ホワイト ハット。 ブラックハットSEOとホワイトハットSEO│それぞれの違いと方法とは?

【楽天市場】中折れハット 白 ホワイト メンズ 秋冬 フェルトハット EDOHAT エドハット つば広 中つば ハット 帽子 紳士 中折れ帽 フェドラハット 大きいサイズ 小さいサイズ:帽子販売店REPRESSION

ホワイト ハット

望月氏曰く、トランプ率いる金融警察らしいです。 世界中の口座を覗くことができ、不正があれば瞬時に止められるそうです。 そのくせ、望月氏の会社のPaypal口座が凍結され、お金が下ろせないとツイッターで散々文句を言ってます。 Paypalは悪だ、陰謀だ、を繰り返してますが、ホワイトハットがバックにいると言ってるくせに、なんで自分自身の凍結解除すらできひんの?って思います。 それともホワイトハットって実在してて、望月龍平の会社の不正に気づいたんですかね? もう支離滅裂なんです。 どうせPaypalから何か指摘が入ってるのでしょう。 ちなみに彼がいう「ホワイトハット公認」アピールですが、元のウェブサイト見てみてください。 だっさいロゴマーク入りのマグカップとか帽子を売ってて、Paypalで決済になってます。 っていうか、国際的な秘密組織がグッズ販売するとか意味わかりません。 望月龍平って人の言いなりになってお金を使ってきた人、これ以上お金を損しないためにも、早く目を覚ませばいいのにって思います。

