充電の減りが早い。 スマホで急に電池の減りが早い5つの原因~対処法とウィルスの症状も解説!~

充電したiPhoneのバッテリーの減りが早い!異常!原因と対処方法を修理屋が教えます|スマートドクタープロ

充電の減りが早い

「 なんだか最近、MacBookの充電消耗が早いな…。 」と感じている人も多いのでは?僕が購入した2016年モデル(キーボードがペチペチになったモデル)はまだまだ新しいと思われがちですが、もう発売から2年が経過しようとしています。 また、最近を購入し「 大事なパソコンだから、バッテリーにも負担無いように使いたいな!」と思っている人も多いでしょう。 僕も最初はそう思って大事に大事にしていました…。 でも、パソコンのバッテリーはどうしても弱ってしまうもの。 パソコンのバッテリーって目に見える場所にないので、 今どんな状態かを調べる事ってできませんよね?バッテリー状況を目視確認ってなかなか出来ません。 実は、MacBookのバッテリーは意外と簡単に今の状態を調べることができるんです。 今回はMacBookのバッテリー状況を調べる方法、またバッテリーが劣化する原因についてご紹介。 MacBookのバッテリーに不安を抱えている方、ぜひこの記事を読んでみてください。 スッキリしてもらえると思います。 「このMacについて」からバッテリー状況を確認する 実は、MacBookのバッテリー状況を確認する方法は2通り。 まずはMacBookユーザーの多くが知っている方法からご紹介します。 まずはMacBookの左上にあるリンゴマークをクリック。 すると、上の画像のように「このMacについて」といった項目が表示されます。 ここをクリック。 この画面では自分のMacBookのmacOSのバージョンやハードウェアのスペックを確認出来ます。 ソフトウェアのアップデートがここから出来るって知ってましたか?Macファンの人は、他のMacを見たときにまずこの画面を確認しますよね。 今回はバッテリーの状況を確認するので、左側の「 システムレポート」をクリック。 するとちょっと文字が細かくて難しい雰囲気の画面が。 左側の「電源」をクリックすると、右側にバッテリー関連の情報が表示されます。 赤枠で囲んである「状態情報」というところを確認すると「状態」という項目が確認できるでしょう。 ここに表示されているのが、 現在のバッテリー状態です。 僕のMacBook Proは「正常」と表示されていますね。 1年間かなり酷使してきましたが、よかったよかった。 表示される状態は4種類 僕のMacBook Proは 正常と表示されていましたが、実はこの状態には4種類あります。 正常と表示されているのが標準状態。 正常 バッテリーは正常に機能しています。 間もなく交換 バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して低下しています。 メニューバーに表示されるバッテリー状況を定期的に確認し、バッテリーの状態に気を配っておいてください。 今すぐ交換 バッテリーは正常に機能していますが、蓄電能力が新品時と比較して大幅に低下しています。 コンピュータを使い続けても安全面に支障はありませんが、充電能力の低下のせいで作業効率が悪くなるようであれば、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。 バッテリーの交換修理 バッテリーは正常に機能していません。 適正な電源アダプタに接続している間は Mac を問題なくお使いいただけますが、できるだけ早く Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダにお持ちください。 ここに表示されるバッテリー状態は上の4種類。 つまり、正常と表示されている以外の場合は何かしらの問題があるということ。 「 今すぐ交換」という状態にならない限りバッテリー交換の必要はないのですが、なんとなく気持ち悪いですよね。 「間もなく交換」の状態になったらバッテリー交換、修理、本体の入れ替えを念頭に入れる必要があるかもしれません。 メニューバーのバッテリーマークから調べる 最初に、バッテリー状態を確認するには2通りあると紹介しましたが、実はMacのメニューバーからも簡単に確認できます。 