仏壇 お参り 仕方。 浄土真宗の仏壇の祀り方・参り方

仏壇を自宅に伺ったときのお参りの方法と手土産

仏壇 お参り 仕方

もくじ• 毎日のお勤め(お参り)の仕方• 朝起きて、洗顔をすませた後、仏壇の前に正座、一礼をしてから、蝋燭に火を灯します。 マッチまたは、専用の火付けを使用してください• その蝋燭の火で線香に火を付けます。 (線香の数は、宗派により違いがあります• お仏飯とお水、又はお茶を供え、数珠を手にかけ合掌、礼拝します。 この時、数珠の房が下になるようにしてください• 経本を開き錀を打ち経典を読誦します。 お経が終われば再び合掌礼拝をして仏間を離れます。 離れる時は必ず蝋燭の火を消すこと、その際は専用の用具を使うか、または手で扇いで消してください• 家族との食事が終われば 仏壇のお仏飯も下げましょう。 夕方もしくは就寝前にも蝋燭、線香に火を付け合掌、礼拝をして仏壇の内扉を締めます、こうして一日のお勤めが終わります。 覚えておきたいポイント 以下は、毎日のお勤めの際のポイントです。 蝋燭は普段は洋蝋燭で構いませんが、正式には和蝋燭を使用します。 (色合いは通常の白、開眼法要等に使用する朱・金色、不幸事に使用する銀色があります• 線香は抹香の変わりに使用するものと言えますので、その作法は基本的には同じになります。 仏前に供える花は必ず生花を使用するようにしましょう。 数珠はどの宗派でも百八連の珠で造られたものが正式です。 その由来は人間の煩悩の数を表わしたもので、本来の使用方法はお経や真言を唱える時にその回数を記録するために珠をくりながら用いたものです。 また、現代では略式の五十四、ニ十七などの数珠を用いる方も多く、略式の物でも間違いではありません。 仏教では十二種類の合掌の仕方がありますが、普通であれば全ての指を隙間なくまっすぐのばし、胸の前で組み鼻の高さぐらいの位置で行うといいでしょう。 仏様に供えた仏飯は、捨てるのではなく家族でいただくと言う事も大切な事です。 仏壇の内扉、大扉とも本来締める必要はありませんが、気になるようなら夜に内扉だけを締め、朝に開けるという事を行えば良いでしょう。 錀を打つ本来の意味とは、お経をあげる時の句読点を示すことですが、木魚などの鳴り物は広い意味で何かを始める、終るという事を示しています。 お経じゃ。 そもそもお経とは何なのか?宗派ごとに違うお経のことなど興味が尽きんわい。 それではおじいさんの疑問、「お経」について学んで行きましょう。 お経とは お経には小乗経典 出家者の為のお経 と、大乗経典 大衆の為に解りやすく説かれたお経 があります。 日本仏教の根幹となっている大半のお経は、大乗経典から出ており、その数は三千以上とも言われています。 各宗派のお経• それでは「お経」もう少し掘り下げて説明させて頂きますね。 各宗派の代表的なお経を簡単に解説 ・天台宗、日蓮宗 法華経、正式には妙法蓮華経と言い、泥水のなかから力強く、美しく咲く蓮華にたとえ名付けれたお経で、大乗仏教の真髄を示し[経中の王]と言われています。 ・真言宗 大日経は正式には、大毘盧遮那成仏神変加持経と言い、悟りを願う心 菩提心 を、因とし、大いなる慈悲 大悲 を根本に大衆を救い出す方法 方便 を目的とし、大日如来が説いたお経と言われ、これを図示したものが胎蔵界曼荼羅となります。 金剛頂経は心の清らかさ 通達菩提心 、悟りへの思い 修菩提心 、悟りを習得する 成金剛心 、仏と、ともに三密を共有する 証金剛心 、仏と一体となる 仏身円満 ことが重要と説かれ、これを五相成身観といい、即身成仏の実践を表わして、大日経と共に両部の大経と言われ、金剛頂経は金剛界曼荼羅を表しています。 理趣経は正式には、大楽金剛不空真実三摩耶経般若波羅蜜多理趣品と言い、大きな楽しみそれは金剛のように堅く空しからざる真実なる三摩耶、悟りに至る経典と訳せます。 金剛頂経系のお経で真言宗の葬儀や法要でよく唱えられますが、その解釈を巡り、空海と最澄が断交する原因となったお経として広く知られています。 ・浄土宗、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派 浄土三部経 無量寿経は、大経とも、双巻経とも呼ばれる大変長いお経です。 願文と成就文に分けて構成され、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行中に四十八の本願を立て、その成就により阿弥陀如来となり今も浄土で説法を続けておられると言う内容ですが、十八番目の本願 念仏往生の願 がとても有名です。 衆生を救う事ができなければ、如来となる事はない 十八番目の本願が阿弥陀仏の一番得意とした所から、現在では歌舞伎十八番とか、一番得意とする事を、十八番と表現する事が一般的になったようです。 観無量寿経は、三福十六観が説かれたお経で、父母への孝養、仏教徒として、道徳、戒律を守れば、世福、戒福、行福の三福を得る事が出来、沈む太陽を観想する日想観、水想観、地想観、宝樹観、宝池観、宝楼観、華座想観、像想観、真身観、観音観、勢至観、普観想観、雑想観、上輩観、中輩観、下輩観を行う事により、十六の仏の真身観に触れる事が出来ると、説かれています。 阿弥陀経は極楽浄土の内容と極楽に、往生するための方法が説かれています。 ・臨済宗・曹洞宗 観音経は、法華経のなかに出て来るお経で正式には、観世音菩薩普門品といいます。 火、水、羅刹、刀杖、鬼、枷鎖、怨賊などの七難から逃れるには、一心に観世音菩薩の名をとなえれば観世音は三十三の姿に変化し其の難から救い、現世利益が得られると言われています。 般若心経は正式には仏説摩訶般若波羅蜜多心経といい、僅か二百六十二文字のお経ですが、大乗仏教のエッセンスとも言われる大変有名なお経です。 この心経を一言でいえば諸行無常、諸法無我の原理を説き、縁起の由来により成立、存在する事を空の一文字で言い表したお経と言えます。 まとめ ここまで、毎日のお勤め お参り の仕方を説明してきましたが、供養のなかでも仏様にその宗派に沿ったお経を読誦し、供養をさせて頂く事はもっとも大切な事と言えます。 時間がかかっても構いませんので、是非ご自分の宗派であげるお経を覚えてみましょう。 お勤めでお経をあげれるようになれればあなた自身の気持ちにも変化が出てくると思います。 また、供養は毎日続けることこそが大事なことですので、短いお経で構いませんからチャレンジしてみましょう。

