グループライン メッセージ削除。 LINEでグループ内のトークは削除できる?相手の履歴からは消えない?

LINEで送ったメッセージを「削除」「送信取り消し」するには?

グループライン メッセージ削除

LINEのグループは「誰が・誰でも」メンバーを削除出来る! 恐怖!って感じなのですが、実は LINEのグループでは「誰が・誰でも」メンバーを削除出来ます。 なんでこんな仕様になっているのか分かりませんが、LINEのグループには権限の序列みたいなものがありません。 誰もが全ての権限を持っています。 なので、例えばグループに参加したばかりのメンバーが、グループの創設者を削除する事も可能です。 まるで現代の下克上・・・! メンバーを削除すると通知はされるのか? ですが、誰が誰でもメンバーを削除出来ると言っても、 都合の良い話ばかりではありません。 問題は「通知」です。 メンバーを削除する事でどう言った通知がされるのか?は重要です。 今いるメンバーへの通知 グループのメンバーを削除した場合、上の画像のメッセージがグループトークに表示されます。 ただの退会ではなくて 「〇〇が〇〇を退会させました」というメッセージが表示されます。 グループの人間全員に通知されるので、バレない様に内密にメンバー削除・・というのは不可能です。 めちゃくちゃ分かり易く表示されます。 「〇〇が〇〇を削除しました」のメッセージは削除も出来ますが、消えるのは自分の端末からだけで、相手の端末からは消えません。 削除されたメンバーへの通知 更に問題なのは 削除されたメンバーへの通知です。 もしもあなたが誰かをグループから削除した場合、それが相手には通知されてしまうのでしょうか? 答えは 「バリバリ通知されます」です。 通知されてしまいます。 まず、 削除されたメンバーのスマホから見たグループは、「メンバーなし」という名前のグループに変わります。 更に、このグループのトークを見てみると・・・・ この様に、 「〇〇が〇〇を退会させました」のメッセージが普通に表示されています。 誰が自分を削除したのか、ハッキリと分かる様になっているのです。 もちろんこれ移行のグループトークは表示されませんが、最後の最後に、とても重要な情報が表示される事になります。 まとめ:こっそり削除は無理! グループのメンバーを削除すると、「誰が誰を削除したのか」がハッキリと、削除した相手にも残ったメンバーにも通知されます。 このメッセージは相手のスマホからは削除出来ないので、バレずにこっそり削除・・・・は通用しません。 グループからメンバーを削除する際は、覚悟を持って、しっかりとした理由で実行する必要がありますね。

