豆乳イソフラボン。 飲みすぎ注意?効果的な豆乳の飲み方と摂取量目安

大豆イソフラボンの取りすぎは危険?男女で違う影響もまとめてみました。

豆乳イソフラボン

この記事の目次• イソフラボン~抑毛効果の真実~ 『イソフラボンに抑毛効果は本当にあるのか?』 という疑問は、 体毛の濃い(特に髭)のが悩みの男には非常に切実である。 「イソフラボンで髭が薄くなる」という噂を聞きつけて、豆乳を飲んだりイソフラボン配合のローションを使ったりしたことのある方は少なくないはずだ。 私もその一人。 イソフラボンが多く含まれる食材を食べるだけで、この髭が少しでも薄くなるのなら万々歳である。 学生時代には、藁にもすがる思いで試したものだ。 しかし、試したことのある方ならもう分かっていると思うが、 まるで効果がない。 「あ、でも、前より薄くなったような気がしないでもない…か?」程度のもの。 確かに肌はキレイになった感じはするが、 髭は相変わらずものすごく濃いままだ。 1年経っても改善なしどころか、もっと濃くなっている髭を見て、 私は諦めた。 そんな都合よく髭の悩みが解決する訳ない…と。 なぜ抑毛効果があると流布されているのか 一般的に、イソフラボンには以下のような作用があるとされている。 美しい肌を作る• 骨粗しょう症を防ぐ• 血液の流れを良くする• がん発症を予防• 更年期症状の緩和 イソフラボンは女性ホルモンと似た性質を持つ。 そのため、 男性が摂取した場合、精巣機能が低下し男性ホルモンが抑制される、とのこと。 だから、「イソフラボンは髭を薄くする効果がある」と言われているようだ。 女性ホルモンが増えれば、男性ホルモンが減って、髭も生えにくくなるのではないか。 と 言われているだけである。 そう、 言われているだけ。 何の研究結果も存在しないし、それを裏付けるエビデンスも当然存在しない。 つまり、 抑毛効果があるかどうかは、「 はっきりと分かっていない」のである。 実際に効果があった人はいるのか 少なくとも私の髭には何の効果もなかった。 これだけは間違いのない事実である。 だがしかし、 これだけで「イソフラボンに抑毛効果はない」と決めつけるのは早計であろう。 さも当然のように「イソフラボンには抑毛効果があります、習慣付けましょう」 とのたまっている文章が散見されるが、信じるに値しない。 具体例も出さずに信じられる訳がない。 何の根拠もナシにどうしてそう言い切れるのか? ということで、実際に効果があった方がいないか、探すことにした。 が、 まったく見つからない。 豆乳を毎日欠かさず飲み続けた男性の胸が大きくなった、というようなニュースはあったが、残念ながら、中国のニュースである。 イソフラボン摂取で体に異変が起きたニュースは、全部 「中国の」ニュースばかりであった。 情報源がまったくない。 「なんとなくそういう効果ありそうだよね!」という雰囲気だけの情報が錯綜している。 一体何を根拠にそういっているのか。 誰が言い始めたのか。 効果があった人はいたのか。 まるで分からない。 専門的な研究結果でなくとも、個人的に効果があった人はいないものだろうか。 イソフラボンがピンポイントで髭に影響するわけがない 頭皮の薄毛が悩みの人が摂取すれば、髪が増え、 髭の濃さが悩みの人が摂取すれば、髭が薄くなる…。 そんな都合の良い栄養素が存在する訳がない。 これが 現実である。 もし、「髭を薄くするためには、イソフラボンを1日に~mg摂取しましょう」というような文章を見つけたら、笑ってあげよう。 イソフラボンは、そもそも必要な栄養素として、摂取目安量や上限が厳格に決められているようなものではないのだ。 ~mgほど摂ると効果があるなんてのは間違い。 少なくとも正しくない。 決して、 1日に摂るべき量が定まっている訳ではないのだ。 【結論】現時点では答えを出せない 未だ多くの研究がおこなわれている段階。 ヒトにおいてのイソフラボンの有効性と安全性については、まだ 「推察の域を出ない」。 専門的な研究結果が出ていないので、 誰にもはっきりと「イソフラボンには抑毛効果がある」なんて断言することはできない、というのが 結論である。 そのどれもが日本に馴染み深いものだし、 毎日の摂取を心掛けるべきではあろう。 それらの食材をまったく摂取しない場合に比べて、摂取したほうが健康に有益であることは、 研究結果ではっきりと出ている。 これは確かな 事実だ。 (だが、わざわざサプリメントで摂るような栄養素ではない) イソフラボンの抑毛効果の有無ははっきりと分からないが、 「体が健康になれば、髭の生え具合も適正になる」のは間違いない。 不健康な生活や食事、運動不足、睡眠不足、日光に当たらない、などが原因で 体毛は増加する。 つまり、 「イソフラボンが含まれる食材を意識して食べながら健康な生活を送る」ことが何よりも、 抑毛効果のある生活と言えよう。 遺伝的な髭の濃さまでは変えられない いかにイソフラボンを摂取して健康な生活を送ろうとも、 やはり生えるものは生えるし、濃いものは濃い。 濃い髭に悩みつつもどうしていいか分からずイソフラボンを頼る、なんてせせこましいことをやるより、確実に効果のある 「」をお勧めする。 これから一生髭に悩み続けるより、はるかに有益な選択となるはずだ。 濃い髭による悩みは、ヒゲ脱毛でないと根本的な解決は不可能。 「安くて即効性のある」商品には期待するだけ無駄である。 少なからず違いが出てくるだろう。 人間には 自己暗示の力がある。 人間の体は心の在り方に大きく左右されるもの。 科学的な根拠だけを盲信するよりも、人間本来の力を活かすべきである。 ヒゲ脱毛しつつ、イソフラボンを摂取を意識して、健康的な生活を送れば、髭に悩まされることのない充実した人生が待っているだろう。 愛用の豆乳イソフラボン商品 「医療クリニックのレーザー脱毛」ついて.

