ペットを亡くした友人にかける言葉。 ペットを亡くした友人にかける言葉

ペット(愛犬)を亡くした人にかける言葉。皆様回答お願い致しま...

ペットを亡くした友人にかける言葉

「実は先日、愛犬が亡くなりました。 」 友人・知人から、 このようなペットの訃報を知らせるメールが来たり、 SNSの友人の 投稿で見かけたことのある方も、多いのではないでしょうか。 このような場合、なんと声をかけてあげたら良いのか悩む方もいらっしゃることでしょう。 ペットを亡くした飼い主さんは、 「 うちにきてこの子は幸せだったかな?」 「最期は苦しまなかったかな?」 「もっとこうしてあげれば良かった。 」 と、心の中で疑問や後悔でいっぱいの場合が多いと思います。 そんな中、飼い主さんご本人が報告をしてくださった場合には、 気持ちを込めて言葉 をかけて差し上げたり、 お花を贈ってあげたりするのも良いでしょう。 ペットが亡くなる理由として、老衰や病気、事故など、 いろいろな場合があります。 中には、突然死や、やむなく安楽死を選ばれた、 というケースもあるでしょう。 大切なペットの死を打ち明けてくれた友達へ、 心のあたたまる一言をかけてあげたいものです。 【私がかけてもらった実際の言葉】 私は愛犬が亡くなったとき、あまりのショックで、 しばらくの間、親しい友人 にも愛犬の死を打ち明けられずにいました。 ようやく、気持ちが落ち着いて、 やっと人に話せる状態となりました。 愛犬が亡くなった報告をしたときに、ある友人は 「16年半!? ゴールデンでそんなに長生きしたの!? すごく大切に育ててきたんだね! 幸せだったね!」 と、悲しむ私を元気づけるために、オーバーなくらいに驚いて、 励ましてくれました。 また、ほかの友人は、お花を贈ってくれたり、得意な絵を描いて、 愛犬の似顔絵をプレゼントしたりしてくれました。 「ペットを見送った人の間で有名な、『虹の橋』 という素敵な詩があるよ。 よかったら読んでみてね。 」 と、素敵な詩を教えてくれた方もいました。 私が大切に思っている愛犬を、一緒に偲んで、 励ましてくれた友人たちは、 いつまでもかけがえのない存在です。 彼女たちがかけてくれた言葉に、 どれほど救われたかわかりません。 「あなたに最期を看取らせなかったのは、その子なりの気遣いだったのかもしれないよ。 」 私は、愛犬の最期を看取ることができませんでした。 当時、仕事ですぐには駆けつけられない遠方に住んでいたため、父と母が愛犬の息を引き取る瞬間を見届け、私が会えたのは亡骸になってからでした。 私は、どうして自分が看取れなかったのか、ずっとずっと悔やんでいました。 そして、愛犬の死から3年ほど経った時、ある人にそのことを打ち明けると 「あなたに最期の姿を見せなかったのは、それを見たら増々ショックで立ち直れないとワンちゃんが思ったからこそ、息を引き取るその瞬間は、あなたには見せなかったんだと思うよ。 それはそれで、ワンちゃんがあなたに対しての気遣いだったのだと思うよ。 」 と言われました。 私自身の性格も、愛犬との関係もよく知っている人からのこの言葉に、私は3年間胸につかえていたものが、すっと溶けていく感覚がしました。 そのように思っていることができれば、私の後悔も報われる気がしました。 ペットも家族同然。 家族と同じように、心のつながりや絆を大切に、生涯育ててきて大切に想ってきたからこそ、別れはとてもつらいものです。 ペットの死を打ち明けられずにいる方、言葉にならずに涙で声を詰まらせてしまう方、ふさぎこんでしまう方もいるでしょう。 