糸島 コロナ ウイルス。 新型コロナウイルス 福岡・佐賀への影響|FBS福岡放送

糸島市の新型コロナウイルスにより売上減少企業への融資制度※ローン・借入で乗り切る!

糸島 コロナ ウイルス

通常は約10種類のマスクが並ぶ棚に、商品が一つも見当たらない=25日、糸島薬局 国内の新型コロナウイルスの感染は日を追って拡大しており、重症化し肺炎になると死亡のリスクもあることから、糸島の医療、高齢者施設の関係者の警戒感は強まるばかり。 市民の多くは不安に包まれている。 3カ所の出入り口に加え食品納入業者の搬入口にも、手指消毒用アルコールを設置。 職員に風邪の症状の熱、せき、だるさのうち一つでもあれば自己申告し、出勤しないよう求めている。 同市浦志のやました小児科医院は、子どもたちが手で触るだけでなく口に入れたりすることもある玩具へのアルコール消毒を、特に注意し、天日干しも行っている。 25日、マスク売り場には「マスク1家族1袋にご協力ください」の掲示があるだけで、1袋も掛かっていなかった。 新型コロナウイルスの感染リスクを下げると推奨されるマスクや消毒液が、ほとんどの店で売り切れ状態という。 市内のドラッグストアやスーパーを探し回る人も少なくないとか。 同薬局スタッフによると、国内の感染件数が1桁だった1月末からマスクの確保が難しくなり、2月上旬からはマスクと消毒液が欠品、うがい薬や体温計も品薄状態が続くそうだ。 20日以降は、マスクを求めて訪れる人が後を絶たなくなった。 販売できない時は、うがいと手洗いの徹底を呼び掛けている。 「うちの従業員も手に入れられない。 SARS(重症急性呼吸器症候群)のときもここまではなかったと思う。 前代未聞」と同店。 今後の入荷や品薄の解消見込みは不透明という。 市主催の行事のうち不特定多数が参加するものについては、発症後の感染ルートの追跡調査ができない恐れがあるため、原則「当面中止、または延期」と決定。 子どもが前原地区の小学校に通う母親は25日、学校から届いたメールに驚いた。 同市教委が同日、市内の全小中学校に「今後の学習参観、集会を中止する」と通知したのだ。 市内の中学校は3月13日、小学校は17日に卒業式を控え、市教委は25日の時点で「実施」の方針。 もちろん、手洗いやマスク着用を励行しての上。 だが、担当者は「(感染拡大の)状況を見ながら、今後も開催について検討していく」と予断を許さない構え。 県がん感染症疾病対策課によると、県内各地の保健所にかかってくる相談の中には、「持病があるので心配だ」「風邪気味なので会社を休むべきだろうか」など、感染することや他人にうつすのを恐れる内容も多いという。 県糸島保健福祉事務所には、20日に15件、21日は12件の相談があった(22〜24日は1〜3件で推移)。 設置販売店 ファミリーマート• 二丈福吉店、前原末永店、糸島加布里店、志摩可也小学校前店、JR筑前前原駅前店、福岡周船寺1丁目店 糸島新聞社 1917年(大正6年)創刊 福岡県糸島市前原東1-8-17 TEL: 092-322-2220 FAX: 092-324-5115 Copyright ITOSHIMA Newspaper Office All rights reserved.

