エアコン 水 漏れ 修理。 修理の前に!エアコンから水漏れする原因&対処法を知ろう

エアコンの水漏れ修理!超簡単にできる対処方法はコレ!

エアコン 水 漏れ 修理

先日、自宅のエアコンの吹き出し口から急に水がポタポタと垂れ落ちてきました。 「エーッ、この真夏の真っ最中にエアコン故障ですかーッ!」 修理代はいったいいくらかかるんだろう?まいったなあ・・・。 でも、エアコン無しで夏を過ごすわけにはいかないしなあ。 熱中症も怖いし。 んで、早速メーカーに電話して出張修理をお願いしたところ、直るか否かに関わらず 出張代5千~6千円位かかるとのこと。 でも、背に腹は変えられません。 仕方なくお願いしましたが、電話を終えてしばらくしてから、ちょっと冷静になって考えてみました。 そう言えば昨年も同じような症状で修理したんですよね。 その時は確か 修理代が2万円位かかったはず。 今回もまた2万円もかけるのはちょっと勘弁してほしいなあ。 そこで、同じような症状で困っている人がいないかググってみたところ、いました。 いました。 エアコンの水漏れって意外とポピュラーなトラブルなんですね。 で、結論から言うと水漏れは自力で解決しました。 もちろん、出張修理はすぐキャンセルしましたので、まったく費用はかかっていません。 エアコンの水漏れの原因と対処法とは? エアコンの水漏れの際に考えられる原因はいくつかあります。 修理業者さんにお願いしなければ直せないケースもありますが、なかには 自分でかんたんに修理できてしまうことも意外と多かったりするんです。 エアコンの水漏れの原因と対処法をかんたんにまとめてみましたので、心当たりがないかどうかチェックしてみてください。 ドレンホースの詰まり じつは エアコン水漏れの原因の大半は、ドレンホースという排水ホースの詰まりなんです。 長く使っているうちに、水垢やホコリ、虫の死骸などがホース内に溜まって、排出されなくなった水が室内に逆流してしまうのです。 室外に出て、ドレンホースの口になにか詰まっていたり、エアコン運転中なのに水がまったく出てこないようなら、ほぼ間違いありません。 私も今回これが原因でした。 ドレンホース排出口が水に浸かっている ドレンホースの排出口のあたりに水たまりができて水に浸かってしまい、先端がふさがった状態になってしまっために室内機から水漏れを起こしてしまったケースです。 《対処法》 水たまりを解消し、ドレンホースの先端をカットして水没を防ぎましょう。 ドレンホースの形状の不具合 ドレンホース内に汚れが詰まっていなくても、ホースの折れ曲がりや破損、途中で上に曲がっていたりといった形状の不具合などによって、排水が逆流することがあります。 《対処法》 ドレンホースの向きを「室内機が上、ホース出口が下」になるよう手直しするだけでかんたんに直ることもあります。 自分で直せない場合は、工事業者に修理してもらいましょう。 ドレンパンの汚れ エアコン本体内部のドレンパン(水の受け皿)にスライムや水垢が溜まって水があふれ出ることがあります。 《対処法》 エアコンクリーナーもしくは大量の水でクリーニングしましょう。 自分でおこなうのが難しいようなら専門業者に頼みましょう。 雨水の侵入 室外機が室内機より上に設置してある場合に起こりやすく、室外の配管をつたって雨水などが壁穴の隙間から侵入するケースです。 水漏れが雨の日に集中しているようでしたら、雨水が原因である可能性が高いでしょう。 《対処法》 すき間から水が伝ってこないようテープなどで配管の下側から巻いていきます。 ただし、配管に圧力が加わるとトラブルの原因になる可能性があるので、業者に依頼した方が無難です。 エアコン本体の傾き エアコン本体が傾いて前かがみの状態になり、排水口と逆向きの勾配がついてしまったために、排水が逆流して室内機から水漏れすることがあります。 