ブラッド ステインド。 全アイテム入手法

【ブラッドステインド】髪型と衣装カラーの変更方法とできる場所|GameFoliage

ブラッド ステインド

「ブラッドステインド」のトロフィーについて。 ブラッドステインドのプラチナトロフィーを取得したので、情報を記事にまとめる。 今作は、のゲーム性を継いだ2Dのアクションということで、人によっては昔から馴染みのある作品かもしれない。 ゲーム自体はなかなかに歯応えのある難易度かと思われたが、新参者向けにマイルドになった?難易度ノーマルでやった感じ、苦戦するところは無かった。 トロフィーに関しては、アイテム、マップ、エネミー図鑑のコンプというゴールドトロフィー3種が少々手間になるぐらいで、他は全て取得は容易。 それらの収集要素も、アイテム以外は埋めるのは楽。 アイテムに関しては、数が多いものの埋めるのはやはり容易。 解体を上手く使えば、素材マをする必要性も薄い。 どちらかというと、最後は金集めがの方が大事になる。 時限トロフィーは存在するが、時期はそこまでシビアではない上に、条件自体は至ってシンプル。 あらかじめ存在を知っておけば、取り逃す心配は薄い。 念のため複数にセーブデータを分けておけば万全。 各トロフィー取得条件に付いては、PSNPを参照。 個人的な難易度指標(点が高いほど厳しい。 10点満点。 作業 3. 時限トロフィーは2種類あるが、時期が分かりやすいので苦労することはない。 それ以外は、特筆することは無いので、気楽に挑むのが良い。 ウォークマスター (ゴールド)|全てのマップを埋めた マップ踏破のトロフィー。 ラスボス前に、全体の踏破率が99. 隠し部屋も当然ながら埋める必要があるので、自然と隠し部屋を見つけるトロフィーも取得できる。 マップの全体像は以下の通り。 アイテムコレクター (ゴールド)|アイテム図鑑をコンプリートした アイテム図鑑なので、消費アイテム、素材、装備、シャードと全て集める必要がある。 このトロフィーを狙う過程で、その他のトロフィーは大体取得できるので、とりあえずはこのトロフィーの取得を目標にしておくと色々考える手間が無い。 各図鑑の項目については、などを参照。 基本的に、錬成で作成できないものは宝箱かクトで入手できる。 特に、クトはトロフィーを取得すると放置しがちになるのだが、限定アイテムが複数存在するので忘れずに進行しておくべし。 また、コインを消費して錬成できる装備は、8を使用して錬成できる最初のものだけ作ればよい。 などの面倒な素材は、装備を購入して解体して入手するという手段もあるので、そちらも適宜利用してくと楽。 悪魔博士 (ゴールド)|悪魔図鑑をコンプリートした コンプリートとあるが、ドロップアイテムまで全て埋める必要は無い。 シャードや素材の関係で、やはりアイテム図鑑コンプリートの過程でこちらも埋まる。 見つけにくい敵はNo44のくねくねだが、「魔が駆ける橋梁」で乗れる列車内で、開始地点すぐにある椅子に座ってずっと景色を見ていれば出現する。 目を合わせるとHPがごっそり持っていかれる性質を持っているので、前の車両の箱に引っかかるまで後退し、引っかかったらそのまま対面して殴れば問題なく倒せる。 シャードマスター (シルバー)|全種類のシャードを取り込んだ シャードコンプのトロフィー。 アイテム図鑑を埋める過程で埋まる。 敵からドロップする他に、錬成で手に入る物もあるので注意。 当たると上にまた飛び上がるので、これを利用して10回連続で決める。 使用中に的の大きい敵の上で連打するだけで簡単に取れる。 195 (シルバー)|42. 195km移動した クリアする過程で問題なく取得可能。 富者 (シルバー)|所持金が50万Gに達した 終盤に持ち物を全て売却して稼ぎ、トロフィーを取ったらリセット、というこの手のトロフィーのお約束が通じるので、それが一番楽。 交渉人 (シルバー)|累計10万G分、売買をした アイテム図鑑コンプの過程で、おそらく取得できる。 