スマメイト。 最強スマブラーが集まる「スマメイト」に参加して気付いた、万事に通ずるモチベーション維持方法|こーすけ👏東北フリーランス開拓者|note

【スマブラ】【スマブラ】スマメイト低レートでもVIP9割レベルなの?←そんなことはないぞwww

スマメイト

レーティング対戦ルール レーティング対戦ルール レーティング対戦のルールを記載したページです。 必ず全てに目を通し、ルール厳守で行ってください。 守れないプレイヤーはサービスが利用できなくなる可能性があります。 レーティング対戦とは レーティング対戦とは、オンライン対戦でレートという数値をかけて戦うコンテンツです。 また、期間はメインシーズンとサブシーズンの二種類があります。 現在はサブシーズンの10. 5期です。 レーティング対戦のルール 参加条件 レーティング対戦への参加には、下記の条件を満たす必要があります。 スマメイトアカウント作成から丸5日経過している• にて必要な設定項目をすべて入力している• に合格している 勝敗の定義 下記のルールで対戦を行い、 先に2回勝利したプレイヤーが「勝ち」、先に2回負けたプレイヤーが「負け」になる2本先取です。 誤って1回だけ対戦して勝敗の報告を行わないよう注意しましょう。 対戦の基本設定 レーティング対戦で専用部屋を作る方は、下記の設定で部屋を立ててください。 部屋名は未入力で進めると、自動的に「ストック3 7:00」のテキストが入るので、毎回入力する必要はありません。 無関係なユーザーが入った場合は速やかに退席させてください。 ステージルール 対戦ステージはお互いのプレイヤーが、対戦数毎に下記のステージから戦いたいステージを選択してください。 お互い選択ステージが異なる場合はゲーム内でランダムに選択され、選ばれたステージで対戦を行います。 何かしらの理由で再戦となった場合は、その時に戦っていたステージを再度選択してください。 対戦エリアに置いて相手のキャラクターを確認した後、ステージを変更する行為は禁止とします。 開始10秒経過してどちらも気づかなかった場合はそのまま対戦を進めてください。 (1戦目ゲーマー戦場化で対戦した場合、2戦目メイドインワリオ戦場化等の選択は出来ません) ステージは専用部屋の画面右下から設定できます。 この画面からのキャラ変更は禁止 サドンデス 時間切れによるサドンデスの場合は、%が少ないプレイヤーを勝ちとしてください。 %が多いプレイヤーは自発的に負けてください。 同%もしくは時間切れ以外で起きたサドンデスは、ゲームに従いサドンデスで戦ってください。 アピールについて 試合中の撃墜アピールについては特に制限がありません。 撃墜アピールを不快に思う方が多いのは重々承知で、度が過ぎるものは快く思っていませんが、正直そこまで管理できないから特に制約がない、というものが大きいです。 ただ、これは4年半ほどレーティング対戦を主催した私の体感ですが、撃墜アピールの報告を受けたプレイヤーの多くは、いずれサイト上で目に見えて分かる問題を起こす(明らかに証拠で残るコメント欄・紹介文の暴言等)傾向があり、印象は悪いです。 (もちろん、すべてのプレイヤーがそうではありませんが) 利用者からも運営からも心証は良くない上に、複数人から一定数の通報があった時に自動的に規制状態になる場合もあるため、多用はオススメしません。 レーティング対戦の流れ 対戦相手を探す レーティング対戦の募集は、から行えます。 SPECIALでのレーティング対戦では、 対戦相手とフレンドコードは交換せず、部屋IDから入室する方式となります。 まずはロビーにて、「対戦相手を探す!」ボタンを押すと、マッチングが開始されます。 ボタンを押した際に、 ・条件に合う対戦相手がいなかった場合は、対戦相手を待つ募集側(以降プレイヤー1) ・条件に合う対戦相手が存在し、既存の対戦部屋に参加する応募側(以降プレイヤー2) のどちらかとしてルームに割り当てられます。 プレイヤー1のすること プレイヤー1としてルームに割り当てられた場合は、このような画面になります。 部屋IDが入力されていない限り、その部屋にプレイヤー2は参加できません。 一覧にも表示されません。 部屋IDが設定されると、条件に合う他のプレイヤーが参加可能になります。 部屋IDは参加したプレイヤー2の方にのみ表示されます。 ただし部屋IDは、専用部屋を解散して立て直した場合でも、部屋IDが変わってしまいますので注意です。 部屋を立て直す必要が出た場合、もしくは部屋IDを入力を間違えた場合は、再度新しい部屋IDを入力して更新してください。 また、専用部屋は15分間対戦がないと強制的に解散するため、人が集まらない時間帯は注意してください。 対戦相手が来ると、対戦相手プレイヤーが表示されます。 (ページ遷移の必要はありません。 ) もしこの時、専用部屋に入室した相手の名前が、サイト上の名前と異なる(判断できない)場合は、無関係のユーザーの可能性が高いため「強制退出」をしてください。 強制退出は専用部屋画面右上のメンバー一覧から選ぶことが出来ます。 もしそれが本当にプレイヤー2のユーザーであった場合は、「ゲーム内の名前とサイト上の名前を統一していない」ルール違反ユーザーであるため、「対戦中止」と「通報」をして頂いて構いません。 プレイヤー2のすること プレイヤー2としてルームに割り当てられた方は、既に対戦相手が決まっており、専用部屋も用意されている状態です。 設定された部屋IDは画面に表示されていますので、確認して専用部屋に参加してください。 (画像の赤枠で囲ってあるところ) 下記のようなケースの場合は、対戦中止を選んでください。 