ニューヨーク市 感染者推移。 人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【国別】

NY州の感染者1日で5000人近く増加

ニューヨーク市 感染者推移

新型コロナウイルスの感染者数、犠牲者数ともに急増し、世界で最も深刻な状況となりつつある米国。 中でもニューヨーク州は、感染者数が中国全体の感染者数を上回り、死者数も2千人に迫るなど、今や世界一のホットスポットだ。 なぜニューヨークはコロナにこんなにも脆弱なのか。 キーワードは「貧困」と「肥満」だ。 市当局が感染マップを作成 ニューヨーク州の中で特に事態が深刻なのが、世界の金融、エンターテインメントの中心地であるニューヨーク市。 4月1日現在、感染者数は約4万8000人、死者数は約1400人となり、それぞれ州全体の6割弱、7割に達している。 観光の名所タイムズスクエアはゴーストタウンと化し、市民の憩いの場セントラルパークには感染者を収容するためのテントが設営され、野戦病院と見紛うような光景が出現している。 だが、市内の感染状況は一様ではない。 それを鮮明に描いているのが、市保健精神衛生局がこのほど作成した「感染マップ」(下)だ。 市内全域を郵便番号で細かく区切り、郵便番号の地域ごとに、3月31日時点の感染者数を4段階に色分けして表示。 色の濃いのが感染者数の多い地域で、色の薄いのが感染者数の少ない地域となっている。 地図を俯瞰すると、濃い地域は濃い地域同士で固まり、薄い地域は薄い地域同士で固まっている傾向が見て取れる。 (出典:ニューヨーク市保健精神衛生局) 色の濃淡は、実は、住民の所得差をほぼ反映している。 色の濃い地域、つまり感染者数の多い地域はおしなべて住民の平均年収が低く、逆に色の薄い地域、つまり感染者数の少ない地域は、住民の平均年収が高い。 両者は完全に一致しているわけではないが、相関関係は高い。 真っ先に自宅にこもった高所得層 例えば、ブルックリン地区は最も色の濃い地域が非常に多いが、マンハッタン地区に近い場所に、色の薄い一帯が例外的に存在する。 パークスロープと呼ばれるエリアで、レンガ造りの街並みが特徴の閑静な住宅街だ。 国勢調査によると、2016年の世帯収入の中央値は約13万5000ドル(約1450万円)と非常に高く、職業はホワイトカラーが多い。 一方、同じブルックリン地区でも、最も濃い色に塗られたエリアの1つ、イースト・ニューヨークと呼ばれるエリアは、2016年の世帯収入の中央値が約3万7000ドル(約400万円)。 パークスロープの3割にも満たず、貧困率も高い。 ニューヨーク市では、通勤にバスや地下鉄を利用する市民が圧倒的に多いが、年収の高いホワイトカラーは、新型コロナの感染が広がり始めた早い時期に、自宅で仕事をするテレワークに切り替えた人が多い。 世帯収入の高い地域で感染者数が少ないのは、それが一因と見られている。 命がけで地下鉄に乗る貧困層 一方、低所得層や貧困層の多くはテレワークが困難なサービス業に従事している上、仕事を休むと即、解雇されるリスクも大きい。 密閉・密集・密接の危険を承知で、今も地下鉄を使い通勤し続けているのは、こうした事情がある。 ニューヨーク州のクオモ知事は事実上の外出禁止令を出したが、サービス業の多くは、市民生活に不可欠として例外扱いだ。 ニューヨーク・タイムズ紙は、地下鉄で通勤し続ける低所得層や貧困層を取材した記事を掲載し、「地下鉄は今や、安全な自宅に避難できるだけの財力のある人と、最低限の生活を死守するために勇気を振り絞って地下鉄を利用し続けなければならない人たちとの分断を深め、以前にも増してニューヨーク市の不平等の象徴となっている」と報じた。 貧富の格差の問題は、米国の大都市に共通する問題だ。 だが、ニューヨーク市は他の主要都市に比べて人口密度が飛び抜けて高く、公共交通機関への依存度も高いため、それだけ感染リスクが大きくなっている。 ニューヨークで新型コロナが猛威を振るっている謎を解明するもう1つのキーワードは、米国の国民病である肥満だ。 CDCが基礎疾患情報を公開 政府の疾病対策センター(CDC)は3月31日、新型コロナ感染患者の基礎疾患情報を初めて公表した。 3月28日までに全米各地からCDCに報告された感染情報のうち、基礎疾患情報が詳細に記録されている7162人の患者を分析した。 それによると、1つ以上の基礎疾患が認められた患者は全体の37. 6%に当たる2692人。 基礎疾患の中で最も多かったのは、糖尿病の784人(10. 9%)で、他には慢性肺疾患の656人(9. 2%)、心血管疾患の647人(9. 0%)が多かった。 一見、それほど多くないようにも見えるが、入院患者に絞ると数字は大きく跳ね上がる。 通常の入院をした1037人のうち、糖尿病患者は251人(24%)、慢性肺疾患は152人(15%)、心血管疾患は242人(23%)と、全体に占める割合は1. 5倍から2倍に上昇。 さらに、集中治療室に入院した重篤な患者457人に限れば、糖尿病が148人(32%)、慢性肺疾患が94人(21%)、心血管疾患が132人(29%)と、割合はさらに高くなる。 とりわけ、糖尿病と心血管疾患で顕著だ。 が一足先に公表した基礎疾患情報でも、似たような傾向が出ている。 肥満と密接な関係 糖尿病も心血管疾患も、肥満が原因となる場合が多い。 米国では成人の約4割が肥満で、肥満は国民病とも言われている。 また、肥満人口は低所得層、貧困層に偏っており、貧困と肥満は互いに密接な関係だ。 つまり、ニューヨーク市の低所得層、貧困層は、新型コロナの感染リスクが高い上に、感染すると重症化する可能性が非常に大きいと言える。 貧困や肥満は黒人やヒスパニックなどマイノリティに多いため、マイノリティが高い比率で新型コロナの重篤患者になっている可能性もある。 新型コロナの問題は、奇しくも、唯一の超大国の陰の部分をあぶりだしているのだ。