食の研究者 (シルバー)|20種類の料理を食した 料理自体は、アイテム図鑑の関係で全て作る羽目になるので問題は無い。 あとはそれを食べるだけ。 村の守護者 (シルバー)|クトを30回クリアした クト制覇ではないので、余裕はある。 しかし、クト報酬限定のアイテムが存在するので、結局はほとんどクリアすることになるのかもしれない。 ブラッドステインド (シルバー)|大量の血液を吸い上げた 後半に入手できる、ブラッドスルのシャードが必要。 具体的な数字は不明だが、そこまで時間がかかるものでもないので、忘れないうちに取っておくべし。 成長期 (シルバー)|レベルを50にした レベルの上限は50ではない上、ストーリー進行の過程で50は平気で超えるので問題はない。 我ら、夜の軍団 (シルバー)|皆様のご協力に感謝致します スタッフロールをスキップせずに見届けるだけ。 〇ボタンによる早送りは可能。 デスローナー (シルバー)|魔王を討ち滅ぼした ラスボス撃破のトロフィー。 よって、何も書くこと無し。 (ブロンズ)|バックステップでたくさん移動した 沢山とあるが、実際はすぐに取れる。 熟練師 (ブロンズ)|錬成を10回行った アイテム図鑑を埋める過程で、10回は平気で超えるので何も問題は無い。 シャードリンカー (ブロンズ)|シャードを初めて取り込んだ OP終了直後に取得。 トレジャーハンター (ブロンズ)|宝箱を100個開けた ストーリー中盤辺りには取得できる。 デーモンハンター (ブロンズ)|悪魔を1000匹狩った 筆者は最終的に7000体程度倒していたので、何も問題は無いはず。 キャンドルクラッシャー (ブロンズ)|燭台を1000個壊した これは少し意識した方がいいかもしれない。 筆者は自然と取得できたが、取得時期は少し遅かった。 皆伝 (ブロンズ)|奥義を会得した 奥義とは、コマンド入力で発動する技のこと。 熟練度をMAXにすれば会得できるので、どれでもいいから一つ最大まで上げるだけ。 ブックワーム (ブロンズ)|本を10回借りた 「リブリ・」で借りられる本を10回借りるだけ。 隠しボスであるO. Dを倒せば20冊以上を一気に借りられるので、それを利用すれば一発で取得できる。 10回と言うよりかは累計10冊と言う方が近いような気がする。 (ブロンズ)|分解を10回行った そのまま。 図鑑埋めの過程で埋まる。 ここ怪しいなあ (ブロンズ)|壊れる壁を発見した 隠し部屋を発見する際に必ず取れるので、問題なし。 イメージチェンジ (ブロンズ)|ヘアスタイルを変えた 「ディアン・ケヒト大聖堂」の一室にて変更可能。 髪型を変えるだけでよい。 デジャヴュ (ブロンズ)|何度も椅子を突き上げられた ・チェアに何度か乗れば取れる?筆者は自然と取れた。 コンサート (ブロンズ)|妖精の歌を聴いた シャードでカラボスを呼び出した状態で、静寂の庭園にあるピアノを演奏すると、カラボスが歌いだすのでそれを聞く。 かわいい。 ストームクワッシャー~ (ブロンズ) ストーリーで戦えるボス撃破のトロフィー群。 さらば遠き日 (ブロンズ)|友との約束を果たした 時限トロフィーその1。 斬月刀を入手する前に、「終焉の間」にてベルを撃破するのが条件。 斬月刀は、「東洋魔導研究棟」で斬月(2回目)を撃破するまで入手できないので、それまでに倒せばよいだけ。 また、達成すると強制的にゲームオーバーになる点は注意。 アンデッドキラー~ムーン (ブロンズ) ストーリー進行で戦うボス撃破のトロフィー群。 新たなる城主 (ブロンズ)|新たな城主が誕生した 時限トロフィーその2。 上記の斬月刀を入手した後、「終焉の間」のベル戦で赤い月を斬月刀で斬らずにベルを倒すのが条件。 「さらば遠き日」と同様に、達成と同時にゲームオーバーが確定する。 こんなところか。 細かい攻略については、を参照。 ゲーム内容が良好で、トロフィー構成がぬるいので手軽に遊びたい人に向いたソフトだと思う。 以上、「ブラッドステインド: リチュアル・オブ・ザ・ナイト」のトロフィー攻略でした。