次の

イソフラボン含有量・何にどれだけ?

豆乳イソフラボン

豆乳を飲みすぎるとどうなるの? 健康に良いとされる豆乳は、飲み過ぎてもそれほど体に悪影響はないと考えている人もいるでしょう。 薬なら当然ですが用量や用法を守らなければ副作用が出てしまいます。 サプリメントも通常の飲み方をしていれば問題ないとされていますが、特定の栄養成分だけ含まれたサプリメントも過剰摂取によって副作用が懸念されています。 豆乳は食品でもあり、薬やサプリメントと比べればよほど飲みすぎなければ大きな問題はないでしょう。 ただ大量に飲み続けたことで副作用が出る可能性があります。 豆乳を健康や美容に役立てるためには、飲み過ぎることでの副作用や症状をよく知って適切に飲む必要があります。 豆乳を飲みすぎることによる副作用や症状は? ホルモンバランスが乱れる 豆乳には大豆イソフラボンが含まれていて、エストロゲンと似た働きをするので女性ホルモンを整える効果があるとされています。 しかしこの効果は適切な量やタイミングで摂取した場合であり、過剰摂取はホルモンバランスの乱れの原因になってしまいます。 大豆イソフラボンはPMSなどにも有効とされていますが、過剰摂取によって逆に症状を悪化させる可能性があるので注意が必要です。 アレルギーの原因となる 適切な量を摂取している場合には問題ないとされていますが、過剰摂取によって大豆アレルギーを引き起こす可能性があると言われています。 特に妊婦さんは注意が必要で、過剰摂取によってお腹の中にいる赤ちゃんが大豆アレルギーを発症する可能性があるそうです。 ただ200ml程度の適量であれば問題ないとされています。 便秘 豆乳は大豆の絞り汁なのでそれほど食物繊維は含まれてはいませんが、100グラムに0. 2グラム程度含まれています。 大豆は不溶性食物繊維が豊富な食材で、豆乳を飲みすぎればこの食物繊維によって便秘の原因となることもあります。 適量なら問題ないほどの食物繊維ですが、やはり飲みすぎれば体には良くありません。 下痢 豆乳に限らず大豆製品は過剰摂取をすることで消化不良を起こしやすいと言われていて、豆乳を過剰摂取した場合にも下痢の原因になると考えておきましょう。 特に豆乳は他の大豆製品と比べてトリプシン・インヒビターという物質を多く含むとされています。 この物質は消化酵素の働きを阻害するので、豆乳を過剰摂取すると下痢の原因になりやすいです。 体を冷やす 食材には体を温める作用のあるものもあれば、体を冷やす作用のある食材もあります。 大豆は体を冷やす食材の一つなので豆乳も同じように体を冷やしてしまいます。 適量であればそれほど体を冷やすこともありませんが、過剰摂取によって体が冷えてしまい血行不良になる可能性も出てきます。 豆乳には美肌効果や抜け毛予防などの効果があるのですが、過剰摂取で血行不良を起こせば肌荒れを起こしやすくなりますし抜け毛の原因ともなってしまいます。 乳がんのリスクを高める可能性がある ハッキリと証明されているわけではありませんが、エストロゲンと似た働きをする成分が含まれる大豆製品は乳がんのリスクを高める可能性があるとされています。 そのため過剰摂取は特に注意が必要です。 発症リスクの高い女性が大豆製品を摂取する際には、医師に相談してから摂取するのが良いとされています。 具体的にどのくらい摂取すると、飲みすぎなの? 体に良いとされる豆乳は、過剰摂取によって様々な副作用や症状が出てしまう可能性があります。 