外資 系 コンサル の スライド 作成 術。 外資系・国内コンサル会社のプレゼン資料を比較してみました

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

外資 系 コンサル の スライド 作成 術

スライド資料の構成 スライド資料の構成は下記の図の通りである。 もちろん、これ以外の構成もあるが、まずは、この基本の型を身に付けることを推奨する。 なお、資料作成の基本原則を紹介した下記記事も合わせて読んで欲しい。 2つの記事を合わせて読むことで、より高いスキルアップの効果を狙えるはずだ。 資料作成の8ステップ スライド資料は下記の手順で作成する。 それでは、最初のステップから解説しよう。 これは、目的地や地図が無いまま、歩き出すようなものである。 資料作成の作業に入る前に、まずは下記情報を整理し、資料全体の構成を検討する。 なお、私の経験上、情報整理は紙を使った方が早いため、そちらを推奨したい。 資料の目的• 説明形式 プレゼンor配布• 説明相手• 説明時間• スライド数 それぞれの情報について、もう少し詳細を説明をしよう。 1 資料の目的 なぜその資料を作成するのかという目的を常に頭の隅に置く必要がある。 目的によって、メッセージ、資料構成、スライド数などは全く異なるため、資料作成を始める前にまず考えるべきことである。 なお、資料の目的はおおよそ以下に分類される。 2 説明形式 資料説明の方法がプレゼンか配布資料かによって、資料の作り方は大きく変わってくる。 それぞれ下記のような特徴がある。 一方、配布資料の場合、資料が一人歩きすることから、認識に齟齬が出ないよう正確性を重視すべきである。 なお、本記事では配布資料を前提に解説している。 3 説明相手 説明する相手がどの程度の前提知識を持っているかという点も考慮が必要である。 相手が理解できない言葉は出来るだけ避けるべきである。 どうしてもそのような言葉を使わなくてはいけない場合は 注釈や凡例を入れることで、極力認識齟齬を無くすことが重要である。 4 説明時間 資料の説明時間も考慮すべきである。 例えば、説明時間が1分しかない場合、多くの枚数を作る必要は無い。 1分で目的を達成出来るような資料作りにする必要がある。 5 スライド数 おおよその目安として、 1スライド1分の説明時間がかかると考えた方が良い。 つまり、10分の説明時間がある場合は10スライド以内に抑えるのが望ましい。 配布資料の場合はそこまで厳密に考える必要は無いため、伝えたいメッセージをもとにスライド数を検討すべきである。 この作業のポイントは、 PCで作業をするのではなく、紙とペンを使うことである。 では、具体的な手順を説明する。 メッセージを整理するときに、フレームワークやMECE的に考えるのは止めた方がよい。 自分の頭で考えて、メッセージを整理することが重要である。 メッセージをロジカルシンキングの中だけで考えてしまうと、本当に自分が伝えたいことがぼやけてしまう。 2 スライドのラフスケッチを作成する キーメッセージを構造化出来たら、次にラフスケッチを作成する。 それぞれのキーメッセージの根拠となるグラフや表などのイメージを紙に書いてみる。 PCで作業してしまうとやり直しに時間がかかるが、紙であれば何度やり直しても問題は無い。 なお、説明シーンをイメージしながらスケッチすると具体性の高いスケッチが出来る。 また、ラフスケッチ作成の際に役立つ枠組みのテンプレートを下記の記事にまとめているため、参考にしてみて欲しい。 資料の目的及び全体構成から逆算することがポイントである。 また、1つのアジェンダに対して、スライドが複数枚になる場合は、番号を振るべきである。 つまり、1枚のスライドの中で、最も重要な箇所はキーメッセージである。 各スライドのキーメッセージのみを繋げれば、資料全体の主張・目的が分かるような構成が理想である。 では、キーメッセージはどう作るべきか。 まず、押さえるべきことは、下記3つの条件を満たす必要があるということである。 この原則に従って、資料を作成しないと結局何が言いたいのか分からない資料が出来上がる。 コンサルでは、これを死にスライドと言い、絶対に避けなくてはいけないものである。 2 明快な主張がある キーメッセージには明快な主張が必要である。 つまり、 YESなのかNOなのか立場を明確にしなければならない コンサルでは、これを「ポジションを取る」と言う。 どちらか分からないという曖昧なものはキーメッセージになり得ないということである。 3 短い キーメッセージはだらだら書くものではなく、短くスパッと言い切ることが重要である。 キーメッセージの長さの基準としては下記2点を意識すると良い。 キーメッセージはボディ部分を作る前に決めなければいけない。 なぜなら、先にボディ部分を作ってしまうと、ボディ部分に合わせたキーメッセージを作ってしまうからである。 あくまでもキーメッセージが主で、ボディ部分は従である。 この作成順は必ず抑えよう。 なお、キーメッセージを作る前にボディ部分を作ると、メッセージが曖昧なスライドが出来てしまう。 作成者とは異なり、資料を初めて読む人にとってグラフ・チャート・表をすぐに読み解くのは容易ではない。 したがって、理解度を促進するために内容を瞬時に理解できるようなタイトルを書くことが重要である。 タイトルを見ただけで、「あぁ、このグラフは〇〇についてのグラフなんだな」と理解できるように配慮する。 ここに記載する全ての情報はキーメッセージを証明するために存在する。 スライド内の紙面を最も多く取るため、資料作成の作業においては、最も時間がかかる箇所である。 オブジェクトの配置が決まったら、次に、オブジェクトの中身を作成する。 中身は以下のパターンに分類される。 それぞれ作り方を説明したい。 各コンサルティングファームが作成したスライド資料を下記の記事にまとめているため、参考にして欲しい。 用語やオブジェクトの意味を理解しにくい場合などに脚注を記載する。 2 出所 スライド作成にあたり、情報を引用した場合は出所 出典 を記載しなければならない。 無断で引用した場合は著作権侵害にあたる可能性があるため、細心の注意を払うべきである。 欧米人・欧米企業とやり取りする際は特に重要である。 また、情報の出所を記載することで、スライドの信頼性は高まる。 スライド番号を一度に設定する方法• スライド番号の表示位置の変更方法 1 スライド番号を一度に設定する方法 1. [挿入]タブで[ スライド番号]を選択する。 2.[スライド]タブで[ スライド番号]をチェックする。 なお、タイトルスライドに表示しない場合は、[ タイトル スライドに表示しない]をチェックする。 3.[ すべてに適用]を選択する。 2 スライド番号の表示位置の変更方法 1. [表示]タブで[ スライドマスター]を選択する。 2.スライド番号を表示したい位置に、 を移動する。 「資料作成」に関するおすすめ本 資料作成に関するおすすめの本は下記の記事にまとめているため、是非合わせて読んで欲しい。 資料作成のスキル向上のためにテーマ別のおすすめランキングを紹介した記事。 【まとめ】コンサルタントには資料作成のルールが存在する 資料作成の手順について解説したが、いかがだろうか。 最後に、資料作成の8ステップを再掲する。 こちらもぜひ見てほしい。

