担当したこともある元埼玉県警捜査一課刑事で、一般社団法人『スクールポリス』理事である佐々木成三 なるみ 氏はこう指摘する。 「美咲さんが行方不明になってから、私は現場を3度訪れています。 このキャンプ場の中には駐車場が点在しており、道路も通っているため、どこに車が止まっていても何ら不審に思われることはありません。 またキャンプ場周辺は木々に覆われているので死角が多いうえ、沢の近くは川の流れで音がかき消される。 少し山のほうに登ると廃車が捨ててあるような荒れた場所もありました。 外部からの出入りが比較的自由で、防犯カメラもない。 美咲さんが何らかの事件に巻き込まれ、第三者に連れ去られた可能性は否定できません。 今後、警察は寄せられた目撃情報を精査して捜査員が聞き込みを行う。 加えて、国道沿いの監視カメラなど、デジタル証拠の解析がポイントになると思われます。 当然、警察は誘拐を視野に入れて捜査を進めているでしょう」 森の中のキャンプ場は、夕方になると木の影が伸び、一気にどんより薄暗くなった。 辺りには外灯は少なく、日が落ちるとそれこそ真っ暗になる。 美咲ちゃんの無事を祈るばかりだ。 千葉県成田市在住で小学1年生の小倉美咲ちゃんは、7家族・27人でキャンプ場を利用していた この日(10月5日)の翌日に捜索本部は撤去された。 警察官や消防隊員が5~6人常駐し、標高の高いエリアを中心に捜索が続いた 『FRIDAY』2019年10月25日号より• 撮影(キャンプ場):結束武郎.

次の

椿キャンプ場

道 志村 キャンプ 場

報道やボランティアの方の情報によると怪我をした 男性 48 は田代方面 大栗の山中 で熊と遭遇。 遭遇したのは子熊2頭と見られ、 逃げる際に足や手首を骨折する大怪我を負っています。 接触については不明とのこと。 1日正午ごろ、山梨県道志村で行方不明となっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)を捜索していたボランティアが 熊と遭遇し、逃げる際に負傷した。 村を管轄する都留市消防本部によると、ボランティアは男性で、 県の消防防災ヘリに救出された後、救急車で病院に運ばれた。 足や手首を骨折しているとみられる。 熊と接触があったかどうかは今のところ分からないという。 出典: 道志村では目撃情報が多発 【 熊の出没について 】 村内で熊の目撃情報が相次いでいます。 観光や登山等で山に入る際は十分ご注意ください。 熊鈴を携帯する等の対策をお願い致します。 危険なため 美咲ちゃんの 捜索は全て中止となり、ボランティアの代表者らからは速やかに戻るように指示が出ていました。 緊急連絡 10月1日 午後1時過ぎの情報です。 田代方面で熊出没。 捜索活動は全て中止です。 速やかにお戻りください。 猟友会が山に入っています。 林道もすでに一部通行止にしています。 立ち入り禁止。 — DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式) DoshiSousaku 今後の捜索ボランティアも閉鎖へ・単独行動を控えるよう呼びかけ 県警や村などは単独で山に入るのは控えるよう呼びかけている上、捜索ボランティアについても自粛要請のため、事実上断念という形になりました。 今後捜索を希望する場合、公式の対策本部への相談が必要となるとの事です。 現在は猟友会が山入りしているため、連絡なしでの捜索は危険。 指示に従うよう注意が必要です。 10月1日 火 夕方時点で、ご厚意により使わせていただいていた南の森について、ボランティアの使用は自粛し完全閉鎖とします。 有志による飲料、食料置場も撤収です。 10月2日 水 ボランティアで捜索されたい方は、公式の対策本部にご相談ください。 自粛するように要請されています。 — DoshiSousaku ボランティア旧本部 後方支援(公式) DoshiSousaku.