過剰摂取には気を付ける必要があるのですが、それでは一体どのくらいで過剰摂取となるのでしょうか。 大豆イソフラボンの1日の適正摂取量の上限が70~75mgとされています。 無調整豆乳200mlには大豆イソフラボンが60mg、調整豆乳200mgには大豆イソフラボンが40mg含まれているので、 豆乳の1日の摂取量は100ml~200mgが適切な摂取量となります。 大豆イソフラボンの1日の上限を超えるような摂取量は過剰摂取となるので注意が必要です。 ただ大豆イソフラボンは豆乳だけでなく、他の大豆製品にも含まれていることを忘れてはいけません。 豆乳だけで上限ギリギリの大豆イソフラボンを摂取してしまうと食事で上限を超える可能性があります。 大豆製品が好きな人は、豆乳は少なめに摂取するのが良いかもしれませんね。 豆乳を飲みすぎると太るって本当? 豆乳を飲み過ぎると太ると聞いたことがある人もいるでしょう。 ダイエットをしている人はとても気になりますよね。 豆乳には• 無調整豆乳• 調整豆乳 の2種類あります。 無調整豆乳には砂糖などの甘みを加えていないため大豆の旨みを味わいやすいという特徴があります。 調整豆乳には砂糖などの甘みが加えられて作られているため、豆乳の独特の臭いが気になる人にも飲みやすいという特徴があります。 豆乳が好きな人は無調整豆乳を好む人も多いのですが、少し苦手な人は飲みやすい調整豆乳を飲んでいる人も多いです。 この調整豆乳を飲みすぎれば砂糖などの甘みを加えられているのでカロリーオーバーになって太りやすくなります。 ダイエットをしている人、カロリーが気になる人は無調整豆乳を摂取する方が良いでしょう。 豆乳の飲みすぎには男女に差があるの? 豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、飲み過ぎによって女性はホルモンバランスの乱れにもつながります。 それでは男性ではどうなのかと気になる人もいるでしょう。 中高年以上の男性は前立腺がんのリスクが高まるとされていますが、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することで男性ホルモンが抑えられて前立腺がんのリスクが軽減されるという見解があります。 飲み過ぎはやはり良くないですが、適量を摂取すれば中高年以上の男性は大豆イソフラボンの良い効果が期待できそうです。 ただ若い男性が大豆イソフラボンを多量に摂取してしまうと精子形成能力や受精能力に影響を与えるとされています。 このように豆乳の飲み過ぎは女性だけでなく男性にも悪影響を与えそうです。 女性だけでなく男性にも豆乳は良い効果が期待できるのですが過剰摂取には注意が必要です。 女性に嬉しい効果が多い豆乳ですが、男性が飲む場合にも飲み過ぎには気を付ける必要がありそうですね。 おわりに ここでは豆乳を飲み過ぎるとどうなるのかについて紹介してきました。 豆乳など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性だけでなく男性にも良い効果が期待できそうです。 また豆乳は栄養価が高いので、食事と一緒に豆乳を飲むことで栄養バランスを整えることにもつながります。 しかし過剰摂取は様々なリスクもあります。 どんなに体に良いとされるものでも、過剰摂取をすると体には毒になってしまうようですね。