次の

今さら聞けない?!LINEグループの作り方から、招待・退会・削除方法まで解説

グループライン メッセージ削除

LINEの「送信取り消し」機能とは LINEの送信取り消しは、文字通り送ったメッセージを取り消す機能です。 メッセージの送信を取り消すと、相手に送ったメッセージが取り消されて見れなくなります。 たとえば、チャットしているとメッセージを送る相手を間違えたり、送る内容そのものを間違えたりしたときに、送信取り消しを使えば相手に内容を見られる前にメッセージを消すことができます。 LINEを使ってコミュニケーションを取っていくうえで、重宝する機能なので使いこなせるようになりましょう。 ただ、 送信取り消ししたメッセージは相手だけでなく自分も見れなくなるので、使う際には注意が必要です。 「送信取り消し」できるもの LINEで送信取り消しできるものはメッセージだけではありません。 ほかにも以下のようなものを送信取り消しすることができます。 スタンプ• 写真や画像• ファイル• コミックメーカー• URL• 通話履歴• ボイスメッセージ• 連絡先• 位置情報• LINE MUSIC これらの送信取り消しはメッセージのときと同じ操作になります。 LINEの「送信取り消し」方法 LINEの送信取り消し機能がどのようなものかわかったところで、実際に送信取り消しする方法を解説していきます。 まずはトークルーム画面を開きましょう。 つぎに 取り消したいメッセージを長押しします。 そうするとメッセージに対するメニューが表示されるので、 「送信取消」をタップ。 「送信を取り消しますか?」と確認画面がでてきます。 問題なければ 「送信取消」をタップしましょう。 これでメッセージの送信取り消し完了です。 取り消されたメッセージのところには「メッセージの送信を取り消しました」が表示されます。 送信取り消しの操作は簡単なのですぐできます。 間違ってメッセージを送ってしまったときは速やかに取り消しましょう。 「送信取り消し」された側はどうなっているか ここでは送信取り消ししたときに相手のトークルームにはどのように表示されるかを解説していきます。 トークルームにはどのように表示される? メッセージを取り消すと相手のトークルームには、 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示されます。 そのため 送信取り消しをしたことが相手に伝わってしまいます。 メッセージが見えなくてもどんな内容を送ってきてたのか相手に聞かれるかもしれないので、送信取り消しするときはなにか理由を考えておいたほうがいいでしょう。 トーク画面にはどのように表示される? トーク画面では本来、メッセージのやり取りが新しい順に上からアイコンが並びますよね。 メッセージを送信した瞬間は、通常通りトーク画面の一番上に自分のアイコンがきます。 しかし、 送信取り消しすれば以前送ったメッセージの日時が並び順に基準なので、メッセージを送る前の順番に戻ります。 ですから、相手の画面で「メッセージがきてないのになんで一番上にきてるの?」みたいになることはありません。 どのように通知される? ここではiPhone(iOS端末)を使用したときの通知状況を解説します。 iPhoneを使っている人にLINEでメッセージを送ると、画面上にメッセージの内容が数秒間通知されます。 送ったメッセージを取り消しすると 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と通知されます。 ここでは画面を開いているときの通知状況を解説しましたが、ロック画面は少し違ってきます。 ロック画面では、 メッセージを送った瞬間は同じように通知が表示されますが、送信取り消しをすると通知が消えてなくなります。 「送信取り消し」は送信から24時間まで メッセージの送信取り消し機能は、 送信してから24時間以内まで有効です。 24時間以上たってからメッセージを長押ししてメニューを開いても「送信取消」ボタンがなくなっています。 メッセージを取り消したいときは後回しにせず早めにやるようにしましょう。 「送信取り消し」されたメッセージは復元できる? 送信取り消ししたメッセージは復元できません。 なにか重要な内容を含むメッセージを取り消すときは、メモ帳にテキストをコピーしておくなどバックアップをとっておくといいでしょう。 LINEで「送信取り消し」したら相手にバレる? 送信取り消しする方法を解説してきましたが、取り消したメッセージは相手にバレるのか気になるところ。 結論からいっていまうと、 バレる可能性ありです。 メッセージを送ってから送信取り消しするまで少なからず時間がかかりますよね。 相手がメッセージを取り消すまでの間に通知を見てしまったり、トークルームを開いていると取り消す内容はバレてしまいます。 ですから間違ってメッセージを送信してしまったときは、できる限り早く取り消すとバレるリスクを減らせるでしょう。 またメッセージを取り消しても 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるので100%バレずに取り消すことはできないといえます。 「送信取り消し」されたメッセージを見る方法 LINEで送信取り消しされたメッセージを見ることはできません。 しかし、 Androidユーザーに関しては見る方法があるようです。 AndroidのアプリにはLINEで送られてきたメッセージの内容を記録しておくアプリがあります。 ただこれは公式のアプリではないので使用は推奨しません。 iPhoneユーザーに関しては、LINEのメッセージを記録しておくようなアプリはないので現状では取り消されたメッセージを見る方法はありません。 LINEの「送信取り消し」と「削除」の違い LINEには送信取り消しと間違いやすいメッセージの削除機能があります。 画面上からメッセージを消す意味では同じような機能に思われがちですが明確に違いがあるのです。 送信取り消しと削除の違い4つご紹介します。 【違い1:消せる範囲】 送信取り消しで消したメッセージは、自分と相手のトークルーム両方からメッセージがなくなります。 