次の

NY州の感染者1日で5000人近く増加

ニューヨーク市 感染者推移

(CNN) 米国内で1000人近くの新型コロナウイルス感染が確認されるなか、ニューヨーク市郊外のニューロシェルでは一部が封じ込め区域に指定され、州兵が出動することになった。 米国では10日までに少なくとも感染者961人、死者29人が報告され、17州が非常事態宣言を出している。 ロチェスターでは先週、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)に通う男性とその家族が検査で陽性を示し、感染拡大の中心になったとみられている。 州当局はこのシナゴーグから半径1マイル(約1.6キロ)の範囲を封じ込め区域とし、12日から2週間にわたって学校や集会施設を閉鎖すると発表した。 同州のクオモ知事は、同区域に州兵を派遣して住民への食料配達や公共施設の清掃作業にあたらせる方針を示した。 カリフォルニア州サンタクララ郡でも数十件の感染例が報告されたことを受け、11日から3週間は1000人以上の集会が禁止された。 トランプ政権は感染拡大の影響を受け、給与減税など景気対策の検討を始めている。 10日に大幅下落した米株式市場は11日に急反発した。 しかし全米各地でコンサートやイベントが延期され、航空会社は減便を発表。 ニューヨーク国連本部で部外者の立ち入りが禁止され、ハーバードなど名門大学が教室を閉鎖してオンライン授業に切り替えた。 米大統領選に向けた民主党候補者選びは10日に6州で予備選、党員集会が実施されたが、有力候補のバイデン前副大統領とサンダース上院議員はそれぞれ、同日夜にオハイオ州で予定していた集会を中止した。