対戦相手と連絡が取れない場合 目安5分経っても対戦を開始できず、かつ対戦相手が音信不通の場合、もしくは上手くコミュニケーションが取れない場合は対戦中止を選んで構いません。 自身の身の回りの都合で、対戦を行うことが難しい場合 この場合は、対戦前でしたら相手のその事実を伝えて対戦中止を選んでください。 もし対戦中にそのようなことが起こった場合、対戦中止か、対戦の優劣によっては自ら負けを選択してください。 一方的に対戦中止を選ぶのではなく、必ず相手に確認を取る配慮をしてください。 「急用」や「ボタン押し間違い」を理由に対戦中止を選択したにも関わらず、直ぐに別の対戦を行う方も「身勝手な対戦中止」と判断します。 遅延などにより、満足のいく操作ができなかった場合 対戦相手にその事実を伝え、対戦中止を提案してください。 一方的に対戦中止を選ぶのではなく、必ず相手に確認を取る配慮をしてください。 試合を完遂する前に直ぐ自滅するなどの対応を取ってください。 2本先取で決着が着いた後は、遅延が気になろうと負けていたのであれば「負け」を選択してください。 1戦目を負けて2戦目始まる前に対戦中止を申し込む場合、1戦目を最後まで戦う意思を見せた場合は悪印象です。 要するに相手から見て「負けたから対戦中止にしたいんじゃ?」と思われる行為は極力控えてください。 遅延が気になる場合は、対戦中に速やかに自滅するなど、戦えない意思を示してください。 もし、相手との折り合いが付かず、平行線の場合は対戦中止を選んでください。 そこでもし、相手の態度や行動に納得のいかない点があれば、その相手のユーザーページの「通報する」ボタンを押して、状況を教えてください。 ここでお互いヒートアップして、相手に暴言を吐いたりするケースが非常に多いです。 たとえどのような状況でも、暴言を吐いた時点で相手に落ち度があってもお互いマナー違反のユーザーです。 冷静にその対戦をなかったことにして、そのプレイヤーに不信感などを抱いたら、ブロック機能を使用するなどして対応してください。 対戦内容は、両プレイヤーしか知り得ませんので、基本的に当事者間で解決してください。 なお、上記以外の身勝手な理由で対戦中止を押すのは禁止です。 マナーの欠けるプレイヤーは規制の対象になります。 もしマナーに欠けるプレイヤーを見かけましたらユーザーページの「通報する」ボタンを押して、状況を教えてください。 対戦相手と連絡を取る必要がある時にご利用ください。 対戦時の挨拶は必須ではありませんが、対戦相手のコメントは常に確認をしてください。 当たり前の事ですが、マッチングした方はCPUではなく人間です。 対戦相手に失礼のない言葉遣いを心がけてください。 対戦ルール以前に人としてのマナーを守れない方も制限の対象となります。 対戦相手プレイヤーがルールを理解していなかったり、暴言や身勝手な対応を受けた際、 Twitterで晒す行為は出来れば控えてください。 基本当事者以外の通報は大きな判断材料になりえず、Twitterのみを見て一方に肩入れした当事者以外の通報は対応件数が冗長化するため、あまり受け付けたくありません。 精査した結果、「晒した側のプレイヤーに問題があった」と判断したケースも往々にしてあります。 素早い規制にも繋がらない行為(むしろ遅れる)のため、 もし被害を受けた場合はサイト内の通報に留めてください。 どうかご協力お願いいたします。 ブロック機能 対戦を行った上で、回線の相性が悪い、対戦相手のマナーが著しく悪いなどといった理由で、今後マッチしないよう特定のプレイヤーをブロックすることができます。 ユーザーページから、ブロックボタンを押してください。 ブロックはシーズン中に15人まで設定できます。 ブロックはシーズン終了まで解除不可能です。 使用キャラ報告について 対戦したプレイヤーに対して、対戦相手の使用キャラを報告することができます。 報告したデータによって、プレイヤーの使用キャラ率や、サイト全体の使用キャラ率が分かるようになります。 報告は任意ですが、データ収集のため、なるべくご協力お願いします。 報告は1プレイヤーにつき1回だけ行えます。 報告後の訂正もできます。 紹介文作成時の注意点 紹介文は「褒めちぎらなければいけない」ということもありませんが、基本的にはその人の「良い部分」を紹介するのがマナーとして捉えてください。 ネガティブなイメージを抱かせるような紹介文を書かれても多くの場合は迷惑なだけで、書かれた側も見る側も不快な気分になります。 書いているあなたは冗談のつもりでも、その人をよく知らない人にとっては「本気か冗談か判断できない」こともあります。 笑えない冗談を書き込んだおかげで書かれたプレイヤー、そしてあなた自身が悪い印象を持たれることにもなりますのでご注意ください。 また、アドバイスを含んだ紹介文は、対戦プレイヤーがアドバイスを求めている場合にのみ書いてあげてください。 誹謗・中傷目的の紹介文は削除及び規制対象の行為となります。 サブアカウント設定にはメインアカウントとの紐づけが必要です。 あくまでメインがあってのサブ、という扱いで使用してください。 つまりは、サブアカウントを主として使用しないてください。 上記の理由から、「メインアカウントのレートを超えている」かつ「レート1600以上」の場合は、サブアカウントではレーティング対戦を利用できません。 (マッチングボタンが消えます) キャラクターを使い分けるために、サブアカウントを複数持つことは可能です。 メインキャラとサブキャラを入れ替えたい、サブキャラを昇格させたい(もしくはその逆)などの場合はプロフィールにその旨を追記し、以降同時に同一キャラを使用しなければ問題ありません。 サブアカウント設定のアカウントは、レートランキングには表示されません。 表示されないことを理由にあえてこちらの設定を活用するのもお控えください。

