佳子 さま。 「私のことバカにしてる?」 佳子さま「自暴自棄」で愛子さまに「八つ当たり」も…|菊ノ紋ニュース

「私のことバカにしてる?」 佳子さま「自暴自棄」で愛子さまに「八つ当たり」も…|菊ノ紋ニュース

佳子 さま

空前の佳子さまブームのなか、なにかとマスコミにライバルとして報じられるのが、東宮家の愛子さまと、秋篠宮家の眞子さま、佳子さまだ。 両家には厳然とした格差があるという。 「東宮家には60名以上の職員がいるが、秋篠宮家は約20名。 国からお渡しするお手許金(プライベートマネー)も、両陛下と東宮ご一家のための内廷費が3億2400万円に対し、秋篠宮家のための皇族費は6710万円です(ただ、皇室の私的行為とされている宮中祭祀に携わる職員の人件費は内廷費から支出されているなど、使い道に違いがあるので単純な額の比較はできない)」 こう語るのは、元宮内庁職員の皇室ジャーナリスト山下晋司氏。 「公務の際の移動は、皇太子同妃両殿下にはパトカーや白バイがつき、交通規制もおこなわれるが、秋篠宮家など宮家皇族は通常、警視庁の警衛の車がつくだけで、信号も守る。 掃除洗濯なども東宮ご一家は宮内庁職員が関わるが、宮家は必要であれば私費で侍女を雇う。 この侍女が通常3〜4人いるので人件費もかさむ。 御料牧場の生産品も両陛下、東宮ご一家は無償だが、宮家は必要なら余剰品を私費で購入します」(山下氏) だが、プリンセス同士は仲がいい。 「4月に『オール学習院合同演奏会』で愛子さまはチェロを演奏なさいましたが、佳子さまを意識されたような編み込みの髪型が話題になりました。 写真に写るポーズにも、佳子さまの影響が見受けられます」(皇室記者) 5月初旬には、御料牧場で東宮家と秋篠宮家が一緒にご静養された。 「自転車で野菜畑を訪れてトマトなどを収穫されたり、夕食をともにされました。 両陛下を介さずに、両家だけで一緒に静養されるのは珍しいことです。 宿泊施設の規模からも、職員を連れて集まるのは難しかったでしょうが、ともに過ごされたことで両家の関係はより密になったでしょう」(前出・山下氏) (週刊FLASH 2015年6月30日号)•

次の

佳子さま「美しすぎて失神した」 海外から伝説のブタペスト訪問をもう一度との声があがる

佳子 さま

2015年11月8日、冷たい秋時雨が降り続く中、秋篠宮家の長女・眞子さまと次女・佳子さまの単独公務が初めて同日に行われた。 3歳差のお2人は、公務スタイルから素顔まで「まるで対照的」だと関係者は口を揃える。 ご婚約が内定した眞子さまと、英国の名門リーズ大学へ留学された佳子さま。 ご姉妹の、2年前のご日常をふりかえる。 (「週刊文春」2015年11月19日号) 公務からプライベートまでマスコミの注目度は? お2人の初の同日単独公務に関し、実は宮内庁関係者の間ではある懸念が囁かれていた。 「1年間の英レスター大大学院留学で眞子さまが留守にされた間、日本は佳子さまブームに沸き、佳子さまが出席されたダンスサークルの公演や、八ヶ岳の合宿などプライベートも含め様々に報じられました。 一方、英国の眞子さまのご動静は俎上にも載らない。 帰国後の眞子さまにスポットライトが当たらなかったら、と憂慮していたのです」 「サーブについて『どれくらいのスピードが出ているのでしょうか』と質問もされながら橋本総業全日本テニス選手権を熱心に観戦され、天皇杯を優勝選手に手渡されました」(宮内庁担当記者) 当日、眞子さまの取材には計15社、総勢28名の報道陣が集まった。 「主催者側が例年より多いメディア数に戸惑い、『これだけ数がいるんだから仕切らないと混乱しますよ!』とカメラマンにどやされる場面も。 観客数も前回より3割増の約3万人。 『こんなに人数が入ったのは久しぶり』とスタッフは嬉しい悲鳴をあげていた」(同前) 「じつは取材エントリーが自由だったので、大勢プレスが集まった。 ある記者が『これが終わったら佳子さまのほうにハシゴするんだけど、誰か一緒に行かない?』と言うと、別の記者が『そちらはカメラだけ行かせる』と話していた。 ご長女の取材は外せないという判断でしょう」(同前) 一方の佳子さまは、渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターに13時頃にご到着。 「少年の主張全国大会」の会場ホールに笑顔で登場された。 翌年「第38回少年の主張全国大会」での佳子さま。 去年より足取りに余裕が感じられました。 冒頭、国歌斉唱の場面では、小さなお声で歌われていました。 座席の背もたれには寄りかからず中学生のスピーチを聞かれ、メモを取られていた」(皇室担当記者) 閉会の段となり、審査委員長を務めた松本零士氏は、 「佳子内親王殿下は(スピーチの)文章と合わせてご覧になって、若いというのは素晴らしいことだなと」 と隣に座られた佳子さまの魅力について語った。 発表後、懇談した中学生は、 「佳子さまに『どんな風に作文を書いたんですか?』と尋ねられて、私の思いを伝えたかったと話すと、『伝わりました』と優しく言ってくださって感激しました。 すごく距離が近くて、佳子さまからはふんわりといい香りがしました(笑)」 こちらに集まった報道陣は14社、21名。 宮内庁関係者の心配は杞憂に終わったようだ。