メニューバー上の真ん中あたりを確認すると、バッテリーマークが表示されていますよね。 と、このままではバッテリーの状態を確認することはできません。 一度、このバッテリーメニューを閉じましょう。 で、キーボードの 「option」キーを押しながら、メニューバーのバッテリーマークをクリック。 すると、画像のようにバッテリー項目の一番上に 「状態」の項目が。 ここでバッテリー状態の確認が出来ちゃうんです。 さっきみたいにMacのシステムレポートを確認する必要もなく、バッテリー状態が確認できます。 ここにも先ほどと同じような4種類の状態が表示されるので、ここで「間もなく交換」と表示されている場合はバッテリーに注意。 バッテリーの充放電回数には上限がある バッテリー状態を確認した画面で、「 充放電回数」という項目があります。 実はこれ、MacBookを何回充電したかを数えた数字なんです。 この充放電回数が一定数を超えると、MacBookのバッテリーは消耗しだします。 つまり、MacBookのバッテリー寿命は年月だけで決まるのではなく、この充放電回数によって消耗していくんです。 また、充放電回数の上限数は各MacBookのモデルによって異なります。 詳しくはに記載されています。 僕が使っているMacBook Pro2016は充放電回数の上限が 1,000回。 1,000回充電するとバッテリーが使えなくなるわけではなく、消耗が始まるということです。 今は224回なので、あと800回か…。 と言っても、僕は 1年間ほどMacBook Proを毎日使って充放電回数224回。 ということは5年は持つって感じですね。 普通の人だともっと低い数字になると思いますので、あまり頻繁に確認する必要はないでしょう。 MacBookのバッテリーは劣化しても交換できるので安心。 Apple公式サイトにはMacBookバッテリーの交換費用が記載されています。 機種 修理価格 MacBook Air (11インチ、13インチ) 12,800円 MacBook Pro (13インチ、15インチ) 12,800円 MacBook (12インチ) 19,800円 MacBook Pro Retina (13インチ、15インチ) 19,800円 ということで、もし僕が使っているMacBook Pro2016年モデルのバッテリー交換をする場合は19,800円。 バッテリーの減りが早いな。 と思い、この記事の方法でバッテリー状態を確認した方も多いかもしれませんね。 でも、ほとんどの人はバッテリー状態「正常」なのでは?僕もちょっと減りが早いなと思っていたんですが、バッテリー状態は正常。 実はバッテリー減りが早くなる原因というのはバッテリー状態だけではなく、 MacBook自体の使い方も影響します。 特に、常にスリープ状態で使用している方は要注意。 パソコンはアプリを立ち上げているとメモリを消費します。 メモリを消費するということは、それだけバッテリーの電力を使用するという事。 つまり電池が減ります。 常にスリープ状態で使用していると、常にメモリがバッテリーを消費していくので、すぐに充電がなくなります。 僕の周りには.

次の

アンドロイドの電池の減りが早い!その時の対策は?

充電の減りが早い

名古屋エリアでiPhone・スマホの町の修理屋さんを紹介しているサイト 「名古屋版iPhone・スマ... 2020. 2020年7月1日 スマホ画面の反応が悪くなった、スマホの画面が急に反応しなくなったなど、スマホがスムーズに使えなくなっ …• 2020年7月1日 いつも使っているスマホの動作が重くなってきた、フリーズする回数が増えたといった症状で困っていませんか …• 2020年6月23日 iPhone8を使っていて、突然「充電できない!」という事態におちいったことはありませんか。 スマホが …• 2020年6月23日 iPhoneを使っていると、本体が熱くなることがよくあるでしょう。 少し熱いくらいであれば、時間が経て …• 2020年6月22日 パスコードを何度か間違えると、iPhoneは一定時間使えなくなります。 Wi-Fiの接続をONにしている Wi-Fiの接続をオンにしたままにしていると、 Wi-Fi環境のない場所でも、常に電波を探している状態が続きます。 