友達 が 少ない。 なぜ、友達が少ないほど「幸せ」になれるのか?

友達が少ない人の特徴やメリットと気にしない方が良い理由

友達 が 少ない

記事の目次• 友達が少ない5つの原因 友だちが少ないという方にはそれなりの原因があるケースがほとんどです。 では、友達が少ない原因とはいったい何なのか一つずつ見ていきたいと思います。 独り行動が好きで現状に満足している 群れるのではなく一人で行動するのが好きという方は友達が少ない傾向にあります。 古臭いいい方をしてしまうと一匹狼というやつですね。 常に一人で行動することが多く、友達を敢えて増やそうともしないのではないでしょうか。 どこへ行くにも一人で出かけてしまいますし、旅行なども一人で行くという方が多いです。 そのような現状に満足している方だと 別に友達を無理に増やそうとすることもありませんし、友達がいてもいなくてもイイという方も多いです。 集団行動が苦手・嫌な経験がある 基本的に集団行動が苦手という方もいます。 先ほどお話したように一匹狼タイプの方だと集団で行動するのは苦手でしょうし、無理に集団行動しようとしても和を乱してしまうことがありますよね。 これも友だちが少ない原因の一つと言えるでしょう。 また、過去に集団行動で嫌な経験をしたことがある、という方も友だちを作らない、少ないことが多いです。 自分に自信がなく傷つくのも苦手 自分に自信がない方も友だちが少ない傾向にありますし、自分から友達を増やそうとすることも少ないのではないでしょうか。 自分に自信がないために「自分に友だちができるはずがない」と思ってしまうのです。 また、傷つくのが嫌だ、苦手という方も友だちを作らないことが多いです。 心から信用できる友達ができたとして、もし裏切られたら傷ついてしまいますから、そのようなときのことを考えてしまうのです。 ゴシップ好きで噂や悪口をよく言う ゴシップ好きで噂や悪口をよく言うというようなタイプの方は、敢えて友達を作らないのではなくできないと言ったほうが正確ではないでしょうか。 悪口を言うような人と仲良くなりたい人はそういないでしょうし、 噂話が好きな人は心から腹を割って話すことができません。 信用して話したことが広められてしまうと困りますから、そのような人と友達になりたいという方は少ないでしょう。 否定的でマイナスの印象を与えることを言いがち 否定的でマイナスな印象を与えることを頻繁に口にする方だと一緒にいても疲れてしまいますよね。 せっかく楽しい話をしていても否定的なことを言われると嫌な空気になってしまいます。 相手の言っていることに対して「でもそれって〇〇じゃない?」「いや、それは違うんじゃない?」と毎回否定していませんか? 友達が少ない5つのメリット 友達が少ないことをデメリットと捉えてしまう方も多いでしょうが、実はデメリットばかりではありません。 友達が少ないことで得られるメリットもあります。 友達を敢えて作らないという方はこうしたメリットを知っているからではないでしょうか。 ここでは友達が少ないメリットについてお話したいと思います。 恋人との時間をたくさん取れる 友達がいない、少ない場合だと恋人と一緒に過ごす時間をたくさん作ることができます。 友だちが多いとどうしても友達と遊ぶ時間なども作らなくてはなりませんが、友達が少ないのならそのようなことは気にしなくていいですよね。 恋人と過ごす時間をたっぷりとれますし、恋人との関係もうまくいきやすいのではないでしょうか。 結婚式で招待する人に悩まなくて済む 友達がたくさんいると結婚式でゲストをたくさん招待しなくてはなりません。 ただ、誰を呼んで誰を招待しないでおくかなどを決めるときにかなり苦労してしまうでしょうし、時間もかかってしまいます。 友だちが少ないのなら最小限のゲストで済みますし、頭を悩ませるようなこともありません。 これもある意味メリットと言えるでしょう。 信頼できる特定の人とじっくりと時間を過ごせる 友達は多ければ多いほどイイということはありませんし、本当に信頼できる人が数人いれば十分です。 友だちが少ないと信頼できる特定の人とじっくり過ごすことができますし、広く浅く付き合うような必要もありません。 これも友だちが少ないからこそのメリットですよね。 自分の趣味に没頭できる 自分の趣味に没頭することができるというのは大きなメリットではないでしょうか。 友だちが多いとなるとそちらに時間を割く必要も出てくるでしょうが、友だちがそもそも少ないとなるとそのような必要もありません。 自分のやりたいこと、趣味にたっぷりと時間を割くことができますし、趣味に生きる人にとっては大きなメリットです。 無駄遣いが減り貯蓄を増やせる たくさんの友だちがいると当然付き合いも増えてしまいますし、 行きたくもない飲み会や集まりに参加せざるを得ないこともあります。 