次の

道志村の人気キャンプ場「椿荘オートキャンプ場」で雨キャンプ!雨対策をせずに…。

道 志村 キャンプ 場

フリーサイトの洗礼 出典: 何度も言いますが、椿荘オートキャンプ場は完全フリーサイトです。 区画サイトとは違い、サイト設営場所は早い者勝ち。 つまり、人気のサイトはすぐに埋まってしまうということです。 キャンプ当日の天気は芳しくなく、予報では小雨や弱雨とありました。 キャンプ場全体も広そうですし、当日の天気も微妙なのでそこまでの激戦は強いられないだろうと、比較的ゆっくりと出発しキャンプ場に到着したのは10時を少し過ぎたぐらいでした。 道志みちからキャンプ場へアクセスできる橋を渡ると上記の看板が確認できます。 チェックイン時間やチェックアウト時間が定められてはいますが、混雑時以外は9時から受付可能です。 当然、10時過ぎに受付に伺うと問題なく受付できました。 また、受付では薪や炭も購入可能です。 そのほか、レンタル品も比較的充実しているのもポイントですね。 そしてそして、受付時にスタッフさんがキャンプ場の説明を簡単にしてくれますが、その際に「チェックアウトは11時だけど、ゆっくりしていっていいよ」と一言。 混雑時ではないためということなのでしょうが、これはうれしいですよね。 道志村のキャンプ場ならではゆるーいホスピタリティとでも言いましょうか。 さて、受付を済ませたら、民宿へ来た道を戻りさらに直進すると、道が分かれます。 ここを右折していくとキャンプ場となります。 ちなみに、マップ上で椿沢が一本縦に流れているのがわかると思いますが、中央の森から西の森へ続く道を進むと、沢を渡る橋があります。 橋の手前までが場内となり、橋を渡った先は場外となります。 オチョファミリーは川沿いでキャンプがしたかったので、西の森を目指しました。 場内を進むと北の森の看板がありました。 ここは林間サイトになりますが、比較的うっそうとしていたので隠れ家的なキャンプを楽しみたいファミリーキャンパーや周りをシャットアウトしたいソロキャンパー向きかなと感じました。 何よりもリバーサイドキャンプが目的なので、スルーです。 北の森からさらに進むと中央の森へと続く道と南の森へと続く道が現れます。 看板には「南の広場入り口」と書かれています。 右折すると中央の森、左折すると南の森へアクセスできます。 そして直進すると西の森への道が現れます。 ようやく西の森へと続く道が見えてきました。 ちなみに、前方に見えるのが沢を渡る橋なので、その手前までがキャンプ場です。 マップを確認すると椿沢沿いでキャンプをするには西の森が最適かな、ということで西の森へとハンドルを切りました。 GoGo! 混んでる… とりあえず、キャンプができそうなスペースへ車を駐車し、徒歩で目ぼしいところの散策を開始。 案の定西の森では沢沿いでキャンプを楽しめそうな場所が点在していました。 しかし、比較的沢から高い位置にあり、沢の隣で、という場所は数か所という感じですね。 そして、当然そんな人気のポイントにはすでにキャンパーがいます。 かと思いきや、沢から高い位置の場所にもキャンパーがいます。 そうです。 すでにサイト争奪戦に参加することなく、敗北です。 とりあえず、チェックアウトのために、撤収作業をしている人はいないか、キョロキョロと目を凝らしてみます。 結論として誰も帰る気配がありませんでした。 そうなると待っていても仕方がないので、沢沿いはあきらめて、広めのサイトを…ともいかず。 今回のキャンプはフリーサイトの洗礼を浴びたということで、妥協に妥協を重ねた場所にて、キャンプ決行ということとなり、車から荷物を降ろし始めました。 ここでキャンプしてもいいの? とはいえ、どうしてもあきらめきれない、オチョ夫婦。 ダメ元で西の森から南の森の方も散策してみることに。 するとどうでしょう。 南の広場当たりで自動販売機裏側のスペースが、沢の隣でめちゃくちゃ広い!まさに理想を絵に描いたようなといえば大げさですが、現段階でのベストポジション!そうベスポジ。 すぐに荷物を車に戻して、南の森へ移動して、パパパっとサイト展開。 はい、どーん。 マジ最高!キャンプ最高! とテンション上がりまくりでとりあえず乾杯。 テントだタープだリビングだー、と一通り終えてからのビール、これに尽きますね。 ようやく無事にサイト設営を終えてホッと一息つきながら、受付時にもらった手書きのサイトマップを見つつ、キャンプ場全体を確認することに。 ん?