電波を探す動力はバッテリーを消耗しますので、その分減りが早くなってしまいます。 必要のない場合は、Wi-Fiをオフにしておきましょう。 Bluetoothの接続をONにしている Bluetoothはノンワイヤレスでスピーカーやイヤホンに接続することができる便利な機能です。 しかし必要のない時までオンにしていると、常に接続環境を探し続けますので やはりその場合もバッテリーの減りが早くなります。 位置情報サービスの接続をONにしている マップを使用する際に便利な位置情報サービスですが、 こちらも接続したままにしていると、位置情報を探し続けますので バッテリーが消耗する原因となります。 プッシュ通知がONになっている メールやSNSなどの通知を音でお知らせしてくれるプッシュ通知は 大変便利な機能ですが、必要以上にすべての通知をオンにしていると バッテリーの消耗に繋がります。 どちらでもいいお知らせなどは通知を切っておくと良いでしょう。 バッテリーが故障している バッテリーは劣化すると、持ちが悪い・充電が溜らないなどの不具合を生じます。 その場合、ケータイショップやメーカーに相談してみましょう。 2年ほど使用していて、充電の減りが早いと感じる場合は、 バッテリーが劣化している可能性が高いので、修理に出しましょう。 端末が故障している 強い衝撃を与えてしまったり水没している場合は、本体が故障している可能性があります。 全ての情報を処理する 「基板」が壊れてしまうと、 パーツ交換をしても直りません。 最悪完全故障、データが消えてしまうなどの事態に発展する場合もありますので、 スマホに不具合を感じたら 早めにケータイショップや修理店に相談しましょう。 スマホを修理する場合はどこに頼めばいいの? 修理店は 正規店・非正規店の2種類があります。 どちらも 特色が異なりますので、その時の状態によって使い分けましょう。 非正規店で修理すると、今後正規店のサポートは受けられなくなってしまいますが、 即日修理が可能な場合が多いです。 また基本的にはデータが消える心配もありませんので、 緊急の場合は非正規店に相談するのも良いでしょう。

次の

スマホの充電の減りが早いと感じた時に確認すべき原因と対策

充電の減りが早い

それでも2年程度したらやはり劣化してしまうわけですね ふわわ 寿命はスマホの機種によって違う 電池の寿命は、スマートフォンの機種によって異なります。 全体的には「格安スマホほど短い」「iPhoneなど高いスマホほど長い」といえます。 ただ、機種よりも「使い方」の方が、電池の劣化には大きく影響するものです。 格安スマホを使っていても、正しい電池の使い方であれば、あるいはスマホ自体をあまり使っていなければ、電池の消耗は抑えられると考えてください。 「使用時間が半分程度になった」と感じたら、劣化を疑う スマホの電池の減りが早くなる原因は、経年劣化以外にもあります。 しかし「購入時よりも半分程度の持続時間になる」ということは、他の原因ではあまりありません。 そのため「買ったときより半分くらいしか持たなくなった」と感じるようであれば、電池の経年劣化を疑いましょう。 この基準については、NTTドコモの公式サイトでも、下のように書かれています。 1回の使用時間が購入直後の半分程度になったら、電池の寿命が近づいておりますので、早めに交換することをおすすめします。 スマホが電池残量を正しく把握できていない スマホの画面上で「電池残量がまだある」のに、電源が落ちてしまうこともあるでしょう。 これは、スマホが電池残量を「正しく認識できていない」ということです。 詳しくは下の段落で解説します。 なぜ認識できなくなる? これは一言でいうと「電池の放電の圧力に問題が起きた」ということです。 一時的なエラーのようなものもあれば、電池が劣化し、恒常的に起こることもあります。 なぜ圧力が影響するのかというと、スマホの画面の電池残量は「電池の電圧から計測している」ためです。 その電圧が「放電の問題によって乱れた」場合、残量の表示も乱れるわけです。 アプリ(常時起動系・バグなど) スマホの電池の減りが早いのは「アプリの影響」ということもあります。 その場合、下のようなアプリが特に原因になるものです。 