悲しみに寄りそう言葉をかけるのがむずかしい時もあるかもしれません。 ペットを見送った家族が、死を受け入れ立ち直るというのはそう簡単なことではなく、 毎日の時間の流れに身をまかせ、仕事や趣味で悲しみから気を紛らわしながら、少しずつその子がいない時間を過ごしていき、心を落ち着かせて行っているのだと思います。 大切なペットが旅立った友達・知人の方のことを想いながら、 あなたらしい「想い」や「言葉」で、飼い主さんを励ますために、このコラムがお手伝いになればうれしく思います。 」 「最期までママがそばに居てくれて、幸せだったと思うよ。 」 たとえば、病気で亡くなった子は、 飼い主さんに看病をしてもらっていたことでしょう。 看病をしていた飼い主さんも、常にその子の体調を気にして、 病院に連れて行き、薬を飲ませ・・・ と、毎日頑張っていたに違いありません。 看病をしていたご家族を労い、 気持ちを汲み取った一言をかけて差し上げると、 飼い主さんも報われた気持ちになってくれることでしょう。 事故や突然死の場合 事故や突然死の場合、飼い主さんは、 現実を受け止めるのに時間がかかる状況です。 自分の不注意で事故を防げなかった、という悲しい状況の場合は、 自分自身を責めている飼い主さんがほとんどです。 例えば 「突然のことで、私も本当に驚いています。 」 「感謝の気持ちで、お見送りしてあげてください。 ご冥福を祈っていますね。 」 など、 「ペットのお悔やみの言葉」や「飼い主さんへの励まし」 を含んだ言葉が良いかもしれません。 」 一緒に過ごした時間が長ければ長いほど、 飼い主さんは大きな悲しみの中にいます。 最期を看取った飼い主を労い、 気持ちが報われるような明るい言葉をかけてあげるのはいかがでしょうか。 いつか、飼っていたペットが長生きしてくれたことが、 飼い主さんの誇りとなれば、うれしいですね。 【言ってはいけないこと】 「新しい子を飼えば」 「ずいぶんもったね」 「 亡くなるのが 若かったな。 」 「たかが犬。 たかが猫。 」 などのような言葉は、 飼い主さんの心に大きな傷を残してしまうこともあります。 かけがえのない、家族同様のペットが亡くなった、 大きな悲しみの中です。 茶化したような言葉や、心無い言葉は絶対にいけません。 また、 「可哀想に。 」 という言葉も良くありません。 「うちの子は可哀想だったの・・・?」 と、ペットが亡くなるまで献身的に看病や介護をしてきた飼い主さんにとっては、それを否定するような言葉に受け取られてしまう場合があります。 【言葉をかける以外にできることは?】 お悔やみの言葉をかけた後に、「 ほかにも何か自分にできることはないだろうか。 」 と思われる方もいらっしゃることでしょう。 例えば、• お花を贈る• ロウソクや可愛いキャンドル、お線香を贈る• 自分の携帯で撮影した、お友達のペットのお写真があれば、 現像してプレゼントする• お手紙を書いてあげる 友達・知人の方を思い浮かべながらペットの祭壇を彩るグッズをプレゼントするのも喜んでもらえることでしょう。 ご友人へのプレゼントをご検討している方は以下の記事もよかったらご覧になってみてください。 【最後に】 大切なペットを亡くされた方を励ますのに一番大切なことは、 相手を思いやる気持ちです。 あなたの心温まる優しさにあふれた一言が、 飼い主さんが少しでも早く笑顔に過ごせる日を迎えることができる手助けとなりますように。