そうなってしまうとどうしても出費が増えてしまいますから、無駄遣いしてしまうこともあると思います。 友だちが少ないと無駄遣いも少なくなりますし、その分貯蓄を増やすこともできるでしょう。 友達が少ない3つのデメリット しかし、やはり友だちが少ないことにはデメリットもあります。 友達が少ないことによるデメリットについて見てみましょう。 悩みを相談できる相手がいない 人間生きている以上悩みは抱えてしまいます。 その悩みが大きいか小さいかは時と場合にもよるでしょうが、こうした悩みを気軽に相談できる人がいないというのはデメリットではないでしょうか。 恋人には話せないことでも友達になら話せることもあると思いますが、そんなときに腹を割って話すことができる友達がいないというのはデメリットです。 人生の喜びや楽しみを共有できない 友達が多ければ人生の喜びや楽しみをたくさん共有できますが、友だちが少ないとそうしたことをする機会が少なくなります。 飲み会や同窓会に誘われない 飲み会や同窓会に最初から参加する気がない、そういう場所に行くのが苦手という方だと別にデメリットではないかもしれませんね。 友だちが少ないと飲み会などの集まりに呼ばれることも少ないですし、同窓会にも誘われないかもしれません。 友達を増やす4つの方法 友達がもっとたくさん欲しいのに作れない、という方もいると思います。 別に友達が欲しくなくて少ないのならイイのですが、欲しいのにできないというのはちょっと困ってしまいますよね。 そこで、ここでは友達を増やすための方法についていくつかお話したいと思います。 外出する機会を増やす 友達を増やすためにはとにかくいろいろな人と出会う必要があります。 人と出会うためには外出してその機会を作らなくてはなりませんから、友達を増やしたいのならまずは外出する機会をたくさん作りましょう。 外に出かければいろいろな人と出会うことになります。 道ですれ違った人と何かの拍子に友だちになるということもあるでしょう。 自宅に引きこもりっぱなしだとそのようなチャンスにも恵まれませんから、まずは外出することです。 また、 飲み会などの誘いもなるべく断らずに参加することで出会いも増えて友だちも増えていくのではないでしょうか。 習い事をはじめる 習い事を始めるというのもおススメです。 最近では出会いのために習い事を始めるという方も増えていますから、これは有効な方法と言えるでしょう。 女性なら楽器やお茶、書道、ダンス、料理などがおすすめです。 ほかにも英会話なら実用性もあるでしょうし、料理教室なら女子力もアップできます。 ま ずは自分が興味を持てる習い事にトライしてみてはいかがでしょうか。 いろいろな人と出会うことができますし、積極的にコミュニケーションをとれば友だちもどんどん増えていくと思います。 SNSで交流をはかる 友達をたくさん作りたいのならSNSも活用するべきです。 最近ではネットで友だちや恋人を作るというのはまったく珍しいことではなくなりましたし、ネットでのやり取りからリアルで会う友達になるということはよくあります。 近場の人はもちろん遠方の人とも仲良くなることができますし、趣味から繋がることもできます。 SNSを積極的に活用することでたくさんの友だちを作ることも夢ではないでしょう。 Twitterやfacebook、InstagramなどいろいろなSNSがありますから、興味のあるものから始めてみてはいかがでしょうか。 ブログを書くというのもイイですね。 友達が多い人と関わる 友達が多い人とコミュニケーションをとることによって自分も友だちが増える可能性が上がります。 一から友達を作っていくのはかなりの労力が必要ですが、最初からたくさんの友だちがいる人と仲良くなればそこからいろいろな出会いに繋がるでしょう。 自分の周りに友だちがたくさんいる人がいるのなら、まずはその人と仲良くなってみましょう。 積極的に関わるようになれば友達も自然と増えていくのではないでしょうか。 友達が多い人なら飲み会の幹事などをしていることも多いですから、誘ってもらえるようになれば友達が増えるチャンスもアップします。 まとめ 友達がいないことにもメリットはありますが、やはり友達は欲しいですよね。 友だちがいればいろいろなことを共有できますし、趣味や好きなことについて語り合うこともできるでしょう。 多ければ多いほどイイということはありませんが、腹を割って話せる友だちは欲しいものですね。 ここでは友達を増やす効果的な方法についてもご紹介しました。 友達が欲しいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。 リアルで友だちを増やしていくのは大変そうと思った方はSNSから始めることをおススメします。 まずはネットでいろいろな人と知り合い、そこから出会いに繋げるといいですね。 趣味で繋がることが比較的簡単にできるので友達作りにはうってつけです。