そして、消せるのは自分のメッセージだけです。 対して削除で消したメッセージは、 相手のトークルームはそのままで自分のトークルームからだけメッセージがなくなります。 また、 削除に関しては自分だけでなく相手のメッセージも消すことができます。 一見「どこで使うの?」と思ってしまうかもしれませんが、 削除の主な用途はトーク履歴の整理です。 不要なメッセージなどを消して整理したいときは、削除を使うとトーク履歴をスッキリさせられるでしょう。 【違い2:ほか端末への影響】 送信取り消しでメッセージを消すとアカウント全体に影響します。 たとえば、 スマホのLINEアプリでメッセージを消したら、同じアカウントでLINEを使っているタブレットやパソコンなどのトークルームからも全て消えてしまいます。 削除でメッセージを消した場合は、 お使いの端末からだけメッセージが消えます。 そのためスマホのLINEアプリでメッセージを消しても、ほか端末で使っているLINEのメッセージは消えません。 ですから、もし削除で消したメッセージをあとから見たくなったときは、ほか端末でログインしてみるといいでしょう。 【違い3:消せる期限】 送信取り消しは送ってから24時間までのメッセージしか消せませんでしたが、 削除には期限がありません。 削除はいつでも使えるので、とくに急いで消す必要がないので安心ですね。 【違い4:消える対象】 冒頭でも説明しましたが、送信取り消しの対象は以下のとおりです。 スタンプ• 写真や画像• ファイル• コミックメーカー• URL• 通話履歴• ボイスメッセージ• 連絡先• 位置情報• LINE MUSIC これだけ消せれば十分ですが、送信取り消しは消せる対象が限定されていることがわかります。 対して 削除はトークルームに表示されているものすべて消すことができます。 【違い5:通知の有無】 送信取り消しをするとトークルームには「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と履歴が残り、画面には「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と通知されます。 削除に関してはトークルームに履歴が残ったり通知されたりすることはありません。 ですから気軽に削除することができます。 以上が送信取り消しと削除の違いです。 それぞれの目的をまとめると以下のとおりです。 送信取り消し:送ったメッセージを取り消すこと 削除:トーク履歴を整理すること 目的をしっかり理解し、使い分けるようにしましょう。 メッセージを「削除」する方法 送信取り消しと削除の違いがわかりました。 つづいて、実際に削除する方法を解説していきます。 やり方は送信取り消しとほとんど同じです。 まずはトークルームを開き、消したいメッセージを長押ししましょう。 メニューが表示されるので 「削除」をタップ。 そうすると画面左側にチェックボックスが表示されます。 削除はチェックボックスにチェックの入ったものを対象に実行されるので、消したいメッセージにチェックを入れましょう。 チェックを入れ終わったら画面右下にある 「削除(削除するメッセージの数)」をタップ。 削除するかどうかの確認画面がでてきます。 問題なければ 「削除」をタップしましょう。 これでメッセージの削除完了です。 削除したメッセージはトークルームから消えて、完全に見えなくなります。 削除と送信取消ボタンは隣り合っています。 押し間違いのないように注意しましょう。 「送信取り消し」と「削除」を間違った時の対処法 送信取り消しと削除のボタンは隣にあるので、押し間違うこともありますよね。 しかし、メッセージを削除すればトークルームから消えてしまい元に戻せないので、送信取り消しできません。 一度削除してしまうとどうしようもなさそうに思えますが、まだ大丈夫です。 メッセージを削除しても、削除したその端末でのみメッセージが表示されなくなるので、タブレットやパソコンなどのほかの端末であれば削除したメッセージが見れます。 この削除の特徴を活かして、 削除を行った端末とは別の端末でLINEにログインすればメッセージの送信取り消しが可能になるのです。 ですから送信取り消ししたいメッセージを間違って削除してしまったときは、慌てずにほかのタブレットやパソコンでLINEにログインしましょう。 LINEの「送信取り消し」使えないときの原因 LINEを使っていると送信取り消しするときに「送信取消ボタンがない!」と困ってしまうこともあるかもしれません。 そういうときに 考えられる原因は以下3つです。 メッセージを送ってから24時間以上たっている• LINEアプリのバージョンが古い• 取り消しできないものを送っている それぞれ細かく解説していきます。 原因1:メッセージを送ってから24時間以上たっている これまでも何度か書いてきましたが、 メッセージを送ってから24時間以上たってしまうと送信取り消しできません。 「送信取消」ボタンがでてこないときは、まずメッセージの送信時間から24時間以内なのかどうかをチェックしてみましょう。 原因2:LINEアプリのバージョンが古い LINEアプリに 送信取り消し機能が追加されたのはバージョン「7. 1」からです。 もし送信取り消しできないときは、お使いのLINEアプリのバージョンが「7. 1」以上になっているかチェックしましょう。 アプリのバージョンが古ければアップデートすれば送信取り消しできるようになります。 原因3:取り消しできないものを送っている 送信取り消しは、 取り消せる対象が決まっているので、対象外のものはできません。 たとえば、以下のようなものは送信取り消し不可です。 LINE Payの送金・送付• 日程調整• あみだくじ• まとめ 今回は、LINEの送信取り消しと削除機能について解説してきました。 送信取り消しをしても100%バレないわけではないので、メッセージはよく確認してから送るようにしましょう。 また、送信取り消しと削除は、機能・目的が違います。 2つの違いをよく理解したうえで、使い分けるようにしましょう。