常時起動しているもの• バグが発生しているもの 「常時起動しているもの」については、そのアプリを停止することで、電池の減りを抑えられます。 常時起動のアプリを停止する方法については、下の段落で解説しています。 Wi-Fi機能がオン Wi-Fi機能がオンになっていると「接続できるWi-Fiネットワーク」を、スマホが自動的に探します。 その「探すための動作」で、電池が消耗されるわけです。 上の画像はiPhoneのものですが、Wi-Fiが緑色でオンになっていることがわかります。 そしてに2種類のWi-Fiを認識しています。 上の画像はAndroid(ZenFone)の画面です。 こちらもWi-Fiがオンになっていて(僕の場合)、多数のWi-Fiネットワークが認識されています。 「DC729…」というのは僕の自宅Wi-Fiです。 その他はすべて、よその方のWi-Fiです。 Androidは「無駄なWi-Fi」を認識しやすい? Androidでも機種によるのですが、僕のZenFone(M1)のような「格安スマホ」の場合、無駄なWi-Fiを認識しやすいように感じます。 iPhoneでは先にあげたとおり、2種類のWi-Fiしか認識していませんでした。 どちらも「僕の自宅Wi-Fi」です。 一方、Androidは上の画像の通り「他人のWi-Fi」まですべて認識してしまっています。 僕が接続したことがあるならともかく、ないものまですべてピックアップされているわけです。 PCだと便利な機能だが… 実は、パソコンだとこのように「Wi-Fiをすべてピックアップ」するのは普通です。 少なくともWindowsは普通です。 その方が、出先で接続できるWi-Fiを見つけやすいので、むしろ便利な機能といえます。 しかし、スマホだと「無駄な電池を使ってしまう」ので、マイナスになることもあるわけです。 道に迷ったりして「どこかのWi-Fiに接続したい」というときには助かる機能です ふわわ もっとも、iPhoneでもそのようなWi-Fiを「探す設定」にすればできるので、この点でやはりiPhoneと格安スマホは値段相応の違いがあるのだなと実感します(でも、コスパは格安スマホの方が断然いいですね)。 省電力モードがオフ スマホの電池が残り10%などと少なくなった後、そこからなかなかゼロにならないのは、言うまでもなく「省電力モード」があるためです。 これはiPhoneでもAndroidでも、どの端末にもあります。 しかし、この機能をオフにしてしまっていると、残り20%や10%になっても「通常どおりガンガン電池を消費してしまう」のです。 そのため「あっという間になくなった」ように感じられてしまいます。 この対策は簡単(というか唯一)で、省電力モードをオンにするだけです。 たとえば外回りの仕事が多いなど「いざというときに電源が切れていると困る」という人は「省電力モードには触らない(オフにしない)」と考えておくのがいいでしょう。 スマホの電池の減りを改善する4つの方法 スマホの電池の減りを改善する方法は、主に下の4つです。 常時起動のアプリをオフにする• Wi-Fi機能をオフにする• 電池を0%まで使って電源オフのままで充電• バッテリーを交換する 以下、それぞれの方法について詳しく説明していきます。 常時起動のアプリをオフにする アプリの常時起動を解除する方法は、iOS端末(iPhone・iPad)と、Androidでそれぞれ異なります。 ここでは両方のやり方を画像つきで解説していきます。 iPhone・iPadでのやり方 iPhone・iPadなど「iOS端末」でのやり方は共通なので、まとめて説明します。 機種やバージョンによって画面のデザインが多少異なりますが、操作自体はほぼ一緒だと思ってください。 ホームから「設定」を開く まず、ホームでおなじみの「グレーに歯車のアイコン」を押し、設定画面を開きます。 上の画像のようになります。 「スクリーンタイム」を選択 設定のメニューの中で、少し下の方に行くと「スクリーンタイム」という項目があります。 紫で砂時計のアイコンです。 見つけやすいように周辺のメニューも書き出すと、下記のようになります。 メッセージ• マップ 電話については「固定」です。 許可を外すことはできません(電話の意味がなくなりますからね)。 メッセージ・マップについては、一応外すこともできます。 