次の

【亡くなった状況別】ペットが亡くなった時知人へかける言葉の文例集|生活110番ニュース

ペットを亡くした友人にかける言葉

JUGEMテーマ: ペットを亡くした友人、知人へかける言葉 SNSを通しておつきあいのある方・友人のペットが亡くなった時、辛さが痛いほど分かるだけに、何と声をかけたら良いのか…と悩んでしまうことがあります。 皆さんはこのような時、ご友人、知人にどんな言葉をかけますか? ペットがなくなる理由として、 老衰や病気、中には事故や突然死といったケースもあります。 どんな理由にせよ、一番大切なのは飼い主様の深い悲しみをきちんと受けとめてあげる事かもしれません。 私自身の経験からですが、ペットを亡くした時のショックは、周りが想像する以上に辛く、犬の散歩をしている人を見かける度に涙が出てきたり、亡くなった事を誰かに話してしまうと、抑えている感情が溢れ出してしまいそうで無口になってしまったり…。 とにかく、自分の心の平静を保つのだけで精一杯の状態になってしまいます。 動物達は人間のように言葉を持たず、 特に小さい頃などは、人間の赤ちゃんのように手がかかる存在であるため、 私たち人間が常に親のような気持ちで接し、その関係は対等ではありません。 そういった弱いものを守る「責任感」から、ペットを亡くした方の多くは「悲しみ」と共に、救えなかったという罪悪感に似た感情も合わせ持っている事が多いように思います。 「最期、苦しまなかっただろうか …」 「私の元で幸せだっただろうか…」 「いつもお留守番ばかりでごめんね…もっと一緒に居てあげればよかった」 と、どうしても自分自身の事を責めてしまいがちです。 --------私自身がかけてもらった言葉-------- ペットを飼っている知人に実家の愛犬の死を伝えた時、 「とても長生きしたんだね、、大切にされていた証拠だね」 「モモちゃん幸せだっただろうね」 目に涙を溜めなが優しい言葉をかけてくれました。 家族同士で語り合うだけでは決して癒しきれなかっただろう心のモヤモヤ…それを取り去ってくれた知人の優しさは、今でも忘れる事が出来ません。 先に書いたように、飼い主は疑問と後悔で押しつぶされそうになっています。 そんな疑問や後悔を取り除いてくれる優しい言葉こそが、ペットを亡くした方にそっと寄り添うのだと思います。 例え大往生したとしても、本音のところではもっともっと一緒に居たかった。 そう思うのが私たち飼い主です。 「うちの子に比べて十分長生きしたよ。 相応しくないので使わないようにしましょう。 かける言葉に迷ったら…? 一度口にした言葉はやり直しがききません。 大切なのは常に相手の気持ちを思いやる心を忘れず、 自分の言葉に責任を持つこと。 かける言葉に迷ったなら… あえて言葉にしなくても、悲しみを受け止めてくれた…という優しさに救われることもあります。 弔いの気持ちを何か形にして贈りたい…そんな時は 言葉だけでは伝えきれない相手を大切に思う気持ち。 あなたの「こころ」が込められた贈り物。 ペットを亡くして間もない方には、「仏」を連想させるような仏花やお線香だけではなく、季節のお花やいい香りのキャンドル、お菓子など、プレゼントを選ぶようなお気持ちで、相手の笑顔を想像しながら用意するのがお勧めです。 その思いは必ずお相手に届き、いつかペットロスから立ち直る力の源になるに違いありません。 ペット用骨壷専門店-URNでは、亡くなったお子様の写真を持ち歩く事ができるメモリアルフォトフレームをご用意しております。 表紙には 幸せの象徴でもある「たんぽぽ」がデザインされており、 弔いのお気持ちとしての贈り物に喜ばれております。