次の

「私のことバカにしてる?」 佳子さま「自暴自棄」で愛子さまに「八つ当たり」も…|菊ノ紋ニュース

佳子 さま

Contents• 【画像】ダンスの公演会に出演された佳子さま こちらが、2019年10月初旬に「女性自身」の記者によって撮影された画像。 東京の町田市の市民ホールで開かれた佳子さまが通うダンスの発表会だそう。 ダンスの腕前は想像以上!? また、皇族の娘。 そんなヒップホップダンスとは無縁なイメージから奥ゆかしく踊られているんだろうな〜。 なんて想像してしまいがちですが、佳子さまのそのダンスの腕前に観客も驚いたそう。 生バンドの演奏に合わせて即興のダンスを披露するコーナーでは、佳子さまは自信満々にステージ前方に躍り出て、高速ステップを披露。 ステージの中心に堂々と立ち、皇族の娘であることを隠す素振りは全くなかったみたいでした。 「素人目から見ても、佳子さまのダンスはハイレベルでした。 何しろ表現力がズバ抜けていた。 皇族だから目立たないようにステージの端っこでヒッソリしているのではなく、本当にのびのびと踊っていた。 しかも、普段の生活では何不自由なく苦労なんてしていなさそうなイメージもありましたが、あのダンスはかなり努力していなくてはできないレベルと感じられて、それが意外でした」(観客のひとり) モー娘。 鞘師里保レベル? そして、観客によるとそのダンスの腕前は、皇室の娘というフィルターを外して見ても相当な腕前だったそう。 なんとも、乃木坂やAKBのようなお嬢様ダンスではなくモー娘。 の鞘師里保を連想させる腕前だったそうで、持ち前の佳子様スマイルも合わさって、他のダンサーの中でもかなり目立っていたそうでした。 過去に女性自身にダンスの件について報じられた際 「過酷な練習の証拠に、佳子さまは右足に何重にもテーピングをなさっていた」こう報じられているように、もはやそのダンスに対する情熱は趣味の域を超え部活のレベルなのでしょうね。 「ダンスはプロ級で、笑顔はアイドル並み。 ほかの出演者と比べても、踊りのキレや存在感はまったく見劣りしないどころか、むしろ秀でていました。 『モーニング娘。 』でいうところの鞘師里保レベルで、ダンサーたちの中でも光っていました」(別の観客) スポンサーリンク 女豹的なニャンニャンポーズでも周りを魅了 また、激しくキレの良いダンスだけでなく、その 表現力もすごかったそう。 一番見たい画像でしょうがい!! 怒 読者さんの気持ちは痛いほど痛感しております・・・ お伝えしたいのはやまやまですが、現時点で画像の入手は不可能です…. それは『こせいがあっていいじゃない』というメッセージ。 これは、暗に皇族とのしがらみで生きる佳子さまからのメッセージ。 そんな風に思わずにはいられませんね 笑 第3部は生バンドによるミュージカル仕立ての演目。 ここで佳子さまは、動物のかぶり物をした男性ダンサーたちに混ざり、猫のかぶり物をした女性ダンサーの1人として登場。 今までの皇族の娘では前代未聞のアイドルばりのその振る舞いに周りは騒然。 「編み込んだ髪型がストリートダンサーの雰囲気を醸し出していて、動きはキレキレで激しめなのですが、キュートな笑顔を見せたかと思えば、妖艶な表情をしたり、とにかく目が離せませんでした」(前出の観客) それにしてもすごい腹筋ですね〜。 この体型をキープされることからみて、相当練習に励まれていることが想像できます。 佳子さまといえば、過去には私服のホットパンツに生足姿の画像。 