左側に赤い丸で「マイナス」の記号のアイコンがあるのでわかるでしょう。 マイナスのアイコンをタップすると、上の画像のようになり、右側に赤い「削除」の文字が出てきます。 これをタップすると、そのアプリの常時起動を解除できます。 マップについてはともかく、メッセージについては、常時起動を外さない方がいいでしょう。 何はともあれ、ここで「常時起動のアプリを確認し、削除する」ことが出来るわけです。 削除してみる 例えば、上のように常時起動のアプリが多数あったとします。 この場合、初期設定で常時起動になっていない下の3つについては、「外してもかまわない」といえます。 App Store• au WALLET• チャットワーク ついでにマップも削除し、極限まで常時起動アプリが少ない状態にしてみましょう。 すると、下の画像のようになります。 これで「常時起動のアプリが原因で、電池の減りが早い」ということはなくなりました。 もしこれでまだ電池の減りが早いようなら、他の原因だといえます。 Androidでのやり方 Androidスマホでのやり方は、機種やメーカーによって異なります。 ここではASUS(エイスース)のZenFoneのM1を例にとって説明していきます。 灰色の歯車のアイコンです。 「アプリ」を選択 下の方にスクロールしていくと、「アプリ」のメニューがあります。 通知・音とバイブレーション・ストレージ・メモリの後にある項目です。 停止したいアプリを選択 上の画像のように「アプリ」の画面が開かれます。 開いた直後に並んでいるアイコンはもう少し違うのですが、毎回同じ画像だと僕があきるので(笑)、少し下にスクロールした画像を表示しています。 どれでもいいので、停止したいアプリを選択しましょう。 「アプリ情報」の画面 アプリをタップすると、上の画像のように「アプリ情報」の画面になります。 強制停止しますか?アプリを強制停止すると、アプリが正常に機能しないことがあります。 キャンセル・OKと2つの選択肢がありますが、もちろんOKを選びます。 停止後の状態 OKを選んで停止すると、上の画像になります。 「強制停止」のボタンがグレーになっているのがわかるでしょう。 なお、これをもう一度押しても再点灯(解除)にはなりません。 で解説しています。 この状態でも「自ら起動」はできる ここまで解説してきた操作は、いわゆる「後戻りできない」ものではないので安心して下さい。 実は「強制停止」がグレーになった状態でも、そのアプリは「普通に起動できる」のです。 上の画像は、グレーになった状態で電卓を起動したものです。 「普通の起動」は問題なくできるわけです アヒルル 強制停止を解除するには? Androidでアプリの強制停止を解除する方法は簡単です。 まず、上の段落で書いたように「普通に起動」してください。 そして、そのアプリを「閉じないまま」にします。 タスクウィンドウでいうと、下の画像に「電卓アプリが開きっぱなし」になっている状態です。 (表示されているアプリは全部「開きっぱなし」ということです) この状態で、そのアプリ(ここでは電卓)のアプリ情報を開きましょう。 すると、先ほど消した「強制停止」が点灯しています。 このように そのアプリが起動している状態なら「強制停止」のボタンが点灯するわけです。 このボタンが再点灯しなくなったといって、焦る必要はありません。 その他の強制停止解除の方法 この他にも、アンドロイドでアプリの強制停止を解除する方法は多くあります。 一部を書き出すと下記の通りです。 アプリのキャッシュを消去する• バックグラウンドで動いているアプリをすべて停止する(それらが原因の可能性があるため)• 直近でインストールしたアプリを削除(同じく、それが原因かもしれないため) 他にも多くの原因とパターンがありますが、通常なら強制停止の解除はそれほど難しいものではありません。 「さっきまで動いていた」わけですから、上で説明したように「また動かす」ことで、解除されるというだけです。 Wi-Fi機能をオフにする Wi-Fi機能をオフにする方法は、iPhone・Androidのそれぞれで異なります。 ここでは両方のやり方を解説していきましょう。 iPhoneでWi-Fi機能をオフにするやり方 まず、上の画像の通り「設定」を開きます。 