次の

【本纏め】外資系コンサルのスライド作成術|Palo|note

外資 系 コンサル の スライド 作成 術

ベストセラー『外資系コンサルのスライド作成術』 東洋経済新報社、2012年 をさらに有効に使いこなすための「作例集」です。 作図時のポイントやアドバイスも付されています。 練習問題やコラム 世界を変えた視覚表現など も充実しています。 巨額のビジネスを動かした実際に使われたスライドに加え、キラーチャートも公開しています。 山口 周 ヤマグチ シュウ ヘイ・グループ ディレクター 慶應義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。 電通、ボストン コンサルティング グループ、A. カーニー等を経てヘイ・グループに参加。 グローバル組織のデザイン、組織開発、リーダーシップ開発、キャリアデザイン等のプロジェクトに従事。 著書に『外資系コンサルのスライド作成術』 東洋経済新報社 、『グーグルに勝つ広告モデル』 筆名:岡本一郎 『天職は寝て待て』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』 いずれも光文社 がある。 kindle版買ったのですが、紙の本を買い直しました。 写真載せましたが、すごい横長です。 あと実際に使ったプレゼン資料を掲載が売なので絵がたくさんあるのですが この絵がkindleだと読みにくい(小さい絵は字がほぼ読めない)。 kindle for PCだと読めるのではと思ったのですが、結局縦長表示するのでダメでした。 kindle fireで横表示だと、なんとか読めるのですが1ページを上下で2ページで表示するのでやっぱり読みにくい。。。 ということで紙のものを買い直しました。 kindleでなんとか読めるんじゃないか、なんて楽観的に考えちゃだめですよ、これは! 内容は、そのまま使えそうなプレゼン資料が掲載されているので非常に良いと思います。 困ったときにここから探せば当てはまるものがありそうな感じです。。。

次の

外資系コンサルのスライド作成術

外資 系 コンサル の スライド 作成 術

〔内容紹介〕 グラフの作り方、チャートの描き方、スライドをよりシンプルにするためのヒントなど、グローバルで通用するスライド作成テクニックを、約100点に及ぶ豊富な事例をもとに解説する。 実践力を鍛える練習問題も掲載。 分類 336. 49 著者紹介 慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻前期博士課程修了。 ヘイ・グループに参加。 グロービス・マネジメント・スクールパートナーファカルティ。 著書に「天職は寝て待て」など。 出版年月 2012. 12 ページ数 1コンテンツ 注記 底本:2012年11月刊 件名 プレゼンテーション 図表• 外資系コンサルのスライド作成術 -図解表現23のテクニック- 電子版.

次の