次の

糸島市内で新型コロナウイルス感染症判明、3密回避の徹底を:【公式】データ・マックス NETIB

糸島 コロナ ウイルス

通常は約10種類のマスクが並ぶ棚に、商品が一つも見当たらない=25日、糸島薬局 国内の新型コロナウイルスの感染は日を追って拡大しており、重症化し肺炎になると死亡のリスクもあることから、糸島の医療、高齢者施設の関係者の警戒感は強まるばかり。 市民の多くは不安に包まれている。 3カ所の出入り口に加え食品納入業者の搬入口にも、手指消毒用アルコールを設置。 職員に風邪の症状の熱、せき、だるさのうち一つでもあれば自己申告し、出勤しないよう求めている。 同市浦志のやました小児科医院は、子どもたちが手で触るだけでなく口に入れたりすることもある玩具へのアルコール消毒を、特に注意し、天日干しも行っている。 25日、マスク売り場には「マスク1家族1袋にご協力ください」の掲示があるだけで、1袋も掛かっていなかった。 新型コロナウイルスの感染リスクを下げると推奨されるマスクや消毒液が、ほとんどの店で売り切れ状態という。 市内のドラッグストアやスーパーを探し回る人も少なくないとか。 同薬局スタッフによると、国内の感染件数が1桁だった1月末からマスクの確保が難しくなり、2月上旬からはマスクと消毒液が欠品、うがい薬や体温計も品薄状態が続くそうだ。 20日以降は、マスクを求めて訪れる人が後を絶たなくなった。 販売できない時は、うがいと手洗いの徹底を呼び掛けている。 「うちの従業員も手に入れられない。 SARS(重症急性呼吸器症候群)のときもここまではなかったと思う。 前代未聞」と同店。 今後の入荷や品薄の解消見込みは不透明という。 市主催の行事のうち不特定多数が参加するものについては、発症後の感染ルートの追跡調査ができない恐れがあるため、原則「当面中止、または延期」と決定。 子どもが前原地区の小学校に通う母親は25日、学校から届いたメールに驚いた。 同市教委が同日、市内の全小中学校に「今後の学習参観、集会を中止する」と通知したのだ。 市内の中学校は3月13日、小学校は17日に卒業式を控え、市教委は25日の時点で「実施」の方針。 もちろん、手洗いやマスク着用を励行しての上。 だが、担当者は「(感染拡大の)状況を見ながら、今後も開催について検討していく」と予断を許さない構え。 県がん感染症疾病対策課によると、県内各地の保健所にかかってくる相談の中には、「持病があるので心配だ」「風邪気味なので会社を休むべきだろうか」など、感染することや他人にうつすのを恐れる内容も多いという。 県糸島保健福祉事務所には、20日に15件、21日は12件の相談があった(22〜24日は1〜3件で推移)。 設置販売店 ファミリーマート• 二丈福吉店、前原末永店、糸島加布里店、志摩可也小学校前店、JR筑前前原駅前店、福岡周船寺1丁目店 糸島新聞社 1917年(大正6年)創刊 福岡県糸島市前原東1-8-17 TEL: 092-322-2220 FAX: 092-324-5115 Copyright ITOSHIMA Newspaper Office All rights reserved.

次の

新型コロナウイルス感染者【福岡県の感染履歴】受け入れ病院はどこ?

糸島 コロナ ウイルス

経済産業省の各種施策 新型コロナウイルス感染症により影響を受ける中小・小規模事業者を対象とした資金繰り支援及び持続化給付金の制度に関してはこちらをご覧ください。 (外部サイトにリンクします) 【中小企業 金融・給付金相談窓口】 受付時間:平日・休日ともに、9時から17時まで 電話番号:0570-783183 新型コロナウイルス感染症に関する国の各種施策については、下記の経済産業省ホームページをご覧ください。 (外部サイトにリンクします) セーフティネット保証制度・危機関連保証制度 市では、経営の安定に支障を生じている中小企業者について、セーフティネット保証制度、危機関連保証制度を利用するために必要な中小企業信用保険法第2条の規定による認定を行っています。 詳しくは、下記のホームページをご覧ください。 中小企業の経営相談窓口開設 新型コロナウイルスに関連した感染症の影響により、経営や資金繰り等に支障をきたしている市内中小企業に対し、福岡県が経営・相談窓口を設置しました。 詳細は、下記の福岡県ホームページでご確認ください。 外部サイトにリンクします 糸島市商工会でも経営相談を受け付けております。 詳細は、下記ホームページでご確認ください。 (外部サイトにリンクします)• (外部サイトにリンクします) 雇用調整助成金の申請に係る個別相談会開催 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主が労働者に対して一時的に休業を行い、労働者に雇用維持を図った場合に休業手当等の一部を助成する国の雇用調整助成金の申請に係る個別相談会を実施します。 相談は事前予約制となっていますので、詳しくは、(外部サイトにリンクします)をご覧ください。 中小企業の支援に関する問い合わせ先 糸島市 産業振興部商工観光課 電話番号:092-332-2080(対応時間:平日8時30分から17時15分まで) ファクス番号:092-324-2531.

次の