「機内モード」の下に「Wi-Fi」の項目があるのがわかるでしょう。 「Wi-Fi」をタップすると、上の画像のような画面になります。 今接続中のWi-Fi以外も探している最中の画面です。 この「探す作業」で電池を消耗するわけなので、無視してWi-Fi自体を停止してしまいます。 Wi-Fiの停止は簡単で、緑色のスライドバーをタップするだけです。 わざわざ左に動かさなくても、タップでオフになります。 オフにすると、上の画像のように緑色が消えます。 そして「Air Drop、AirPlay、およびより正確な位置情報を利用するにはWi-Fiが必要です」という注意書きが出ます。 どちらも大した内容ではないので、電池が減らないことを優先して、Wi-Fiをオフにしてしまってかまいません。 ただし、この状態で「モバイルデータ通信」を使ってしまうので、大容量のデータのやり取りはしないようにしましょう。 AndroidでWi-Fi機能を解除する方法 Androidでも、要領はiPhoneと同じです。 上から3つ目のアイコンで「Wi-Fi」が見つかるでしょう。 あくまで僕らの場合は3つ目だったというだけです アヒルル そして、このWi-Fiをタップすると、下のような画面になります。 ここでもiPhoneと同じように、「ON」という文字の右で青色に点灯しているバーをタップします。 すると、上の画像のようにWi-Fiが「OFF」となります。 「利用可能なネットワークを表示するにはWi-FiをON」という注意書きが出ます。 …というのがWi-Fi機能を解除するやり方です。 Wi-Fiを探すことが電池の消耗の原因だった場合、これで減るスピードがだいぶ遅くなるでしょう。 電池を0%まで使って電源オフのままで充電 これは「スマホが電池残量を正しく認識できていない」ときに効果的な方法です。 一度ゼロにすることで、スマホの側も「今、電池の残量はゼロである」と認識できます。 そして、その状態から「電源を切ったまま」充電すれば、「ゼロの残量に対して、ひたすら電気が追加されていく」ため、スマホも正しく認識しやすいのです。 「電源を入れて充電」してはダメなのか? 絶対にダメということはありません。 しかし「オフにした方が、より確実に認識される」といえます。 理由は、両者の「スマホにとっての状態」を比べるとわかるでしょう。 オフ ゼロの状態に、ひたすら電気を追加するだけ オン 電気を追加する分、使用する分を同時に計算しないといけない このように、電源をオンにしている方が「電池認識の作業が大変」なのです。 この負担を小さくするほど、認識が正しくなりやすいわけですから、電源はオフにした方がいいのです。 バッテリーを交換する バッテリーの寿命が来ている場合、交換するしかありません。 「残量を正確に認識できていない」などは、一時的なバグの可能性もあります。 しかし「電池自体の劣化」となると、もう交換するしかないわけです。 スマホの電池交換は、au・ソフトバンク・NTTドコモなどのキャリアの携帯の場合、それぞれの店舗でできます。 それ以外でも、スマホの修理店であればおおむね対応できるため、まずは近くの店舗を探して問い合わせしてみましょう。 スマホの電池の減りが早いのはウィルスが原因? スマホの電池の減りが急に早くなったとき、多くの人が一番恐れるのは「ウィルスではないか?」ということでしょう。 ここでは「ウィルスが原因で電池が減ることがあるのか」「感染するとどんな症状が起きるのか」などを解説します。 「ウィルスで電池消耗」は嘘?ホント? 結論をいうと下記のようになります。 ウィルス感染自体が、めったにない• そのため「ウィルスに感染しました!」などの警告は、ほぼ全て嘘• 「電池消耗が早いのはウィルスのせいです」という警告も偽物 まず、上記の点では「嘘」といえます。 しかし、下の点では本当ともいえます。 仮に感染したら、ウィルスは電池を勝手に使う 「侵入したのに何もしないウィルス」はありません。 ウィルスやマルウェアは、侵入したら「バレる前にフル稼働して、できるだけその端末を利用しようとする」ものです。 ということは、当然スマホの電池も消費します。 あなたが知らないところで電池を消費するわけなので「前より減りが早くなる」のは当然です。 それも、電池の劣化などと違い「ある日突然=感染した日から突然」くるものです。 