こ…こんな皇族の娘は今までにいただろうか…. それに、タンクトップにジーパンをスニーカーを合わせたラフな服装。 パーカーの下に胸元が大きく開いたTシャツを着ていたりとかなり露出が多く刺激的な格好をしてい姿が出回るなど、かなり露出度の高い服装を着られることでも有名。 宮内庁からも苦言を呈されていましたね…. このような露出への抵抗感の低さは、趣味であるヒップホップが少なからず影響を受けているのではないでしょうか。 普通の一般女性であれば、こんなことは話題にもならないのに、皇室の娘というだけで、このようなことでも話題になってしまうのは非常に大変な人生だと思います…. 汗 スポンサーリンク 【画像】佳子さまは過去にも度々公演でダンス姿を披露 過去には目立たないようにしていた? また、この佳子様にまつわるダンスの報道は2019年の10月の報道だけではありません。 過去にも同じようにダンスの公演会に出られた姿が残されています。 上の画像は2017年の9月に撮影された画像。 この時は帽子を被ったりして目立たないようにされていたようですね。 ドレッドヘアーもダンス時のトレードマーク こちらは2018年の9月の時のダンス公演会の画像。 この時はかなり大胆な感じですね。 編み込みのドレッドは佳子さまのダンスの時のトレードマークのようです。 この時は7人組のチームなのに、メンバー紹介で6人しか名前がなかったそうで、流石に騒ぎになってしまうので、あまり公にしないような配慮はされていたようですね。 ただ、市民ホールで行われるようなダンスサークルの公演にまさか佳子さまがいるとは観客は夢にも思わないでしょう 笑 佳子さまのダンス経歴 高校時代からダンスを始めた佳子さま 気になる佳子さまの佳子さまのダンス経歴。 学習院女子高等科在学中からヒップホップダンスを始め、熱中されたそう。 センターを務めていました。 可愛らしさとキレのあるダンスで会場は大盛り上がりだったんだとか。 紀子さまはダンスをすることを反対されていた? とはいえ、この佳子さまのダンスは紀子さまはもともと反対していたようでした。 学習院大学でサークルに入らなかった理由は、2010年に姉の眞子さまが所属されていたICUスキー部が合宿で他の学生たちとの飲酒疑惑の写真が出回ったことで、サークルには慎重になり、佳子さまの学習院でのダンスサークルへ入ることにも慎重になり頑なに禁止されたそう。 そして、大好きなダンスを禁じられたことも学習院大学を辞められる大きな理由のひとつだったといいます。 それに加えて、ダンスをすることで、ファッションなどに悪影響を及ぼすだけでなく、学業にも悪影響を及ぼしてしまっていたため、入り直したICUでもダンスサークルに入ることは紀子さまに再び頑なになられていた背景がありました。 しかし、佳子さまは大胆な服装を続けられるだけでなく、学業においてもクラス分けテストで下から2番目のクラスになってしまわれたため、紀子さまは改めて佳子さまに学業を優先されるようにとお話になったそうです」(前出・秋篠宮家関係者) スポンサーリンク 大学時代から通われているダンススクール ダンススクールでこっそりダンスを継続 しかし、その裏で実はこっそりとサークルには入りはせずともダンススクールでダンスのレッスンを受けられていたという佳子さま。 今回のこの公演もこのダンススクールでの公演だったようです。 大学時代に通っていたダンススクールですが、今も通い続けていたそうで、今年はOGとして見学するかもと言われていましたが結局、出演者として3年連続、ステージに立ちました。 