か の こん。 こんを作ろう|福音館書店

いなりのこん

か の こん

『こんとあき』に出てくる、きつねのぬいぐるみの「こん」。 こんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。 「こんを作ってみたい!」 そんな読者の皆さまの声にお答えして、このページでは「こん」のぬいぐるみの作り方をご紹介します。 『こんとあき』に出てくる「こん」はきつねのぬいぐるみ。 こんとあきとの心の交流、おばあちゃんとのきずな、そして旅を通して成長するあきの姿を生き生きと描いた『こんとあき』は、1989年の発行以来、たくさんの人に愛されてきました。 特にこんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。 このこんを、作者の林明子さんは自分で考案し、製作したぬいぐるみをモデルに描きました。 その型紙が図案化され、絵本の初めと最後のページに載っています。 しかしこれには部分の名前や枚数は書かれていません。 そのため、「こんを作ってみたい!」と思った読者の方から、詳しい作り方のお問い合わせをたびたびいただきました。 そこで、「」誌では1997年4月号、2004年5月号で、その作り方を掲載しましたが、バックナンバーの在庫もなくなってしまいましたので、ここでそれをご紹介したいと思います。 ぬいぐるみ製作:酒本美登里 写真:吉原朱美・澤井秀夫 絵:村田まり子•

次の

「こん」の索引 1ページ目

か の こん

この項目では、テレビ東京の広報番組について説明しています。 については「」を、については「」をご覧ください。 また、出演者の2人の通称名も指す。 出演者2人の。 概要 [ ] 2011年6月まで放送されていた、『』に代わる、同局平日深夜の広報番組で、3年ぶりの新番組となる。 また、土日深夜の広報番組『』も同番組となるため、全曜日の深夜に放送されるとなる。 番組内容は平日版はVTRやフリップ解説コーナー、ゲストトークを織り交ぜたエンタメ特集となっている。 かつての土日版は、はインフォマーシャル形式のエンタメ特集となっていた。 2013年4月14日で終了。 翌4月15日からは後継番組である『』が放送される。 出演者 [ ]• (元) いずれも当時。 MCは隔週交代で担当となる。 月曜日 26:30 - 26:45• 火・金曜日 27:00 - 27:15• 水曜日 26:50 - 27:05• ナレーター:、、、、(いずれも当時テレビ東京アナウンサー)• 構成:相澤昇、川上テッペイ、垣端鑑【S】• 編集:岩崎一博【S】、藤塚正成• MA:小林研人【S】• 音効:塩谷弘樹【S】、太田省吾【S】• ヘアメイク:• スタイリスト:生井由美• タイトル:早瀬努(Style-D)• オープニング曲:湘南鍵弦楽団• 技術協力:、• 美術協力:• 衣装協力:Elvence• コンテンツプロデューサー:安井美紀子【S】、大倉リンダ【S】• デスク:波戸ゆかり【S】• 制作進行:小原千明• ディレクター:野口詠介、木田慎也、久保田昌志• プロデューサー:大和健太郎(テレビ東京)、野澤彩(以前は制作進行)【S】• 制作協力:カメレオンフィルム• 制作著作:テレビ東京 過去のスタッフ [ ]• オープニング曲:音響企画• コンテンツプロデューサー:峰彩子【S】、高畠正道【S】• ディレクター:田吹康【S】 関連項目 [ ]• :先輩のとが出演していた、前身にあたる広報番組。 :日曜昼に放送していた、先輩のなどが出演していた番組。 :当番組の平日深夜の直前身にあたる広報番組。 :当番組の土日深夜の前身にあたる広報番組。 水曜 - 金曜・土曜朝の放送は継続される。 脚注 [ ]• 紺野あさ美のコンな気持ち. テレビ東京 2011年7月5日. 2015年4月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年3月1日閲覧。 外部リンク [ ]• 平日深夜の 前番組 番組名 次番組.

次の

こんとは (コンとは) [単語記事]

か の こん

『こんとあき』に出てくる、きつねのぬいぐるみの「こん」。 こんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。 「こんを作ってみたい!」 そんな読者の皆さまの声にお答えして、このページでは「こん」のぬいぐるみの作り方をご紹介します。 『こんとあき』に出てくる「こん」はきつねのぬいぐるみ。 こんとあきとの心の交流、おばあちゃんとのきずな、そして旅を通して成長するあきの姿を生き生きと描いた『こんとあき』は、1989年の発行以来、たくさんの人に愛されてきました。 特にこんの愛らしさ、けなげさは、こんなぬいぐるみの友だちがいたらな、と思わせます。 このこんを、作者の林明子さんは自分で考案し、製作したぬいぐるみをモデルに描きました。 その型紙が図案化され、絵本の初めと最後のページに載っています。 しかしこれには部分の名前や枚数は書かれていません。 そのため、「こんを作ってみたい!」と思った読者の方から、詳しい作り方のお問い合わせをたびたびいただきました。 そこで、「」誌では1997年4月号、2004年5月号で、その作り方を掲載しましたが、バックナンバーの在庫もなくなってしまいましたので、ここでそれをご紹介したいと思います。 ぬいぐるみ製作:酒本美登里 写真:吉原朱美・澤井秀夫 絵:村田まり子•

次の