次の

ホワイトハットがアメリカを支配ーシフトについて

ホワイト ハット

ブラックハットSEO 検索エンジンのアルゴリズムの裏をかいた悪質な技術によって、Webサイトの検索順位を上げようとすること、またはその手法を指した言葉です。 例えば、検索エンジンのクローラーがWebサイトに訪問した際、ユーザーが見るものとは異なる内容のWebページを閲覧させる「クローキング」や、自動生成のテキストコンテンツでキーワード単位の評価を稼ごうとする「」、SEO目的の不自然なサイトから被リンクを購入して評価を高める施策などが分かりやすい例と言えます。 このような施策はスパム行為と判定され、として対象ページの検索順位を下落させられたり、最悪の場合はインデックス削除を受ける(検索結果に一切現れなくなる)こともあります。 かつてはこれらの「Googleの裏をかく」ような形でのSEOが公然と行われており、それが一定の成果を挙げていたことも事実です。 しかし、現在はGoogleのスパム検知精度が向上し、やなど、検索結果がより健全なものになるようなアップデートが繰り返し行われています。 これらのブラックハットSEOに対する昨今のGoogleの対応については、以下のエントリーをご参照ください。 悪意が無くとも、SEOに対する誤解(古い知識など)に基づいた施策でスパムと判定されてしまう可能性もゼロではありませんので、『』をしっかりと読み、Googleからのメッセージやアラートを確認するためサイトを『』に登録して定期的にチェックすることをお勧めします。 ペナルティや再審査リクエストに関しては、以下のエントリーで詳細に記述しております。 ブラックハットSEOの手段 ブラックハットSEOについてどのような手段があるのか、具体的に確認していきましょう。 外部リンクの購入 外部リンクの購入です。 多くのウェブサイトからリンクされること(被リンク)で信頼性が増し検索順位が上がるため、SEOではできるだけ被リンクを増やすことがいいとされています。 しかし、被リンクは増やそうと思って増やせるものではありません。 そこに目をつけ、「月額1万円で100サイトからリンクする」など、被リンクを販売する業者がいるのです。 この方法は現在、Googleのペナルティ対象となっており、 むしろ検索順位を大きく落としかねないので要注意です。 現在でも販売している悪質な業者がいるので、購入しないようにしましょう。 リンクファーム 被リンクがSEO的観点からメリットになることを悪用したブラックSEOに「リンクファーム」があります。 2つのウェブサイトでお互いにリンクし合うことを「相互リンク」と呼び、相互リンクを大量に行うことで被リンクをどんどん増やす手法がリンクファームです。 現在、このリンクファームはスパム行為とみなされGoogleからペナルティを受けてしまいます。 一般的な相互リンク程度であれば問題はありませんが、プログラムで相互リンクをどんどん生成したり、相互リンクすることを条件としたリンク集などはリンクファームとみなされます。 不正なクローキング ブラックハットSEOの一つ「クローキング」は、 ウェブサイトを訪れるユーザーと検索エンジン向けに別のページを用意することで検索エンジンを欺くという方法です。 具体的には、アクセスしてきた相手がGoogleのロボットなのかユーザーなのかをユーザーエージェントというツールで判断し、自動で読み込むページを変えています。 なぜそんなことをするのかというと、Googleに高評価されるページとユーザーが好むページが必ずしも一致しないからです。 以前はこの方法がSEO施策として見られましたが、現在はペナルティ対象となりますので要注意です。 隠しテキスト 隠しテキストとは、ウェブサイトを訪問したユーザーに見えていない文字をこっそりHTMLに仕込むことです。 たとえば背景色と同じ文字色でフッターに羅列したり、人の目では見えないほど極小のフォントサイズを使ったり、CSSを使って画像と重ねて見えなくしたりといった方法があります。 さまざまな理由でユーザーには見せたくないけれど、その言葉でSEO対策したい場合に使われがちです。 隠しテキストをサイトに実装すると、今は確実にペナルティを受けます。 