今我々がいるところ、マップ上では「広場」って書いてね? 広場って広場だよね? キャンプはしちゃいけないのかね? ここでキャンプしてもいいの? という疑問がビュンビュンよぎります。 とはいえ、受付時には特に指摘はなかったし、周りを見ると焚火の跡がちらほらあるし、ペグの忘れものが落ちてるし、という状況を踏まえて「まあ、いいか」と。 とは思いましたが、受付に電話で確認したところ、「空いていれば遊び場のスペースとして利用してもらう程度なので、キャンプしてもいいよ」と、回答いただきました。 あくまでも広場ですので、皆さんも利用する際は必ず確認するようにしましょう。 気になるトイレや炊事場は? 沢というだけあって、幅の狭い川が流れていますが、比較的流れは早め。 水は冷たく、本当にきれいです。 さて、まずはトイレですが、南の森へ続く道を少し上るとありました。 男女分かれており、掃除道具が中に保管されてはいましたが、とてもきれいに保たれていました。 そして炊事場。 西の森へ入るとありました。 こちらもきれいに保たれていて、十分なスペースでした。 まあお湯は出ませんが。 ちなみにキャンプ場にはゴミ箱はありませんので、各自持ち帰りとなります。 スポンサーリンク やっぱり降ってきた 沢のせせらぎをBGMに家族の団らんです。 いやー、キャンプって本当にいいもんですね。 ちなみに、道志みちをさらに奥へと進むと「道の駅どうし」があります。 食材が豊富というわけではありませんが、野菜が充実しているので、おすすめです。 今回のBBQはアクアパッツァとオリーブオイルを塗った野菜を丸ごと炭火へ。 ちなみに、中央の緑の野菜はナス!道の駅でゲットした珍しいフォルムのナスでした。 どれも美味でしたね。 ナイスバーべ。 焚火が楽しい季節になってきました。 火をぼーっと見ながらお酒を飲む。 最高だなーと思いながらも、キャンプも終わりが見えてきてしまうという、いとしさと切なさとこころ…。 ちなみに今回は焚火台を使用しましたが、ここでは直火OKです! 直火はまた違った良さがありますよね。 さて、22時近くになると自然と睡魔が押し寄せてきました。 酔いも重なり、シュラフに入ったらすぐに寝落ちしました。 …ところが草木も眠る丑三つ時、寝静まった我々に対して突然現れたのです。 そう、フライシートにバチバチ当たる雨。 とうとう降ってきました。 しかもテントに当たる雨の音から察するに結構な勢い。 その後も雨は止むことなく、音で睡眠を邪魔されながらも朝を迎えました。 翌日はテントもタープもびっちょびちょ。 弱めとはいえ依然雨は降り続けてます。 とりあえず朝食とコーヒーを楽しみつつ、様子を見ることに。 雨キャンプの経験浅い初心者キャンパーです 基本的にキャンプは雨天中止のオチョファミリーですので、雨キャンプの経験は浅いです。 ですので、経験から学んだテクニックもなければ、そもそも雨キャンプをしないので雨対策の勉強もしていません。 使えるツールといえばビニール傘2本と娘のカッパのみ。 それほど使えない、ということで手段は強行突破のみ。 雨が少し落ち着いたタイミングを逃さず、急ぎで撤収です。 そして早く帰ってタープだけでも浴室乾燥機で乾かそうということになりました。 ポリコットン素材なので。 何とか、一通り片付けが済んで、キャンプ場を後にしました。 雨が降る可能性がある場合は、簡易的な物でもカッパは必要。 ゴミ袋は余分に持っていく。 テントを拭けるタオルを持っていく(できればマイクロファイバー製)。 という、少し考えれば答えが出てきそうなことを学びました。 温泉もおすすめ 帰りは「紅椿の湯」へ寄って、温泉&昼食を楽しみました。 ちなみに、椿荘キャンプ場を利用すると、温泉の割引券がもらえます。 露天風呂も気持ちよく、道志川等の景色も最高でした。 最後に そんなこんなで雨によって早めに撤収することにはなりましたが、思い返せば楽しいひと時であり、いい思い出となりました。 雨キャンプの経験値も増し、少しはレベルアップできたことでしょう。 何かトラブルがあっても必ずまた来たい、そう思える不思議な魅力を持つ道志村のキャンプ場の一つ「椿荘オートキャンプ場」。 森林もきれいで、沢のせせらぎも最高でした。 次回は再度西の森で沢沿いのサイトにてキャンプをしようと心に決めた、そんな気持ちを持って終わりたいと思います。 最後に、道志村の人気キャンプ場「道志の森キャンプ場」のレポートもぜひチェックしてみてください。 では、では~。

次の