次の

攻略チャート

ブラッド ステインド

「Bloodstained: Ritual of the Night」について 「Bloodstained:Ritual of the Night」先行して2018年5月24日に配信された『ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン』(Bloodstained: Curse of the moon)の10年後が舞台。 五十嵐孝司氏による「IGAVANIA」(探索型横スクロールアクション)。 数多くの武器や装備品、多数のスキルを身につけ、広大な城を探索するアクションゲーム。 ストーリー 18世紀のイギリス。 錬金術ギルドは、科学の進歩により、自分たちだけが持つ利益を失うことを恐れ、暴走。 身よりの無い子供たちを集め、魔力と融合する魔道人間を作り、それらを生贄にこの世に地獄の召喚を試みる。 実験は成功するものの、その1年後ギルドは突如壊滅する。 それから10年の時が流れ、その跡地に巨大な魔力と共にまがまがしい城が現れる。 集められた子供のひとりが本作の主人公である、ミリアム。 幼い頃、錬金術によって秘術をその身体に施された子供のひとり。 秘術の影響で10年間昏睡(時が止まった)状態であり、そのため地獄召喚の儀式には駆り出されなかった。 錬金術師の呪いによって傷つけられ、体がゆっくりと結晶化されていく運命を背負う。 そして、城の主人は身も心も結晶化してしまい、もはや血肉といえる部分がほとんど残っていないかつてのミリアムの友であるゲベル。 ミリアムは、自分自身、そして全人類を救うため、ゲベルに召喚された悪魔どもがはびこる城を舞台に戦う。 プレイアブルキャラクター ジーベル(CV:白川周作) かつて地獄召喚の生贄とされ、唯一生き残った男。 仲間と自分の復讐のためギルドを滅亡させる。 復讐は果たされるが、同時に自分が人でないことを理解し、この世に自分の居場所を作る為に地獄から城を呼び出す。 本当はミリアムの居場所を作る為に城を構築しているのだが、結晶の侵食により当初の目的を忘れている。 城を起点にこの世に地獄を侵食させようとしている。 悪魔の力を取り込んだ結晶に侵食されており、身体の半分は結晶化している。 人類への復讐とミリアムの同胞化をたくらむ。 ヨハネス(CV:興津和幸) 滅んだ錬金術ギルドの錬金術師。 ジーベルの親友。 組織が地獄を呼び出すことに反対した唯一の錬金術師。 この2つの理由で、生き延びた。 自分たちが犯した過ちの懺悔と、ジーベルを止めたい気持ちから、研究を続けている。 出現した城を地獄へ戻すための錬成式と理論を構築している。 ミリアムの結晶の進行を止めているのは彼の術式。 このタイミングでミリアムが起きた事が、地獄の城と連動していることを薄々分かっている。 楽天家に見えるが、内心は直情的でおよそ研究家に向かない情に厚い男。 ドミニク(CV:水橋かおり) 謎の男(CV:置鮎龍太郎) アルフレッド(CV:楠大典) グレモリー(CV:後藤沙緒里) アン(CV:鬼頭明里) ゲームシステム 魔力錬成結晶システム 敵を倒すと得られる特殊な魔力をクリスタル状に錬成して、プレイヤーの技に変換する秘術。 簡単に言うと、敵の技を身に付けることができる。 敵を倒す事で、素材等アイテムがドロップする• 低確率で「シャード」という、輝いているクリスタルが出現し、取り込める。 シャードは、ドロップした敵特有の攻撃魔法。 ほぼすべての敵がシャードをドロップする。 すべての敵に、それぞれ特有の魔法が存在する。 これを集めることで、ゲームを有利に進められるだろう。 「Bloodstained: Ritual of the Night」の掲示板• 「Bloodstained: Ritual of the Night」製品情報.

次の

ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン

ブラッド ステインド

スポンサーリンク トッドで変えられる髪型と変更可能部位 変えられる部位は、以下のとおりです。 ヘアカタログ(髪型)• ヘアカラー• コスチュームカラー• サブカラー• スキンカラー• アイカラー それぞれの色を変えるだけでも雰囲気が変わるので、好きなカラーに変更して遊びましょう。 各種装備やアクセサリーに合わせて変更するのも面白い要素です。 髪型を増やすには? トッドと出会う序盤では、髪型が2種類しかありません。 増やすためには、クエストの報酬やマップの宝箱に入っている「世界のファッション」を入手しなければいけません。 『ブラッドステインド』の世界を隅々まで探索してさまざまな髪型をゲットしましょう。 ミリアムをオリジナルデザインにしよう トッドの部屋へ行くことでミリアムの髪型や髪色などの変更が可能になります。 近くにワープがあるので、新しい髪型の本を入手したらトッドに会いに行きましょう。 デザインを変えることで、探索がより楽しくなりますよ!.

次の