次の

豆乳は薄毛(ハゲ)対策に良いって本当?その栄養と大豆イソフラボンから見る育毛パワーをご紹介!

豆乳イソフラボン

豆乳の痩せる成分とは? まず、豆乳に含まれるどんな成分がダイエットに有効なのか見ていきましょう。 基礎代謝を高めるため、脂肪を燃焼する効果が期待できます。 また、体脂肪の燃焼を促進し、体脂肪の蓄積を抑える効果があります。 便通がよくなることで、美肌、ダイエット効果が期待できます。 豆乳に含まれる美容成分は女性ホルモンに似た「大豆イソフラボン」 豆乳は女性ホルモンに似た成分大豆イソフラボンが豊富 豆乳の美容効果で最も注目されている成分は「大豆イソフラボン」です。 「大豆イソフラボン」は、体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、生理不順の改善、更年期障害、乳がん、骨粗しょう症の予防など、女性ホルモンが関連する症状に効果があるといわれています。 また、ダイエット時に感じがちなストレスは、女性ホルモンの分泌を低下させ、痩せにくくなることが分かっています。 女性ホルモンと似た働きをする「大豆イソフラボン」を摂取することで、ホルモンバランスを整え、痩せやすい状態をキープする効果が期待できるというわけです。 さらに、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したり、角質の水分量を増やしたりすることで肌の保湿力を強化させる作用もあるそうです。 その他にも、下記のような美容と健康によい豊富な栄養成分を含んでいます。 ホルモンの分泌を盛んにして若返りを促進することも期待できます。 また、記憶力や集中力を高め、脳の老化防止にも役立ちます。 また、動脈硬化の予防に有効です。 豆乳ダイエットのおすすめ方法 効果的に豆乳ダイエットを実践するために、3つの方法をご紹介します! ・食前豆乳ダイエット 食事の30分ほど前に豆乳を摂取するのが食前豆乳ダイエット。 上記でも説明したように、豆乳に含まれる「大豆サポニン」が満腹中枢を刺激することから、食前に豆乳を飲むことで食事量が自然にセーブできるでしょう。 また、脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる効果も期待できます。 ・朝だけ豆乳バナナダイエット 豆乳とバナナをミキサーにかけたものを朝食として飲む方法です。 さらっとした飲み口にしたければ、ぬるめのお湯を足してもOK。 栄養豊富なうえ腹持ちもよいので朝食にピッタリです! ・おやつ豆乳ダイエット 間食として豆乳を飲む方法です。 ポイントは温めて飲むこと! カップに豆乳を入れ3分くらいレンジにかけて温めれば豆乳の甘さが増し、甘いものを食べたい気持ちも満たしてくれるはず。 お菓子など余計なものに手を出す習慣を防ぐことができるでしょう。 また「豆乳のみはちょっと苦手……」という人は、インスタントコーヒーを混ぜてソイラテにすることをオススメします。 ダイエットにも美容にもいい「豆乳」は、コンビニでも売っている身近な食品ですので、毎日摂る習慣をもつとよいでしょう! 【関連記事】•

次の