次の

コロナがアメリカで感染者数が多いのはなぜ?ニューヨーク集中の理由 | 毎日が新しい日

ニューヨーク市 感染者推移

近似曲線から指数近似係数(係数a)を求める グラフの最上部に描かれたプロットは、兵庫県全体のプロットですが、そのプロットに沿って右側に表示された点線は指数関数近似曲線を表わしています。 感染者数の増加傾向は指数的となっていますので、下記の指数関数式にて近似を行いました。 例えば、兵庫県の4月23日時点の係数を求めるには、4月17~23日の7日間のデータから指数関数の近似式を下記のように得ています。 02989は、約23. 2日で感染者累計が2倍となる数値です。 2) 倍化日数とは 例えば、係数aが0. 1の時は、6. 93日で陽性者数が2倍になる値です。 この日数が倍化日数で、計算方法は、下記のように2の自然対数を取って、係数aで割って求めます。 1の時は次の計算になります。 93 ただし、Logは自然対数 この関数で近似曲線を描いたのが図の点線となっています。 この係数aは毎日の感染者数によって変化して行くので、その値から算出した倍化日数は、感染拡大の動向をみる指標となります。 兵庫県内の感染拡大傾向を指数近似係数からみる 指数部係数aは、感染拡大の勢いを表わす指標と捉え、この値の推移をグラフ化してみました。 下図は、兵庫県各管轄域における係数aの推移を示しています。 兵庫県における新型コロナウイルス感染を管轄する保健所または、健康福祉事務所 ここで表示している都市・地域名は、兵庫県内の健康福祉事務所(保健所)が管轄する下記所管市町村となっています。 都市・地域名 管轄名(都市・地域) 管轄地域 人口 千人 神戸 神戸市保健所 神戸市全域 1,520 姫路 姫路市保健所 姫路市全域 530 尼崎 尼崎市保健所 尼崎市全域 451 西宮 西宮市保健所 西宮市全域 487 明石 あかし保健所 明石市全域 299 芦屋 芦屋健康福祉事務所 芦屋市 94. 2 宝塚 宝塚健康福祉事務所 宝塚市 三田市 335 伊丹 伊丹健康福祉事務所 伊丹市 川西市 川辺郡 271 加古川 加古川健康福祉事務所 加古川市 高砂市 稲美町 播磨町 414 加東 加東健康福祉事務所 西脇市 三木市 小野市 加西市 加東市 多可町 265 中播磨 中播磨健康福祉事務所 神河町 市川町 福崎町 41. 3 龍野 赤穂 龍野健康福祉事務所 赤穂健康福祉事務所 相生市 たつの市 赤穂市 宍粟市 太子町 上郡町 佐用町 248 豊岡 朝来 豊岡健康福祉事務所 朝来健康福祉事務所 豊岡市 養父市 朝来市 香美町 新温泉町 159 丹波 丹波健康福祉事務所 篠山市 丹波市 101 洲本 洲本健康福祉事務所 洲本市 淡路市 南あわじ市 127 兵庫県でのPCR検査の状況と入院患者数の推移 PCR検査件数に対する陽性者数の割合、陽性率をみる 日本ではPCR検査が簡単に受けられないことが問題になっていますが、兵庫県でどれくらいの検査が行われているのか下のグラフで示しています。 現在、兵庫県では下記の通り、515床のベッド数を確保しているとありますので、当面は余裕がありそうです。 下記情報は兵庫県の「新型コロナウイルス感染症に係る兵庫県対処方針」から抜粋しました。 5月21日(緊急事態宣言延長後2週間)までは現行体制を維持するが、状況を見極め、見直しを検討する。 県立加古川医療センターを県内全域の患者に対応する「新型コロナウイルス感染症拠点病院」に、神戸市立医療センター中央市民病院及び県立尼崎総合医療センターを重症患者等に対応する「新型コロナウイルス感染症重症等特定病院」にそれぞれ位置づけ、重症者対策を推進する。 さらに患者が増加する場合には、感染症対策を徹底の上、自宅待機等での入院調整も検討する。 pref. hyogo. html houshin04131 日本国内都道府県の感染状況について 全国都道府県の新型コロナウイルス感染者の状況 下図に全国各都道府県における新型コロナウイルス感染者 PCR検査の陽性者 数の推移を表示しています。 感染者が最も多いのは東京都で、これまでの最大ピークに200人近くまで増加していました。 例えば、「全国」を選ぶと、国全体のデータが表示されます。 (縦軸のスケールが自動的に変わりますので値にご注目下さい) 倍化日数は、指数近似係数(係数a)の逆数で、感染者数が2倍になるまでの日数を表わしています。 01なら、倍化日数が69. 3日、つまり約2か月後に感染者が倍に増加する計算になります。 これは、現在入院している感染患者と同じ数だけの新規感染患者が入院することになるため、約2か月で退院して行かないと、ベッド数が不足して医療崩壊につながって行くことを意味します。 現状では、係数aが低く抑えられているため少し安心感がありますが、今後とも継続して努力が必要となります。 全国感染者増大傾向ワースト14 下図は国内の都道府県の感染拡大傾向ワースト14(係数aを降順に並べた上位14都道府県)を示します。 図は対数グラフにて表示しており、Y軸の目盛りのひとマスが100倍になっています。 これは如何にニューヨーク市の感染者が多いかを表わすために使用しており、通常のスケールではその差が掴みづらいためです。 「線形スケールで見る」をクリックすると、通常のスケールで表示されます。 ニューヨーク市をはじめその他の諸外国では、爆発的な感染拡大が起きており、あきらかに日本の感染拡大状況とは違っています。 この理由については、日本の特性など、いろんなことが挙げられていますが、正確なことが分るまでは時間がかかるでしょう。 ニューヨーク市と日本の都府県の累計感染者数の推移 下図は、ニューヨーク市と日本の各都府県の累計感染者数の推移を比較しています。 上記と同じように、人口の差を補正するため、100万人当たりに換算しております。 対数スケールで見る ニューヨーク市の爆発的な感染拡大の状況が分かります。 3月22日にロックダウン(都市封鎖)を行っていますが、その時点での感染者累計が23,141名で、係数aがまだ0. 2552と高く5日後には45,576名と約2倍となっています。 ロックダウン後2か月が過ぎ、係数aは、0. 0004付近に収まっていますので、感染拡大はかなり抑えられていると思います。 感染者数の減少には時間が必要 ニューヨーク市ではピークを超え収まりつつあるものの、既に感染者数の絶対数が多いので、感染者数の減少にも時間がかかるものと思われます。 一方、日本は感染者数の増加スピードは遅く、現状ではピークを越えて減少傾向にあるようです。 今後この減少傾向を維持するための努力が必要となります。 グラフ作成に引用したデータ 使用しましたデータは、下記サイト、兵庫県ホームページ、および都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ(ジャッグジャパン株式会社提供)です。

次の