《対処法》 エアコン下部の壁とのすき間に布等を入れて勾配を戻す方法もありますが、 エアコン本体が壁から外れて落下する危険性があります。 無理せず業者に依頼することをおすすめします。 アルミフィンの結露 アルミフィン(熱交換器)の汚れやガス不足によって、結露が発生して水漏れすることがあります。 《対処法》 汚れが原因の場合はアルミフィンのクリーニングをしましょう。 これは業者に頼んでもよいですが、自力でも可能です。 ガス不足の場合は、業者に依頼する必要があります。 なお、自分でエアコンを掃除する方法はこちらをご覧ください。 ただ、この場合はダラダラと大量に漏れてくるのではなく、ポツポツと少しずつ落ちてきます。 《対処法》 設定温度を上げるだけで結露しなくなり、解決することも多いです。 エアコンフィルターの汚れ エアコンフィルターが汚れていると効きが悪くなって、必要以上に設定温度を下げてしまいがちです。 そのため、冷え過ぎによってアルミフィンなどエアコン内に大量の結露が発生して、水漏れを起こしやすくなります。 《対処法》 エアコンフィルターの掃除をしましょう。 掃除機でもゴミは取れますが水洗いだとより効果的。 ドレンホース詰まりの対処法 エアコンの水漏れでもっとも可能性が高い原因が ドレンホースの詰まりですが、対処法はいくつかあります。 なお、作業中に感電しないよう、事前に電源オフにするだけでなく、念のためコンセントを引き抜いておくことをおすすめします。 ホース出口の詰まりを取り除く エアコンの汚れ以外にも、排出口から虫が侵入して詰まったり、枯れ葉や泥が出口を塞いでしまっていることがあります。 かんたんに目視できますので、見つけたら割り箸などで取り除きましょう。 ホースの出口から口で吸う 室外のドレンホースの出口から排水を吸い込まないように口で吸うという方法です。 ホースの出口を手で筒を作るように持ち、口を当てて吸い込むのですが、 一歩間違えるとゴミを吸い取ってしまいそうですよね。 恐かったので、これは結局やりませんでした。 ホースの出口から息を吹き込む 逆にホースの出口から息を一気に吹き込んでも直ることがあります。 ホース内のゴミが風圧で取れて排水が出てきます。 なお、その際はエアコンから汚水が噴き出て室内が汚れる可能性があるので要注意。 私は今回この方法で直しましたが、 電気系統に水がかかって故障するおそれがありますので自己責任でお願いしますね。 掃除機で吸い取る 掃除機でホースの口から詰まりの原因を吸い取ります。 この時、手などで覆って空気が漏れないようにします。 ただし、 水分を吸ったら掃除機の故障の原因となりますので、掃除機の吸い取り口にタオルを挟むなどの工夫をするとよいでしょう。 ドレンホース用サクションポンプで吸い取る 専用の ドレンホース用サクションポンプを外のドレンホースの口に差し込みハンドルを繰り返し引っ張ると、水鉄砲の逆の要領で溜まっていた詰まりを吸い出してくれます。 いっぽう「自動」に設定すると、部屋の温度を設定温度にするのにもっとも効率的な運転をします。 また、弱い風量で室内を設定温度まで冷やそうとすると、エアコン本体が冷えすぎて内部に霜が付きホースへの水路がさえぎられることがあります。 ほかにも、ルーバーを下向きにして長時間運転するとルーバーに結露が付着することがあります。 いずれの場合も水漏れの原因になります。 しかし、風量と風向きを「自動」に設定すると、エアコンは自動的に最適な状態に制御されますので、このような現象は起きにくいのです。 したがって、 風量と風向きは「自動」にして温度設定で調節するのがエアコンの正しい使い方と言えます。 ドレンスライム抑制剤でスライム発生を防ぐ さきほども触れたようにドレンパンにスライムや水垢が発生して水漏れを起こすことがあります。 ドレンスライム抑制剤をドレンパンに置くだけで、スライムや水垢の発生を抑えることができます。