意図しない隠しテキストがある場合はしっかり修正しておきましょう。 隠しリンク 実際にはリンクしているのに、 さまざまな方法でリンクだとわからないよう隠す方法が隠しリンクです。 テキストリンクの色を背景と同化させたり、画像のごく一部だけをリンクにすることで見た目にはリンクとわからないよう加工する手法があります。 SEOの観点から被リンクを大量に増やすために使われていましたが、現在の検索エンジンのアルゴリズムは内部リンクと外部リンクの文脈まで読み取るようになっているので、そもそも大量に内部リンクを張る方法はSEOとしても通用しなくなっています。 それどころか隠しリンクにすることでペナルティを受ける可能性があります。 ワードサラダ ワードサラダとは、一見すると正しい文章のように見えて、実はまったく意味が通っていない支離滅裂な文章のことです。 かつて検索エンジンの評価は外部サイトからリンクされるほど向上していたため、リンクを張るためだけのウェブサイトを大量に用意するSEO手法が主流でした。 しかし、内容がまったくないウェブサイトからリンクを張っても検索エンジンは評価しません。 そこで自動プログラムでワードサラダを生成し、内容があるように見せかけていたのです。 「文章が自然かどうか」を検索エンジンが判断できなかったため通用していたワードサラダですが、現在はスパムと認定されるので行ってはいけません。 コピーコンテンツ コンテンツを増やすことはSEO対策として有効です。 その場合、時には競合サイトを参考にしてコンテンツを作ることもあるでしょう。 同じキーワードで順位向上を狙う以上、テーマが被ることはありえますし、それ自体は特に問題ありません。 しかし、既存のコンテンツの語尾を変えただけなど、コンテンツの内容があまりにも似てしまっていると、 コピーコンテンツとみなされて検索順位を落としてしまうことがあるので注意が必要です。 なお、自サイト内のコンテンツであっても似すぎているとコピーコンテンツと判断されることもあります。 ホワイトハットSEOとは ホワイトハットSEOとは検索エンジンのガイドラインに沿う形で、ウェブサイトの技術面・コンテンツ面を最適化すること、またはその手法を指した言葉です。 Googleが公開している「」や、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」で推奨されているような形で行われるSEOを指します。 検索エンジンサービスのルールに逆らわずに、ウェブサイトに訪れたユーザーに対して役立つ情報を提供するサイト運営やSEOを実施するということです。 例えば、サイト内部のメタ情報の最適化、ユーザーの課題解決に貢献するコンテンツの公開、それによる自然リンクの獲得の促進などが当たります。 ホワイトハットSEOの基本的な考え方については、以下のエントリーが参考になりますので、関心のある方はご覧ください。 ホワイトハットSEOの手段 ホワイトハットSEOについてどのような手段があるのか、具体的に確認していきましょう。 Google Generalガイドラインに準拠している Google Generalガイドラインとは、 Googleがウェブサイトの品質評価を行う際の指針となるものです。 ガイドラインの内容は一般に公開されており、アルゴリズムアップデートがあると更新されていきます。 Google Generalガイドラインの構成は大きく3つ。 「品質評価のガイドライン」「評価の基準と適用される範囲」「最新の更新内容」となります。 SEO対策する上で、Google Generalガイドラインをしっかりと読み込み、逸脱しないよう気をつけることはとても重要です。 Google GeneralガイドラインはGoogleというプラットフォームの運営元が公開している「ルール」のようなもの。 破ればペナルティが課せられたり、上位表示できなくなったりする恐れがあるのは当然です。 何よりもまずGoogle Generalガイドラインを遵守し、その上でSEO対策を行うことが重要です。 良質なコンテンツを作る ホワイトハットSEOで重要なのはコンテンツ自体の品質が高いことです。 良質なコンテンツであれば検索エンジンに評価され、自然と順位も上がります。 では良質なコンテンツとは具体的にどんなものでしょうか。 