次の

スマブラsp スマメイトっていつ始めるべき? 世界戦闘力との関連性

スマメイト

最善な環境でオンライン対戦できる 経験上、スマメイトは VIPマッチよりも安定した環境で対戦できることが多いです。 レートをかけて対戦する場所なので、活用している人の多くは有線接続等の環境を用意している印象です。 有線接続の方のみとマッチングを行う設定等もできるので、安定した環境で対戦できることができます。 多少マッチングに時間はかかる可能性はありますが、無線の方も問題なく利用できます。 キャラ対策が積みやすい レーティング対戦は対戦相手を完全ランダムでマッチングすることも可能ですが、自身で選ぶこともできます。 相手が何かしらの制限をかけていた場合はマッチングが成立しませんが、スマメイトは幅広いキャラ使いのプレイヤーが利用していることに加え、 任意のプレイヤーに対戦を申し込むことも可能なので、キャラ対策は積みやすいと思います。 しかし、逆に連敗が続くと心が折れてしまい、スマメイトをやらなくなってしまう方もいます。 自身の実力がレートという明確な形で表示されるので、数字が下がることのプレッシャー等が理由になっているかと思います。 何事も継続することがもっとも重要だと思いますので、 自身に合った継続方法・工夫を見つけることで実力アップを測るのが理想的です。 対戦数を目標に設定する 「1日5戦」や「1週間で40戦」のように、対戦数で目標を設定する方法です。 レートを目標にすると、達成できずに心が折れてしまったり、つい連戦してしまい終わるタイミングが分からなくなることがあります。 対戦数で目標を設定すれば、ゴールがより明確になるので、モチベーションの維持をしやすく継続させやすいです。 その日の対戦内容を反省する時間も作りやすいので、効率の良い練習になるかと思います。 対戦中の課題を一つ設定する スマメイトに限ったことではありませんが、何でも良いので対戦前に自身の課題を設定することです。 「崖奪いを1度成功させる」、「〇〇コンボを1度決める」、「安易な回避癖をなくす」等といった自分ルールを設定します。 勝つことができれば理想ですが、勝ち負けはひとまず置いとき、設定した課題をクリアするためにスマメイトをするのも一つの手だと思います。 課題を設定することで自身のレベルアップも実感できるので、実行しやすい考え方だと思います。 レートを非表示にする 自身のレートを非表示にするスマメイトに実装されている機能です。 普通に対戦をしているとどうしてもレートが目に入ってしまいますが、この機能を使えばレートを見ずにレーティング対戦ができるので、レートを気にせず対戦することができます。 スマメイトは活用したいけど、レートが気になってどうしても勝ちに拘り過ぎてしまう方は使うと対戦しやすくなるかもしれません。 実際この機能を使っている方は多いと聞きます。 レート制限をかける スマメイトではマッチングするレートに制限をかけることで自身と近いレートのプレイヤーのみと対戦することができます。 ある程度のレート制限をかけて対戦した方が対戦数をこなすほど、自身の適正レートが明確になりやすく、一方的な試合が減り、試合内容についても何が良かったのか、悪かったのか考えやすくなります。