次の

婚約者の実家訪問で、手土産の渡し方やご仏壇のお参りの仕方

仏壇 お参り 仕方

仏壇のお参りに行ったことはあるでしょうか。 現代では、仏壇のお参りをしたことがないという人が増えているようです。 しかし、今もなお、仏壇を安置しているご家庭はまだまだ多いものです。 ですので、いざ仏壇にお参りにいくことになったときのために、またこれからいこうと思っているひとのために、仏壇のお参り作法を紹介いたします。 目次 仏壇のお参りについて 仏壇、といっても仏様が祀られていて供養を行うものという曖昧な認識の方も多いのではないでしょうか。 仏壇はもともとは、ご先祖様を祀る場所ではありません。 仏教において実際は、その名のとおり仏様を祀り拝むため、ご本尊を安置するものでした。 しかし、日本には古来より祖先を大事にする祖霊信仰という考え方があり、仏教の伝来とともに、仏壇に先祖を祀るという現在の形が出来上がったのです。 ですので日本での仏壇には2つの意味があります。 ひとつは「仏様をお祀りしている小さなお寺」、もうひとつが「ご先祖様や故人、仏様のいる場所」です。 しかし、現代においては後者のほうが印象が強いかもしれません。 多くの場合は、仏壇にお参りするときは先祖の供養のための意味合いが強いでしょう。 仏壇にお参りする準備 ここでは実際に仏壇におまいりする場合の準備を紹介いたします。 持ち物の種類ごとに確認してみてください。 お参りのときの持ち物 仏壇にお参りをするときに準備しなければならないのが以下の3点です。 ・香典 ・お供え物 ・手土産 まず香典ですが、基本的には相場は地域や家族によって違ってくるのですが1等身くらい近い関係の場合は1万円から5万円程度の金額が相場になってきます。 これに順次、関係性が離れるごとに大まかな基準が減額されていきます。 たとえば親族や親戚といった程度の関係であれば5千円から1万円の範囲が妥当とされ、友人知人といった関係になれば5千円以下となるようです。 お供え物は何がいい? 実際に行うのはお参りですので、お供え物をもっていかねばなりません。 基本的にこのお供え物に相応しいとされる品物を仏教では五供として定めています。 五供とは香・花・灯燭・浄水・飲食のことをさし、それらに準じてお供えがされます。 五供の意味はそれぞれ以下のようになります。 ・香 お線香や抹香。 香りは、お参りをする人の心を清め、部屋の隅々までいきわたる様子から仏の慈悲を表現している。 ・花 花を供えること。 供花ともいう。 煙どうように私たちの心を清め、仏の慈悲を表現している。 ・灯燭(とうしょく) ロウソクの灯りをさす。 仏様の周辺を照らす意味と、慈悲の光によって私たちの煩悩を消す意味がある。 ・浄水 本来は自然水を供えることで、参拝するものの心を清めていた。 現代では必ずしも自然水ではない。 ・飲食(おんじき) 食べ物。 普段食べているものを供えることで、祖先と仏様と自分たちのつながりをあらわす。 実際に現代でもほとんど同じようにお供え物がされています。 基準として、殺生をイメージさせる肉魚は禁じられているとされます。 実際に、お供えすると衛生面でもよくありません。 ですので、現代ではおやつや、果物、長持ちする種の花などが好まれています。 友人などの仏壇への手土産 お参りするときのマナーとして手土産を持っていくというのがあります。 これは、お供え物とは別に、その家族へのお土産をもっていくということです。 たとえば自身の地元の名産品などをもっていったりします。 しかし、現代においてこの手土産とお供え物の垣根は非常に曖昧になりつつあるようです。 場合によっては手土産をお供えし、その後召し上がるというパターンもありえます。 この判断は非常に難しいですが、場合によっては両方用意したほうが無難ではあるでしょう。 しかし、多くの場合お供え物もいずれは家族が食べるものなので、日持ちするものを選ぶのはもちろんのこと、量などもあまらない程度に準備するのがよいでしょう。 