次の

友達が少ない人の20個の特徴や悩みとは

友達 が 少ない

一生に一度の結婚式は、たくさんの人に祝福されて華やかにしたいものです。 特に結婚式は女性のためにある、と言っても過言ではありません。 自分の晴れ姿を皆に見て欲しい!と思う女性もいるでしょう。 結婚式の準備は楽しいものですが、式の形や規模、地元の風習など検討事項は多く、中でも招待客を誰にするか、は一番重要となってきます。 人数が多ければそれなりの会場が必要ですし、少なくすれば誰を呼ぶか選定に迷います。 また、結婚式に呼ぶ友達がいない、少ない人もいるでしょう。 彼ばかり友達が多くて自分だけ友達が少ないと思われるのも嫌だ、と考える人もいるのではないですか?この記事では結婚式に招待する友達が少ない場合の対処法や友人招待人数の平均も紹介します。 結婚式に招待するゲストの数は50人から80人が平均ですが、実は結婚式ではゲストの数が多ければ多いほど、新郎新婦の出費は増えるのをご存知でしたか?呼ぶ友達がいない方が良いこともあるのです。 「ゲストが多ければご祝儀も増えるからいいのでは?」と思う方もいるでしょう。 でも披露宴で提供するお食事や飲み物は会場費なども含めると一人当たり2万近くかかります。 招待する側も「食事でケチった」と思われたくないからです。 引き出物も含めると一人の単価は約3万円です。 友達が「三万円」包んでくれたら、招待客にかかる費用はトントンです。 ところが若い世代ではお祝いの3万円を負担に感じる人もいます。 下世話な話ですが若い友達が多いと費用負担は増えるのが現実なのです。 友達がいなくても気にせず結婚式をする方法を紹介して来ましたが、それでも「やっぱり友達の数が気になる」「うちの地方では賑やかにやるのが定番なので、私も定番通りの式をしたい」と思う方もいるでしょう。 結婚式はほとんどの場合「一生に一度」の物なので、小さい頃から自分の結婚式に対して憧れを持つ人もいるでしょう。 お友達の結婚式に参加して「私の時はどんな結婚式にしようかな」と想像していた人もいるかもしれません。 結婚式はどれだけ皆に祝福され温かい式になるか、が一番大切ですが友達が少ない事が気になって楽しめなければ、それも残念な事です。 そこで、次は「新郎新婦間の友達の人数差を埋める方法」を紹介していきましょう。 どうしても人数合わせをしたい!とう思ったら「出席代行サービスを利用する」のも一つの方法です。 この場合はお祝いをいただけることはなく、逆に出席してくれた方にお金をお支払いする必要が出て来ます。 こんなことしてまで、人数を揃えないとダメなの?と思う方もいるかもしれません。 しかし両親の意向で「どうしても華やかな式にしてほしい」と言われた場合には親の希望を尊重し利用するカップルもいるようです。 余談ですが、このようなサービスは増えて来ています。 例えばSNSでリアル充実をアピールするために雇われた友達や恋人です。 遊べる友達がいなくても堂々としていればいいのですが、そこまでして他人に「友達に囲まれている」と思ってほしいのですね。

次の

友達が少ない女性との恋愛とは? 友達が少ない人の特徴も紹介!