まず、文字数が多いことです。 もちろん、文字数が多いからといって必ずしも品質が高いわけではありませんが、上位表示されているコンテンツをチェックしてみると、文字数が多い傾向にあることも事実です。 SEOと文字数の関係については、以下の記事もご参照ください。 古いコンテンツをアップデートすることも重要です。 情報には鮮度があり、作成当時は十分だった内容も、時がたつにつれて誤りが出てきたり不十分になったりします。 もちろん新しいコンテンツを作成して全体量を増やすことも大事ですが、 すでに検索エンジンから一定の評価を受けており被リンクも獲得している過去のコンテンツに手を加えて、メンテナンスすることも忘れてはいけません。 また、Googleがコンテンツを高く評価する基準の一つに、 「きちんと専門家が書いているか」という権威性があります。 コンテンツの作成に専門家が関わっている場合は、権威性を示すためにもプロフィールをしっかりと掲載することが重要です。 技術対策ができている Google Generalガイドラインを遵守し、良質なコンテンツを作っても、その価値が検索エンジンに伝わっていないと検索順位は向上しません。 しっかりとウェブサイトの価値を伝えるために技術対策を行う必要があります。 まず実施したいのが、リンクビルディングです。 ほかのサイトからリンクされること、いわゆる「被リンク」を得ることです。 リンクには自然に獲得できるものと、意図的に獲得するものの2つがあります。 リンクを自然に獲得するためには正攻法しかありません。 ほかのサイトがリンクしたくなるような良質なコンテンツを作成し、SNSなどを通して認知度を広げてリンクを獲得します。 一方で意図的にリンクを獲得する方法はブラックハットSEOとみなされるものが多いのでリスクを伴います。 基本的には自然な獲得を目指しましょう。 ウェブサイトの内容を正しく検索エンジンに伝えるためにはhtmlソースを適切に記述することが大切です。 なかでも最優先したいのがtitle要素。 titleに記述した文章は検索結果に表示され検索したユーザーの目に触れるため、アクセス数に大きく影響します。 ポイントは全角35文字以内に収めること。 検索結果で表示されるのが35文字なので、その範囲で収めると見た人に内容がわかりやすくなる効果があります。 また、対策したいキーワードをなるべくtitleテキストの前の方に入れておくことも重要です。 html内にcanonicalも記述しておきましょう。 canonicalとは、内容が重複しているURLが複数ある場合に、どのページが正規なのかを検索エンジンに伝えるための記述です。 そもそも内容が重複するページはできるだけ減らすべきなのですが、やむを得ない場合はcanonicalを使います。 これにより、ページの評価の分散を避けることができ、どのページを優先して検索結果に表示するのか検索エンジンに伝えることができます。 ホワイトハットSEO vs ブラックハットSEOという構図 検索エンジンにとっていわゆるブラックハットSEOは「ユーザーにとって低質なコンテンツを上位表示させようとする、検索エンジン自体の価値を毀損する行為」であり、厳しく取り締まられています。 2010年代前半には「そうはいってもブラックハット的手法を取らなければ、現実的に検索上位を獲得することが困難」といったジャンルもありましたが、RankBrainの導入など数多のブレイクスルーによって、Googleのアルゴリズムの精度およびスパム検知能力は飛躍的に向上しており、人工リンクなどを使ったブラックハットSEOによって十分な投資対効果を得ることは極めて難しくなっています。 また「ブラックハットSEOを故意に行っている運営者である」と一度Googleから認識されてしまうと、ドメインやサイト自体の評価が致命的に損なわれ、どれほど順当な取り組みをしても検索順位が改善しないといった事態に陥ることもありえます。 ペナルティによって被る制裁の大きさについては、もご覧ください。 もし過去にブラックハットのSEOをやってしまったお客様は、現在のドメインやサイトのままSEOを続けても効果が出ない可能性があります。 もご用意しておりますので、お気軽にご相談下さい。