次の

冷房/除湿運転時に、エアコン(室内機)から水が飛んできたり漏れたりします。:日立の家電品

エアコン 水 漏れ 修理

Sponsored Link 以前、我が家では こんな事がありました。 窓の外で、ポタポタと水が垂れてる音がする。 修理して、もうしばらく使うのか、 この際思い切って、新しいのに買い換えてしまうのか、 う~ん、迷うところですねぇ~。 そんな事を考えているアナタ、ちょっと待って下さい! 「意外と簡単に、対処できるかもしれませんよっ!」 しかも、 「タダでっ!」• エアコンの水漏れ原因 エアコンから水漏れする原因は、いろいろあると思います。 エアコンは普通に働いて、 いつもどおり、部屋の温度も下がってる。 ただ、いつもと違うのは、 「室内機から水漏れしていること」だけなら、 排水のドレンが、 埃(ホコリ)で詰まっている可能性があります。 管理人は、専門の業者ではないので、 詳しいことはわかりません。 が、 以前、 「水漏れの修理で業者に依頼」した時、 修理の人に、 簡単な修理方法を教わったんです。 掃除機は、吸い込み口の アタッチメントをはずして、 「吸い込みホースだけの状態」にしておきます。 必ず、エアコンの電源を切ってから、作業を始めてください! エアコンの室外機付近に、 排水用の、細い ドレンホースがあります。 この ドレンホース先を上向きにして、 先端を、しっかり 覆う様に握ります。 そこに、掃除機の吸い込みホースを 密着させて、 スイッチを入れ、 2~3秒間吸引します。 掃除機のスイッチを切って、ドレンホース先を下に向けると、 水と一緒に、塵が排出されると思います。 ドレンホースを 上向きにするのは、 掃除機に、 水が入ってしまうのを防止するためです! ドレンホースに、 亀裂が入っていたりしている場合は、 ビニールテープを巻いて、 空気が漏れない様に処置をしてから、 掃除機での吸い込みを、行ってください。 ちなみに、 この「ドレンホース」の 「ドレン」。 「ドレン」「ドレイン」「ドレーン」など、 呼び方が異なる場合があります。 英語の 「drain」を、 「日本語で表記する際の違い」ですので、どれも同じです! 最後に 「エアコン修理のために、業者を呼ぶ」のって、 ちょっとした 「一大イベント」じゃないですか? 時間を合わせて、立ち会いのために家に居なくちゃいけないし、 部屋やエアコン周りの、掃除もしなきゃいけないし(汗) 管理人の経験からすると、 一度 水漏れが起こって処置しても、 しばらくすると、また 同じ現象が起こる可能性があります。 もう、慣れてしまっている我が家では、 何はともあれ、一目散に吸い込みに走ります w 管理人の部屋の室外機は、 ベランダじゃなくって、完全に 屋外に設置してあるので、 掃除機を持ち出すのは、けっこう大変! コンセントも近くにないし… なので、 この処置に慣れてしまった最近では、 「掃除機を使わず、口で吸い込む!」 という、かなりの 暴挙にでています。

次の

エアコン修理の値段は高額になりがち!相場や費用を抑える方法を紹介|生活110番ニュース

エアコン 水 漏れ 修理

「暑くて エアコンを使用したら水漏れしていた」 「エアコンから水漏れしているけれど、 どこに修理依頼したらいいのかわからない」 「 室内機から水漏れがしていて床が水浸しになっている」 そんなときに助けになれるサイトとして、役に立てたらと思っています。 エアコンの種類と水漏れの原因 実は エアコンの内部は、冷気や暖気となる空気のみが循環しているだけではなく、 水漏れの原因となる液体も多く循環しているのです。 エアコンの構造を見てみると、 結露や液状化を通して本体の中に水が発生する仕組みになっています。 そんなエアコンは大きく、家庭用のルームエアコンと、運転能力が強くビルや大きな建造物向けの業務用エアコンに分類されます。 また、車の中で利用しているカーエアコンも原理的には同じ構造です。 エアコンが室内の温度を変えることができるのは、水が蒸発するときに、周囲から温度を奪う気化熱という現象を利用しているからです。 エアコン内は、室内機と室外機をパイプを通して気体と液体の状態を繰り返して循環しています。 そこで発生した ドレンパンを伝い、ドレン管などを通して外に排水されています。 こういった排水が正常に行われない場合、エアコンの思わぬところから水漏れが起こる場合があります。 特に、 ドレン管の劣化や設置不良で起こったり、また、 ドレン管の中に汚れや虫の死骸がつまって起こったりします。

次の