友達 が 少ない

たった数人の友人しか持たないことは知的なことだとみなされていません。 逆に友人がいないと、他人と関わるのが好きではない種類の人として「変わった人」のカテゴリーに入れられてしまいます。 しかし、これは事実なのでしょうか?友人が少ないことが変だというのは本当なのでしょうか?実は、人によっては、それは知的さと同義だと言います。 これは多くの人が認識する一方で、多くの人を驚かせもした革命的な主張です。 ある研究では、知的な人は友人の数がかなり少ないことが明らかになっており、それは知的な人が私達とはかなり違った振る舞いをするからだとされています。 心理学者のとノーマン・リーは、人口密度の高い場所に住む人はあまり幸せだと感じないと結論付けました。 この主張は多くの人の考えと合致するものでしたが、それまで一度も証明も研究もされていないないものでした。 しかし今、統計によってそれが浮き彫りとなり、その伝説が真実であったことが確認されました。 知的な人と友人 頭のいい人と考えると、成績がいい人やいつも本を片手に持っている人のことを考えるかもしれません。 そういった人は、教授に課された課題を先に済ませてしまおうと図書館で時間を過ごすことを好みます。 社交は彼らが必要とするものではなく、事実、彼らはなのです。 孤独と自立 多くの人は孤独と情緒的依存に深刻な問題を抱えています。 私達は、あらゆる物事や人とかけ離れた淵で生きるようには育てられていません。 私達は良い仲間と一緒にいることを楽しむ社交的な生き物であり、この仲間との時間を時に必要とします。 しかし、もし孤独でも幸せだったとしたらどうでしょうか? この研究で、 知的な人は独りで時間を過ごす時により多くの満足感を得られることが分かっています。 これは彼らが世界から孤立しているというわけではありません。 もちろん、彼らも人と関わり合いますが、身近で馴染のある人とのみなのです。 知的な人は友人に頼ることができる一方で、もし友人が何らかの形で関係を継続できなくなったとしても、前へ進み続けるのに全く問題がないのです。 彼らはどんなサポートも必要とせずに人生に直面する準備が整っているのです。 多くの人とは対照的に、 知的な人はのです。 知的な人は随分と自立しており、孤独というほとんどの人にとっては考えられないことを楽しんでいます。 こうした面で、研究者たちは サバンナ説という人類史の初めから今までに至る人類の脳の進化に焦点を当てる説に注目します。 ホモサピエンスが最初に地球上で歩いていた頃、彼らは他の仲間と離れた存在ではありませんでした。 代わりに、彼らは大きくて、開けっぴろげな空間に一緒に住んでいました。 とても数少ない人しかいなかったので、自分たちを守り生き残るためにグループを構成しました。 知的な人は自分の周りの数少ない人と共に、こうした広くて群居しない空間にいるかのように感じているのです。 だから 彼らは、知らない人からの助けやサポートなしに自分で試練に向き合う覚悟ができているのです。 彼らには確信があり、知らない人を頼ることは足手まといになるかもしれないのです。 世界に偉大な発明をして貢献した人々は、まさに社交性を重要視しなかった良い例です。 おそらく彼らのプロジェクトや目標のほうが、他人と関わり合うことよりもずっと幸せにしてくれたのでしょう。 更に、ロンドンスクールオブエコノミクスのカナザワ氏はまた別の爆弾を落下させました。 最も知的な女性は子供を持たないか、遅くになって子供を持つということです。 世界を見渡してみれば、一理ある理論です。 より教養がある人、キャリアのある人、あるいは何らかの訓練を受けている人は30才を超えるまで子供を持ちません。 しかし、高校の後に教育を終えるほとんどの人は既に子供が一人か二人いる家族を持っています。 知的であるかそうでないかということは、と大きく関係があるようです。 この研究によると、あなたの知的レベルがあなたの行くべき道をいずれかの方向へと導いていくことができるのです。

次の