仏壇のお参りの流れ 仏壇のお参りには細かいマナーがあります。 仏壇参りの流れについて解説します。 仏壇のお参りの手順 ここで、一般的な仏壇のお参りの手順をご紹介いたします。 お参りは、以下の流れで行います。 1.仏壇前で正座し、ご本尊に一例 2.お供え物を供える 3.蝋燭に火を点し、線香に火を点ける 4.合掌 5.火を消し、一礼して下がる まず最初に仏壇には本尊が安置されているので礼ををしましょう。 その後お供え物をすますが、念の為ご家族に確認を取るようにします。 置く向きは、お参りする人が字を読めるようにします。 その後、火を灯し合掌しますが、火を消すときは手で扇ぐか、火消し用の仏具を利用しましょう。 決して吹き消してはいけません。 仏壇のお参りのタイミング 仏壇のお参りのタイミングは、基本的には朝夕の二回ですが、宗派によってさまざまなので心配な場合は菩提寺に確認をとるようにしましょう。 朝のお参りはタイミングとしては朝食前になります。 行う事は以下の様になります。 1.仏壇の扉をあけ、水やお茶、ご飯をお供えしお花の水をいれかえる 2.仏壇の前に座り合掌、一礼し蝋燭に火を点ける。 同時に線香に火を灯す。 3.お経や念仏を唱える 4.最後に合掌し、一礼、蝋燭の火を消す。 夕のお参りも同じように行いますが、日に二度行うのが難しい場合は合掌礼拝だけでもよいとする場合もあります。 意味合いとしては一日の感謝を込めて行ういます。 お参りの作法・マナー お参りには、実は普段家でお仏壇に向かう時には気にしないマナーもあります。 ここでは、細かなマナーについて説明していきます。 りんの鳴らし方 りんの鳴らし方、は簡単に言ってしまえば宗派によって違います。 タイミングや、回数など細かく決まっている場合があります。 しかし、現代の一般人のお参りに関していえばそこまで厳密ではないとされます。 しいて注意するとするならば以下のようになります。 ・お経の前と後に鳴らす ・お経を上げるとき以外は鳴らさない ・大きな音で鳴らさない ・むやみやたらに鳴らさない これらのことに注意してりんを鳴らしましょう。 お線香の作法 お線香の作法も、現代ではさほど厳密ではないとはされています。 以降の項で宗派ごとの厳密な内容を明記しますが、実際は供養する気持ちのほうが大事だとされます。 宗派ごとで決められているのは本数や立て方です。 またお線香以外の作法も記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。 宗派ごとの作法 続いてこの項では宗派ごとの作法について紹介いたします。 ぜひ自身の菩提寺やそれ以外の宗派についても確認してみてください。 浄土宗 ・浄土宗のお参りは専修念仏と呼ばれる念仏により、極楽浄土へいける特を得ることが目的 ・南無阿弥陀仏という念仏を唱え阿弥陀仏の徳により、極楽浄土へいける ・基本的には13のお経があるが、難しい場合には南無阿弥陀仏と唱えるのでもよい ・線香、抹香に制限はないが、抹香の場合指に摘まんでかるく額に当ててから香炉に入れる 浄土真宗 浄土真宗は、仏教の中では最も多い宗派です。 これを機会に作法の概要をつかんでおきましょう。 本願寺派(お西) ・本願寺派は阿弥陀仏への信頼が強く、念仏により誰もが極楽浄土へ行けると説く ・それは他力浄土門という考え方で自分には何も出来ず、全てを阿弥陀如来様にお任せするという自覚の現われ ・目的は、今日一日生かして頂いてるという感謝を持ち、祈ること ・経典を唱えるか、念仏を唱えるかに決まりはない ・抹香の回数等に制限はなく、自らを清める意味 ・お供えする仏飯は山盛りにする 大谷派(お東) ・大谷派では供養も大切だが、御仏への感謝を目的の第一としている ・基本作法は合掌、正信偈、念仏和讃、回向文、御文の手順で行う ・朝夕二度行う ・仏飯は盛槽と呼ばれる型にいれてご飯を円柱型にするしきたりがある 天台宗 ・朝題目、夕念仏と呼ばれる作法。 