このため、もし感染したとしたら「ウィルスによって電池の減りが早くなる」というのは、本当なのです。 実際には、ウィルスが原因のことは少ない 上のように書いてきたものの、実際には「ウィルスが原因」ということは少ないのです。 理由は「ほとんどの人はウィルスに感染するようなことをしていない」ためです。 「こんな小銭を盗んでも仕方ない」と思われた可能性が高いわけですね リスス 何はともあれ、このように本人があまり悪くないのに(?)ウィルスに感染してしまう、あるいはハッキングされてしまうということはあります。 そのため「ウィルスに感染するとどんな症状が起きるのか」をチェックポイント的な意味でまとめていきましょう。 ウィルスによって起こる症状 ウィルスに感染した場合、下のような症状が多く見られます。 特に最初の方のものは「ちょっとした違和感」として、見過ごされてしまうことがあります。 このような「不審なできごと」と同時に電池の減りが早くなったら、ハッキングの恐れもあると思ってください。 意図しない動作が起きる スマホがウィルスに感染した場合、初期段階で最もよく起こるのは「意図しない動作が生じる」ものです。 具体例は多くあるのですが、一部を書き出すと下記のようになります。 ハッキングは「重い内容」をするほど、罪が重くなる• 逆に「軽い内容」なら、罪になりにくい• そのため、バレるかどうかを「軽い内容」から試す• バレないと判断したら「重い内容」に移す 「重い内容」はここから書いていくようなものですが、「スパムメールの送信元にされる」など、きわめて重大なものもあります。 このため「スマホで最近、変な動作が多いな」と思ったら、ウィルス感染を疑うようにしてください。 GPSで居場所を特定される GPSは知っての通り「その端末がある場所がわかる」ものです。 GPSは「Global Positioning Satellite」の頭文字で、もともとはアメリカで軍事用に開発された技術でした。 端末がある場所がわかるということは、その端末の持ち主(あなた)の居場所を特定できます。 「だから何?」という人も多いでしょう。 実際、居場所が特定されて困る人は少数です。 しかし、下のような人は居場所を特定されることでかなりの不利益や、身の危険が生じる恐れがあります。 本人に罪がないのは「子ども・女性・芸能人・有名人」くらいですね ふわわ 浮気や不倫は、もちろん「反社会勢力である」ほど悪いことではありません。 しかし、後ろめたいことであるのは事実でしょう。 逆に言えば、こうした特殊なケースでない限りは「GPSによる居場所の特定」という被害については、それほど心配するものではないといえます。 もちろん、上にあげたように女性・子供・芸能人などは別です。 こうした方(子供ならその親御さん)は、スマホのウィルス感染に、特に注意すべきといえるでしょう。 カメラで自分を撮影される これはパソコンでもよく知られているウィルス被害です。 「カメラが勝手に動作する」「それで自分を撮影される」というものです。 動画と静止画でいうと、動画の方が多く撮影されるようです。 「わずかなシャッターチャンス」も逃さずに済むためです。 そして、静止画でなく動画で撮影している以上、電池の減りは非常に早くなります。 身に覚えのない画像がフォルダに入っている 「明らかにあなたが撮影・ダウンロードしたものではない」という画像がフォルダに入っているパターンです。 このハッキングの目的は様々です。 よくあるのは、 ハッキングできるかどうかテストしているというもの。 大規模な乗っ取りをする前に、画像1枚であなたが気づくかどうかを見ている、ということがあります。 気づくのが遅ければ「もっと大胆なハッキング」をしてもバレないといえます。 そのような自信を持ったら、大規模なハッキングに移る、というパターンがしばしば見られるのです。 もう一つのパターンは「あなたの画像フォルダ自体を盗もうとした」ものです。 ただ、この場合は「盗んだことがバレない方がいい」ので、変な画像を残していくことは少ないといえます。 それでも画像が残っているのは、主に下の2通りの理由からです。 「なりすまし」され、友人などに危険なメールを送られる• スパムメールを大量に送られる 前者の手口はさまざまですが、たとえば「友人に手伝い・助けを求める内容」が多く見られるものです。 