次の

ホワイトハットって何者?望月龍平やトランプ大統領との関係が話題に!

ホワイト ハット

ホワイトハットSEOとは ホワイトハットSEOとは、検索エンジンのガイドラインにそったSEO対策のことです。 そして、そのガイドラインというのが、Googleが公表している下記の二つです。 このガイドラインに沿ったSEO対策のことを「 ホワイトハットSEO」、そして、これに沿わないSEO対策を「 ブラックハットSEO」と呼びます。 そして、Googleは、SEOにおいて、もっとも重要な点について次のように述べています。 「SEOは本来、サイトを訪れるユーザーのために行われるべきだと私たちは考えています。 サイトのコンテンツを利用するのはユーザーであり、検索エンジンはユーザーがコンテンツを見つけるために使われているに過ぎません。 検索結果のランク付けを意識するばかりでは、好ましい成果をあげることはできないでしょう。 」 つまり、SEOを行うには、検索結果で上位に表示されるテクニックばかりを意識するだけではなく、ユーザーのために作られたコンテンツを提供していくことが大切だということを伝えているのです。 まさしく、この文章が、ホワイトハットSEOを言い表しています。 いかにサイトを訪れるユーザーに満足していただけるサイトにするのかを考えるのが、ホワイトハットSEOです。 ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い ここでは、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いを詳しく確認していきましょう。 この二つの違いを確認しておかないと、知らないうちにブラックハットSEOに手を出してしまうことになりかねません。 まずは次の表をご覧ください。 それぞれの違いについて大まかに理解していただけると思います。 お客様に満足していただくサイトを構築し、長く成功することができます。 それに対して、ブラックハットSEOは、小手先テクニックで検索エンジンを騙し、一時的に上位に表示させます。 しかし、仮に上位表示されたとしても、正しい方法ではないため、結局、すぐにペナルティを受けて、検索結果から飛ばされます。 また、Googleはこのような小手先のテクニックで順位を上げる人に対して、随時対策をとっているため、もはやブラックハットSEOはリスクしかありません。 結局は、正しい方法でコツコツ続けるのが、SEOで成功する一番の近道なのです。 それでは、具体的にホワイトハットSEOと言っても、何をするべきなのでしょうか? 次から解説していきます。 ホワイトハットSEOを行う7つの施策 ここでは、具体的なホワイトハットSEOの方法について、詳しく見ていきます。 どれも当たり前のことなのですが、この当たり前のことを徹底できているサイトは、そう多くありません。 だからこそ、これらを徹底するだけで、他のサイトと比べて大きなアドバンテージになります。 3-1. 質の高いコンテンツを提供する ホワイトハットSEOに欠かせないのが、質の高いコンテンツです。 Googleは、昔から「ユーザーにとって関連性の高い検索結果を返すこと」を目標としています。 ですので、ユーザーがまさに求めている情報を提供する魅力的なサイトを作ることが、もっとも効果的なSEOにつながるのです。 そして、あくまでも、検索エンジンに気に入られるように対策するのではなく、ユーザー目線で質の高いコンテンツを作成することが大切です。 質の高いコンテンツの書き方については、「」で詳しく説明していますので、ご確認ください。 3-2. サイトの読み込み速度を上げる Googleは、2018 年 7 月にページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用する「Speed Update」を発表しました。 そのため、これからますますページの読み込み速度が遅いと、検索順位が下がってしまうようになりました。 なお、自分のサイトの速度が遅いのかどうかは「」で確認出来ます。 なお、計測結果は下記の3通りです。 Good:ページのスコアは 80 以上• Medium:ページのスコアは 60~79• Low:ページのスコアは 0~59 改善策も提案してくれるので、一度試してみましょう。 3-3. タイトルタグに重要なキーワードを入れる みなさんご存知の通り、タイトルタグには、必ずキーワードを入れるようにしましょう。 ただし、入れる場所も大切です。 アメリカで行われた実験では、タイトルを一番前に入れた場合が、一番上位に表示されることがわかりました。 引用元サイト: つまり、タイトルタグにキーワードを入れるさいには、下記の二つをおさえておきましょう。 キーワードは必ず入れる• なるべく前に入れる 3-4. ページ上に関連キーワードを入れる Googleは、RankBrainと言われる機械学習を用いた人工知能システムを検索結果を表示するさいに使用しています。 このRankBrainのおかげで、検索結果で調べたキーワード以外にも関連する内容を表示してくれています。 例えば、「今の内閣総理大臣」と検索すると、昔は「今」「内閣総理大臣」という単語が入っているものしか表示されませんでした。 しかし、RankBrainが、今の内閣総理大臣の内容を把握しており、「安倍晋三」と検索結果で回答することが可能なのです。 ですので、対策するキーワードに関連するキーワードを自然な形でページ上に入れることが重要です。 その詳細については、「」「」で紹介しています。 3-5. 魅力的なmeta descriptionを用意する meta descriptionとは、検査結果に表示されるサイトの説明文のことです。 このmeta descriptionを、魅力的なモノにすることで、アクセス数が増え、間接的なSEOの効果があります。 そのため、meta descriptionの対策も行っておきましょう。 具体的な対策方法については、「」で紹介しています。 3-6. サイト内リンク構造 あなたのサイトを訪れたユーザーが、探している情報がすぐに見つかるようにサイト内にリンクを張り巡らせることは重要です。 また、それを行うことにより、検索ロボットにもあなたのサイトの情報をうまく伝えることができます。 検索ロボットは、リンクをたどり、ページを巡回しています。 「」で詳しく説明していますが、検索ロボットがページにきても、リンク構造がしっかりしていないと、他のページをみてもらえなくなります。 ですので、読者が探している情報が見つかるように、他のページにも移動できるようにリンクを設定しておくこと、それにより、検索ロボットにとっても他のページも見やすくなります。 3-7. モバイルページを作り込む Googleは、今まで、PC画面のサイトを基に、検索順位を決めていましたが、今後はスマホ画面のサイトにシフトするという大きな転換が行われた。 それが、「 モバイルファーストインデックス」です。 これにより、今までスマホサイトがPCサイトよりも作り込んでいない方は、これから対策する必要が出てきました。 なぜなら、スマホサイトを作り込まないと順位が落ちてしまうからです。 また、Googleはレスポンシブ・ウェブ・デザインを推奨しています。 レスポンシブ・ウェブ・デザインとは、同じデザインが、PCやスマホなどの各デバイスごとに調整されて表示されるデザインのことを意味します。 そして、Googleがこのデザインをすすめる理由としては、以下の4点があげられています。 URLが1つであるため、共有やリンクが簡単になること• 維持管理が簡単になること• 読み込み時間の短縮• 検索エンジンのクロール効率 つまり、このレスポンシブ・ウェブ・デザインにすることで、• モバイルファーストインデックス• Speed Update の対策にもなるのです。 まとめ いかがでしたでしょうか? ホワイトハットSEOが、どのようなものかご理解いただけましたか? ぜひ、この記事を参考に、一人でも多くの方が、ホワイトハットSEOに取り組んでいただければと思います。

次の