朝は法華経、夕は阿弥陀経を読む ・お参りの厳しい流れでは17のお経を順序よく読むが、在家ではいくつか選んで良い ・仏壇に向かう前には口をすすぎ、手を洗い、服装を整える ・お線香は1本か3本、香炉に立てる ・数珠は左手にかけ、お経も左手に持って読む ・お経は雨だれ打ちと呼ばれる、強弱の無い一定のリズムを保って読む ・りんはお経前に2回、終わりに一回、最後に3回鳴らす 真言宗 ・真言宗のお参りは六波羅蜜の考えを基本にしており布施、持戒、忍辱、精進、禅定、知恵の6つの修行のうち、お参りは精進にあたる ・作法は真言宗の宗派ごとに決まりのある在家勤行法則というものがあり、各宗派で細かく違うので菩提寺に確認する ・お供えも六波羅蜜の考えに従い6種類のお供えをする ・種類は閼伽(浄水)、塗香(お香)、華鬘(花)、焼香、飲食、灯明という6種類のお供えをする ・お参りは朝夕二回行う ・お線香は身・口・意の意味をもつ3本を灯す 曹洞宗 ・開祖の道元は作法の手順を細かくし、それを修行としたことから作法が厳しい ・お参り前に新しいお茶とみず、仏飯をお供えする ・仏壇の前で正座し、手を下腹で組み腹式呼吸で深呼吸 ・2,3度繰り返し、心が落ち着いてから供養を始める ・数珠を左手に持ち、灯明を灯し、線香を1本つける ・線香は一度おしいただいて、その後香炉に立てる ・合掌し、三回低頭礼拝する ・礼拝後、経本をおしいただいて開き、読経を行う ・正式な作法だと最初は時間がかかるので南無釈迦牟尼仏と唱えるでもよい 臨済宗 ・臨済宗は禅宗なので座禅同様に、心を整えて取り組む ・御仏と同化するため、無心になって取り組む ・基本的には朝夕二回 ・起床後は顔を洗い、口をゆすぎ清める ・ろうそくに火を灯し、線香に火をつける ・本数は1本以上 ・鈴を三回鳴らして合掌 ・般若心経から始まるお経を唱える ・合掌礼拝 日蓮宗 ・開祖日蓮の説いた三つのお勤めのうち最重要視されるお題目を唱える ・お仏壇にお茶・仏飯を御供えする ・お線香を1本か3本立て、正座合掌 ・お経を上げる ・題目を三唱 日蓮宗にはいくつかの分裂した宗派が存在します。 ですので、さらに詳しいお参り作法については菩提寺等に確認したほうがよいでしょう。 お仏壇参りの注意点 宗派の確認 仏壇へのお参りをする場合の注意点としては、やはり宗派の確認は欠かせないでしょう。 見ていただいたように、宗派によってそれぞれの違いがあります。 しかしながら、タブーを犯さなければ基本的には大丈夫ですので、宗派を確認してお参りに望むというよりは、このようにお参りしてもよいかといったような感じで聞いてみるとよいのではないでしょうか。 お供え物の置き方 お供え物の置き方を紹介します。 仏壇は構造が上段中断下段にわかれています。 通常であればこのうちの、中断にお供えしましょう。 仏壇の前に折りたたみ式の台がある場合はそこにお供えします。 お菓子の場合は、開けて中身が見える状態でお供えします。 果物の場合は、洗った後に、お皿に乗せてお供えします。 服装 服装は、喪に服している期間であっても、基本的には喪服などの着ていかなくてよいとされています。 しかしながら、基本的には黒やグレーなどといった落ち着いた色合いのものを選ぶようにしましょう。 華美にならないことだけ注意して伺いましょう。 まとめ 今回は仏壇のお参り作法についてご紹介してきました。 今一度、そのポイントをおさらいしておきたいと思います。 ・仏壇は仏様とご先祖様をお祀りしている場所 ・仏壇のお参りでは香典とお供えもの、場合によってはお土産を用意する ・仏壇のお参りでのお供え物には簡単な決まりがある ・仏壇のお参りには暗い色の服装でいく ・仏壇のお参りは厳密には宗派ごとにきまりがある 以上がおおまかなポイントになります。 ぜひ、仏壇のお参りを行う場合は参考にしてみてください。