次の

【LINE】グループを削除する方法〈iPhone/Android対応〉

グループライン メッセージ削除

目次 CLOSE• 1.メッセージを相手のトーク上から削除する方法 LINEのメッセージを削除する方法は、 とても簡単なのでぜひ操作を覚えてしまいましょう。 まず、LINEアプリを起動して、取り消したメッセージを画面に表示させます。 削除したいメッセージを長押しし、メニューを表示させてください。 メニューが表示されたら、 「送信取消」の項目をタップ。 これで24時間以内に送信したメッセージであれば、自分のトーク上からも、相手のトーク上からも削除ができます。 スポンサーリンク メッセージを削除した場合の相手側の表示のされ方 自分のトーク上でメッセージを削除したとき、相手側のトーク上にはどのように表示されるのでしょうか? 相手側のトーク画面を見ると、 「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」と出ます。 ただし、相手のLINEバージョンによっては、相手のトーク画面から メッセージが消えないことがある点は把握しておきましょう。 スポンサーリンク 2.自分のトーク上のみメッセージを削除する方法 次に、 自分のトーク上のみメッセージを削除する手順を紹介していきます。 必要な情報だけを残して、あとは削除できるので自分のトーク画面を整理する事が可能です。 まずは、LINEアプリをタップしてトップ画面を表示し、削除したいメッセージを表示してください。 削除したいメッセージを、長押しします。 メニューが表示されるので、 「削除」をタップしましょう。 すると、 「選択したメッセージはこの端末上でのみ削除されます。 相手側のメッセージは削除されません」との案内が出てきます。 確認したら、 「削除」をタップしてください。 これで、自分のトーク上のメッセージの削除ができました。 スポンサーリンク 3.すべての友だちとのメッセージを削除する方法 これまでに投稿した、すべてのメッセージを 一括で削除ができます。 友だち単位ではなく、すべての友だちの自分が送受信したメッセージが対象になるので注意してくださいね。 まずは、LINEアプリを起動してトップ画面を表示してください。 次に画面上にある、 「歯車アイコン」をタップします。 設定画面が表示されるので、ここから 「トーク」を選びましょう。 トークに関する設定画面が出るので、下のほうにある 「データの削除」をタップ。 そして、 「すべてのトーク履歴」を選択します。 すると、 「トーク上で送信された全てのメッセージ・データが削除され、復元できません。 続けますか?」との案内が出ます。 確認したら、 「OK」をタップしてください。 これで、すべての友だちとのメッセージを削除できました。 スポンサーリンク 特定の友だちとのメッセージを一括で削除する方法 特定の友だちとのメッセージを、一括で削除することも可能です。 まずは、LINEアプリを起動してトップページを表示させます。 次に、削除したい友達のトーク画面を出してください。 画面上にある、 「V」のアイコンをタップ。 するとメニューが出てくるので、 「設定」を選択しましょう。 トーク設定が出るので、 「トーク履歴すべて削除」をタップしてください。 「一度削除したトーク履歴は確認できません。 トーク履歴をすべて削除しますか?」との案内が出ます。 確認したら、 「削除する」をタップしましょう。 これで、 自分のトーク画面からメッセージの削除が完了しました。 相手のトーク画面には変化はないので、その点は注意してくださいね。 スポンサーリンク 4.トークルームのメッセージを削除する方法 メッセージが保管されている、トークルームに表示される友だちアイコン。 ここをタップすると、送受信したメッセージが表示されます。 このトークルームから 、友だちアイコンを削除することで、スッキリさせられるので便利です。 まずは、LINEアプリを起動してトークルームに移動してください。 削除したい友だちを、左側にスワイプしてから 「削除」を選択します。 これで削除ができましたが、相手のトークルームには変化はありません。 スポンサーリンク 5.メッセージを削除する上で覚えてほしいこと 相手のトーク上からもメッセージを削除できるようになったので、誤送信が怖くなくなりました。 しかしながら、メッセージの削除に関して覚えてほしいことがあります。 それは、 「 相手のトーク画面に、削除するまでは表示され続ける」という点です。 また、メッセージを取り消した旨が相手のトーク画面に表示されます。 そこから、「何かメッセージを送信したけど、取り消したな」と相手に100%バレてしまうんですね。 相手のトーク画面から、「送信取消」の情報を消す、いわゆる 「完璧なメッセージ削除」はできません。 メッセージを送信する際は、慎重になりましょう。 まとめ LINEのメッセージを自分のトーク上からも、相手のトーク上からも削除する方法が分かりました。 操作は とても簡単なので、一度でも覚えてしまえば後は簡単に実行できるはず。 完璧なメッセージの削除ではないので、送信取消ができると言っても、メッセージの送信は慎重に行いたいものですね。

次の