気になるダンススクールの場所ですが「授業を終えた佳子さまは車に乗り、ICUを出発された。 しかし篠宮邸のある都心方面には戻らず、別方向へ向かったのだ。 1時間ほど」こう書かれています。 秋篠宮邸は赤坂なので、西東京方面や神奈川方面か有力でしょう。 今回ダンスの発表があったのも町田ということでしたので、町田付近のダンススクールと考えてもよさそうです。 ダンススクールの外では厳戒態勢も? また、ダンススクールのレッスンがある時は地元の警察官が警備についており、厳戒態勢が敷かれているそう。 警察側も周囲に気づかれないようにやっているかと思われますが、皇族の娘となると普通の行動をするだけでも一苦労ですね 汗 しかも、その場所も郊外の公民館というところもまた驚き。 皇族の娘でも庶民と同じようなダンススクールに入られるのですね〜。 授業を終えた佳子さまは車に乗り、ICUを出発された。 しかし秋篠宮邸のある都心方面には戻らず、別方向へ向かったのだ。 1時間ほどかけてたどり着いたのは、郊外の小さな公民館。 周囲には地元署の警察官が配置についており、厳戒態勢になっている。 スポンサーリンク 佳子様にとってダンスはライフワークであり公務の糧になる 佳子様にとって「ダンス」は単なる趣味ではない 確かに、今回の佳子さまのダンス報道は今までになかった前代未聞の出来事とも言えるでしょう。 確かし、賛否両論もあると思います。 しかし、今までの皇族とは違い、アイデンティティをしっかり持たれ、自分らしさを前面に出して生きている様はとても素敵で美しく、体裁を重んじ自分を押し殺しながら生きている日本人特有の美徳に一石を投じる。 そんな見方もできるのではないでしょうか。 そして、そんな「ダンス」というものは、佳子さまにとってのアイデンティティでもあり、「ライフワーク」でもあり、生きていく上では欠かせない。 今の佳子様にとってはそんな存在なのでしょう。 「今年5月には新天皇の即位に伴い、秋篠宮家は皇嗣家となります。 佳子さまがご公務で果たされる役割もより大きくなるのです。 紀子さまとしては、佳子さまにも大学や研究機関といったご公務と両立可能なご就職先を望んでいらっしゃると思われます。 しかし佳子さまは、ダンスを単なる趣味にとどまらず、ライフワークとして追究したいとお考えのようです」(前出・皇室ジャーナリスト) 公務にも好影響? 批判の多い、佳子さまの趣味のダンス。 しかし、見方を変えると、「一般の人と触れ合う機会をたくさん持つ機会があった」 これは今までの皇族育ちの人のより誰よりも育まれてきた部分ではないでしょうか。 一般の人たちとたくさん触れ合うことで一般の人たちの感覚や考えを共有し、世間と隔離された皇族という環境ばかりの考えだけではない価値観も身に付けることができる。 ダンスは決して佳子様にとってマイナスになるものばかりではなく、公務を今後行なっていく上で、きっと活きてくる部分があるでしょう。 色々賛否両論ありますが、佳子様にはこれからもダンスを続けていってもらいたいなと思います。 「佳子さまは海外訪問中、ウイーン少年合唱団や現地の日本人学校などを訪問され、子供たちと懇談される機会が何度かありました。 佳子さまの話し方はフランクで、子供たちの緊張を自然とほぐれていったようでした。 ダンススクールは小中学生の生徒が多く、佳子さまはお姉さん的な存在だと聞いています。 ダンス活動がご公務に相乗効果を生んでいるのではないでしょうか」(皇室担当記者).

次の