次の

お仏壇のお参りの仕方とお手入れについて|仏壇|長野県 仏壇 墓石 墓地 霊園の一休さんのはなおか

仏壇 お参り 仕方

お仏壇は、日本の伝統工芸品であり、高級美術品といってよいほどの美しさや芸術性を持っています。 それだけに扱い方にも繊細さが必要で、間違った手入れをすると、かえってお仏壇を傷めることになってしまいます。 だからといって特に難しい手入れが必要なわけではありません。 幾つかの点に注意すれば、お仏壇を長持ちさせることができます。 丁寧に扱えば、50年でも100年でもお守りいただけます。 お仏壇のお手入れをしっかり行い、仏様ご先祖様への感謝の気持ちで、毎日お給仕することが、仏様ご先祖様への何よりのご供養です。 毎日お祈りを捧げること自体が、人間の謙虚な心を育て、すがすがしい気持ちをもたらし、よい家庭環境を育てるという役割を果たしています。 物ばかりが豊かになり、置き去りにされている本当に大切な心の豊かさを、お仏壇を通じて親から子へ、子から孫へと継承していってください。 お参りする意味 お仏壇は、購入しただけでいいというものではなく、日々お勤めをしなくては意味がありません。 仏様ご先祖様へ祈りを捧げてはじめて、価値あるものになるのです。 お仏壇へのお参りで重要なのは、もちろん仏様ご先祖様への感謝の気持ちです。 私たちがこうして無事に毎日を過ごすことができるのは、仏様ご先祖様のおかげです。 その気持ちで毎日お参りすることが、何よりのご供養です。 毎日お祈りを捧げること自体が、人間の謙虚な心を育て、すがすがしい気持ちをもたらし、よい家庭環境を育てるという役割を果たしています。 例えば一週間に一度でも、家族全員でお仏壇の前に座っている家庭では、家族全員が心をひとつにするという、尊い時間を過ごすことができます。 また親が毎日、お供えをしてお参りをしている家庭では、たとえ子供がお参りをしていなくても、自然と子供の心に、仏様ご先祖様への敬愛の気持ちが育ってくるものです。 子供は親の背中を見て育つのです。 お仏壇でのお勤めは毎日行うことが大切です。 本格的なお供えをして、お経を読むことも大切ですが、最低限のことでも心を込めて続けるということが何よりも大切なのです。 毎朝、仏様ご先祖様にお参りすれば、必ず一日を健やかな気持ちで過ごすことができます。 日々のお参りの仕方• 朝、起床したら、まず手と顔を洗い、お仏壇に「おはようございます」と挨拶をして一日の無事を祈ります。 必ず毎日行ってください!• 家族で朝食を食べる前に、仏飯、浄水(お茶)、花などをお仏壇にお供えします。 毎日が難しければ、最低でも週のはじめの月曜日とか、月一回命日にはお供えをしてください。 お供えをしたら、ローソクに火を灯してから線香を焚き、リンを鳴らして合掌礼拝します。 この時に読経を行うのが理想ですが、できなければ合掌礼拝のみでも問題ありません。 仏様ご先祖様への感謝の気持ちを捧げて、ご供養をしてください。 家族での食事の際、仏飯やお供物を下げ、皆さんで召し上がってください。 尚、浄水も水道へ流すのではなく、お花や植木など植物にあげてください。 戴き物も仏様ご先祖様に報告を兼ねてお供えしましょう!• 帰宅の際や就寝前には「今日も一日無事でいさせてくれて、ありがとう」と感謝の気持ちで手を合わせましょう。 お手入れ方法 正しいお手入れ方法を身につけ、お仏壇を永年にわたりお守りしましょう。 お仏壇をきれいにお掃除することも、大切なご供養になります。

次の