本人でなければ明らかに不自然な内容になるため、引っかかる人はあまりいません。 しかし、かなりの低確率で引っかかる人も存在します。 ハッカーはコンピューターで作業を自動化してこうした詐欺を働いていることが多く、わずかでも引っかかる人がいれば、それで「利益」が出るのです。 後者のスパムメールは、前者よりイメージしやすいでしょう。 発信する内容は「よくあるスパムメールと同じ」だと思ってください。 違いは「あなたが発信元」になる」ということ。 スパムメールは 発信者が特定された場合、その人物が有罪になるものです。 あなたを発信者にすれば、ハッカーは自分を特定されることなく、あなたに罪を着せることができます。 もちろん「あなたのスマホをハッキングしたルート」がわかれば、ハッカーの方も捕まる可能性があるでしょう。 ただ「自らスパムメールを送る」よりは、格段にリスクが下がるわけです。 逆に捜査する警察側からしたら、格段に難易度が上がります。 実は、スパムメールの何割かはこのように「ハッキングされた端末」から送られています。 多くはパソコンが使われていますが、最近はAndroidなどのスマホの脆弱性をつき、「スマホから発信する」パターンも増えているのです。 iPhoneならウィルスはほぼあり得ない あなたのスマートフォンがiPhoneなら、ウィルス説については安心していいでしょう。 iPhoneはOSをアップル社以外いじれないため、ウィルスの侵入が「まず不可能」だからです。 Androidについては、多少のリスクがあります。 Androidはグーグルが「あらゆる会社がスマホを作れるように提供したOS」なので、ハッカーが侵入するための研究も、しやすくなっています。 「iPhoneはウィルスソフトの購入が不要で、Androidは必須」といわれるのはこのためです。 何にしても、iPhoneならウィルス感染のリスクはほぼゼロと考えて下さい。 「脱獄」などをしていたら別 例外的にiPhoneでウィルスに感染するケースとして「脱獄」していたパターンがあげられます。 脱獄とは「iPhoneのOSをいじって、非公式のアプリをダウンロードする」というものです。 iPhoneやiPadでは、本来App Storeで提供されているアプリしか使えません。 しかし、OSをいじることで「Androidなどのアプリもダウンロードできるようになる」のです。 これは選択肢が広がる反面、リスクが格段に上がることを意味します。 これはAppleの利用規約に違反しているので、iPhoneでもそのようなユーザーを守るような対策は施されていません。 そして、脱獄をしたがる人には、しばしば「違法サイトを使いたがる」人もいます。 すべての方がそうではありませんが、中にはそうした方もいるでしょう(もちろん、一時的な好奇心などもあるかと思います)。 たった一回とはいえ、脱獄した状態で違法サイトなどにアクセスしてしまうと、ウィルスに感染しやすいのです。 このようなサイトは「使った方も悪い」ということで、被害者が訴えにくいため、ハッカーなどの犯罪者の温床になっています。 こうした違法サイトの危険性については、下の記事でも解説しているので、参考にしていただけたらと思います。 脱獄は絶対にしないこと 電池の減りに関係なく当然のことですが、iPhoneの脱獄は絶対にやめましょう。 「脱獄するくらいなら、Androidの格安スマホを別にもう1台買う」方が断然いいはずです。 電池の劣化や一時的なエラー、設定ミスが原因• Wi-Fiなどの設定ミスは、それをいじるだけ• 電池の劣化なら交換• ウィルスは大抵原因ではない(普通は感染しない)• しかし、実際に感染していてら減りは早くなる ウィルス以外は、正直どれも大した問題ではありません。 電池の交換は少々費用がかかりますが、たとえばauだったら、同じ携帯を1年以上使っているとバッテリー1個は無料となります。 というように、キャリア携帯なら無料で交換できるほどなので、費用の負担もそれほどないといえます。 恐れるべき原因はウィルスだけであり、ウィルスに感染するようなことをしていなければ「とりあえず安心」といえるでしょう。 スマホの電池の減りが早い問題で困っている方は、コメ欄からお気軽にご相談ください!.

次の