次の

ペットを亡くした友人にかける言葉

ペットを亡くした友人にかける言葉

「飼い主の方へ何かお悔やみの品を送った方がいいかな?」 「励ましの為になにか贈りたいけれど、どんなものが良いのかな?」 と多くの方が、悩まれる場合が多いようです。 言葉だけではなくて、何か思いを形にして弔いの気持ちを伝えたいとお考えの方に、贈り物のご参考になりましたらうれしく思います。 また、知人・友人のペットが亡くなった知らせを受けた時、贈り物よりも先に、まずかけて差し上げたいのが、心を込めたお悔やみの言葉、励ましの言葉です。 なんと声をかけたら飼い主さんを励ませるのかについては、をご覧ください。 「お花」 愛するペットの祭壇は、お花でいっぱいにしてあげたいものです。 たくさんのお花で飾り、「この子はたくさんの方に想ってもらって、幸せだったな」と飼い主様が思ってくださることで、ペットを亡くされた方への大きな励ましになることでしょう。 ペットの場合、 仏花にこだわらず、祭壇に飾れる 可愛らしいアレンジメントフラワーや、 白を基調としたブーケや、 その子のイメージカラーのお花を贈って差し上げる場合も多いようです。 最近では、花瓶に移し替える必要のない という生花のアレンジメントもあります。 そのまま祭壇に飾れ、通常のブーケよりも長持ちするので、とてもおすすめです。 「ロウソクや可愛いキャンドル、お線香」 祭壇に飾れるグッズは、やはり喜んでいただけることと思います。 ペットフード風のロウソクなどは、お供え物として飾っていただけます。 また、ふくふくやまではロウソクやお線香のセットなど、を多数取り扱っています。 「お友達のペットのお写真を、現像してプレゼントする」 ご自身の携帯電話・スマートフォンに、お友達の亡くなったペットを撮影したお写真はありませんか? もしお写真をお持ちでしたら、それを現像して可愛いフォトフレーム等にお入れして差し上げるのも、祭壇に飾れるのでお喜びいただけることでしょう。 「お供え物のお菓子(最後にご家族が召し上がれる物)」 祭壇に飾っていただけるものとして、お供え物のお菓子等の食品があります。 ペット用のお菓子は、多頭飼いのご家族で、お供えした後にほかのワンちゃん・ネコちゃんが召し上がれる場合でしたら喜ばれることと思います。 一方、ほかにペットが居ないご自宅は、 ペット用の食品をいただくと、お供えしたのちに賞味期限が切れた際、せっかくいただいたのに捨てなくてはならず、心苦しい思いをされる、という場合もあります。 多頭飼いでない場合は、 お供えしたのちに、ご家族が召し上がれる物を差し上げるのも良いかもしれません。 番外編 お友達からいただいて嬉しかったもの 飼っていたペットと同じ種類のシール。 身近なものに貼っていつでもペットを想っていられるので、心に残っているプレゼントです。 ペットを見送った飼い主は、いつでもそばにそのペットの面影を感じていたいものです。 ペット達に仏壇はいけないと言われました。 理由はなく私は、自宅に仏壇がありまた、ご本尊をお祀りしておとけさまを大切にお祀りしてきたご先祖さまたちは、やはり犬や猫を家族とは認めてくれない時代なんだな!と感じました。 ならば、生前の写真にお花やお供えなどはよいのでわ!とかんがえています。 仏壇はありませんが、のちに私が、他界した時に薬師寺などに預けなくてわならなく姉の水子供養の仏壇も結果的に預けました。 人のようにお祀りできない宗派があっても生前の名残を残してくれた写真と共に人生を歩むのもひとつなんだとかんがえています。 お供として何からの幸せを与えてくれたわんちゃんたちにできることは、天国で幸せになってほしい。 昔のワンちゃんの写真まで飾れないなら一年に一回身近なワンちゃんの命日に一年に一回薬師寺にて、れなちゃんを代表して先祖代々で供養するつもりです。 れなだけでも母が知ってる犬は、13代目です。 をたしでも、9代目そして、猫ちゃん。 迷い犬や猫なども家に縁がありまよいこんできた動物もまとめてくようしてやっています。 供養の仕方は、宗派や個人の考え方によりずいぶんと変わりますが、共に生きてきてくれ幸せを与えてくれ人と同じように自然の恵みを受けた動物の死は人にとってかけがえのない存在の別れでもあります。 しかしきっとそばにて見守ってくれている。 そして、観音様のお供になり天国のてまえの虹の橋にて幸せに暮らしている!とかんがえています。 次の世代にも仏教の教えにならいどうぶての命のはかなさそして、人もおなじなんだと伝えながら命の大切さや愛することの大切さを形が違うにてもつたえてゆきたいですね。

次の