次の

【スマブラ】【質問】スマメイトって戦闘力347万でもやってける?→向上心のあるOOOしか上目指せないイメージ

スマメイト

最善な環境でオンライン対戦できる 経験上、スマメイトは VIPマッチよりも安定した環境で対戦できることが多いです。 レートをかけて対戦する場所なので、活用している人の多くは有線接続等の環境を用意している印象です。 有線接続の方のみとマッチングを行う設定等もできるので、安定した環境で対戦できることができます。 多少マッチングに時間はかかる可能性はありますが、無線の方も問題なく利用できます。 キャラ対策が積みやすい レーティング対戦は対戦相手を完全ランダムでマッチングすることも可能ですが、自身で選ぶこともできます。 相手が何かしらの制限をかけていた場合はマッチングが成立しませんが、スマメイトは幅広いキャラ使いのプレイヤーが利用していることに加え、 任意のプレイヤーに対戦を申し込むことも可能なので、キャラ対策は積みやすいと思います。 しかし、逆に連敗が続くと心が折れてしまい、スマメイトをやらなくなってしまう方もいます。 自身の実力がレートという明確な形で表示されるので、数字が下がることのプレッシャー等が理由になっているかと思います。 何事も継続することがもっとも重要だと思いますので、 自身に合った継続方法・工夫を見つけることで実力アップを測るのが理想的です。 対戦数を目標に設定する 「1日5戦」や「1週間で40戦」のように、対戦数で目標を設定する方法です。 レートを目標にすると、達成できずに心が折れてしまったり、つい連戦してしまい終わるタイミングが分からなくなることがあります。 対戦数で目標を設定すれば、ゴールがより明確になるので、モチベーションの維持をしやすく継続させやすいです。 その日の対戦内容を反省する時間も作りやすいので、効率の良い練習になるかと思います。 対戦中の課題を一つ設定する スマメイトに限ったことではありませんが、何でも良いので対戦前に自身の課題を設定することです。 「崖奪いを1度成功させる」、「〇〇コンボを1度決める」、「安易な回避癖をなくす」等といった自分ルールを設定します。 勝つことができれば理想ですが、勝ち負けはひとまず置いとき、設定した課題をクリアするためにスマメイトをするのも一つの手だと思います。 課題を設定することで自身のレベルアップも実感できるので、実行しやすい考え方だと思います。 レートを非表示にする 自身のレートを非表示にするスマメイトに実装されている機能です。 普通に対戦をしているとどうしてもレートが目に入ってしまいますが、この機能を使えばレートを見ずにレーティング対戦ができるので、レートを気にせず対戦することができます。 スマメイトは活用したいけど、レートが気になってどうしても勝ちに拘り過ぎてしまう方は使うと対戦しやすくなるかもしれません。 実際この機能を使っている方は多いと聞きます。 レート制限をかける スマメイトではマッチングするレートに制限をかけることで自身と近いレートのプレイヤーのみと対戦することができます。 ある程度のレート制限をかけて対戦した方が対戦数をこなすほど、自身の適正レートが明確になりやすく、一方的な試合が減り、試合内容についても何が良かったのか、悪かったのか考えやすくなります。

次の